ヨリタ歯科クリニック
無料メール相談



院長ヨリタのコラム
バックナンバー一覧

  このコラムでは、日頃私が思うこと、また実践したこと
  体験談などを、紹介しています。
  
  私の熱い思い、ゆるぎない決意、たゆまぬ努力、
  時に孤独なリーダーの胸の内などが

  あなたに伝われば嬉しいです。

  ヨリタマニアのあなたには、
  是非お読み頂きたいと思っています。

['17/6/23] 衛生士学校 課外授業 その②
太成学院大学歯科衛生専門学校の1年生の皆様

27名様への
課外授業を、
ヨリタ歯科クリニック研修ルームにて、開催しました。

タイムスケジュールは、以下の通り。

14:30~14:50 アイスブレーク(歯科クイズ)
14:50~15:00 DHスピーチ
15:00~15:35 診療見学&ワーク
15:35~16:35 グループワーク
16:35~17:25 講演 寄田幸司理事長
17:25~17:35 感想文記入

今回も、私のお話以外に、
医院見学や、グループワーク
そして、衛生士 
今岡さんにも、語って頂きました。





以下は、参加者感想の一部です。

ご興味のあるあなたは、ぜひ、お読み下さいね。

最初に院内を見学させていただき、治療予防を見ました。
スタッフの方々が、いきいきと働かれている姿がとても印象的でした。
その後の院長先生の、お話でもありましたが、3年後の自分がどのようにして
働くかを見据え、これからの座学や実習での学びに活かしていきたいと思いました。
衛生士を目指すモチベーションも上がったのでよかったです。

すごく今日は、これからの学生生活を考える良い機会となりました。
一番は院長先生の話です。絵の無いパズルは、しんどいと思います。
しっかりとイメージすることは、すごく大切だと感じました。
ヨリタ歯科のような、働いて成長できる職場で、私も働きたいと思いました。

1日に160名の患者さんが来たり、表彰されたりしてとてもすごい歯科医院だと思い
ました。私達の緊張をほぐして下さったり、患者さんにも優しいお言葉をかけていたりして
とても温かい歯科医院だと思いました。
私も三年後、優しく言葉をかけたり、指導をきちんと出来る、ヨリタ歯科クリニックさんの
歯科衛生士さんみたいになれるように、頑張りたいです。

最初はとても緊張しましたが、スタッフの皆様が優しくて、場の雰囲気が凄く良かったです。
実際の現場も見ることができて、アルバイト先の医院も悪いものではありませんが、
こちらの方が魅力を感じました。歯科衛生士さんのお話や、先生の人生などを知り、
ますます歯科衛生士になろうと思えた、素晴らしい課外研修でした。

設備もとてもそろっていて、広い空間で仕事ができるのはすごく良いなと思いました。
院長の熱い言葉に、感動しました。ヨリタ歯科のような医院が、これから増えたらいいなと
思いました。私もこのような環境で、将来仕事がしたいと思いました。

入った時に思ったのが、まず”広い”、”キレイ”でした。
その後にとても雰囲気の良い、落ち着く医院だなと思いました。スタッフの方々は
笑顔で接してくれ、とてもいい気持ちでした。
”感謝の気持ちを大切に” 当り前の事の様で、なかなかできてないのが現実だなと
身に染みました。だからこそ、大事で目標にされているのだと感心しました。
私もこんな所で将来、働きたい!と思いました。

皆さんが協力して、お仕事をする姿を見て、明るくて、ステキな歯科医院だと思いました。
3年後、歯科衛生士に必ずなって、患者様に信頼してもらう、歯科衛生士なりたいなと
思いました。

研修を通し、現場を見てたくさん気付くことがありました。
院長先生がおっしゃっていたように、5年後、10年後、自分がどのようになっているのか
イメージすることで、今の3年間(これからの)良い時間を過ごせるのではないかと
思いました。おKン後しんどいことや、壁を乗り越えないことがあると思いますが
しっかり勉学に励んでいきたいです。
ヨリタ歯科は、環境も良くスタッフさんの仲も良いので、将来こんなところで働けたらと
思いました。

<歯科衛生士の将来は、明るい  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/20] 第2回関西経営管理協会主催 セミナー開催
昨日、ヨリタ歯科クリニック研修ルームにて
関西経営管理協会さん主催の、一般企業向け経営セミナー
ヨリタ歯科クリニックに学ぶ、ワクワク楽しい職場作り
2回目となる現地研修が、開催されました。

時間は、14:00~16:30

内容は、以下の通り。
(頂いた資料より)

1日平均160人という驚異的な患者数。
この圧倒的な集客力の秘密は、誰もが行きたくないと思う
患者さんを、”ワクワク楽しい場所”に変えたからだ。
その陣頭指揮をとった寄田理事長だが、開業した頃は、
今とは180度違い、ひたすら患者さんの数をこなすだけの
毎日だった。

しかしながら、10年目を迎えた頃、理想とはかけ離れた経営を
している自分に気付き、そこから改革への挑戦が始まる。

患者とのコミュニケーションを密にし、安心して通ってもらえる
診療体制、スタッフがイキイキ働き成長できる職場環境、それらを
ひとつひとつ実現していったのだ。
「感動・感謝・ワクワク楽しい」を目指して進化を続ける
”日本一楽しい歯科医院”の現地見学です。

タイムスケジュール
は、以下の通り

14:00~14:45 アイスブレーク&病院内見学
14:45~16:30 講演 寄田幸司理事長
            質疑応答

参加企業様は以下の通り

あさひ高速印刷株式会社
MTコスメティクス株式会社
医療法人彩清会 清水病院
・社会福祉法人 すずかけ保育園 様
日本ビジネスアート株式会社


まずは、
アイスブレーク




その後、
医院見学






その後、私が約90分
熱くお話しさせて頂きました。





また、質疑応答では

・アワクレドなどの”社内信条”は、スタッフと話し合って決められたのか
・スタッフの意見によって、改変していったということはあるのか
・採用の時期はいつごろから始めるのか
・歯科医院が、どのようにして人材確保をするのか


など、たくさんの質問を頂くことが出来ました。

多くの熱心な経営者の皆様と交流することが出来、
私にとっても、これからもスタッフの夢が叶う
ワクワク楽しい歯科医院、作っていきたいという
思いを強くもった、充実した時間となりました。

<思いは、願えば叶う  寄田幸司>
 このページのTOPへ

['17/6/17] 衛生士学校 課外授業
太成学院大学歯科衛生専門学校の1年生の皆様

24名様への
課外授業を、
ヨリタ歯科クリニック研修ルームにて、開催しました。

タイムスケジュールは、以下の通り。



今回も、私のお話以外に、
医院見学や、グループワーク
そして、衛生士 
角野さんにも、語って頂きました。







以下は、
参加者感想の一部です。

ご興味のあるあなたは、ぜひ、お読み下さいね。

見学させて頂いて、将来のために、すごいなりました。
いつもは、見ることが出来ない現場を見させてもらって、
患者さん、一人ひとりに対して、真剣で、細かいところまで、
気にかけてて、技術だけでなく、人との付き合い方まで
学ばせていただきました。

一番、印象深かったのは、笑顔でされていて、
本当に、楽しそうにされているなと思いました。
しんどいことがあっても、いつも、見せないところがいいなと思いました。

専門学校に入学してから、歯科医院に見学に行くのは、
今日が、初めてでした。

治療や、予防を見学させて頂いたときに、
活躍されている衛生士の方を見て、3年後は
自分も、このような人になりたいと思いました。

今は、毎日授業を受けて、勉強ばかりですが、
今をどれだけ大切に、真剣にやるかによって、
これからの人生が、大きく変わること、
今日は、とても知ることが出来ました。

自分が衛生士として、働くときは、こんな人になりたい、
またこの人に見てもらいたいと思ってもらえるような、
そんな人になれるように、これからもっとがんばっていこうと思いました。

たくさんお話を、聞かせていただいて、ためになりました。
その上、楽しめるように話をして下さって、
あっという間でした。

すごい良い職場で、
いつか私もこんなところで、働きたいと思いました。
本当に良い研修が聞けてうれしいです。


私の歯科衛生士んありたいという気持ちが高まりました。
頑張って歯科衛生士になります!


少し前まで、歯医者とは、治療をしてもらうため
という考え方を、私はしていました。

でも、ヨリタ歯科さんは、衛生士さんが
活躍できる予防処置をメインとしておられて、
患者さんの事も考えておられますが、
衛生士(スタッフ)の事もしっかりと考えておられて、
私もこういったところで、働けるように
頑張りたいなと思いました。

衛生士が、どれくら必要とされ、
すばらしい職業なのかを、知ることができて、
本当にためになりました。

勉強などで、つらいことがあっても、
今日のこの研修を思い出して、
3年後の充実している自分を創造して、
何にでも、取り組もうと思います。

ヨリタ歯科さんのスタッフの皆様が、うらやましく思いました。
私も、こんなステキな歯医者さんに通いたいなと思うくらい
すべてがキラキラしていて、
希望にあふれていいる、歯科医院だなと感動しました。

はじめは、何をするのか良くわかっていなかったので、
少々不安でしたが、研修を終えた今は、
楽しく学べてよかったなという、感謝の気持ちでいっぱいです。
クイズでは、当たらし知識を増やすことが出来た上、
友達とのコミュニケーションまで、学ぶことができました。

医院見学では、多くのスタッフの方がいらっしゃいましたが、
みなさんイキイキとしておられて、すごくカッコよかったです。
院長先生のお話では、早く歯科衛生士になりたいと、
改めて、思うことが出来ました。
ありがとうございました。

まず、実際に治療している所を
見学させていただいた時に、歯科衛生士の方が患者様の
通り道をすばやく確保していたり、治療して最後に
「今日もありがとう」と言っていただいている所を見て、素敵だな、
かっこいいなと思いました。

