お知らせ

[’21/12/30] 2021年を振り返って

2021年は、新型コロナウイルス感染対策をしながら診療し続けた1年となりました。

そんな中でも出来た、2021年の私たちらしい取り組みについて、
振り返ってみたいと思います。

年明け最初の全体ミーティングで、
『2021年 経営方針説明会』を開催しました。

 

冒頭、皆の笑顔のフォトムービーを流しました。

そのムービーに込められたメッセージは、2020年と同じように
今年も働く全てのスタッフ
が、

「ここにいて良かった」
「ここなら、自分らしくいられる」

という、実感を持てる医院を作ること。

 

そして、ここに訪れる全ての患者様から、

「こんな医院が、近くにあって良かった」
「ヨリタ歯科クリニックに、出会えて良かった」

と、言ってもらえる医院であり続けること。

 

そんな思いで、作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、約120枚のスライドに沿って、2020年を振り返りました。

具体的には、2020年の実績5カ年経営計画現在の組織構成2020年新規導入設置

そして、2021年のテーマ

「みんなで歩む、理想のヨリタ歯科クリニック ~30周年を迎えて~」

 

そう、ヨリタ歯科クリニックの開設は、1991年6月8日

もう、早30年が経過しました

 

ということで、2021年は以下の7項目について、より積極的に取り組みました

①ヨリタクラブフロア活性化
②一般治療の効率化
③自費率の向上
④マウスピース矯正の普及
⑤訪問診療の人員補強
⑥人事評価制度の導入
⑦診療チーム制の確立

 

それを具体的に実行するための、各役職別チーム別に、数値目標を挙げました。

 

 

 

 

 

 

以下、具体的に紹介します。

 

 

昨年入社の管理栄養士の坂口さんと、高野さん

 

 

 

この二人の管理栄養士しての視点で、お口に関する知識や、
体に優しい健康レシピを掲載した、『管理栄養士ブログ』
ヨリタ歯科クリニックのホームページでも、人気のコンテンツ
なりました。

 

3月には、屋上看板のリニューアルも行いました。

 

近鉄河内花園駅から、徒歩1分
ヨリタ歯科クリニックが入っている、ピアザ花園ビル

ご来院くださっている皆様は、すでにお気づきかもしれません。

そう、この2月下旬に、当院の屋上看板がリニューアルされました。

それが、コレ。

 

シンプルかつ、インパクトのあるデザインがいいだろうと、
感動クリエーターの安田さん経営サポーターの髙橋さんと共に
デザインや、色を考えました。

最初はヨリタカラーである、オレンジや緑色をベースにデザインを
していましたが、ビルにある他の看板にオレンジや緑が
使われていることが多いので、これでは目立たないと気づき、
他にどの色が良いかと悩んでいたところ、青色はどうかという
提案がありました。

確かに青色だとハッキリと目立ちますし、
何より青色は、ヨリタ歯科クリニックの初期のメインカラーなのです。

原点回帰とまでは言いませんが、良いアイデアだと思い、青色を採用。

そして、青色にもかなりの種類があるとのことで、看板業者さんと
何度も打ち合わせをさせて頂き、ヨリタ歯科らしい色が決定しました。

 

 

バスロータリーから遠目で見ても、とても目立っています。
青空にとても映える青色で、とてもきれい。

そして一際、屋上看板が光り輝く時間帯が、夜間です。

 

 

看板の裏にLEDライトがあり、点灯するとまた違った青色になるので
コチラも、とてもきれいです。

電車の中から見ても、とても目立っていたという声も沢山聴きました。

良い看板が完成して、本当に良かったです。

明るい中でも、暗い中でも、
光り輝いているヨリタ歯科クリニックの屋上看板が、完成しました。

 

そして4月より、2021年新人メンバー9名入職しました。

内訳は、

ドクター2名
衛生士 4名
デンタルコーディネーター3名

の、計9名です。

 

 

 

