院長ブログ

[’22/4/27] 新人研修⑤ -ドリーム通信読み合わせ -

本日も引き続き、午前中に新人座学研修を行いました。

 

今回は、『ドリーム通信読み合わせ研修』
先週の金曜日から、スタートしています。

 

本日の座学研修担当は、経営サポーターの髙橋さん

 

本日はドリーム通信から、

Vol.7 ウエルカムクラブ
Vol.8 カムカムクラブ

の、2項目についての読み合わせをしました。

その内容は、コチラ。

 

■Vol.7 ウエルカムクラブ

私たちの医院では、多くの小冊子、リーフレット、ポスターがあります。
もちろんホームページも、どんどん情報を発信します。何故でしょう。

答えは、唯一つ。思いを形にしたいから。
形にしたものを心を込めて、愛する患者様、メンバーにお渡し(お伝え)したいから。

ただそれだけ。そのため、一つ一つこだわります。
文体、サイズ、色調、レイアウト、言い回し、ロゴなど、
ただ形にするだけでなく、伝わりやすいよう、
また正しく伝わるよう、きめ細かく取り決めています。

全てに、統一性があればこそ、頂いた人や読み手は、
本心だと、思って頂けることでしょう。

美しいパンフレットを、作りたいのではありません。
流れるような文章で綴った小冊子を、作りたいのではありません。
きらびやかなポスターを、作りたいのではありません。
集客目的で、ホームページを開設したのではありません。

その思いに、共感して頂ける患者様やメンバーの方々とお会いしたいだけ。
また、思いを形にするため、医院を全面改装をしました。

その一番の目的は、予防サロン、すなわちウエルカムクラブの設立です。
愛と感動、夢と希望あふれるワクワク楽しい歯科医院を作るためには、
予防ベースの歯科医院を作る必要がありました。

ターゲットは、40歳以上の女性。この方々に満足と信頼を得るため、全て個室。
メインカラーもオレンジとし、間接照明やグラフィック(コルトン)にもこだわりました。
リラックスしてお口のクリーニングを受けて頂けるよう、
小物やオブジェにも、こだわりました。

しかし、最初から結果が出たわけではありません。
衛生士を育成し、システムを確立していきました。

だから何年かかかろうとも、自分がやりたいと
本当にいいと思うことだけ、やり続けようと思いました。
その中でいいメンバー、いい患者様に巡り合えるようになりました。

尽きない思いなら、形に出来ます。

 

■Vol.8 カムカムクラブ

感動・感謝ワクワク楽しい歯科医院を作るため、
平成14年11月、ヨリタ歯科クリニックは、リニューアルオープンしました。

このコンセプトを実現するため、
ここで予防ベースの歯科作りに取り組みました。
まず頭に浮かんだのは、
ムシ歯のない美しい歯並びの子どもたちの笑顔です。

そんな子供たちが多数集まるコミュニティー、
「カムカムクラブ」の誕生です。

「カムカムクラブ」の子供たちは、ムシ歯を作らないため、
3ヶ月に1度、自らの意志で私たちの医院を訪れます。

また、半年に一度、カムカムフェスタというイベントも、開催しました。

その日は、診療を1日お休みにし、午前中に飾り付け、
そしてリハーサルを行い、午後2回開催します。

ムシ歯予防の大切さ、定期健診の大切さをショーやクイズなどを通じ、
楽しみながら学びます。
平成15年、6月より、開催しています。

このイベントを通じ、多くの子供たちの笑顔に出会うことで、
私たちも、夢ややりがいを実感出来るようになります。
また、お互い助け合い、理解し合うことで、強固なチームワークも生まれました。

カムカムクラブのさらなる充実のため、2012年12月の
移転リニューアルに伴い、カムカムクラブ専用診療室が2部屋出来ました。
一部屋は、完全個室です。

その横には、子供たちのブラッシングコーナーを新設。
ガチャガチャや消しゴムボックスも、収納出来るようにしています。

また、チェアーにすわれない小さなお子様用に専門ベッド。
さらにその隣には、相談コーナーもあります。

壁はカムカムクラブのイメージカラー、グリーン。
カムカムクラブのメインキャラクターである、
カムカムボーイ、カムカムガールも、壁面に登場しています。

このように、カムカムクラブを設立することで、
ムシ歯のない子供たちの笑顔が集まる、
人に優しい医院が出来るようになりました。

カムカムクラブを通じ、子供たちへの思いを形に出来ます。

 

前回のルールブック読み合わせ研修と同じく、新人メンバーの皆さんの中から
ひとり音読をして頂き、全員でそのアワクレドの項目について、
5分間レポートを書いて頂きます。

 

レポートが書き終わったら、一人ずつレポート内容を
発表
してもらいます。

 

以下は、新人メンバーのレポートの一部です。
興味がある方は、是非お読み下さいね。

 

【ドリーム通信読み合わせ】

○Vol.7 ウエルカムクラブ

・入職前、ヨリタ歯科のホームページを拝見し、その見易さと分かりやすくに
驚きました。コラムの更新頻度も高く、細部にまでこだわりを感じたのを
覚えています。そして、それは、たくさん情報発信をすることで、思いに共感
してもらえる患者様やスタッフと出会いたいという想いがあったと、初めて
知ることが出来ました。
ホームページだけでなく、数度リニューアルを重ね、細部まで気遣いが伺える
院内でも、ウエルカムクラブにあるチェア、空間そのものにはじめ、とても
感心しました。
あのような空間で、定期的なメインテナンスを受けられるという点は
メインターゲットとされている大人の女性には、魅力的に感じると思います。
また、空間だけでなく、教育もしっかりとしており、衛生士さん方には
私も助けて頂いてばかりです。
この文章を読み、過程と結果を知ることで、自分もこだわりと努力を
重ねていきたいと思います。