最後にムービーを見せていただいて、自分の夢、
将来像を明確につかむことの大切さを知りました。
3年後、ヨリタ歯科さんみたいな歯医者が増えて、
こんな所で働きたいと思いました。

初めて、歯科医院を見学させていただき、
その他にもクイズやゲームなどを体験しました。
診療補助を見学した際に、声掛けや気遣いなどが
感じられました。衛生士さんの予防処置を
見学させて頂いた時も、笑顔で、楽しそうに
対応していました。半日でしたが、
体験したクイズやゲームは、笑顔になれるものばかりで
あっという間に時間が過ぎました。
ありがとうございました。

最初のゲームなどから緊張感が和らいで、
落ち着いた状態で衛生士さんや助手さんの方などの
動きを見学できて、すごく勉強になりました。
設備なども凄く整っていて良いと思いました。
患者様もリラックスしている状態で、治療を
受けられている事も良くわかる事ができました。

初めて、歯科医院に見学に行かしてもらい、
衛生士さんからのお話も実際に聞けて、
改めて衛生士さんはすばらしい仕事だなと
思いました。予防の処置をしているのも
見せて頂き、すごく細かい作業は手際よく、
患者様との接し方なども笑顔で対応していて
すばらしいと思いました。

最初に出迎えて頂いた時から、今感想文を
書いているときまで、ヨリタ歯科のスタッフさんや
髙橋さん、院長先生の気遣いを感じました。
参加型のワークも準備して頂いて、
楽しく学ぶこともできました。
院長先生の動画は途中、何度も泣きそうになりました。
私も院長先生のように、自分が目指す歯科衛生士を
鮮明にさせ、3年後、笑顔で衛生士業務が
出来るようになります!

実際に働いている歯科衛生士の方のお話や
院長の寄田先生のお話を聞いて、スタッフの方々や
院長先生が目指している理想の歯科医院、
目標が同じだから、こんなに素敵な歯科医院に
なれるのだと知ることができました。
ありがとうございました。

お忙しい中、見学させて頂いてありがとうございました。
私は、明確な意思をもって歯科衛生士を目指した訳では
なかったのですが、今回の体験を通して、
この仕事を目指して良かったと思えました。
ドリームマスターの院長さんの話や、
楽しいワーク、歯科衛生士の方の話しは
とても楽しかったです。本当にありがとうございました。

実際に働いている姿を見て、とても丁寧な対応で
患者様全員がとても落ち着いた表情だったので
とても勉強になりました。自分が目指す歯科衛生士と
近かったので、見学ができて本当に良かったです。
ありがとうございました。

最初に話していただいた歯科衛生士さんの話を聞いて
衛生士になっても勉強する事がたくさんあるし、
専門学校でもっと勉強しておけば良かったというのを
聞いて、学生の間にいっぱい勉強しようと思いました。
そして、ヨリタ歯科のように長く続けて働けていたり
患者様から慕われる衛生士さんになりたいと思いました。

今日、ヨリタ歯科医院を見学させてもらい、色々な事を
楽しく学ばせていただきました。ありがとうございました。
ゲーム形式などで「ありがとう」という言葉の大切さや
仲間とのコミュニケーションの大切さが、よく分かりました。

国から評価されたり、たくさんの人からも評価される
施設がつくれるんだなと思いました。貴重な体験を
させていただき、ありがとうございました。

今日、実際に歯科医院の現場を見て、治療から予防にと
予防をメインにする予防ルームを見せていただき
歯科衛生士が医師の補助ではなく、メインとして
活動できる場所がある医院は初めてで、治療だけではなく
予防をした医院に来る、また来たいと思える医院をつくる
という考えがとても素敵で、そんな職場で働きたいなと
思いました。今日はありがとうございました。

寄田先生が話してくださった事を大切に、
自分も目標とする衛生士を見つけて、頑張りたいと思います。
最後に、本日は見学させて頂き、ありがとうございました。

医院内見学や、衛生士さんのお話、何より
寄田先生のお話がすごく感動しました。私が今まで思っていた
“歯医者さん”というイメージとすごく違っていて、
驚くばかりでした。とても貴重な経験で、今日このような
研修のお陰で、より歯科衛生士さんになりたいと、
そして、私もヨリタ歯科クリニックのような医院で働きたいと
強く思いました。本日は本当にありがとうございました。

今日、見学させて頂いて本当に色々な事を学ばせて頂きました。
私は「歯科衛生士になりたいな」と思っていたくらいで、
絶対になりたいという強い夢はもともとありませんでした。
しかし、今日、私も絶対に国家試験に合格したいと思う
夢が強くなりました。先生も含め、すれ違う人全員が
笑顔であいさつしてくださり、とても幸せな気持ちに
なりました。私もそんな衛生士さんを目指そうと思いました。
ありがとうございました。

歯科衛生士の業務を見学させて頂いて、患者さんとの
コミュニケーション、そして口腔内の清掃など
歯科衛生士にしか出来ない事や、これからもっと
歯科衛生士になると聞いて「私は歯科衛生士になる!」と
決めて良かったなと思いました。

今回、初めて歯科医院を見学させて頂いて、
本当に色々な事に感心しました。まず、院内がとても
きれいで、設備も整っている所に感心しました。
「ありがとうゲーム:ではとても優しい気持ちに
なりました。そして、最後の院長先生のお話は
ためになりました。人生の動画はとても感動しました。
テーマパーク:ディズニーランドを目指しているという
話しを聞き、大きくて素敵な夢を持っているなと思いました


<歯科衛生士の将来は、明るい 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/16] 調理師 紀平さん退職
2012年12月8日、ヨリタ歯科クリニック
移転リニューアル目的の、ひとつとして、
「社員食堂 ヨリタ亭」の、併設がありました。

そして、ヨリタ亭 初代の
調理師は、紀平さん

 

今日まで、4年半、
お昼の定食を、作って頂きました。

 +

 

 

 

本日、残念ですが、ご家庭の理由により、退職することになりました。

そして、新たな
調理師さんへの、引き継ぎも、ありました。

朝の
買出し、調理、配膳まで、一緒に同行して頂き、
指導して頂きました。

 

紀平さんの
協力もあり、予定通り、20食分が出来上がり、
皆で、美味しく頂くことが、出来ました。

 

来週からは、まずは、
週4回のヨリタ亭がオープン。
その後、慣れてくれば、徐々に
日数人数を増やしていきます。

また、
新たなヨリタ亭の、スタートです。

これからも、お昼休みメンバーの
笑顔あふれる
社員食堂
で、あり続けます。


追伸

本日は、紀平さん最終日ということもあり、
感謝の気持ちをこめて、メンバーから、
寄せ書きと、花束をお渡ししました。



また、
新たなステージで、輝いて頂きたいです。

<共に輝き続ける 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/15] ニューフェイスのあなたがキラキラ輝く新人スタッフ日報
今週の水曜日、新人衛生士 濱口さんより
「ニューフェイスのあなたが、きらきら輝く新人スタッフ日報」が
私の元に、届きました。



それが、コレ。
 
新人担当の
岩橋さんが、毎回コメントを、書いてくれています。

 

お昼、
相互実習を、行っていました。

 

また、
新人ドクター藤井先生も、
お昼休み、
自主練をしています。



  

もちろん、
日誌も、提出しています。



日々の
練習を、積み重ねていくことでしか、成長はありません。

また、うまくいかないときは、周りの
支援も必要。

その
姿勢を見て、周囲の皆が、
これからも、
サポートしてくれることでしょう。


追伸
実習生の、衛生士学校の学生さんも、
お昼休みに、
TBI指導を、受けていました。

 

こちらも、
楽しみです。

<日々、努力あるのみ 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/13] 第5回 歯科甲子園D1グランプリ開催
歯科甲子園D1グランプリが、11日(日)、
東京都千代田区にある、
全電通会館労働会館多目的ホールにて、
11時より、17時まで、開催されました。



実行委員長は、
春藤泰之 先生

(頂いた資料より)
歯科業界が、大転換期を迎え、これまでの発想にとらわれることなく、
真の国民目線に根差した、顧客満足度の高い歯科業界発展の礎と
ならんとの志を持って、集った理事・実行委員によって開始された
本大会も、今回で、第5回目を迎える事が出来ました。

これも、偏に、大会の主旨にご賛同を頂き、
これまで、エントリーを通じて、歯科業界の顧客満足度の向上に
真摯、に取り組んで来られた、全国の歯科医院の皆様、
そして、ご支援を頂いているポーター企業の皆様や審査委員の皆様、
そして、観客としてご来場いただいた皆様方のおかげです。

この場をお借りして、心より厚く御礼を申し上げます。
さて、5回目となります今回は、
6カ月間に及ぶ覆面調査によって予選を勝ち抜いた
20医院が、さらに3分間DVD審査によって5 医院に絞られ、
本日、この会場の舞台で決勝のプレゼンテーションが行われます。

毎年、大きな感動を呼び起こす
歯科甲子園の決勝プレゼンを、共に学びの場として共有いたしましよう。

そして、今回からの新しい試みとして、
歯科業界を代表する、若き歯科医自歯科関係者4人のプレゼンターが、
歯科界の変革者たんと、業界の未来を見据えて、
それぞれ異なる視点から、独自のプゼンテーションを行います。

見どころ満載の、9つのプレゼンテーショを、存分にお楽しみください。



グランプリ部門に残ったのは、以下の5医院。

茨城県  山口歯科クリニック
高知県  アポロニア歯科クリニック
兵庫県  春藤歯科医院
沖縄県  さき山歯科クリニック
鹿児島県  ワハハキッズデンタルランド&おとな歯科

各医院、20分間プレゼンテーションの時間を、あてました。



 



そして、金賞は、前回と同じく、鹿児島の吉留グループの分院である
ワハハキッズデンタルランド&おとな歯科さん

 

