院長ブログ

[’20/12/29] 今年最後の給与

先日26日は、今年最後お給料支給日

給与袋の名前の下には、こんなかわいいイラストが、入っています。
これもヨリタらしさなのでしょう。

 

   

 

その数、80

開業して、来年で30年目

たくさんのスタッフに、毎月きっちり給与を払うことが出来ることに
心から感謝です。

当り前ですが、全て私を支え続けてくれたメンバーの皆のお陰です。

 

ということで、今年最後のメッセージはこちら。

 

 

 

 

2020年を振り返って

今年の漢字は、「密」。

その理由は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため。
政府などが三密(密閉、密集、密接)の回避を発信したことです。

新しい生活様式が提唱され、逆に大切な人との関係性が密になったという
声も聞きます。

そして、私の今年の漢字は「明」

これには、「明日」と「明るい」の二つの意味があります。

今年は予期せぬことが、起こりました。

来年もそれ以上の困難が、私たちの前に現れるかもしれません。
自分ではどうしようもないことに怯えても、仕方ない。

どんな状況であっても、

「夜が明けない明日はない」

「明日は明るい」

と、信じ、2021年も前を向いて、ワクワク楽しい、笑顔と夢いっぱいの
グループ医院、皆と力を合わせ、作っていきたいと強く心に誓っています。

来年も、ヨロシクね!!

<2021年も誰も想像したことがない、明るい未来が待っている  寄田 幸司>

 

 

ちなみに、今年1月からのメッセージはこんな感じです。

 

 

 

私は口ベタ
日々の感謝の気持ちを、言葉で伝えたいのですが、
言いたいことの半分も、伝えることはできません。

心からのありがとう手紙として、お渡しするようになりました。

もう10年以上、続いていると思います。
最初は、一人一人に一筆箋として、お渡ししておりました。

しかし、グループ全体で1  名と人数が増えたこともあり、A4用紙一枚
全員に、お伝えするようになりました。

どんなことでも、継続することが大切であると思っています。

不器用な私ですが、これからもできる事
きっちり、やり続けていきたいと思っています。

 

 

 <2021年も決めたことを、やり続ける    寄田 幸司>

【追伸】

今年最後の出勤日となる本日、少し早いですが大晦日に誕生日を迎えるメンバーと
年明けに誕生日を迎える業者さんへ、手書きのバースデーカードをお渡ししました。

4つの医院のメンバー全員と、退職したメンバー、さらに日頃お世話になっている
業者様
にもバースデイメッセージを書いていますので、一年間で約200名近くになります。

特に、他のグループ医院のメンバーには日頃お会いする機会も少ないので
バースデイカードを書くことは、私にとってとても大切にしていることです。

今では、facebookやメッセンジャーなど便利なSNSがありますが、やはり
大切な人の記念日は、心を込めて手書きのメッセージの方が伝わるような気がします。

2021年も、メンバー一人ひとりの顔を思い浮かべながら、一緒に働けることへの
感謝の気持ち
を、書き綴ります。

関連記事

[’22/9/17] 新人研修 読書感想文④

[’22/9/15] 実習感想文シート

[’22/9/12] 新カムカムクラブ

新着記事

NO IMAGE

食習慣について

歯周病検査

ホワイトスポット

Concept