スタッフブログ

歯磨きの補助用具

こんにちは。
歯科衛生士の石島です。
今回はフロス(糸ようじ)や歯間ブラシ
補助用具の大切さについてご説明します。

歯磨きももちろん大切ですが、歯磨きだけのお掃除では
なんとプラークの除去率は60%と言われています。

つまり残りの40%はお口に残ったまま

補助用具を正しく使用することで、90%まで除去できると言われています。

よく「フロスを使うと隙間ができないの?」や
「使って見たけど血が出たから辞めた」などのお声を聞きます。

歯間ブラシの間違ったサイズの使用歯茎を傷つけてしまいますが、フロスは問題はありません

出血があっても歯茎に炎症がある為の出血であるため、2〜3週間使っていると治ってきます。

歯石が付着していると治りにくいので、定期的なメンテナンスが大切です。

正しい使い方等是非スタッフにお声がけ下さい!!

私たち歯科衛生士が、丁寧にご指導します。

<歯科衛生士 石島>

関連記事

社員食堂「ヨリタ亭」

歯磨きの補助用具

カムカムクラブ

新着記事

第一回ヨリタ赤ちゃん歯科教室 『離乳食編』予約申込み開始!

離乳食教室

親知らず

Concept