2年
連続金賞は、さすがです。
感動しました。


その他、歯あわせ感動物語
 

スタッフ部門歯科医師部門の発表。
患者様満足度部門の発表。


また、ブローネマルク・オッセオインテグレイション・インプラント・センター 平塚 智裕 先生



WHITE CROSS 代表 赤司 征大 先生


㈱ オフィスウエーブ 代表 澤泉 仲美子 先生



ゲストプレゼンテーションもありました。

私も、D1グランプリ開催当初から、審査員をしておりますが
各医院のプレゼン能力のレベルは、年々高まっています。

特に、今年は、
接戦でした。

そして、
をリーダーが、熱く語ることの大切さ、
を、チーム全体で、共有することの大切さ、
を、あきらめず、挑戦することの大切さ、
改めて、実感することが、出来ました。



追伸 

開催時間より早く、最寄駅である、
御茶ノ水駅に到着したので
周囲を
散策

神田明神
 

 

湯島聖堂 など訪れました。
  

東京は、都心でも、
が多くあるので、いいですね。
空気も澄んで、気持ち良かったです。

これからも 夢を実現する 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/12] 新人衛生士 スキルアップ勉強会
先日のコラムでも、紹介しました
新人衛生士トレーニング、10回コースの4回目

いよいよ、研修ルームで、
実技指導が始まっています。

 

  

 

テキストは、こんな感じ(一部抜粋)。






指導衛生士は、
寺田さん

愛情優しさ、そして決し妥協しない厳しさ
持ち合わせた彼女が、新人教育を代々担って頂いております。

彼女がいるおかげで、衛生士のレベルが

高い水準
で維持されているといっても、過言ではありません。

それ程、私たちの医院にとって、なくてはならない
無二の人

指導している姿が、私には輝いて見えます。
 

また、昨年入社の衛生士、
趙さん



これまた、寺田さんの
熱血指導により、
全額SRPの、実技試験に、
見事合格

いよいよ、衛生士として、本格的にデビューします。

日々の
努力が、実りました。


日々努力することで、人は成長し続ける 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/2] 新人研修
今週の、木曜日の午後、研修ルームにて、
藤原先生による、新人衛生士4名への、
歯周病研修セミナーを開催しました。

参加者は、
濱口さん、中田さん、加藤さん、前川さんです。

 

理解度チェックテストもあり、濱口さんのみが合格という
厳しい結果となったようです。


また
新人ドクター藤井先生より、またまたドクター日誌が届きました。
今回は、
「今日の気づき、反省、感想、改善点」を紹介します。

・大臼歯MB根に、ファイルが挿入しにくい
 →近心頬側部の側壁を意識して、切削しようと思う

・サホライド
 →治療性ない、小児のう蝕に使用。
 治療できるようなった時や、 症状が出たときに治療する

・急患などの患者様は、積極的に診て、治療方針を考えていきたい

・上顎のPulの放散通で、下顎に疹痛を、訴えている
 患者に対して、診断を正確にできなかった

・右下6In形成の時に、スライスカットが十分に入れれていなかった

・右下7近心面RFの際に、隣左歯である右下6遠心に流れてしまった

・Ni-Tiコントラファイルを、押し込むように使ってしまった
 →練習で、根管上部を拡大する感覚を、身に付けたい。

・患者様が遅れて来院された。
→診療内容が抜髄→TEKの予定であった。
 主訴が「歯が欠けた」にも関わらず、麻抜のみで終わらせてしまった。
 主訴的には、TEK作製の審美製を、優先すべきであった。


追伸 
金曜日の、診療終了後、
2番チェアー窓に外から、見えるように、
医院紹介モニターを、設置します。

診療室からの、この
眺めも、今日が見納めです。


新人研修は、今後も続く 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/6/1] 読書感想文 その②
今週の水曜日、先週に続き、新人衛生士 濱口さんより
新人研修読書感想文が、私の元に届きました。



それがコレ。

本のタイトルは
「働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった」



この本を読んで、たくさんの気付き学びがあったようです。
是非、今後の
働く姿勢に、反映して頂ければ、有難いです。

以下は
、本の感想です。
ご興味のあるあなたは、お読みくださいね。


《この本を読むことで得られた自分への気づき、学び》

まずはじめに、「サービス」と「おもてなし」の違いを知りました。
サービスは、相手に気づいてもらうことが、前提の気配りで、
おもてなしは、裏表のない気持ちで、見返りを、求めない気配りのことをいいます。

サービスが、悪いものというわけではないですが、
利己主義にも、思えてしまうかもしれないなと、感じました。

全色で、サービス業(ブライダルスタイリスト・衣装担当)に
就いていたこともあり、おもてなしや、サービスをさせて頂いていた側でしたが、
両者の違いについて、深く考えたことはありませんでした。

今、思い返すと、来店された人数を受付の方に確認し、私が、お客様をお迎えに上がる前に
(部屋に案内する前に)人数分のイスを準備しておく、というようなことが、おもてなしに
あたるのだと思います。

そして、サービスに当たるのは、お客様が挙式当日を、イメージしやすいように
ドレスに合わせて、ヘアアレンジまでして差し上げるというような
目で見てわかることだと思います。

相手に満足していただくためには、どちらも必要ではないかと、私はそう思います。

おもてなしのおかげで、知らず知らず快適な状態になっているというのは、すばらしいです、
ですが、目に見えることや、直接してもらったことなどは、自分だけの
「特別感」を感じられ、満足に繋がると思います。

人の役に立ちたいと思う気持ちが、いつしか、人から感謝されたいという欲に
変わってしまっていることがあります。

この本を読み、表裏のない気持ちでの気配りの凄さを知りました。
「見返りを期待しない行動によって自分自身が
幸せな気持ちになる、おもてなしをする事で、時に、自分の心が洗われることもある」
まだまだおもてなしが、できていないので、少しずつでも取り入れていける様に
過ごしたいと思います。


《この本から学んだことを実践することを、1つ以上》

・頼まれなくても、普段使うところを掃除する
(印象材を、準備する所、チェアの仕切りガラス、キャビネット内 etc..)

・受付で、お名前を呼んで誘導する際、気分を少しでも、明るくしてもらえる様に、
自分からも、近づいてお迎えし、お名前を付けて挨拶する

・Drから来られて、チェアを倒す前に、患者様の背丈に合わせてチェアの背板を
調整しておく

《実践した結果・感想・反省点》

思う所を、少しずつ進めています。
気付かれていても、いなくてもどちらでも構わない
ですし、見返りも求めていないのでおもてなし出来ているのではないかな、と思います。

きれいになると、物が片付くと自分も気持ちが良く、すっきりとします。
誘導の際のご挨拶も、実践していますが、相手によって反応が色々なので、
“おもてなし”と言えるのか難しいところです。

ですが、こちらから声をかけることで、きっかけが出来、
相手から、情報を得やすくなっていると思います。
今後は、もう少し、カルテを先に確認し、的確な声かけ、
お伺いをして、より相手が話しやすくなる状況を、作っていきたいです。

チェアの背板調整については、治療の準備に、気を取られ、
忘れがちなので、注意していかなければならないなと反省しています。

本は、気付きと学びの宝庫 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/30] 年間行動目標
先週に続き、今週も、新人ドクター藤井先生より
「2017 年間行動目標」が、私の元に届きました。



それが、コレ。


そこに書かれた、具体的行動目標は、以下の
20項目

1.常に、学ぶ姿勢をもつ
2.感謝を、忘れない
3.丁寧は治療を、心がける
4.患者様と、仲良くなることを、心がける
5.1つの治療につき、反省点を出す
6.わからないことは、積極的に質問する
7.時間の厳守
8.毎日の練習は、怠らない
9.治療法を、わかり易く、説明する
10.包括的な、治療の流れを、学ぶ
11.英語を、毎日勉強
12.早起きをする
13.本を読む習慣を、つける
14.趣味の時間も、きちんと取る
15.勉強会に、参加する
16.整理整頓
17.貯金をする
18.将来について考える
19.先輩から、任せてもらえるようにする
20.成長したと、思われるようにする

さらに、
チームワークのために・・・
一人は皆の為に、皆は一人の為に
成功へ導く決意表明・・・
継続は、力なり
成功へのセルフトーク・・・
意思あるところに、道は開ける

年間行動目標
を立て、毎日朝礼で
1分間、
黙読することで、その8割は叶うと、言われています。

有限実行、藤井先生の益々の活躍、楽しみです。
夢は叶えば必ず叶う 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/29] POSH
先週の土曜日の診療後、POSH健康プロモーター勉強会)が、
ヨリタ歯科クリニック 研修ルームにて開催されました。
参加者は、
10名。

タイムスケジュールは、以下の通り。



今日も、
多くの学びがあったようです。


 

 

 

 

私は、参加出来ませんでしたが
ワークもあり、かなり盛り上がったようです。

以下は、参加者の感想の一部です。
ご興味のあるあなたは、是非お読み下さいね。


キッズTCの取り組みに、興味を持ちました。
お子さんの口腔内に、関心を持つお母さんは、
非常に多いので、ヒルズでも、やってみたいと思いました。

また、水野さんの話の中に、聴いてもらえるようなカウンセリングを
自分がする、という言葉にも、刺激を受けました。

聞かない人の思いや、行動に、健プロメンバーが
寄り添えるように、自分の行動を、見直していきたいです。

日々、私だったら、こうするのに!
何で?と思う時があります。
新たな解決策を、見つける役に立ちたいです。

TCの勉強を始めて、でも、TCに実際入ったことはなく、
どのようなことをしているかを、知りませんでした。
今回、水野さんの実際の模擬を、見ることができて、
具体的な様子を、知ることができてよかったです。