タイムスケジュールは、以下の通り。

 8:45  ~   9:10 着替え・準備・説明
    9:15  ~   9:30 朝礼
    9:30  ~ 11:00 メンバー紹介(多己紹介)
          説明①(医院文化・医院の仕組み)
  11:05  ~ 11:10 休憩
  11:10  ~ 12:30 説明②(医院ルール) 
  12:30
  ~ 12:50 ビデオ視聴
  12:50  ~ 13:10 諸事項説明
  13:10
  ~      解散

 

午後からは、まだコロナ禍でもありますので、院内感染対策ルールについての説明
スマイルクリエーターの石田さん講師となり、ヨリタ文化の紹介
マナー講座などを行いました。

 

 

 

3ヶ月の新人研修では、ヨリタらしい人に育って頂きたいと願っており
そのため、仕事のやり方より、あり方が大切
そう、あり方教育

少しばかり座学も多くなりますが、新人メンバーにとって
何事にも役に立つことばかりですので、自分の成長の糧となる
ワクワク楽しい研修です。

 

そして、4月1日(木)は、私の59歳の誕生日

ということで、昨日のお昼休み、スタッフ全員でお祝いして頂きました。

まず、全員が待つ待合室に、私はこんな感じで入場。

 

 

オープニングは、思いの詰まったムービーがスタート。

そこには、メンバー全員からの心のこもったメッセージがいっぱい。
一人一人の思いがたくさん詰まった本当に素晴らしい内容でした。

これを作製するのに、どれ程の時間を費やしたのかを思うと
胸が熱くなりました。

 

 

その後、私たちのメインキャラクターである、カムカムボーイとガールが飾られた
特大のバースデーケーキ

 

 

 

さらに、メンバー全員からの寄せ書きメッセージアルバム
少し若作りした私の似顔絵も、頂きました。

 

 

 

似顔絵と共に綴られた、メッセージはコレ。

 

多くの人に慕われ、凛と咲き誇る

あなたが歩み続けてきた、59年間の軌跡

温かい笑顔で癒し、その手で痛みを和らげ
幸せを与えてくれる

これからも多くの、人との絆を司り
いつまでも元気で、あなたらしく輝き続けてください

 

元気100倍、勇気1000倍頂きました。

この一年も、今年のスローガンである
「みんなで歩む、理想のヨリタ歯科クリニック ~開設30周年を迎えて~」
の実現に向け、これからも着実に歩んでいきます。

 

 

 

6月8日は、ヨリタ歯科クリニックオープン30周年
あっという間の30年でした。

ヨリタ歯科クリニックメンバーを集めての、30周年イベントは、
まだまだコロナ禍ですので、パーティーは出来ないのが残念ですが
また落ち着いた頃に、改めてお祝いの行事が出来ればと思います。

そんな中、有難いことにメンバーから院内にこんな素敵な飾り付け
お祝いしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

2階のヨリタクラブフロアも、このように飾り付けました。

 

 

1ヶ月半程かけて院内の装飾デザインを考え、制作してくれた
感動クリエーターの安田さんを中心に、前日の診療終了後
その日の診療メンバーの多くが残って飾りつけをしてくれました。

ここまでたくさんの飾り付けをしてくれたと思うと、感無量です。

装飾デザインのテーマは、『STAY GOLD』
ゴールドカラーをメインに、いつまでもヨリタ歯科クリニックが
光り輝き続けるように
、という意味が込められているそうです。

大小を含め、ポスターやパネルなどの制作物の数、82個
大変だったと思います。

心より感動、感謝です。

 

 

また、院内装飾の中には、フォトギャラリーも設置

 

 

旧医院からの歴史や、歴代のメンバー集合写真など飾りました。

内容は、こんな感じ。

フォトギャラリーは、スタッフも興味津々

午前の診療終了後にじっくり眺めたり、旧医院から勤続しているメンバー
当時の思い出話に花を咲せていました。

私自身も懐かしい面々の写真を見て、現在グループ医院である
上本町ヒルズ歯科クリニックの永井院長
ゆめはんな歯科クリニック高の原の大林院長
まだヨリタ歯科で勤務医をしている頃の写真もあり、とても感慨深い
気持ち
になりました。

