Dr.ブログ

はじめまして。

はじめまして。
歯科医師の田中です。

この10月から、こちらのヨリタ歯科クリニックに入職しました。
どうぞよろしくお願いします。

ところで、皆さんはCT撮影をご経験されたことはありますでしょうか?

私たちの医院内にもありまして、お口の中の詳しい検査をする時に
用いることがあります(歯科用コーンビームCTと言います。)

でも実は、お医者さんなどで使われるCTとは少し違うということを
ご存知でしょうか。

何が違うかと言いますと、まず撮る時の体勢が違います。
お医者さんのCTは台の上に寝て撮りますが、私たち歯医者さんのCTは
椅子の上に座って撮ります

次に違うのは、装置の大きさです。

医療ドラマなどでご存知の方も多いと思いますが、お医者さんのCTは
大きくて広い部屋に入って、ガントリーと呼ばれる筒状の大きな装置に
吸い込まれるようにして撮っていきます。

それに対して、歯科用のは僅か2畳ぐらいの広さで、頭の周りに機械を
1周させるだけで撮る
ことができます。

だから歯医者さんのCTは、よく気にされる方も多い、エックス線の被曝量も
お医者さんのものより少なくてすむ
のです。

ですから、皆さんもヨリタにいらっしゃった時に、
『レントゲン撮影をします』と言われても、どうか安心して
撮影に臨んで下さいね。

関連記事

歯の健康への第一歩

新しい材料ってどうなの?

予防

新着記事

[’24/5/18] 実習感想文シート

[’24/5/16] 新人研修㉛ -ドリーム通信読み合わせ[14] -

[’24/5/15] 新人研修㉚ -ドリーム通信読み合わせ[13] -

Concept