説明するだけでなく、患者様の思いを聴くことが大切だけど、
思いを、話していただけるような、聴き方ができないと、
思いをくことが、できないと思います。

水野さんのTCは、患者様に伝わりやすく、親身で、
思いを、引き出しやすい話し方、環境でした。

ワークで、実際に、難しい相手との、コミュニケーション(無関心な母親・荒いDr)
を行ってみて、対話するということの難しさを、実感しました。

お口の状態を、説明すること、できるところから、
口腔ケアの仕方を、考えていくことで、少しでも
関心を、抱いてもらいえると思いました。

本当に、患者様にとって、、よりよい方法を、選択してもらえると思うので、
聞く姿勢、環境づくりが、できるようにがんばりたいです。

受容の姿勢も、大切だけれど、相手にとって何がよいことか、
胸を張って、しっかり伝えることが、
大切だと思うので、自信を持って、話せるようになりたいです。

ワークでは、水野さんとペアを組ませていただいたのですが、
今回は、水野さんが私の答えやすいように、
お話を、持っていって下さったのですが、

実際は、本当にとりつく島もないような方が、多くいらっしゃるので、
もっと、「何を伝えたいのか」、「どのように伝えるのか」を考え、
判断していけるように、ならないといけないなと思いました。

特に、同じスタッフの一員であるDrとは違い、
患者様は、「お金を払ってきている」
という思いの方も、いらっしゃるので、本当に難しいなと思います。

キッズTCでの発表であった山口さんの
「そうすることによるメリット・デメリット」について
もっと、考えてみたいと思います。

普段は、初診時にカウンセリングをするくらいしか、
患者様と、ゆっくりお話しする機会はないのですが、
そこからでも、しっかりと、予防へと話をもっていけるように
できればと思いました。

カウンセリングは、患者様のバッググラウンドを知る
最大のタイミングと、教えていただいているので
そこで、しっかりと、患者様と対話できるようにしていきたいです。

ゆくゆくは、しっかりとTCできるようになりたいです。

ワークでは、相手の立場に立つことの難しさを、再確認しました。

しかし、相手方の思考をトレースし、どういう風に考えるのかを
知ることが、対話の第一歩であると、思いました。


ワークで、「無関心型」のお母さんへのアプローチを
2人組に、なってやってみました。

私自身が、キッズTCで、苦戦していいるタイプのお母さんなので、
みなさんのアプローチの仕方は、参考になりました。
「メリット」「デメリット」を、伝えることが、大事だと思いました。

最初に、水野さんよりTCとキッズTCについて
お話がありました。

ヒルズでも、TCとしてカウンセリングや、
セカンドコンサルを、行っているので、
改めて、、客観的に見ることが出来て、勉強になりました。

患者教育という言葉が出て来て、「お口の中を健康にしたい
という思いになるように、しっかりお口の中の大切さを
改めて、伝えていきたいと感じました。

新谷さんのお話で、会話と対話について、
対話というフレーズは、あまり聞きなれていなかったのですが、
深い、本音で話すということが、とても重要であるという事を
実感しました。

相手の立場になって、気持ちを探るということも、
相手を知ろうとして分かる。

それは歯科医院に、来てどきどきいていたり、
警戒している患者様に、ちょっとでも安心して頂けたり、
ここに来て良かったと、思って頂ける
瞬間になるのかなと感じ、これから大切にしたいです。


水野さんの発表を聞いて、
「いつもこんな風にして下さっているんだな」と感じました。

私が、患者様にお話する時、こんなに分かりやすく
出来ているかなと気付かされる発表でした。

ワークでのダイアログワークも話を聞くと、
「できるかな!!」と、軽く考えていましたが、
いざ、自分が無関心な患者様に伝えようとすると、
何を言っても、サラッと返されてしまって、すごく大変でしたが、
自分が、無関心側に立った時に、そういう風に思っている人も
居るんだろうなと、、感じれる事ができました。

なかなか、相手に理解してもらって変わってもらう事は、
簡単な事ではないと思ったので、相手の立場になり、
共感する事が、分かってもらえることもあると思うので、
そういった事を、、気にしていきたいなと感じました。

私自身、子どもたちと関わり、その分、保護者の方との
コミュニケーションで、、たくさんのタイプの方たちと接していくので、
今日、体験した事を頭に置いて、しっかり伝えていけたらなと思います。

たくさん伝えて、少しでも歯の事に関心を持ってもらえる、
保育士の立場も、あるので、これからしっかり、頑張っていきたいと思います。

水野さんのTCの模擬を見せて頂きましたが、
知識のない患者様にも、とても丁寧でわかりやすく
P処について話をされてて、すごいなぁと思いました。

P検の結果を話し、悪い所があると話をして、
患者様に、しっかりと自分のことだと、自覚して頂いた上で、
歯の構造から、Pについてお話されていて、
患者様に、しっかり聞いて、頂く、自覚して頂く、
P処の重要性を、理解して頂けるお話のしかたで、真似したいと思いました。

こちらから、一方的に話をするのではなく、
患者様にも、わからない所がなかったか、
きちんと聞いて、患者様にも話して頂くことで、
患者様に、しっかり落としこみが出来るのだと思いました。

新谷さんのダイアログワークも、とてもおもしろかったです。
まず、自身で体験してみて、それから説明を受ける事で、
とてもわかりやすかったです。

無関心な母親へは、私はずっと、子どもへの虐待だと思っていたのですが、
まず、そのお母様の立場に立ってみて、考える事で、
より、伝わる話し方が、出来るのだと思いました。

治療中の、Drへのクレームを、お話する際も、
どう話をすべきか、悩みに悩んで、結局出来ませんでしたが、

他のグループの、お話を聞く事で、そういった話し方があるのだな、
言いまわしがある、と、とっても勉強になりました。

自分1人の考えでは、解決しない事がたくさんあるので、
エンプティーチェア療法、ふとした時に試して、鍛えたいです。

トリートメントコーディネーターって、何だろうって、
最近、考えることが、多かったので、今回水野さんのお話を
聞くことができて良かったと思います。

自分の中で、TCをする意味をちゃんと考えて、
これから、TCをしていこうと思いました。

「Drと、患者様の間に立つ調整役」と聞いた時は、
自分に、つとまるだろうか、不安に思いましたが、
していく必要があることがわかったので、できるようになりたいと思います。

自信の無さが、TC中に出てくるので、今回学んだことを生かして、
しっかりと、していきたいと思います。

カムカムや、治療のアポ時間だけでは
しっかり、お話できないので、ヒルズでも取り入れて、
満足度UPや、初診UPにつなげたいと思います!

実際に、ロープレをして、相手の立場になって考える、
ということをしました。

無関心な親の立場や、その心境を考えてワークに臨んだのですが
思考が、止まってしまいました。

その人にとっての、ポイントが何か、ということを見つけて、
そこを、目指してアプローチするのが
必要なのかな、と思いました。

相手に、響いてるかどうかは、反応をみるとそれなりに感じられるので、
しっかり、アンテナを張って、人と接するように心がけます。

皆で学び 皆で成長 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/26] 午前中の研修ルームでのトレーニング
水曜日の午前、研修ルームでは、
新人衛生士 
加藤彩花さん、前川梨穂さん、濱口祐歌さん3名の研修が、行われていました。

10回コースの
3回目です。

指導担当者は、
寺田さんです。



今回のテーマは、座学で、
歯周病検査説明の仕方。
トレーニングは、
シャープニングと、上顎前歯のマネキン練習です。

 

 

9:30~13:15までの、約
4時間
かなりの
充実した、プログラム。





このペースで、
スクスク育って頂ければ、有難いです。


その隣では、私たちのスタッフの子供への、
保育士さんによる食事トレーニング



まだまだ、
離乳食ですが、こちらも、スクスク育っているようです。
新人研修は、これからも続く 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/26] 読書感想文
今週の火曜日、新人衛生士中田さんより
新人研修読書感想文が、私の元に届きました。



それがコレ。


本のタイトルは
「働くことの喜びはみんなディズニーストアで教わった」



この本を読んで、たくさんの気付き学びがあったようです。
是非、今後の
働く姿勢に、反映して頂ければ、有難いです。

以下は
、本の感想です。
ご興味のあるあなたは、お読みくださいね。


《この本を読むことで得られた自分への気づき、学び》

この本を読み、まず感じたことは、
筆者の、ディズニーマニアっぷりが、すごいなあと思いました。

私も、今までの人生で長年好きで、続けてこれた事は
何かあるかなぁと、思い返してみましたが、
さらに、その好きな事を仕事にするのは、
相当な努力と、あきらめない気持ちが必要だと分かりました。

歯科衛生士として、この本からサービス精神、真の“おもてなし”を学びました。

まず、第一章で、“ファミリーエンターテイメントショッピング”という言葉がでてきます。
大人から、子供まで楽しく過ごせる場所を、提供すること。

歯医者というところは、大人から子どもまで、
怖いところというイメージを、もたれている方が多いと思います。

そのイメージを、ガラリと変え、口の中をきれいにさっぱりしてくれて、
さらに、楽しく過ごせる場所にしていけたら、
私達の仕事は、本当にやりがいのある仕事だと思います。

私も、一人でも多くの患者様に、歯医者のイメージを変えられるような
歯科衛生士になりたいと、思いました。

また、筆者は、アメリカのディズニーストアで働きたいと、
大きな夢をもち、その夢を実現させました。

英語での面接や、無理だと思っても、
どんなことにも、常に挑戦することが、夢を実現させるための鍵だと思いました。

私も、今までの歯科衛生士の仕事の中で、
自分の中で、無理だと、勝手に決めつけてやってこなかった事を、
これからは、常に挑戦するということを忘れないで、仕事をしていきたいと思います。


《この本から学んだことを実践することを、1つ以上》

この筆者は、ディズニーストアで働く前に、
ディズニーランドで、、働いていました。ディズニーランドで働いていたから、
ランドのやり方で、やるというのではなく、新しいポジションに入ったら
基本を、学びなおすということでした。

