Dr.ブログ

口腔ケアと体の健康

こんばんは、増田です。

 

 

最近、冷房で喉がやられてます。

さて、近年お口の健康が全身の健康に大きな影響を及ぼすことは、
広く知られるようになってきています。

高齢者の死亡原因の上位に挙げられる誤嚥性肺炎は、
お口の汚れや嚥下機能の低下病状に大きく関連します。

また、歯周病心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病や呼吸器疾患などに
悪影響を与えたり、それらの病気が歯周病を悪化させたりすることも
注目されています。

高齢になった時歯が何本残っているかということも、
健康に大きく影響します。

歯が残っている本数が多ければ多いほど、寿命が長くなる
というデータもあります。

男性では60際以上で、80歳以上になると男女ともにその傾向が明らかになります。

また、歯があることで踏ん張りがきくため転倒の予防につながったり、
しっかり噛むことが脳への血流を増やし、認知症の予防につながります。

すでに歯を失っている人でも、きちんと入れ歯を使うことで同じように
リスクを減らす
ことができます。

お口の中を清潔に保ち、健康寿命を延ばしましょう。

関連記事

歯科医院での撮影方法

新人Dr紹介

口腔ケアと体の健康

新着記事

[’22/7/2] キッズコーナーDVD

[’22/7/2] カムカムニュースVol.91(2022年7・8月号)

朝のクイズ

Concept