メディア情報

[’21/10/7] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?
連載しています。

 

 

長年、歯科医師の入江先生森山知子先生執筆して頂いておりましたが
今回から、新たに執筆メンバーが変更しました。

新メンバーは、
歯科医師の大林亮介先生衛生士の岩切さん
デンタルコーディネーター兼管理栄養士の坂口さんです。

歯に関する知識はもちろんのこと、歯並び矯正や、食育、歯育て
管理栄養士の視点から学ぶ知識など、様々な学びや気付きを
皆様にお届け致します。

今回は、デンタルコーディネーター兼管理栄養士の坂口さんで、
『『フレイル』という言葉をご存知ですか?についてです。

ご興味のある方は、ぜひお読みくださいね。

 

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに? vol.195

『『フレイル』という言葉をご存知ですか?』

皆さん、はじめまして。
ヨリタ歯科クリニック管理栄養士の坂口です。
さて、突然ですが、『フレイル』という言葉をご存知ですか?
フレイルとは、加齢により心身が衰えた状態であり、健康な状態と、要介護の状態の
中間の段階と言われています。

高齢者のフレイルは、生活の質を低下させ、さまざまな合併症を引き起こします。

そして、フレイルには
■お口の健康
■摂取する栄養
が、深く関係しています。

お口は、栄養の入り口です。

お口の健康が保たれていないと、噛む機能が低下し、柔らかいものばかり食べるようになります。
これらは全て悪循環となり、次第に口腔機能が低下し、食べる量が減ると低栄養に陥りやすくなります。
フレイルは、高齢者だけの問題だと思われがちですが、違います。

実は、高齢者だけの問題ではなく、子どもの時期にも起こる可能性のある問題なのです。
「口腔機能発達不全症」というものが、子どもの時期のフレイルの一因なのです。

口腔機能発達不全症とは、病気であり、その名前の通り、“口腔機能”が“発達不全”の状態です。

口腔機能とは、
■食べる機能
■話す機能
■呼吸する機能
のことを指し、これらが、十分に発達していないあるいは
正常に獲得できていない状態を発達不全と言います。

口腔機能発達不全症の病状としては
■うまく、噛めない
■うまく、飲み込めない
■うまく、話せない(「さしすせそ」が「しゃししゅしぇしょ」になる、など)
■よく口が開いていて、口呼吸になっている
などが見られます。

また、口腔機能発達不全症のお子様や、予備軍のお子様には、
以下のような食の問題も見られます。

■朝・昼・晩や、日によって、食べる量にムラがある
■固いものを避けて、柔らかいものを好む
■好き嫌いが多く、偏食傾向である
■食べるのに時間がかかる
■噛む回数が少なく、すぐ飲み込む
■食が細く、比較的食べる量が少ない

こういった食の問題により、成長に必要な栄養を十分に摂取できないと、
低栄養に陥りやすくなります。

近頃は、低栄養により体重が増えず、高齢者のようなフレイルの状態に
なってしまうお子様も増えてきています。

この病気は、症状が自覚しにくいと言われており、言われてみて初めて
「うちの子にあてはまっている!」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この傾向が見られるお子様には、口腔機能を正常に発達させるため、歯科業界の
専門的な関与が必要です。

具体的な時期としては、機能を十分に発達するまでの限度である、
15歳未満のお子様が対象となります。

では、「対策って、どこで何をすれば良いの?」と疑問に思った方もいらっしゃると思います。

次回は、口腔機能発達不全症の対策として、ヨリタ歯科クリニックで取り入れている
「プレスマクラブ」について詳しくお伝えします。

そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

 

関連記事

[’21/11/4] パドクター

[’21/10/7] パドクター

[’21/9/13] パドクター

新着記事

教うるは学ぶの半ば

[’21/12/6] クリスマスの飾り付け

[’21/12/1] キッズコーナーDVD

Concept