私も、以前働いていたところのやり方は、リセットして、
基本から、学びなおしていきたいと思います。
また、どんなことにも、常に挑戦していきたいなと思います。

《実践した結果・感想・反省点》

ヨリタ歯科クリニックで、、働かせてもらってから、2ヶ月がたとうとしています。
基本から、、学びなおすということを、実践してきました。

今までの働いてきたところでは、という考えを捨て、
新しく、学ぶことが、だんだん楽しくなっていました。

また、教えてくれる人達が、本当に親切なことも感動しました。
普通なら、今まで何年衛生士やってきたの?と言われても
おかしくないようなことも、丁寧に教えて下さり、
わからずに、モヤモヤしていたところも、すっきりすることが、多くなってきました。

また、どんなことにも、常に挑戦という点では、まだ臆病なとこもあり、
躊躇してしまう自分がいます。

なので、これからは、挑戦していく心を、忘れないようにしていきたいと思います。

本は、気付きと学びの宝庫 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/25] スーパーDrになるためのワクワク日誌
4月入社の勤務医、藤井先生
スーパーDrになるためのワクワク日誌」が昨日、私の元に届きました。



それが、コレ

 

内容は、以下の通り。

5月20日
《受けた指示》
小児のう蝕で露髄しそう(症状無い時)
→治療困難であれば、窩洞にサホライド塗布し、
ベースセメント治療できるようになった年齢になってから、
処置すると説明するのもあり。

《今日よかった事》
右下E 抜髄が出来た
→遠心の開拡が不十分であったため
適切な根管と窩壁の関係を覚えたい

《今日の気づき》
根治の練習をしているが、根尖部の拡大が不足していることが多く、
根充がアンダー。
→上部はNi-Tで拡大し、根尖部は手用ファイルで、
十分に拡大するようにする。
形成でアマルガムにスージンラインを設定してしまった

《スキルアップ》
根充をアンダーにしないように練習する

5月22日
《受けた指示》
コア除去時のTEK
→ポストにピンを適合させる
 ポリクラウンを合わせてプロビナイスを充填
 ピンをポリクラウンに立てる
 調整して仮着

《今日よかった事》
MB根のファイル挿入がうまくいかない
→なかなか最適な角度が見つからない

《今日の気づき》
ポスト除去で歯質を切削し過ぎた
→結果的に、TEKに用いるピンが緩くなってしまった。
歯質が縁下にある時は、単に根治などを進めるのではなく
挺出なども考慮していく必要がある


今も、
お昼休み毎日模型実習を続けています。
今日は、
夜も居残りです。

 

これからも、
技術と知識を身につけ、多くの患者様に愛される
スーパードクター
に、成長して欲しいです。
日々成長 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/23] 良い会社サーベイ
法政大学大学院、坂本光司研究室との共同研究、「良い会社サーベイ」

過去5年に渡る、
共同研究の成果を公表し、様々な企業の
「良い会社」づくりの一助として、書籍を、発刊することになるそうです。

そのための、ヒアリング調査として、
火曜日の午後、
インタビューがありました。

目的と、内容は、以下のとおり。

目的:世の中の、良い会社に関する事例調査として、ヒアリングを実施

内容:書籍主要キーワードである、以下の要諦を実現した具体的事例や、背景のヒアリング

1、経営陣の方針一致(一体感、部門間の連携)
2.理念に沿った活動(理念に合う採用)
3.人事評価(人事制度の仕組み・運用)
4.人材育成(会社および、現場)
5.話し合う風土(社員の主体性)
6.利他経営(社外社員との信頼関係)
7.社員の働(幸せの実感)

対象:経営者(経営陣)、人事担当者、事業部門の担当者、
具体的取り組みをされている責任者、社員の方

所要時間:90分程度(①経営者ヒアリング45分~60分、②社員ヒアリング 30分)

実施方法:坂本研究室ゼミ生と、弊社社員が貴社へ訪問し、
特に、優れた上記内容に関するヒアリングを実施することを想定しています。

ということで、私が60分新谷さんも45分、お話させていただきました。



うまく話せたか、少し不安はありますが、
少しでも、参考になれは、有難いです。
良い会社には、7つのキーワードがある 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/22] 人間ドッグ
先週の土曜日、年1回の健康診断人間ドッグを受けてきました。

場所は、大阪市中央区南船場にある、
(医)ハイメディッククリニックWEST

 

脳卒中ガン心筋梗塞などの
3大疾患の予防と、早期発見のためです。
検査項目は、以下の通り。

●身体測定
●オリエンテーション
●診察
●血液検査
●尿検査
●便潜血検査(2日法)
●喀痰細胞診検査
●超音波検査(甲状腺)
●超音波検査(心臓)
●超音波検査(上腹部)
●安静時心電図
●重心動揺計
●MMSE(認知機能検査)
●医師面談
●生活指導
●栄養指導

ここの優れた特徴は、その日に結果がわかること。

昨年同様、特に異常なく、正直ホッとしました。

仕事が忙しく、ストレスがたまることもあります。
これからも、体調管理食事睡眠
適度な運動を心掛け、いつまでも健康でありたいと願っています
そして、健康の有難さを実感出来る1日となりました。


追伸
明後日の水曜日も、お休みさせて頂き、

胃カメラ
の検査を、行う予定です。
健全な体に、健全な魂が宿る 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/15] LASH
先週の土曜日の診療終了後、、
LASH(スマイルクリエーター勉強会)が
ヨリタ歯科クリニック 研修ルームにて、開催されました。

参加者は、
8名

 

 



タイムスケジュール
は、以下の通り。



今日も、多くの
学びがあったようです。
以下は、参加者の
感想の一部です。

TCの内容を知り、スマクリの自分が、できることは何なのか
考えていかないといけないなと、思いました。

スマクリ、健プロという強みを生かして、活躍していけるよう
医院全体の行っている取り組みを知り、患者様に通っていただけるよう
コミュニケーションを、とっていきたいです。

また発表に向けて、「人ができること」を探しながら、お仕事をしていきます。

他の医院のスマクリの方たちの、スマクリらしさを、このLASHで、たくさん吸収し、
成長できたらと、思います。

TCのロープレは、実際やっているのを見たことがないので、
すごくいい時間でした。

受付でも、お会計時、アポを取る時、
「TCはいいわ」「P治療はいいからムシバ治療だけやって」
といわれることが多く、そういう患者様こそやらないといけない場合が多いです。

でも、そういう時、私からは、何も言えず、患者様の希望するアポしか
とってなかったのですが、そこで、少しでも
私が、TCやP治療の大切さを、伝えられたらいいなと、強く感じました。

TCの力になれるよう、アポの取り方や、ピスケスの改善をしていきたいと思いました。

新谷さんの話を聞いて、今病院に行っていて、「人だからできるおもてなし」
「人しかできないおもてなし」があるなと感じてました。

機会の良さもありますが、人の良さもあるので、その感じたことを
発表に活かせれたらなと、思いました。

今回は、水野さんからTCの流れや、Krへの思いを聞かせていただきました。

ヒルズでも、セカンドコンサルや、ホテツコンサルを行っていますが、
詳しくは、知りませんでした。

患者様の意欲や、性格に合わせてお話をしていたり、
何度も、お話をしにいき、どうすれば、しっかり納得して、治療を
進めてたり、メンテの必要性を、理解して頂けるので、
健プロさんの、熱意を感じました。


スマクリも患者様と医院の架け橋になれるような、お声がけや、
きっかけ作りをしたいと思います。

新谷さんのお話では、ヨリタグループが大切にしているスマイル&コミュニケーションや、
人と人だからこその、あたたかみ、とは何なのか改めて、考えさせられました。

水野さんが患者様の奥地の健康を、自分のことのように考えているので、
とても伝わりました。

TCをうけて、初期治療に前向きになった方が、
なるべく、ご希望通りに、前向きな気持ちを、持っているうちに
お越しいただけるよう、受付でもアポイントの取り方や、
お声がけをすることを、もって大切にしないとなと、改めて、感じました。

見学レポートのお話も、印象的で、何事も一長一短で、自分たちの良さを
極めるということは、本当にだなぁと感じました。

ヨリタならではの良さを、まだまだ極められていないと
思いました。

LASHの発表に向けて、意識的に自分たちの強み、良さを磨いていけたらなと思います。

水野さんのTCの話の中で、患者様のタイプが大きくわけて3つ

前向き方、自分都合型、無責任型があるそうです。
それは、受付のアポを取ったり、お会計時にも感じる事で、
その人達にあった、おもてなしをしないといけないと、改めて感じました。

受付でも、初期治療アポのとり方もしっかり考えて、健プロさんとこれから
連携を、もっととりたいと、思いました。

日々成長 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/12] 医院見学会
昨日の木曜日の午前中、医院見学がありました。

見学者は、医療法人三紲会様
14名様で、11時から約3時間受け入れました。

タイムスケジュールは、以下の通り。



 

 

 

私たちへの
質問は、以下の通り。

1.仕事に対して、楽しく、やりがいを感じ、モチベーションをあげるために、何をされていますか

2.喜んで頂けるようなメインテナンスを、提供するための工夫、スタッフ技術向上の取り組み

3.スタッフ間のコミュニケーションを、うまくとるために、何か気をつけていることはありますか

4.チームの目標を、スタッフ全員が共有の方法

5.目標を決め、それに向かって進んでいく時に、辞めていく人はいますか

6. 患者様の中で、クレームのある方、泣く子供、不安のある方への対応は、
 どのようにされていますか。

7.予約外に、来られた方への対応は、どのようにされてみえますか

8.セミナーイベント開催は、担当の方がいらっしゃるのでしょうか。

9.組織の仕組みや、制度が確立されていると思いますが、
  はじめの一歩は、どのようにされてのでしょうか。

10.ヨリタ先生の最終目標は、何でしょうか

こんな感じで、丁寧にお答えさせて頂きました。

 

