Dr.ブログ

口腔乾燥について

こんにちは、歯科医師の高山です。

暑がりの私でも肌寒くなってきて、上着を羽織るようになりました。
紅葉の季節もやって来て、さつまいもや栗など美味しい食べ物を
食べられるようになりましたね!

今年も残すところ、1ヶ月となりました。

皆さんが口腔内に抱えている問題があれば、新年を迎える前に治してしまいましょう!

さて、冬を迎えるにあたり、よく問題になってくるものの中に
「乾燥」があります。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、歯科の領域でも様々な問題が生じます。

自覚症状として主に以下のものがあります。
①口が渇く
②口の中や舌が痛い、ヒリヒリする
③口の中が汚れやすい(歯垢の増加)
④強い口臭
⑤入れ歯を装着しにくい
⑥舌表面のひび割れ
⑦会話しづらい
⑧唇が切れる

口腔内が乾燥すると、う蝕(虫歯)・歯周病にかかりやすくなったりします。

冬になると水分摂取量が不足しがちで、室内も暖房で空調管理されていることも多いです。
口の中が渇く感じがあれば、積極的に水分を補給するのも有効な方法です。

もし上記の症状でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽に来院されてくださいね。

関連記事

立春と節分

口腔乾燥について②

銭湯

新着記事

NO IMAGE

立春と節分

[’22/2/3] キッズコーナーDVD

[’23/2/2] 株式会社サエラ様 医院見学会ご来院

Concept