メディア情報

[’18/2/22] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?
連載しています。

 

  

 

2017年の10月から当院の副院長 入江先生と、小児歯科担当医の森山先生
交代で、連載していくことになりました。

皆さん、よろしくお願いいたします。

今回は、森山先生です。

タイトルは、「歯の予防」 です。

 

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.151

 

こんにちは。ヨリタ歯科クリニックの森山です。

前回は、むし歯や歯周病などを予防するために、まずは歯科医院できちんと検診を
受けることが大切であるという、お話をしました。

むし歯や歯周病は、その原因や予防法が、はっきりと分かっている疾患です。

しかし、現在も、むし歯や歯周病に罹患している人は、非常に多くいらっしゃいます。
実はこれでも、むし歯は、以前に比べると、ずいぶん減りました。
乳歯のむし歯でいうと、厚生労働省が実施する調査において、1970年頃では、3歳で
むし歯を経験している子の割合が、80%以上でした。

2015年の同じ調査では、20%以下で、年々減少しています。

以前は、間違った歯の知識や、むし歯になりやすい生活習慣・食習慣が一般的に
ありました。

そして何より、歯に無関心な人が多かったのだと思います。

このことが、むし歯の多さにつながっていたのでしょう。

ところが、正しい歯の知識が一般に浸透したことで、むし歯は確実に減っていきました。

歯の大切さを実感した人々が、歯は予防して守るものだと気づき、意識が変わり
始めたことも、大きな理由です。

ただ、現在も、むし歯の患者数は、全体としてまだ多いのが実情です。

そこで、むし歯の原因を、しっかり理解して頂きたいと思います。

 

むし歯の原因には、「細菌(ミュータンス菌)」「糖分」「歯の質」の三つの要素があります。

この三つの要素が重なったとき、時間の経過とともに、むし歯が発生します。

ミュータンス菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、その際、歯の周囲に
ネバネバのグルカンという、ノリのような物質を作り出します。

このネバネバ物質により、菌は歯に強力に付着して、そこでたくさんの細菌の集合体が
形成されます。
これが増えて、歯の表面にこびりついた汚れが、歯垢になります。

また、ミュータンス菌は、同時に酸も作り出します。
すると、歯垢の中は酸性になり、接触している歯の表面から、歯の成分であるカルシウムや
リンが、溶け出してしまいます。

少しずつでも、このように歯が溶ける状態が続くと、ついには穴が空いてしまい、
いわゆる、むし歯ができてしまいます。

ミュータンス菌は、ほとんどの人の口の中にいる細菌ですが、口の中で
増やさないようにすること

すなわち、正しい歯磨きで、ミュータンス菌のエサとなる糖分をきちんと落とすことが
ポイントです。

 

ほかにも、むし歯を予防する大きなポイントが、いくつかあります。

次回はそれらをまとめた、むし歯の予防法についてお話したいと思います。

そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたは、コチラ

 

関連記事

[’18/5/24] パドクター

[’18/4/27] パドクター

[’18/3/14] パドクター

新着記事

力によるトラブル

歯科矯正、スタート

[’18/5/25] カムカムニュースVol.63

Concept