少しでも参考になれは、嬉しいです。

それにしても、皆様、ステキな笑顔でした。




追伸

同じ頃、研修ルームでは、歯周病担当医、藤原先生が、
中島さん、高橋さんに、患者様への歯周病のカウンセリング指導を、行っていました。

 

こちらも、終始笑顔で、楽しそうでした。

笑顔でのおもてなしが大切 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/11] 新人衛生士 個別指導 その②
5月1日に続き、10日木曜日も、
ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘の、
新人衛生士 
加藤彩花さん、前川梨穂さん
研修が、行われました。

指導担当者は、
寺田さん



思いやりと、優しさ、そして厳しさを備えた、熱血教師です。

実際はこんな感じ。 
 

 

以下の資料とともに、(一部抜粋)
8回コースで行います。






追伸 

お昼休みには、途中入社の
衛生士 柴崎綾子さん、趙優妃さん、
柳谷真澄さん
研修修了試験が、行われています。

 



実際の問題は、こんな感じ。

 

合格ラインは、
80点

全員一回で、
クリアして頂ければ、ありがたいですが、
なかなか難しいのが、
現実

なので、
合格するまで、この試験は続きます。
成長あるのみ 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/8] 新人研修レポート
先週の、全体ミーティングの終了後、
新人衛生士濱口さんと、中田さんの、新人研修レポートと、
年間行動目標が、私の元に届きました。

まず、
濱口さん

 

 





実際にはこんな感じ

《 将来の私、夢 》

かつて、私が大学生で、就職活動をしていた時は、
まだ、未知である自分の将来について、時間をかけて
あれやこれやと、考えたものでした。

そのころの私が、目指していた将来の自分は
“キラキラしていること”でした。

新卒で、ブライダル企業に入社し、5年間勤務した後、
歯科衛生士になるため、専門学校に入学しました。

歯科衛生士を、目指しことにした過程でも、
その後の、人生のことを、色々と考えました。

今でも、私の夢は“キラキラしていること”
で変わっていません。

“キラキラ”とは、常に前向きで、幸せを感じている状態です。

もっと細かく、、表現すると、笑顔かベースである、
心が明るい、周りにも、Happyを与えられる、
そんな人で、あることです。

今、大学生の頃と、違っているのは、年齢を重ねていることです。

仕事に関しては、まだ歯科衛生士として、出来る事はほとんどなく、
これから、たくさん勉強しなければなりません。

今は、大勢の先輩方が、いて下さる環境で働けているので、
しっかりと、吸収していき、患者様にも、後輩にも信頼してもらえる
歯科衛生士に、なりたいです。

《 実習感想シート 》

初めての一週間は、とにかく環境に慣れるのに
精一杯で、毎日クタクタでした。

私は、事前に一ヶ月程度、アルバイトをさせて頂いていたので、
簡単な処置のアシストには、早いうちにつくことが出来ましたが、
それでも、一人になってしまうのは、不安でした。

患者さんに、Drに迷惑をかけない様に、診療のスピードに間に合う様にと、
バタバタしてしまっていたなと感じます。

診療中は、とても慌ただしく、休む暇がないと感じていましたが、
先日、Drと話していると、
「うちは、そんなに忙しくない」
と、おっしゃってたので、
忙しいと思うから、忙しく感じるのかもしれないな、とも思いました。

研修カリキュラムを組み、私の為に時間を割いて、
教えて下さる先輩達がいて下さり、
本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

早く、衛生士の一人と、数えられる様になり、恩返ししたいです。

そして、中田さん









《 将来の私、夢 》

ヨリタ歯科クリニックに、勤務させて頂いてから、
今まで、歯科衛生士として、やってきた業務を
改めて、見つめなおすことができました。

今までは、与えられたことだけを単々とこなしてきたり、
自分から、何かを発信することはしてきませんでした。

なので、これからは、勉強会などにも積極的に参加し、
歯科から、全身的な知識もある歯科衛生士を
目指していきたいと思います。

また、母親としても、未熟なところが、まだまだたくさんあります。

忙しくして、コミュニケーションを忘れないよう、
将来、明るくて、会話と、笑顔のたえない、家庭になるように、
仕事も、家事も、上手に、両立していくことが夢です。


《 実習感想シート 》

最初の、オリエンテーションから、今日に至るまで、
感じたことは、スタッフ一人一人が、
本当に、思いやりをもって、接しているということでした。

職場の人間関係が、うまくいかず・・・という話を、
よく、耳にしたことがあります。

しかし、ヨリタ歯科クリニックでは、そのような雰囲気がなく
とても驚きました。

私も、患者様から、スタッフまで、嫌な思いをさせないように、
行動、言動に気をつけながら、
仕事、家事育児を、がんばっていきたいと思いました。

学んだことを、振り返る
 
そして、将来の夢を、皆の前で発表する機会があることが、
大切であると、実感しています。


成長あるのみ 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/2] グループ医院間研修 その③ 
私たちは、ヨリタ歯科クリニックを含め、
大阪市 上本町ヒルズ歯科クリニックゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘
奈良市 ゆめはんな歯科クリニック 高の原の4つのグループ医院から
成り立っています。

そして、
採用教育などを通じ、各グループ医院
交流を、計っています。

ということで、3月に続き、4月も
衛生士阿辺山さんに、ゆめはんな歯科クリニック高の原へ
研修に、行って頂きました。



そして、本日この
研修レポートが、私の元に届きました。

それが、コレ。
ご興味のあるあなたは、ぜひお読み下さいね。

今回、ゆめはんな歯科クリニック高の原へ
研修に行かせて頂き、
半日だけの研修でしたが、とても、良い刺激になりました。

私は、新卒でヨリタ歯科に就職し、
学生時代も、歯科医院で、アルバイトをしていなかったので、
他の医院の、診療の様子を、見学するのは
衛生士学校の、実習以来、という事もあり、
行く前から、今回の研修を、楽しみにしていました。

午前中のみの、三時間程の研修だったので、
ヨリタと、高の原の違いを、探すつもりで、見学をさせていただきました。
チェアー数などの、医院の規模の違いや、
訪問歯科を、行っているなどの、大きな違いだけでなく、
予防業務においても、ヨリタと異なる点が、沢山ありました。

私は、今回、ほぼメンテナンスの様子を
見学させてもらっていたのですが、
高の原では、三か月リコールの際に、
毎回、P検を行っている事に、驚きました。

予防時間も、同じ45分で、患者さんによっては30分という
短い時間なのに、P検の入力から最後の片づけまで
ほとんど、全て一人でされており、
これを見て、自分の仕事内容や、仕事に対する
意識を、改めなければいけないな、と思いました。

私は、自分の予約が詰まっている時など、
「誰か、空いている人がいるだろう」と、思ってしまい、
すぐに、インカムで、チェアーの片づけや、P検の入力の
手伝いなどを、呼ぶ事が多いのですが、
誰かに、頼ってしまうと、いつの間にか
それが、当たり前になってしまっていることに、気が付きました。

この他にも、ヨリタで働いていると
当たり前に、なってしまっている事が、
実は、かなり恵まれているという事にも、気が付くことができました。

明るくて、大きな窓がある、開放的な空間、
200円という、考えられないほど、安い値段で食べれる、美味しい食事、
滅菌や、掃除をしてくださる方が、いる事、
不満や、悩みがあれば、直接上の立場の方に、
意見を、聞いてもらえる環境、
有給を、とらせていただける事など…。

恵まれた環境にいると、それが当たり前になってしまい、
その分、ワガママな人も、増えてしまっているのが
今の、ヨリタ歯科の、悪い所でもあるな、と感じました。

半日の研修でしたが、自分の医院の良い所を、再確認し、
また、改善しなければならない問題点が、
おぼろげにですが、分かったような気がします。

今回のような、グループ医院への研修は、
少し、仕事に慣れてきた、2年目3年目のスタッフを対象にして
続けた方が、いいとも思いました。

今年の4月で、3年目になりましたが、
これからも、周りの方や、環境に感謝をして、
仕事をしていきたいと、思います。

この感想文を読んで、
当たり前の事に感謝できる
阿辺山さんは、
素晴らしいと、思いました。

<たくさんの気づきを頂いた 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/5/1] 新人衛生士 個別指導 
ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘に
この4月、入社した
衛生士 加藤 彩花さん、前川 梨穂さん

新人合同研修が終わり、

いよいよ、衛生士
実技実習が、始まりました。

指導担当者は、寺田さん



思いやりと、優しさ、そして厳しさを備えた、熱血教師です。

実際はこんな感じ。 
 

以下の資料とともに、(一部抜粋)
8回コースで行います。





ということで、
彼女たちの、ますますの
成長、楽しみです。


追伸
お昼休み、
ルーペの実演がありました。

 

どうやら、
常勤衛生士が、ほぼ全員が、ルーペをつけての、診療になるようです。
ヨリタ歯科クリニックでも、さらに
診療レベルが、上がりそうです。

<鉄は熱いうちに打て 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/28] グループ合同2017年 新人研修会 その③
先週の、水曜日に続き、
一昨日も、
グループ合同2017年 新人研修会
ヨリタ歯科クリニック研修ルームにて、開催されました。

3回コースの、最終回です。

タイムスケジュールは、以下のとおり。


今回、スピーカーとして、ヨリタ歯科クリニックの
スマイルクリエーター 安達 沙緒里さん

   

そして、私がお話させて頂きました。

 



その後、前回に続き、
経営サポーター高橋さんが、
テーマ
「グループでどのように成長していきたいか?」
参加者全員で、
約2時間ワークを行いました。

 

 

 

チームごとに、発表をして頂きました。

  



今後は、各医院に戻り、その
役職のプロになるべく、
持てる力を、存分に発揮して頂ければ、有難いです。

 

 

以下は、そのレポートです。
ご興味のあるあなたは、ぜひお読み下さいね。

寄田幸司理事長から、夢の現実についてのお話をして頂きました。
話の中で、理事長は、何においても数字などを意味づけするのが
好きだと、おっしゃっていました。

その話を聞いて、単純にすごいなと思いました。
自分を、鼓舞させるのが、上手で上昇志向が高く、
ストイックに、仕事に取り組まれてきたことが、
現在に、繋がっているのだな、と思いました。

