院長ブログ

[’18/6/16] T-magazine

ヨリタ歯科クリニックと同じ最寄駅である、近鉄奈良線河内花園駅
北へ約1kmにある、大阪府立たまがわ高等支援学校

 

その広報マガジン 2018 Vol.2が、私の元に届きました。

 

 

 

そして、裏表紙の校長先生の言葉

 

 

『就労』と『潤い』の二兎を追う。

 

『就労を通じた潤いのある社会的自立』

これは本校が掲げる過去から未来へと貫く、永遠のテーマです。

障がいのある生徒が、社会的自立を果たすためには、やはり、経済的な
バックボーンが必要です。

就労するための力を、我々は三年間で生徒に付けたい。

この期間にその力を付けなければ、一生その機会を失ってしまうかもしれない。

どんなに嫌われても、どんなに抵抗されても、やり通さなければならない。

そこには教育者としての、必死の思いがあります。

『就労』と『潤い』の二兎を追う。

それが本校の存在意義であると、考えています。

ただし、社会的自立には、修飾語がついています。

「潤いのある」です。

「人はパンのみに生きるにあらず」。

物質の豊かさだけでは、幸福感にも限界があります。

生涯かけて、追い求めるものであったり、大好きなものが必要です。

授業や学校行事を通じて、自分探しにも注力しています。

今後も本校は、「就労」・「潤い」の二兎を追います。

学校の教育活動のすべてを、この二つに収斂させます。

本校の今後のさらなる飛躍に、こうご期待。

 

今、たまがわ支援学校の3年生が、ヨリタ歯科クリニックで2週間
職業体験を、しています。

 


(当院のスマイルサポーターが清掃作業を指導。待合室にある患者様用お手洗いの清掃中)

 

ここで働くことで、生涯をかけて追い求める何か。
ここで働くことが、大好きになる何か。

 

そんな潤いある何かを、この2週間で見つけることが出来れば幸いです。

 

<社会的自立を、支援したい  寄田 幸司>

関連記事

[’18/11/13] ウルルンよしだ歯科さん 見学

[’18/11/12] Posh・Lash合同セミナー

[’18/11/9] 配布版カムカムニュース、始めました

新着記事

[’18/11/13] ウルルンよしだ歯科さん 見学

いい歯の日 2018

ヨリタのフラワーアレンジメント Vol.23

Concept