管理栄養士ブログ

子どものフレイルってなぁに? -口腔機能発達不全症について-

【目次】

フレイルと、口腔機能発達不全症
口腔機能発達不全症とは何でしょうか?
食の問題と、口腔機能発達不全症
お子さんのお口の発達で、気になることはありませんか?

 

こんにちは!
ヨリタ歯科クリニック管理栄養士チームです。

 

9月になりましたが、まだまだ暑さが厳しいですね。
油断なさらず、くれぐれも熱中症にはお気をつけください!

 

 

熱中症対策として、水分補給が重要となりますが
小さいお子様や、ご高齢の方中心

「なかなかたくさんの量が飲めない」
「ゴクゴク飲めない」

という方も、多いようです。

最近では、スポーツドリンクや経口補水液がゼリータイプになっていたり
アイススラリーと呼ばれる、飲める氷(!)として発売されるようになりました。

形状を変えることで、液体タイプより、多くの量を飲用しやすくなっています。

それぞれの世代に合わせた対応方法が、研究されています。
自分たちが対応しやすい方法で、取り入れていきたいものですね。

 

 

フレイルと、口腔機能発達不全症

覚えていただいていますでしょうか?

前回のブログで、フレイルについてお話させて頂きました。
【フレイルの概念については、こちらをご覧ください。】

また、フレイルは高齢者だけの問題ではなく、子どもの時期の問題でもあり
この時期に、フレイル対策を行う事も大切だとお伝えしました。

そうです、小見出しにある漢字ばかりの、謎の言葉。

“口腔機能発達不全症(こうくうきのうはったつふぜんしょう)”

というものが、子どもの時期のフレイル問題なのです。

 

 

今月からは、子どものフレイル問題である“口腔機能発達不全症”について
詳しくお話しさせて頂きます。

 

 

口腔機能発達不全症とは何でしょうか?

大切なお子様や、お孫様がいらっしゃる方には
ドキッとする言葉を、お伝えしなければなりません。

口腔機能発達不全症は、病気です。

 

口腔機能発達不全症は、その名前の通り、“口腔機能”が“発達不全”の状態です。

さらに詳しくお話しします。

口腔機能とは、

■食べる機能
■話す機能
■呼吸する機能

のことを指します。

この口腔機能が十分に発達していない、あるいは正常に獲得できていない状態を
発達不全と呼びます。

 

そして、

一般的に、機能を十分に発達するまでの限度である、15歳未満の小児が対象となります。

口腔機能発達不全症の病状としては

■うまく、噛めない
■うまく、飲み込めない
■うまく、話せない(「さしすせそ」が「しゃししゅしぇしょ」になる、など)
■よく口が開いていて、口呼吸になっている

などが見られます。

 

 

この病気の、最も恐ろしいこと

「自分で症状が自覚しにくい」

という点にあります。

とくに、お子様の場合は、注意して見ていないと、発見しにくいです。
保育所や、幼稚園、学校で指摘されることはほとんどありません。

 

言われてみて初めて

「うちの子にあてはまってる!」

という方も少なくありません。

 

この傾向が見られるお子様には、口腔機能を正常に発達させるため、
専門的な関与をする必要があります。

 

 

つまり、歯医者の関与です。

 

 

食の問題と、口腔機能発達不全症

 

 

さらに、口腔機能発達不全症にかかっているお子様
口腔機能発達不全症の予備軍のお子様には、以下のような食の問題も見られます。

■朝・昼・晩や、日によって、食べる量にムラがある
■固いものを避けて、柔らかいものを食べたがる
■好き嫌いが多く、偏食傾向になっている
■食べるのに時間がかかる
■噛む回数が少なく、すぐ飲み込む
■食が細く、比較的食べる量が少ない

こういった食の問題により、成長に必要な栄養十分に摂取できず
低栄養に陥りやすくなってしまいます。

最近では、低栄養により体重が増えず高齢者のようなフレイルの状態
なってしまうお子さんも増えてきています。

何度もお伝えしていますが、
フレイルは高齢者だけの問題ではなく、子どもの時期からの専門的な関与
とても大切なのです。

ご安心ください。

私達、ヨリタ歯科クリニックの管理栄養士がいます。

 

 

お子さんのお口の発達で、気になることはありませんか?

 

 

では、

「フレイル対策って、どこで何をすれば良いの?」疑問に思った方
いらっしゃると思います。

 

10月の2週目のブログでは、当院で取り組んでいる、口腔機能発達不全症の
お子さんを対象
にした

“プレスマクラブ”

について詳しくお伝えしたいと思います!

冒頭にお話しした熱中症対策のように、我々歯科業界も、
それぞれの世代に合わせた対応方法が、研究されてるのです。

 

「歯科業界でできる、お子様向けのフレイル対策」

 

ぜひ、次回のプレスマクラブの記事もチェックして下さい!

 

 

次回の更新は・・・?

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
9月の4週目は、季節の献立を提案させて頂きます!

9月からは、待ちに待った、食欲の秋に、突入です!

 

 

ヨリタ歯科クリニック管理栄養士プロデュースする
献立も楽しみにして下さいね。

 

こちらの記事も、ご期待ください!

 

<ヨリタ歯科クリニック 管理栄養士チーム>

関連記事

食の問題と口腔機能発達不全症

ヨリタレシピ「12月の特選食材 れんこん」

口腔機能発達不全症への対策とアプローチ

新着記事

第一回ヨリタ赤ちゃん歯科教室 『離乳食編』予約申込み開始!

離乳食教室

親知らず

Concept