・ヨリタ歯科に見学に来た際、壁面に置いてあるたくさんのリーフレットや
小冊子が目に入りました。
正直、見学に1日来ただけでは、医院の方針も詳しくわからないし…と
思っていたので、そのリーフレットと小冊子をいただいて帰り、家で読みました。
虫歯になってから、歯科に行くのではなく、予防のために歯科に行くという
主旨の内容で、私がやりたい予防への思いと同じだなと思い、面接を受けさせて
頂きました。リーフレットや小冊子は、医院の思いや方針を患者様やスタッフに
知ってもらうための、重要なツールだなと改めて感じました。
また、ウエルカムクラブは予防メインのサロンでターゲットも40歳以上の女性に
絞ることで、デザインも統一しやすく、ターゲット層も心地よく予防を受けて
頂けるのではないかと思いました。

・ヨリタ歯科のホームページを拝見したとき、あまりの情報の多さにとても
こだわりと伝えたいことがあるんだなと感じました。
中でも、『予防ベース』は何度も目にしたので、1番の目的であることも
汲み取ることができました。
また、初診のカウンセリングを座学で学んでいた際、患者様の主訴のヒヤリングは
もちろんのこと、医院のコンセプトもしっかりとお伝えし、患者様にご確認
頂くことを徹底していると知り、お互いに納得する形での治療や予防を大切に
しているんだなと理解しました。
しっかりと聞く、説明することで、信頼関係を築いていくことができると
思いますので、患者様の意見をしっかり聞き、私自身も誤解のない説明を
行っていきます。

○Vol.8 カムカムクラブ

・小さい頃の歯科医院のイメージは、とても怖いところで、訳も分からず
チェアに座り、知らない人に口を診られ、泣き叫びながら健診を受けていた
ことをよく覚えています。
家族もそんな私が衛生士となって、歯科医院で働くことに驚いているくらいです。
しかし、ヨリタ歯科に入職して、そんなイメージは変わりました。
1~2歳くらいで母親の膝に乗るくらいの年齢のお子さんは、目をウルウルさせて
いるのは見た事がありますが、あの頃泣いていた私と同年代のくらいのお子さんは
自分の足で歩いて、自らチェアに座りにいっていました。
また、予防ではなく、治療に来ているのに、しっかりと受け答えをして
今日はガチャガチャ出来ないの?というくらいでした。
そんなお子さんたちでいっぱいになるには、ドリーム通信にあるように
カムカムフェスタで、歯の大切さを楽しみながら学べたり、3ヶ月に1度の頻度で
来院し、予防処置を受けることで、歯科医院が楽しいところだと安心感を
持ってくださっているからだと思いました。

・私の子どもは歯医者が大嫌いで、向かう途中から不機嫌になり、診療中も
じっとしていません。ヨリタ歯科に来院されるお子様は、待合室でも楽しそうに
遊んでいる光景が見られ、病院にくるというよりは、遊びに来ているように
感じます。
3つ子の魂100という言葉がありますが、子どもの頃から予防の習慣を身に付ければ
大人になっても虫歯のない、健康な歯を維持でき、その子が大人になって、
そのお子様もカムカムクラブにくる流れが出来るのではないかと思います。
カムカムクラブ設立の想いを、大切にしていきたいと思います。

・カムカムクラブに通われているお子さんは、幼いころから歯科医院に来る
習慣がつくと思うので、大きくなった時に、そのまま予防で来られることに
繋がっていると思いました。
歯科医院は、小さなお子さんからして、良いイメージではないと思います。
しかし、ヨリタに来院されるお子さんは、ほとんどの子は笑顔で帰っていきます。
それは、ドクター、衛生士、助手、受付、全てのスタッフが、スマイルアンド
コミュニケーションを大切にし、対応されているからだと思います。
私は少しお子さんの対応をするのが苦手でしたが、少しずつ笑顔とコミュニケーションを
意識することで、お子さんとの距離が縮まっていると思います。
これかも、スマイルアンドコミュニケーションを大切にしていきたいです。

ドリーム通信は、私の熱い思いを綴った45項目

開業した思い医院リニューアルにあたってのこだわり
診療スタイルの確立に、福利厚生の充実
働きやすい環境作りなど、ヨリタ歯科クリニックや私の体験・経験を中心に、
スタッフ全員が光輝き、夢を叶えるための
厳選された45項目となっています。

私の様々な失敗談や成功談も赤裸々に載せていますので、
夢を持つ大切さや、苦労や挫折を乗り越えるきっかけが、
ドリーム通信を通して、少しでも伝わればとても嬉しいです。

新人研修は、まだまだ続きます。
5月も下旬まで座学が続きますが、新人メンバーの皆さんには
最後まで頑張って欲しいと強く願っています。

 

<新人研修は、まだまだ続く   寄田 幸司>

関連記事

[’22/8/2] 谷口さん小田さん、ご結婚おめでとうございます!!

[’22/8/1] 谷口さん・小田さん結婚披露宴参加

[’22/7/26] 2022年 入社式

新着記事

経営サポーター

NO IMAGE

スポーツドリンクと虫歯

[’22/8/4] パドクター最終回

Concept