夢をかなえる為の、3つの習慣として、
夢に日付をつけること(実行期限と具体的数値の明確化)、
ゴールした瞬間を、イメージすること、
成功している方のやり方を、真似ること、が大切だと教えて頂きました。

まだ、完成していないのですが、
今、私も年間行動目標を、作成しているところです。
夢は、必ずかなうと信じて、私も、ストイックに、頑張りたいと思います。


安達さんからは、二ヶ月に一度して頂く、年間行動目標に対する
フィードバックでの出来事を、話して頂きました。

働き出して、一年程経った頃に、周りの人のことが、羨ましくみえて、
気分が、ふさぎがちであった時、
目標に対しての、具体的な行動を一緒に考えてもらったことで
道が、開けたそうです。

確かに、漠然とした目標だけではなく
それを、達成する為の具体的な方法があると
前向きに、頑張れると思います。

大人になってからも、、自分の人生のことを、親身になって
一緒に、考えてくださる環境があることが、嬉しいです。

スマイルクリエーターの安達さんは
3ケ月間一緒に、お仕事をさせていただいていましたが、
入社して、まだ1年半程しか経っていないというのを、
今日初めて知りました。

いつも笑顔で、テキパキとお仕事をされていて、
もっと、キャリアがある方だと、思っていたので驚きでした。

周りの人が、羨ましく見えたり、自分が何も持っていないのではないか、
と悩んだりと、共感できる部分が多くあり、
私も負の連鎖に、巻かれているなと感じました。

できない言い訳、やらない言い訳を言うのではなく、
漠然とした目標よりも、小さな目標を、
より、明確にした方が、いいと教わりました。

人と比べず、自分なりの目標を決めて、頑張っていこうと思います。

ワークでは、ヨリタグループで成長していくには、
ということについて、話あいました。

私たちのチームは、自分のことが好きでいられるように
仕事が楽しくなる、人並みの知識と、、技術は必須、心に余裕を持てる、
プライベートも充実、笑顔up、患者様に、満足して頂ける、
もっと自分のことが好きになる、という
正の連鎖という意見が、でました。

人の話を聞くことも、自分から発信することも大切で、
自分一人では、出ない答えが、皆で意見を出し合うことによって
広がりができて良かったと思います。

常に、正の連鎖をイメージしていこうと思います。

院長が、小倉さんのお話をしてくださいましたが、
昔も、今も、小倉さんはヨリタにとって
なくてはならない存在だなと改めて思いました。

小倉さんだけでなく、スタッフみんなが、それぞれの役職のなかで、

ヨリタの一員として、患者様に喜ばれるために
何をしたらよいのかを自ら考え行動したからこそ、
今のヨリタがあるのだと思います。

私もヨリタの一員として、そういう仕事をしていきたいと考えさせられました。

まずは、7月にあるカムカムフェスタで、皆様に喜んでいただけるよう、
同期で力を合わせて、、成功させたいと思います。


まず初めに、安達さんのお話では、自分のなりたいものを
具体的にイメージする事の大切さを改めて教わりました。

それを実現するためには、大きな目標に対して
“出来ない理由”を探さずに、目標を達成する為に、
“やれる事からコツコツ”きちんとこなす事が大切だと教わりました。

自分で決めた目標をきちんとこなす事で遣り甲斐も出来てくるし、
自分を認める事も出来る。

資格を羨ましいと思い、悩む気持ちも、自分の仕事や、
自分自身の目標にしっかり進んでいくことで、きちんと整理していけると励まされました。


安達さんのお父さんのお話の
①チューインガムと、言い訳は何にでもひっつく
②3日3月3年、という二つの言葉にもとても感銘を受けました。

怒られたときは、チューインガムを思い出して頑張ろうと思います。

寄田院長のお話では、目標や意味付けの大切さ、
目標には必ず期限をつける事、
モデリングをして、真似てみる事等、
夢を叶える為の手段を、沢山お話して下さいました。


将来なりたいものの為に、
今、何をすべきなのかをきちんと考えて行動する事が、
何よりも、近道になる事、
目先の楽や、欲に囚われては、回り道をしてしまう事。
とても大切なのだと思いました。

私はついつい、回り道をしてしまう事が多かったのですが、
一つ一つ、、大切にこなして、力をつけていきたいと思います。

カウンセリングをしている理由も深くお話下さって、
益々、院長は考えの深い方なんだなぁ、と思いました。

初診の患者様に安心して頂き、悩みをお聞かせ頂ける様、
しっかりとカウンセリングして、それが医院に貢献しているという自信に繋がる、と感じました。
私も、健康プロモーターとして、
患者様から評価される人になりたい。その為に、患者様と親しくなれる様に努めます。

<安達様のご講演を拝聴して>
東京たられば安達様の写真には、
ユーモア・笑いとともに、本当にそうだな、
という気持ちも、持ちました。

人と比べるのではなく、自分らしい目標を掲げながらも、
「たられば」という考えが、染みつかないように、
気をつけて、生きていかなければと、思います。


<寄田先生のご講演を拝聴して>
寄田先生の若かりし頃のお話、
サクセスまでの道、そして、今後の展望と目標をお聞きし、
1つの伝記を、ぎゅっとまとめて聞けたことに、
本当に、お得な時間を過ごさせて頂いたと、感じています。

私は昔から、目標を口に出すことは苦手です。
心には、熱い想いと、高い目標がありましたが、
不言実行に、美を見ていたのです。

けれど、口に出すことで、責任が、プレッシャーが生じる。
それがわかっていて、避けていたのかもしれない、とも思います。

原因はさておき、今回の研修を通して、
自分の改善点は、目標に期限をつけ、
スケジュールを立てて、効率よく、
着実に目標に向かっていくことだと、、感じました。

<ワールドカフェを通して>
内輪でわいわいと話して出たアイディア、
それ、を他者の目から客観的に見たときの
評価・印象、それを踏まえた改善。

日常生活でも、大切な改善プロセスだと感じました。
他人に否定されることは、傷ついたり、いらだったりするものです。

けれど、苦言をどう活かすかは、個人の力量だと思います。
苦言を金言に変えるくらい、ポジティブな思考・知識は、結局は自身を助け、
社会を生き抜き、活躍する力になります。

勿論、それは、一朝一夕では育たず、常に他者の意見を素直に受け止め、
真摯に考えていく中で、育っていくものです。

一日一日を大切に、出来ることをコツコツ頑張り、その頑張りが、
いつか、自分のためだけではなく、他者のためにもなる日が来るよう
努力していきたいと思います。


<全体を通して>
どのお話も、ワークも本当に勉強になりました。
自分から望んで受ける講習は、どうしても、内容や方向性が偏ります。

ですから、仕事の一貫で、こうした講習を受けることが出来て、
本当に恵まれていると思いました。

自分を一番分かっていないのは自分。
けれど、自分を一番わかっているのも、自分だと思います。

だからこそ、自分のことを好き・認められるように、努力を継続し、
目標を着実にクリアしていきたいと思います。

笑顔、コミュニケーション、
礼儀、知識、技術、継続。

やらなければならないことは、、山積みですが、
たくさんの良い例(モデリング対象)が、いらっしゃるこの職場は、
入って一ヶ月ではありますが、良い職場だと感じています。

孔子の三人道行けば二人の師あり。

今までは、何度も、この言葉を思い浮かべて、
自身を、なだめることもありました。
けれど、今は、良い師がたくさんで、本当に嬉しいです。
皆さんに、近づけるよう頑張ります。


(2)目標を持つこと
今回の研修では、目標を持つことの大切さを、学んだ。
仕事が楽しい、わくわくすると感じるには
自己効力感が重要となってくるが、
遂行体験の成功体験が、自己効力感を高めるということは
バンデューラも、述べている。

できそうなことから、具体的に目標を立てて、達成していきたいと考える。
ヨリタ歯科では、月間行動目標や、年間行動目標を立て、
また、面談も行われる。

自己評価でなく、他者の目線からもできているか
できていないかを、、判断してもらえると、
目標の達成感に、説得力が生まれる。

また、どのようにしたら達成できるか、複数の視点から考えてもらえると、
目標も達成しやすいと考える。

そして、夢を持つことも大切である。
叶えるには、周囲の支え、協力が必要なときもある。
仕事は1人でしている訳ではないので、周囲の人との連携は必要である。

今は助けてもらってばかりだけど、周囲の人と相互に助け合えるように、
できること増やしていきたいと考える。

また、周りを見、自分にできることは
積極的に、していけるようになりたいと考える。

(3)研修を受けて
研修を受けた感想を、院長の話を挙げながら述べる。
「各役職のプロになる」
健康プロモーターはカウンセリングを行う。

今回の研修では、院長の「歯だけ見るのではなく、
何故、、ここを選んだかを知ることで、対応がきっちりできる」という、
カウンセリングへの、思いを知ることができた。

今後、初診のカウンセリングで、今起きている症状だけでなく、
患者様の全体像を知ることができるように深く、
親身に話が聞けるようになりたい。

そして、健康プロモーターとして、口腔内のことだけではなく、
身体的、精神的、社会的な面で、患者様の健康に携わりたいと考える。

「目先のことだけを見るのではなく、常に次のステップを考える」
今は嫌なこと、しんどいことで、も後の自分に役に立つかもしれない。
仕事だけではなく、自己の成長につながるかもしれない。

勉強することが多く、うまくいかないこともあるけれど、
将来の自分のために、がんばりたいと考える。


<今後は各医院で新人研修を行う 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/27] ネッツトヨタ和歌山でミーティング
火曜日は、1日診療をお休みさせて頂き、和歌山市へ。



