Dr.ブログ

身体全体を蝕む歯周病の恐ろしさ

こんにちは。
歯科医師の田中です。

今回は、身体全体を蝕む歯周病の恐ろしさについて
お話しようと思います。

歯周病は、口内だけにとどまらず、全身にも被害をもたらす恐ろしい病気です。

歯周病を放っておくと、どのような健康被害が起こるか
紹介していきましょう。

そもそも歯周病とは、口内で繁殖する細菌によって引き起こされる
炎症性疾患
のことです。

歯と歯肉の間の歯肉溝と呼ばれる隙間に細菌が停滞することで、
歯肉が腫れ上がり、赤くなります。
しかし、痛みは生じません。

そのため、多くの方は、この時点で自分が歯周病に感染しているとは
気付きもせず、今まで通りの毎日を過ごしてしまうのです。

 この歯周病を放っておくと、細菌はどんどん歯肉溝を蝕んでいきます。
その結果、歯と歯肉の間の溝は深くなり、歯周ポケットが形成されます。

歯周ポケットが形成された状態の歯肉は、痩せ細ってガリガリの状態。
その結果、歯肉は歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまう
という事態が起こります。

また、細菌が作りだしたプラーク(歯垢)が血液中に入ってしまえば、
歯周病の症状は全身にも及んでしまいます。

プラークの毒素によって動脈硬化が起こり、狭心症心筋梗塞脳梗塞などを
引き起こします。最悪、死に至ることもあるのです。

そんな怖い歯周病を予防するためには、一般的な歯科医院で実施されている
予防歯科がオススメ
です。

ヨリタ歯科医院の予防歯科では、磨き残りの歯垢や歯石を綺麗に取り除き、
歯周病にかかるリスクを確実に減少
させます。

また、正しいブラッシング方法などもレクチャー致しますので、
ご自宅で健康な歯を維持するためのデンタルケアを学ぶこともできます。

いつまでも元気な歯と身体を保つために、
ヨリタ歯科医院で定期的な予防歯科を受けましょう。

関連記事

スタッフの治療 ~笑気麻酔編~

虫歯治療について

咬合性外傷

新着記事

[’24/2/22] 合格祈願お守り

3月・4月の診療日、休診日のお知らせ

ホワイトニングの違い

Concept