お知らせ

新型コロナウイルスと歯科医院 についての疑問にお答えしました

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の第二波として、感染者
日に日に増えていき、不安な日々を過ごしている方が多いかと思います。

そこで、新型コロナウイルスと歯科医院についての疑問

●歯科医院に行くことは、感染リスクが高い?
●歯科医院の感染リスクの数値は?
●口腔ケアを怠ると、感染リスクが高くなる?

という皆様の不安に対して、私、寄田がお答えさせていただきます。

今後の受診にあたり、少しでも参考になれば、有り難いです。

 

 

 

Q. 歯科医院で患者さんが感染したことはありますか?

A. 歯科医院で患者さんの感染者は出ていません。

 これまで、歯科医院で患者様が感染した例は、1件もありません

 

 

Q. 歯科医院の受診は、感染リスクが高くなりますか?

A. 歯科医院は、コンビニやスーパーよりも、安全です。

 というのは、まず歯科医院ではそもそも、新型コロナウィルス以外にも
 多くのウィルスや細菌などへの感染を防ぐために、普段から予防策
 しっかりと講じています。

 ノロウィルスやはしか、風しんなど、私たちの身の回りには感染を
  引き起こす可能性のあるウィルス、細菌などがたくさん存在する
ため
 歯科医院では、感染リスクのための対策をしなければなりません。
 
 このようないわゆる「標準予防策」に加え、さらに新型コロナウィルスへの
 対策
を行っているため、安全です。

 

 

Q. 具体的な感染リスクの数値を教えて下さい

A. まずはじめに、感染している患者さんは、歯科医院に来院しない確率が高いです。

 

 というのは、歯科医院は、もともと具合の悪い患者さんが来院する医療機関では
 ない
ことから、簡単な計算でその確率を求めてみましょう。

 日本人の3分の1が、歯科医院に通院していると言われていますが、
 新型コロナウイルスの患者数は、2万人です。
 
 10倍の20万人いるとしても、歯科医院に通院している人は 6万人です。
 ところが、歯科医院は毎日通院するわけではなく、月に2回です。

 つまり、4000人ということになります。
 そして、症状がでない20代~30代の患者様は、約20%しかいません。
 つまり、800人です。

 歯科医院は、全国に68,500軒あります。
 来院確率1.2%
 つまり、98.8%の歯科医院無症状の感染者は来院しないのです。

 

 

Q. 口腔ケアを怠ると、感染リスクが高くなるというのは本当ですか?

A. 高くなる可能性はあります。

 

 新型コロナウイルスは、舌の細菌が生産した酵素と結合することが知られています。
 つまり、歯科医院に3~4 ヶ月以上も通院していない場合、かえってコロナウイルスの
 感染リスクが高くなってしまう
のです。

 さらに、最初はウイルス性肺炎ですが、免疫力の低下とともに、口腔内
 むし歯菌・歯周病菌などが、肺に入って増殖しておきる細菌性肺炎に移行
 誤嚥性肺炎と同じ状態になり、残念ながら重症化していくケースが
 ありますので、定期的な口腔ケアをオススメしています。

 

 

 医療法人ゆめはんな会 ヨリタ歯科クリニック
   寄田 幸司

関連記事

キッズルーム 利用制限について(2020.12.7〜一部変更)

[’20/10/30] キッズコーナーDVD

マウスピース矯正治療ページ、追加しました!

新着記事

キッズルーム 利用制限について(2020.12.7〜一部変更)

柿が美味しい季節ですね。

[’20/11/20] エコキャップ

Concept