Dr.ブログ

知覚過敏

こんにちは。
歯科医師の吉村です。

知覚過敏には色々な原因がありますが、本日は
歯ブラシの仕方に問題があるために、知覚過敏になる
というお話をしていこうと思います。

みなさんは、歯ブラシはどのように磨いていますか?
正しい磨き方をご存知でしょうか?

ヨリタ歯科クリニックに通ってくださっている患者様は、

衛生士さんによく指導されていると思いますが、鉛筆を持つように握る持ち方で、
毛先が広がらない程度を目安に(約
150200g優しく磨きます

歯ブラシが開くほど力を入れて磨くクセのある人は、
だんだんと歯が削られて、知覚過敏になる恐れがあります。

歯の摩耗を最小限にするためには、力任せに磨くのではなく、
ゆっくりと時間をかけて軽い力で磨くのがポイントです。

知覚過敏の症状が出ると、痛みを避けるためにブラッシングを
おろそかにしてしまう可能性が高い
です。

そうなると磨き残しが多くなり、むし歯や歯周病も発生するといった
悪循環を生む
こともありますので、正しい歯磨きを心がけてくださいね。

歯磨きの仕方を詳しく知りたい方は、是非当院の衛生士さんにお声がけください。

関連記事

立春と節分

口腔乾燥について②

銭湯

新着記事

NO IMAGE

立春と節分

[’22/2/3] キッズコーナーDVD

[’23/2/2] 株式会社サエラ様 医院見学会ご来院

Concept