Dr.ブログ

歯周病の予防や治療に補助器具が大切?

皆さんこんにちは。
歯科医師の高山です。

いよいよ、GWが始まりましたね。
新学期、新社会人、4月から新しい環境に馴染まないと
いけない季節でしたので、知らぬうちに疲れが溜まっている方も
多いのではないでしょうか?

日頃の疲れをゆっくり休んで癒やしたり、楽しいGWをお過ごしください!

さて、先週赤松先生が歯周病治療について掲載されていましたので、
私も関連した内容についてお話しようかなと思います。

実は7割の方が歯周炎、歯周病に罹患していると言われています。

過去の研究では、2週間も歯磨きをせずに暮らす健康な歯茎をしている方も
歯肉炎になる
という結果もあり、歯磨きをしていると血が出るようになります。

毎日磨いている方が多数かと思いますが、歯ブラシ以外の補助器具
使われていない方もいらっしゃるかと思います。

なんと歯ブラシだけでは6、7割の汚れを落とすことができないと言われており、
歯と歯の間に汚れ歯ブラシで落としきることが難しいです。

そのため歯間部は、汚れが残りやすいため歯周病は歯間部から
進んでいくことが多い
です。

歯周病の予防や治療には、歯ブラシの他にもフロス(糸ようじなど)
必要であれば、歯間ブラシなども使うことが大切になってきます。

フロスや歯間ブラシを歯面に沿うようにして磨いて、口腔内をキレイに保って下さいね!

関連記事

歯の健康への第一歩

新しい材料ってどうなの?

予防

新着記事

[’24/5/18] 実習感想文シート

[’24/5/16] 新人研修㉛ -ドリーム通信読み合わせ[14] -

[’24/5/15] 新人研修㉚ -ドリーム通信読み合わせ[13] -

Concept