ワクワク楽しい経営日記

Vol.223  2015 ワクワク楽しい経営日記パート20 ~夢挑戦ストーリー その24 ヨリタ歯科ブランド~

スターバックスコーヒージャパン 元CEO、
現リーダーシップコンサルティング代表、岩田松雄さん
と、
元リッツカールトン、日本支社長
現人とホスピタリティ研究所代表 高野登さん
の共著、
スターバックスのライバルは、リッツカールトンである」
~本当のホスピタリティの話をしよう
~を読みました。

その中で、興味深かった第2章
ブランドは、いかに育つのか

高野さん曰く、リッツカールトンブランド=プロミス約束)であると。
すなわち
、他に出来ないことやらないこと提供する、お約束すること、
リッツカールトンは、市場のトップ5%の
人達の感性に応えるブランドであること、
つまりその人達に、
価値提供することを約束しているのだと。

岩田さん曰く、そもそも「企業ってなんのためにあるのか
という所まで遡って、その会社の
存在理由、その企業のミッション
一生懸命
愚直実行した結果、それが染み出たものが
ブランドであるべきだと。

ここで、思うこと。
私たちヨリタ歯科クリニックは、健康な人健康であり続けるために訪れる医院。
そう、
予防ベースワクワク楽しい、そして人に優しい医院
その
中心になる人は、ムシ歯のない子供たちと、
これから
豊かな人生を歩む、40歳以上の女性

その人達が、楽しみながら、そして心地良く、
来て頂けるおもてなしや、気配りが出来る医院
あり続けることを、
お約束しています。

また、開業以来、24年間
私たちの目指す
3つの理想の歯科医院という、ミッションを掲げ、
それを
実行に移すため、その間、改装や、移転設備投資人材育成
コツコツ、
愚直にやり続けてきました。

その結果、多くの人からの口コミが広がり、
ヨリタ歯科ブランドが作られています。

ヨリタ歯科ブランドは、一朝一夕で出来たものではありません。
また、それを守るため、日々
見えない努力をし続けています。
そう、
ブランドとは、見えるものではなく、
そこにしばしば訪れることで、感じるもの、気付くものなのです。

これからも、ヨリタ歯科クリニックであり続けるため、
日々、
努力してまいります。

話は変わりますが、私たち医院の給与は、20日締め
ということで、
バックヤードにあるタイムカードは、20日回収します。

そのため、20日には、回収用新しいタイムカードを入れたボックスが、
並んで置かれています。

これがあれば、メンバーの皆は、迷うことはありませんね。
そして、タイムカードは、こんな感じで立てられています。

よく見ると、上部にはシールが、貼られていました。

そう、役職別に分けられているのです。
メンバーが多いため、毎月自分のタイムカードの場所が変わるのでは、大変。
ということで、こんな所まで、
気配りがされています。

そして、メンバー全員が診療で使うインカムがコレ。

よーく見ると、マイク付きコードにも、
名前が書かれたシールが、貼られています。

そう、これは自分用に配られていたマイクなのです。
毎日、常に使うコード。
扱い方により、
断線したり、マイクが故障することも、しばしばありました。
その
コストは、バカになりません。

それで各人が、責任を持ち、大切に使用するようにと、
持ち主を、特定することにしたのです。
その結果、
故障はかなり少なくなりました。

私の知らない所で、メンバー全員思いやり感謝の気持ちを持ち、
皆で助け合いながら、
働きやすい職場環境を作るため、
知恵を出し合っていること、本当に有難いことです。

―今回の学びー
人に優しい歯科医院は、こんな医院があるのかという口コミが広がります。

関連記事

vol.252  2017 ワクワク楽しい経営日記パート1 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その25 ~新人研修レポート その2 新人戦力化プログラム~

vol.251  2016 ワクワク楽しい経営日記パート24 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その24 新人研修レポート その1 USJ宣言

vol.250  2016 ワクワク楽しい経営日記パート23 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 その23 ~月間行動目標採点表~

新着記事

訪問歯科診療

[’22/1/19] カムカムニュースの復活&リニューアル

防災を意識する大切さ

Concept