院長ブログ

[’20/7/10] バディ最終報告

新人メンバーの研修も、とうとう最終地点まで来ました。

様々な試験勉強会実技研修など、たくさんの試練を乗り越え、入社の時と比べ
かなり成長していると、私自身新人メンバーの診療室での姿を見ていて
ひしひしと感じています。

ということで、今日はバディ担当の先輩メンバーからの新人最終報告
私の元に、届きました。

 

それが、コレ。

 

 

 

最終総評は、以下の通り(一部抜粋)

 

・来月からSRP研修が始まるため、指トレーニングを毎日しています。
 研修期間の3ヶ月間は、医院の広さと患者様の多さに最初は戸惑いもありましたが
 新人衛生士同期で助け合いながら、練習も一生懸命励んでいました。
 これからは、自分で考えて行動していけるように、言われる前に積極的に動いて
 頂けたらと思います。

・6月末からいよいよ研修期間も終わって、正社員になります。
 新たに訪問診療に行くようになったり、SRPの研修が始まったりと、まだまだ
 新しく覚えることがたくさんあって大変と思いますが、いつもニコニコして
 前向きに取り組んでいて、感心します。
 患者さんへの対応や、説明を見ていても、新人感(オドオドしたり)とかはなく
 堂々とコミュニケーションが取れてる様子を見ていて、訪問に1人で行っても
 大丈夫、任せられると思います。この調子でこれからもどんどん成長していって
 ほしいなと思います。

・今月でバディの役目は終わりになりました。
 今年は特に教えられる量も多く、大変だったと思いますが、よく頑張ってくれたなと
 思います。P検テストで一度つまずいていましたが、順調に他のテストも合格して
 いっており、同期同士で支え合っていて、モチベーションも高い印象です。
 これから一番大切なSRP研修に移っていきますが、バディが終わってからも
 サポートしていけたらと思います。

・今月で研修期間も終わるということで、ほぼ全ポジション1人で任せれるようにまで
 なってくださいました。アドバイスも毎回しっかり聞いて、実行してくれて
 私も教えがいがあったのと、人に教えることで、私も勉強になることが多かったです。
 私が新人だった頃より2Fも増えて、その分覚えること多く、非常に大変だと
 思いますが、真面目で何事にもしっかり取り組んでくれるので、その性格を活かして
 素敵な受付になっていただけると嬉しいです。

 

このように、しっかりと頑張っている姿を見て、考えてくれる先輩が近くにいること
新人メンバーも、きっと心強かったことでしょう。

これからも自分の能力を伸ばすために頑張っていただき、患者様やスタッフから
愛されるメンバー
に育って頂ければ嬉しいです。

 

 

<これからも、成長し続ける  寄田 幸司>

【追伸】

今週の水曜日、前回に引き続き、新人衛生士研修トレーニング
ヨリタ歯科クリニック 研修ルームにて、行われました。

 

 

参加者は、前回同様、新人衛生士の4名
今回は、7回コース2回目です。

コースの内容は、こんな感じ。

 

 

1回目と同じく、講師であるベテラン衛生士メンバー指導の元
SRPの基礎を学びます。
(※SRP(エスアールピー)スケーリング・ルートプレーニングの略。
スケーラーなどの器具を使用して、歯垢や歯石を除去する歯周病の初期治療)

シャープニングマネキンを使っての基礎実習など、真剣に取り組んでいました。

特にスケーラーのシャープニングは、SRPを行うには大切な作業のひとつ。
何故なら、うまく研げていないスケーラーを使っていては、正しいポジション・側方圧で
行っていても、歯石を取ることができないからです。

そう、基礎中の基礎ということ。

基礎をきっちりやってこその、スキルアップ

実技研修はまだ続きますが、地道に、そして確実に自分の能力を伸ばせれるよう
頑張っていただきたいと思います。

 

 

関連記事

[’20/11/20] エコキャップ

[’20/11/13] 実習生研修レポート「年間行動目標」

[’20/11/7] 実習感想文シート

新着記事

キッズルーム 利用制限について(2020.12.7〜一部変更)

柿が美味しい季節ですね。

[’20/11/20] エコキャップ

Concept