院長ブログ

[’18/11/27] 実習生研修レポート

今回も、5名の衛生士学校の実習生の皆様より、研修レポート
私の元に届きました。

それが、コレ。

 

   

  

 

 

ということで、ご興味のあるあなたは、お読み下さいね

 

 

あなたが光輝く衛生士になるための STEP1

○お渡しした資料や、実際の診療を通じてのヨリタ歯科の印象や感想をお聞かせ下さい。

・私がヨリタ歯科クリニックで、実際に実習させて頂いて感じたことは、患者様第一で
 動いているということです。どなたがいらっしゃったのかを受付の方がインカムを通して
 知らせてくれて、チェアーサイドで動いている人全員が把握できることが、スムーズに
 治療を進めることができる、ひとつの大きな理由だと感じました。
 
・ヨリタ歯科医院の印象は、患者様のことをとても考えている医院だと思いました。
 お子様のいる患者様でも、お子さまを安心して預けることができる、保育士常駐の
 ハイハイクラブや、初診の患者様には、悩みや思いを聞く為に、カウンセリングルームで
 カウンセリングを受けたり、また、インプラント治療などをされる患者様には特別室が
 あり、患者様が安心してリラックスしながら診療を受けられるように、様々なルームや
 取り組みがあります。それぞれのスタッフの方が、それぞれの業務に集中できるように
 健康プロモーターや経営サポーターなどの、あらゆる業種に分かれています。
 スタッフのことも、しっかり考えている歯科医院だと思いました。

・ヨリタ歯科クリニックは毎日200人近くの患者様が来院され、次々とアシストにつく
 ことができ、様々な治療を学ぶことができます。
 何か分からないことがあった時、皆さん優しく答えてくれます。
 わざわざ詳しく説明してくださる時もあり、実習生の私達が学べるよう考えてくれて
 いる所が良いと、思いました。

・実習が始まる前に一度、ヨリタ歯科クリニックさんに来たことがあるのですが
 ヨリタ歯科はディズニーランドだよと伺いました。その時は歯医者さんなのに
 ディズニーランドだという意味が伝わらず、疑問に思いました。
 しかし、実際に実習が始まり、診療を見学させていただくと、たくさんの患者様が
 来院されているのにもかかわらず、歯科医師さん、歯科衛生士さん、受付さんを
 はじめ、全員のスタッフさん達が、笑顔で接していて、とても楽しい雰囲気が
 感じ取られました。スタッフさん達一人一人の接し方や、優しい雰囲気が理由だと
 感じました。

・今回臨床実習として来させて頂いて感じたことは、スタッフの方々のチームプレーが
 素晴らしいことです。インカムで連絡を取り合い、手際よく働かれているので、患者数が
 多く忙しいのに、診療がスムーズに進むのだとわかり、感動しました。

 

○あなたが診療で学んだ事は、何ですか?また、逆に疑問に思った事は何ですか?

・私が診療で学んだことは、治療の流れや使用器具、準備や片付けはもちろんですが
 一番は患者様への声掛けです。治療中、患者様は「今から何をされるのだろう。
 痛いのだろうか」と不安な気持ちを持っておられます。
 そんな中で、無言で淡々と治療を進められると不安を和らげるどこか、余計に恐怖心
 が増してしまうと思います。バキュームで、奥に溜まった水を吸引する際も、顔に
 タオルをおかけする際も、ほんの少しのことですが温かい声掛けをするだけで
 少しばかりは恐怖心を、払拭できるのではないかと思います。

・私は他の衛生士の方や、歯科医師の先生、受付の方の患者様への対応から、患者様
 との関わり方を学びました。笑顔で患者様と接すれば、患者様もそれに応えてくれ
 少しでも安心して治療に取り組んで頂けると思いました。

・私が実際の診療で学んだことは、相手の事を思いやるということです。
 先生が欲しい器具を先読みして、私達が器具の受け渡しをスムーズに行ったり
 今して欲しい事に、すばやく気付くことが大切だと思いました。
 
・患者誘導するだけではなく、通りすがりの患者様にも笑顔で挨拶を行います。
 笑顔は、笑顔を生みます。ヨリタ歯科クリニックさんの基本理念である、患者の皆様の
 心の健康につながることを行うためにも、笑顔で患者様と接することで穏やかな気持ちに
 なり、心の健康にもつながると言うことを学びました。

・学んだことは、患者様が気持ち良く通える医院にすることが、最も大切なことだという
 ことです。患者様の元に離れるときには、できるだけ倒しているチェアーを上げてから
 離れるなど、細かい点にも気を配ることが大切なのだと、学びました。
 

○あなたは、ヨリタ歯科クリニックに来院される患者様にどういう風に接したいですか?

・私はヨリタ歯科クリニックに来院される患者様に安心してもらえるように、明るい
 笑顔で接したいと思います。そのために、初めの患者様を案内する際には、カルテを
 しっかり確認し、患者様一人一人にあった声掛けや、気配りを心掛けます。
 また、患者様が気分を悪くされていないかなど、患者様の様子を常に気にして、広い視野
 を持ち、診療に取り組みたいと思います。

・チェアーにご案内するまでに、一番最初に顔を合わすのが、患者様をお呼びする人なので
 絶対に明るく、笑顔でいようと心掛けています。そして、不安に思っていることを
 聞いて、解消できるように、声掛けも忘れずに行いたいと思います。

・私は患者様と接する時、笑顔というのはもちろん、言葉に気を遣って接したいです。
 ヨリタ歯科クリニックには、小児から高齢者の方まで、幅広い世代の方が来院されます。
 その為、患者様の年齢に合わせた話し方や、言葉選びに気を付けなければいけません。
 小児の患者様には、怖い思いをさせないよう、行う治療を安心できるように、どう
 伝えるのかが、今後来院される際の気持ちが変わるように思います。
 小児の患者様だけでなく、年齢問わず、治療が怖いという方は沢山いらっしゃる中で
 私達ができるだけ患者様に寄り添い、理解するためにも、言葉に気をつけて
 コミュニケーションを取りたいと思います。

・私が挨拶をすると、患者様も笑顔で挨拶をして下さいます。
 笑顔は楽しいから出るのではありません、笑顔を作ることで楽しくなるのです。という
 アワクレドの18番の気持ちを、私も大切にして、笑顔で患者様と接していきたいです。

・どのような治療をされるのか、不安を感じている患者様もたくさんいると思います。
 なので、まずは自分が笑顔で接することで、歯科医院=怖いというイメージを壊して
 いきたいです。また、チェアーに案内したときに「お変わりないですか」と優しく
 声掛けを行うことから、少しずつコミュニケーションを取っていきたいと思っています。

 


<毎日多くの学びや、気付きがある   寄田幸司>

関連記事

[’20/7/3] ヨリタクラブフロア開設1周年

[’20/6/13] 2021年度会社説明会&採用一次選考会開催

[’20/6/12] 新人研修読書感想文②

新着記事

[’20/7/3] ヨリタクラブフロア開設1周年

私と子猫の出会い記念日

[’20/7/1] キッズコーナーDVD

Concept