Dr.ブログ

砂糖の日

みなさん、こんにちは。
歯科医師の赤松です。

徐々に暖かい日も増え、過ごしやすくなったように感じます。

とはいえ、来週はまた寒くなるようなので
体調管理には気を付けられてください。

さて、今週は3月10日、砂糖の日がありました。

これは、砂糖の優れた栄養価を見直す日です。

砂糖は栄養価が高く、とってもおいしい一方で、虫歯のリスクを高めます。
糖に含まれるブドウ糖と、果糖を基にミュータンス菌は繁殖し、
虫歯のもととなるのです。

一日に摂取するのが望ましい砂糖の量は、だいたい25gといわれています。

ですが板チョコやジュース、炭酸飲料500mlに含まれる砂糖の量は25gを
ゆうに超えていますので注意が必要です。

甘いものも食べ方、歯磨きの仕方で薬にも毒にもなります
ダラダラ食べはせずに、しっかり歯を磨いておいしくお口の健康を
守っていきましょう!

関連記事

虫歯治療について その3

歯の健康への第一歩

新しい材料ってどうなの?

新着記事

トリートメントコーディネーター

NO IMAGE

ドクター出勤表6月配布分について

7月・8月の診療日、休診日、イベントのお知らせ

Concept

7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!
7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!