メディア情報

[’20/6/29] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?
連載しています。

 

 

 

当院の副院長の入江先生森山知子先生執筆して頂いております。

今回は、森山知子先生です。

 

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.179

こんにちは。ヨリタ歯科クリニックの森山知子です。
今回は、メタルフリー治療についてお伝えしたいと思います。

メタルフリー治療とは、従来の金属製修復物、いわゆる銀歯とは異なり、
セラミックやジルコニアで製作された詰め物・被せ物で歯を修復する治療を
指します。

日本では、歯科修復物の多くを金属製が占めており、諸外国と比較しても
その割合は高く、メタルフリーの優れた治療に対する認知度がまだまだ低い
ように思います。

そもそも保険診療の枠内では、むし歯で歯を削ったあとの詰め物・被せ物といえば、
銀歯など金属製のものが一般的です。

しかし、こうした金属製修復物を用いての治療は、審美性に優れているとは言えません。

最大のデメリットは、汚れがつきやすいことと、詰め物を歯につける際に使用する
セメントが経年的に溶け出して、自分の歯との間に隙間を生じさせてしまうことです。

 
これは、治療した部分に起きるむし歯である、二次カリエスのリスクを
高めてしまうことにつながります。

金属製修復物を口腔内に入れ続けることで、金属アレルギーの発症リスクを
高めることも指摘されています。

そんな金属製修復物のデメリットを補うのが、メタルフリー治療の特徴です。

すなわち、審美性を備え、二次カリエスのリスクを軽減し、金属アレルギーの
懸念も避けられることが大きなメリットです。

メタルフリー素材には、大きく分けてセラミックとジルコニアがあります。

光の透過性が高いセラミックは、自然な白さが特徴で、前歯など高い審美性が
求められる治療に適しています。

ジルコニアは非常に硬い素材で、奥歯など強度が求められる治療に使われます。

このようなメタルフリー素材の物性は、本来の歯(天然歯)と非常に近いため、
経年的にも天然歯としっかり密着します。

対して金属製修復物は、天然歯と物性が異なるため、ごくわずかながら隙間が
できてしまうことは避けられません。

セラミックやジルコニアを使ったメタルフリー治療は非常に優れた方法では
ありますが、難点は、保険適用ではなく自費診療となることです。

近年では、セラミックほどの物性はないものの、金属を使わない方法として
ハイブリッドレジン冠による治療が保険適用で可能となっています。

ただ、治療する歯が限定されていたり、厳密な条件が定められているため、
保険適用ですべてのメタルフリー治療が行えるわけではありません。

ハイブリッドレジン冠によるメタルフリー治療をご希望であれば、
治療の際にご相談されると良いでしょう。

そして、セラミックやジルコニアによる治療後も、良好な状態を保つために
メインテナンスは不可欠です。

特に歯ぎしりをされている方は要注意です。

強度の高いセラミックでも、体重と同じくらいの力がかかる歯ぎしりには
負けてしまうことがあります。

定期的なメインテナンスで歯の咬み合わせを確認することや、必要に応じて
ナイトガードを装着することも重要となります。

金属を使用しないメタルフリー治療は、いわゆる銀歯での治療に比べて
審美性が高く、長持ちすることに特徴があります。
自費診療での初期費用は高くなりますが、長い目で見るとメリットの多い
治療と言えるでしょう。

むし歯治療で詰め物や被せ物の選択が必要になった際には、あらゆる面から
メリット・デメリットを考慮し、納得できる治療を受けられるようにしたいものですね。

 そのためにも、治療に際してしっかりと相談することが非常に大切です。

そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

 

関連記事

[’20/6/29] パドクター

[’20/6/1] パドクター

[’20/4/25] パドクター

新着記事

梅雨

[’20/7/5] 院内セミナー②

[’20/7/4] 新人衛生士実技研修

Concept