赤ちゃん歯科ブログ

【離乳食】〜舌の動き編〜

こんにちは。
赤ちゃん歯科チーム、歯科衛生士の岩切です。

 

 

 

前回の記事では、
【唇を閉じてゴックン】とするところが、
離乳食初期の目標であるとお伝えしました。

この時の目標は、
ただ食べ物を【丸呑み】して飲み込むだけでしたが、
【中期】【後期】なってくると、
【舌を使って食べ物を潰したり、咀嚼の手助けを行う】動き
できるようになってきます。

【中期】の時は、
舌を上下に動かせるようになるので、
舌と上顎に食べ物を挟み込み【押しつぶして】から、


唇を閉じて、ゴックンとできるようになることが目標
になります。

食材も、舌で潰せるものを選択します。

私たち大人が舌で潰せるものと言っても、
赤ちゃんの舌はまだ発達途中段階なので、目安としてはお豆腐くらいの硬さ
目安にするといいと思います。

この辺は、実際に【離乳食教室】などでも、
硬さの体感などもしてもらいますので、またお問合せくださいね。

 

そして、【後期】になると、
舌を左右に動かせるようになります。

舌が左右に動かせることで、食べ物が左右に移動できるようになります。

ということは、
食べ物を左右の奥歯に移動させることができるようになるので、
【咀嚼】の始まりを促せるようになります。

この時、身体の動きとしては、左右に体重を乗せながら移動する
【ハイハイ】の動きができていることが目安になります。

 

また、この時期は、奥歯が生えてはいないので、
咀嚼と言っても、【奥の歯茎で押しつぶす】動きを学んでいくことになります。

奥歯が全て生えそろい噛み合うまでは、大体3歳前後くらいまでかかることと、
大人とは歯の生えている本数や大きさも異なることから、
大人と同じものではなく、少し柔らかめを選択すること、

葉っぱ、海藻などのペラペラしたもの
弾力のあるもの(こんにゃく、いか、かまぼこなど)

は避けたり、調理に工夫が必要となります。

こちらも【離乳食教室】でお伝えしたり、
当院の管理栄養士から、【栄養相談】で詳しく聞くことができますので、
是非お問合せくださいね。

こうやって、離乳食とは
【自分のお口を身体や食べ方を通して発達させていくこと】を学ぶ時期となります。

だから『食べない』ことを、焦らなくても大丈夫。

どうして、今は食べられないのか?

そこには、色んなヒントが隠れています

 

赤ちゃん自身が出してくれている、そのヒントを是非一緒に見つけていきましょうね。

 

 

<赤ちゃん歯科チーム 衛生士 岩切>

関連記事

コミュニケーションとお口育ては【観察】することから

何故、お口の機能を鍛える必要があるのか?

【離乳食】〜舌の動き編〜

新着記事

口腔機能測定はじめます

NO IMAGE

7月17日(水) 3階午後診療休診のお知らせ

おすすめ洗口液『コンクールF』

Concept

お盆休みのお知らせ
お盆休みのお知らせ