あらためて、私はとても多くのスタッフに恵まれ、
支えてもらっていた
のだと強く思いました。
そう思うと、とても嬉しく、温かな気持ちになりました。

さらに、メンバー全員からのお祝いのメッセージ集、

院内託児施設スクスククラブの子供たちからも
手作りの花束と帽子のお祝い
を、頂きました。

 

そしてさらに、入江先生から、お祝いのケーキの差し入れ
なんと、豪華に3つも。
お昼休み、スタッフ全員で美味しく頂きました。

 

30周年を、こんなに沢山のメンバーにお祝いして頂いて
本当に感無量です。

30周年記念に、30周年ピンバッジも制作。
6月8日から1年間、ヨリタ歯科メンバーの胸元につけています。

 

せっかくなので30周年記念撮影を行いました。
それが、コレ。

なかなかいい感じで、撮れました。

カメラマンは、今月で入社5年目を迎える感動クリエーターの安田さん
30周年の院内装飾デザインも、手掛けてくれました。

この記念写真も、特別にデザインを施して頂き、
とても明るく、ワクワク楽しい、ヨリタ歯科らしい写真になりました。

そんな安田さん、先日4月入社の喜多先生ヨリタ歯科クリニックの
30周年について話していた
とか。

同年代のふたりで、「30年前というと…私たちは小学生だった頃ですね」となり
30年も同じことを続けていくって、すごいことですよねと話してくれたそう。

ヨリタ歯科クリニックがオープンした時
は、彼らはまだ小学生と聞き
改めて、30年の時の長さと重みを実感出来ました。

7月20日、2021年入社メンバーを中心とした
入社式と、5年勤続表彰式を行いました。

場所は、待合室

13時からの、スタートでした。


入社式対象者
は、
ドクター 喜多先生松本先生
衛生士 池田さん、谷川さん、福冨さん、堀さん
デンタルコーディネーター石橋さん小川さん中山さん
の、9

入社式対象の方
には社章名刺似顔絵
ご家族や先輩スタッフからのメッセージをお渡ししました。

 

また、昨年中途入社の、スマイルクリエーターの四方さんと仲井さん
デンタルコーディネーターの小林さんにもご家族からのメッセージをお渡ししました。


新人メンバー達も、まさかのサプライズ感動
こういう機会でないと、先輩スタッフや親御様からのお手紙
貰うことはないかもしれません。

親御様からの心温まるメッセージの数々に、私も感動し、
ぽろりと涙がこぼれてしまいました。

新人メンバーとはいえ、ドクターとしてはベテランな喜多先生
こんなサプライズがある入社式は初めてです」とびっくりされていました。

先輩スタッフ達によるサプライズは、今年も大成功
感動感謝がたくさんあふれる、とても素敵な入社式になりました。

その後は、5年永年勤続表彰式です。

5年永年勤続対象者は、経営サポーターの谷口さん
スマイルクリエーターの宮崎さん
保育士の中沢さんです。

谷口_プロフィール 

中沢_プロフィール

 

ということで、5年勤続者にはシルバーバッジを、お渡ししました。

 

 

最後に、新人メンバーの皆さんに、私から熱い思いと感謝の気持ち
お伝えさせて頂きました。

 

同じ時代に生まれ、さまざまな環境で育ち
そしてある職業を選び、同時期に同じ職場で出会う

いくつかの偶然が重なり
それが運命的な出会いと、なりました。

今後は、同じ志と、同じ思いを共有し、皆で力を合せ、
明日のヨリタ歯科を担う人、育って頂けたら有難いです。


研修期間
を無事終えて、晴れて社章と研修終了証をお渡しする入社式

例年であれば、7月下旬のカムカムフェスタ終了後に入社式を行い
その後は、新入社員歓迎会を行うことが、年間行事として当り前のように、
毎年行われていました。

しかし、昨年に引き続き、今年も新型コロナウイルス感染症の影響を受け、
カムカムフェスタやフェスタの打ち上げを兼ねた新人歓迎会などは、中止

しかし、ここで働くという決断をして頂いた、新人スタッフには心から感謝したい
そんな熱い思いが、日に日に強くなりました。

私の意をくんで頂いて、入社式の開催の準備をして頂いたスタッフ達には
心から感謝しています。

 

