院内イベント

[’07/12/28] 新たな小冊子(53冊目)

今回の小冊子のテーマは、「ぼく・わたしのたからもの
これは2007年12月の、
クリスマスフェスタのテーマでもあります。
カムカムクラブの子供たちには当日、
自慢の「たからもの」を書いて来てもらいました。

そして、子供たちだけでなく、私たちチームメンバーにも一人ずつ
たからものを披露(?)して頂き、
パネルにしました。



それを集めたものを、今回小冊子にしました。

カムカムフェスタの子供たちの「たからもの」の中で、一番多かった答えは「家族」

家族はいつもそばでいて、温かく見守ってくれる。
「たからもの」とは、本当は家族のように、いつも自分のそばにいるありふれたもの
当たり前にあるものかもしれません。

しかし、ずっとずっとそばにいたり、手にとったり。
このことを思うことで、勇気付けられたり元気付けられたり
また頑張ってみようと思うようになることがあります。

それを大切にし続けることで、気付いた時は、
それが「たからもの」になっているのでしょう。

私たちの「たからもの」は、カムカムクラブのみんなの笑顔

みんなの笑顔に出会えることが、最高の楽しみです

今回のフェスタでは、私たちの「たからもの」に、たくさん出会えることが出来ました。

 <「たからもの」はいつもそばにある 寄田幸司>

 

関連記事

人が輝く組織作り 〜チームメンバー編〜

人が輝く組織作り 〜衛生士研修編〜

人が輝く組織作り 〜ドクター研修編〜

Concept

7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!
7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!