Dr.ブログ

日本人に多い不正咬合「出っ歯」

こんにちは、歯科医師の田中です。

今回は、日本人に多い不正咬合「出っ歯」についてお話させて頂きます。

前歯が前方へ突出している状態は、俗称「出っ歯」と呼ばれています。
出っ歯は決して珍しい歯並びではなく、12〜20歳の日本人の12.9%
出っ歯(上顎前突)であるという調査結果もあるほどです。

出っ歯になる原因は、骨格の遺伝などの先天的なものや、幼少期の
指しゃぶりなどの悪習癖
である場合など、人によって様々です。

出っ歯は矯正治療で改善できることが多いですが、マウスピース矯正装置
「インビザライン」でも治療が可能
な場合があります。

反対に、インビザラインではしっかり治せない場合は、
ワイヤー矯正の方が適している場合や、外科矯正が必要な場合
などがあります。

ご自身の出っ歯がインビザラインで治るかどうかは、一度歯科医師に
診てもらい、相談しながら検討
しましょう。

ヨリタ歯科でもインビザラインの矯正治療を行っておりますので
当院の矯正治療の総合案内ページをご参照くださいね。

関連記事

虫歯治療について その3

歯の健康への第一歩

新しい材料ってどうなの?

新着記事

トリートメントコーディネーター

NO IMAGE

ドクター出勤表6月配布分について

7月・8月の診療日、休診日、イベントのお知らせ

Concept

7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!
7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!