 

また、いつもお世話になっております業者さん
ガーデンの三浦さんからも、ヨリタ歯科クリニック30周年のお祝いをいただきました。

それが、コレ。

そう、メッセージボードです。
なんと、2F・3F用と、2つもプレゼントして頂きました。

 

 

 

 

しかも2つともデザインが違うこだわり

カムカムボーイとカムカムガールが、診療時間の案内やイベントごとの
案内
など、ヨリタ歯科のインフォメーションを知らせてくれるように
なりました。

とてもヨリタ歯科らしいワクワク楽しいデザインで、
さすがガーデンの三浦さん。

スタッフからも、「かわいい!」と大好評です。

前からこういうのがあったら…と思っていたので、これは本当に
嬉しいプレゼントでした。

このお祝いだけではなく、ガーデンの三浦さんは
いつもスタッフに差し入れをしてくれたりと、心配り気配りが
素晴らしく
、本当にお世話になっています。

このメッセージボードも、三浦さんの優しいお心遣いがこもった
素晴らしいプレゼント

そして、三浦さんと出会えたことに、感動感謝です。

 

 

そして、フロント右隅に設置している、エコキャップの回収ボックス

 

  

 

たくさんの患者様からの協力のお陰で、10年で100万個を超えるキャップ
回収することが、出来ました。

ボックス内は、患者様が持ってきてくださったエコキャップで、いつも満杯
早速エコキャップ推進協会へ、回収分を送らせて頂いています。

そして、本日受領書が、私の元に届きました。
それが、コレ。

 

 

受領された2021年8月2日時点で、1,528,372個

これらは、再生プラスチック原料として、換金。
医療支援や、障がい者支援、子どもたちへの環境教育等、様々な社会貢献活動に
あてられています。

また、累計したキャップをゴミに焼却した場合のCo2発生量は、
11,456.27kg
になるそうです。

地道な活動ではありますが、必要不可欠なこと。
続けることに、意味があります。

 

 

10月27日(水)、ヨリタ歯科クリニックの新しい試み、
ヨリタ赤ちゃん歯科教室の第一回目を、開催しました。

記念すべき第一回目の内容は、
『その離乳食あってる? 歯医者で学ぼう 本当の離乳食』です。

参加者募集をかけたところ、すぐ満員御礼に。

赤ちゃん歯科教室のチームメンバーも、何度もミーティングや勉強会を重ね、
何ヶ月もかけて準備をしてきました。

途中、新型コロナの感染拡大により、緊急事態宣言が出てしまったため
開催日を残念ながら延期することも。

やっと、教室を開催出来る日が来て、チームメンバーもこの日を
心待ちにしていました。

教室の詳しい概要とタイムスケジュールは、コチラ。

 

■『その離乳食あってる?歯医者で学ぼう本当の離乳食』

授乳、卒乳、離乳食など、育児でお困りごとはありませんか?
当院の歯科衛生士、管理栄養士、保育士スタッフが、
あなたのお悩みにお答えします。
どうぞふるってご参加ください。

■開催場所、日時
ヨリタ歯科クリニック 研修ルーム(3F)
2021年10月27日(水) 13:15 開場

■タイムスケジュール
13:30 離乳食!なぜ大事なの?
14:00 離乳食の食べさせ方
14:30 赤ちゃんお悩み相談会(質疑応答)
14:45 終了

先着3組6名様 限定

■参加費用
特別開催につき受講無料

■内容
① 離乳食!なぜ大事なの?(導入有り)
② 離乳食の食べさせ方           
③ 赤ちゃんお悩み相談会

 

