スタッフブログ

酸蝕症(さんしょくしょう)

こんにちは
歯科衛生士の西村です。

先日、酸蝕症について少し勉強する機会があったのですが、
みなさんご存知でしょうか。

酸蝕とは、胃酸お酢や酸によって、歯の表面が溶けていくもの
いいます。(虫歯ではありません)

全ての飲食物にはpHというのがあり、数値が6.3以下のものは
基本的に酸性なのですが、普段なにげなく飲んで食べているものには
その原因となる物がたくさんあります。

代表的なもので、
レモンオレンジなど含む果物酢の物炭酸飲料です。

そして、私も好きなもので、、、お酒です、、、

習慣的に飲み続けると、知らず知らずのうち歯を溶かして
いっているのです。

もちろん、小児の方も例外ではありません。

今では生活習慣病のひとつで、4人に1人は有病しているといわれています。

当院では、初診時治療中メインテナンス時カウンセリング
させていただいています。

その際、習慣的に摂取しているものに関しては、お声がけすることがあります。
もし、気になることがあれば、お気軽にご相談くださいね。

 

<歯科衛生士 西村 志保>

関連記事

趣味

金武町

Memento Mori

新着記事

キッズルーム 利用制限について(2020.11.2〜一部変更)

[’20/10/23] パドクター

趣味

Concept