まずは、衛生士 岩切さんによる、『離乳食!なぜ大事なの?』の講座です。

まずは、親御さんにお口の『食べる機能』を理解して頂くため、
体験を交えての講座になりました。

お水やヨーグルト、固形物のおかしを実際に食べていただき、
食べ方や飲み方、舌や唇の筋肉を意識したりと、親御さんも苦戦しながらも
真剣に『食べる機能』を体験し、学びを得ていました。

 

液体、やわらかいもの、かたいもの、それぞれ食べる時に使う
あごや舌の動きは、実は全然違うものなのです。

そう、『離乳食を食べる』ことこそ、赤ちゃんのお口の機能を育てていく大事な事。
離乳食はなぜ大事なのか、お口の発達はどのように育っていくのか
詳しく説明していただきました。

無意識に『食べる』ことをしている私たちですが、親御さんにも食べる機能を
体験していただくことにより、
お口全体の機能がどのように働いているのか
知ることができる、
大変興味深い内容の講座でした。

岩切さんの講座で使用したスライドの一部は、コチラ。

次は、デンタルコーディネーター兼管理栄養士の坂口さん、高野さんによる
離乳食の食べさせ方』の講座です。


赤ちゃんに離乳食を与える時のアドバイスや、離乳食のレシピ
赤ちゃんの食物アレルギーに関する情報など、詳しく親御さんに向けて
講座をして頂きました。

時々クイズを入れたりと、わかりやすい内容で、管理栄養士の視点
よく考えられている講座でした。

管理栄養士スタッフが、講座で使用したスライドの一部は、コチラ。

 

最後は、お悩み相談会

 

 

実際に離乳食を食べていただき、離乳食はどのくらいの味付けで作ればいいのか
参加者である親御さんから離乳食に関して質問を受けたり、お連れのお子様の食べ方を
実際に見させて頂き、指導を行ったり
と、赤ちゃん歯科メンバーも、参加者の皆さんも、
とても充実した時間を過ごせたようです。

チームメンバーによると、今後も赤ちゃんと歯に関する知識や情報
様々な視点で定期的に教室を開催していく予定とのこと。
私も、楽しみにしています。

 

 

ヨリタ歯科クリニックの訪問診療も、おかげさまで順調に軌道に乗り
現在では、240名以上の患者様の口腔ケアをしております。

訪問チームも月から金曜日まで、通院困難な患者様の元へ訪れ、
食べる喜びを持ち続けるため、お口のお悩みを解消するため
そして、患者様のQOLの向上を目指して、日々走り続けています。

「ヨリタ歯科さんに、診てもらえてよかった」
「ヨリタ歯科のスタッフさんの対応が、とても良かった」
「ヨリタ歯科さんに会えるのを楽しみにしている利用者さんも多い」

有難いことに、施設の方や患者様のご家族から、こんな嬉しいお言葉も
いただいております。

11月の初め、訪問メンバーから、私の元へこんなステキなものが届きました。

それが、コレ。

 

訪問メンバーが考案した企画、
訪問診療定期便り、その名も『ワクワク通信』

毎月、定期的に発行する医院便りのスタートです。

 

 

2022年のテーマは、
『みんなで作ろう ワクワク楽しい定期管理型医院』です。

3つの成長分野予防歯科訪問歯科マウスピース矯正を通じ
定期的に訪れる患者の皆様のお口の健康を通じ、豊かな実りある人生のサポート
出来れば有難いです。

2022年もワクワク楽しい、人に優しい、夢いっぱいの医院
メンバーと共に、作り続けます。

 

ご期待下さいね。

 

 

<2020年も、ワクワクがいっぱい  寄田 幸司>

関連記事

[’22/5/6] キッズコーナーDVD

5月・6月の診療日、休診日のお知らせ

[’22/4/7] キッズコーナーDVD

新着記事

[’22/5/24]ドリーム通信読み合わせ新人研修発表会

トリートメントコーディネーター

NO IMAGE

新人研修

Concept