ネッツトヨタ和歌山株式会社さん主催の、
社内研修会で、お話しさせて頂くためです。
会社様の
社是と、経営理念は、以下の通り。(頂いた資料より)


社是
地域社会から、お客様から、社員から
「あって良かった」と思われる会社でありたい

経営理念
ネッツトヨタ和歌山は、自動車販売・自動車整備
金融商品販売事業を中心に、たえず市場の要請を先取りし、
新しい価値を提供して、お客様の創造と維持を目指します。
そのために、全社員が一体となって安定的な経営を維持し、
永続的に会社の発展を図り、お客様から最大限の信頼を
得ると共に、地域社会から広く支持されることを目指します




会場は、
アバローム紀の国



私は、
4つある研修プログラムの内、
第三部
の、「もっといいお店作り」で、約90分
「ヨリタ流ワクワク楽しい医院づくり」について、お話しました。
タイムスケジュールは、以下の通り。


12:50 【司会挨拶】
    ・自己紹介
    ・本日のプログラム、ルール説明、アイスブレイク
 
12:55 【海瀬社長挨拶】
    ・「今よりももっといいお店づくり」について

13:00 【問い①】
    ・「お客様がワクワクする、また行きたくなる
      ディーラーってどんなお店だろうか?」

13:15 【講師紹介】
    ・ヨリタ歯科クリニック映像上映+講師紹介

13:30 【講演】
    ・寄田院長「テーマ:ヨリタ流ワクワク楽しい医院づくり」

15:00 (休憩)

15:10 【問い②】
    ・「寄田先生の講演での気づきを共有する」
     →「お客様がワクワクする、また行きたくなる
       ディーラーってどんなお店だろうか?」

15:20 【問い③】
    ・「お客様がもっとワクワク楽しくなる、
      行きたくなるお店にしていくために、
      どんなことができるだろうか?
      (これまでの発想や業界の常識に
       とらわれずに発想してみてください)

15:30 【問い④】
    ・「お客様が喜んでくれて、自分たちがワクワクして
      くるアイデアは?(グループでひとつ決めてください)

15:40 【発表とコメント】
    ・1グループ(1分発表+1分コメント)=9グループ

16:00 【店長コメント】
    ・1分×9名

16:15 【社長コメント】

16:20 【終了】





今回は、セミナー終了後、
ワールドカフェ形式ワークや、
各店舗ごとの発表もあり、より実りある内容と、なりました。

また、お昼からのセミナーでしたので
少し
早めに到着し、近くの和歌山城周辺を、散策しました。












天気も最高で、リフレッシュ出来た1日と、なりました。
水曜日は、院内の
第3回新人合同研修

こちらでも、
熱く夢を語ります。

<思いは、形になる 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/26] あなたが光り輝く衛生士になるためのSTEP3
今週の月曜日、全体ミーティングで,
「あなたが光り輝く衛生士になるためのSTEP3」を、発表。

それが、コレ。



内容は、以下の通りです。

《CHP大賞》
スマサポの山下さんに朝、挨拶をした時、「笑顔がいいわぁ」と
言って頂き、とても嬉しかったです。まだまだ環境に慣れず、
毎朝緊張している私に、山下さんは気軽に話しかけて下さり、
緊張をほぐして下さっていました。山下さんがそんな風に
して下さるので、私も勝手に笑顔になっていたのだと思います。
相手は自分の鏡だという事を思い起こし、周りの人、
皆に笑顔で挨拶したいと思いました。知子Dr.の患者様で、
前歯4本をオールセラミックに変えられた方がいらっしゃった。
セット後、「すごくキレイになって嬉しい、笑顔がでちゃう」と
何度もおっしゃられ、とても喜ばれていた。
患者様が喜んでくれたことに、知子Dr.も喜んでおられ、
プラスの連鎖を感じました。知子Dr.は言葉遣いや声かけ、
触れ方等、全て丁寧で、がさつな私には尊敬するところが
たくさんあると、感じました。


《前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして、次回までの、さらなる目標を、お聞かせください。》
前回の目標は、根充の処置、形成、印象の処置に一人でつくこと、
アシスト業務に集中しすぎず、患者様に心を配ることでした。
根充の処置には、一人でつけるようになりました。形成、印象の
処置に関しては、処置につく機会が少なかったため、本印象も
1、2度しか採れませんでした。100%気泡もなく
採れるわけではないので、たまに模型で練習しています。
デュラシールは一度できれいに盛れず、先輩に手直しの
アドバイスを受ける事がほとんどです。
実践あるのみだと思っているので、仮封のタイミングがあれば
ぜひ、呼んで頂きたいです。模型でも引き続き練習致します。


《CHP大賞》
今週は、カムカムの流れや、子供の接し方について
DHの竹岡さんに色々教えてもらいました。
PMTCのご指導やお母様達への説明など、
お昼休みを削ってまで教えていただき、
とても優しく感動しました。私も、竹岡さんみたいに
子供に接する事ができるよう、努力していきたいと思います。


《前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして、次回までの、さらなる目標を、お聞かせください。》
今回は、RFのアシストにつくことが多く、RFの診療の流れは
学べることが出来ました。しかし、まだ診療の流れが分からない
部分も多いので、色々なアシストについていきたいと思います。
また、カムカムを教えていただいたので、積極的に自分から
進んでやっていきたいと思います。



また、4月入社の勤務医、
藤井先生より
「スーパーDrになるためのワクワク日誌」が、私の元に、届きました。



それが、これ



内容は、以下の通り。

《今日、良かった事》
・SRPの浸麻は、麻酔針の挿入時に疼痛がなく行なえた。
・カムカムチェックも積極的に行くことができ、交換期の
 状態について、保護者様に説明する事ができた。
・RFも予約時間内に終わらせることができた。

《今日の気づき・反省・感想・改善点・これからやろうと
 思うこと・意見・提案》
Inの講義を受けて
・エッチングは、エナメル質の窩洞上のみ塗布する。象牙質には
 塗布しない様に注意する。
・In形成時は齲蝕により歯質が大きくなることが多く、
 ベースセメントなどで被覆する必要がある。
・模型での形成において、バーの角度が頬側に傾斜している
 ことが多い。

《スキルアップ(テクニカル、ヒューマン、コンセプチュアル)の
 為に現在、取り組んでいる事》
・診療以外は可及的にマスク、グローブを外す。
・患者様の名前を呼ぶように注意する。
・毎日模型実習を行う。


藤井先生は、
お昼休み毎日
模型実習を、続けています。

これからも、
技術と知識を身につけ、
多くの患者様に、
愛される
スーパーDr.
に、成長して欲しいです。

<日々成長 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/24] ヨリタ塾開催

先週の、土曜日の診療終了後、
グループ合同、
ドクター勉強会
ヨリタ塾が開催されました。

参加者は、
14名

今回の演者は、ヨリタ歯科クリニック 
赤松先生森山知子先生


赤松先生からは、
「ダイレクトボンディングセミナー」

森山先生からは
、「マウスピース矯正」でした。

 

どちらも、
新たな取り組みとして、大変、興味深い内容です。

その後、初参加の、
新人ドクターとして、
ヨリタ歯科クリニックは、
藤井先生
上本町ヒルズ歯科クリニック、
宮川先生
自己紹介も、ありました。

 

そして、最後は、
全員でのワーク

タイトルは、
「実践思考を導きだす、オープンウインドウ 64」

64マス
ある、ウインドウの真ん中に、
一番やりたいことを、書き出す。


それを囲む、
8つの窓
それを
実践するための、やるべきことを、書き出す。

そして、その
8つの項目を、形にするための、
さらに、詳しくやるべきことを、書き出す。
制限時間は、30分

実際は、こんな感じ。
かなり、
時間ギリギリでした。

 

 

 

ちなみに、私が一番中心に、添えたもの。
それは、
「日本一笑顔があふれる医院を作る」
思いの他、たくさんのやりたいことが、出てきました。

 

最後は、一人一人が、
最も実現したいこと
期限を決めて、発表
今日も、
楽しいヨリタ塾に、なりました。

この勉強会は、
年4回開催されます。
次回は、7月22日(土)です。

これからも、
ヨリタ塾を通じ、
ドクターの
交流を深めていきます。


追伸
午前の診療中、
新谷さんフラワーアレンジメント作成中。

今回、安く購入出来たとのことで、
いつもより多く、
3つ作製してくれました。

 

<皆の前で 熱く夢を語ることも大切 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/20] グループ合同2017年 新人研修会 その②
先週の水曜日に続き、
昨日も、
グループ合同2017年 新人研修会
ヨリタ歯科クリニック研修ルームにて、開催されました。

3回コースの、第2回目です。

タイムスケジュールは、以下のとおり。

スピーカーとして
上本町ヒルズ歯科クリニックの、坂井 莉沙子さん

 


同じく、
上本町ヒルズ歯科クリニックの、院長の永井 美也子先生

 

ゆめはんな歯科クリニック高の原の、大北 江里香さん

 

そして、同じく 
ゆめはんな歯科クリニック高の原の、大林 茂樹先生
にお話して頂きました。

 

またワークでは、
経営サポーターの、高橋さんが 
楽しく仕事をする上での、心のあり方について、開設してくれました。

 

 

 

以下は、その内容です。
ご興味のあるあなたは、ぜひお読み下さいね。

坂井さんのお話では、スタッフ全員が、
スタッフ同士や、患者様全てに
スマイルアンドコミュニケーションを、大事にする事が
大切なのだな、と、改めて教わりました。

永井院長のお話では、尊敬する人をたくさん持つ事で、
自分の世界が、広がっていくのだな、と教わりました。

そして、退職された先輩のお話もそうですが、
なにより「ありがとう」という気持ちを持って、
しっかり、言葉や形にする、という事
が大切だと、説いて下さいました。

大北さんのお話では、尊敬できる人との出会いが自分を磨く、
成長させてくれるというお話で、自分にも思い当たる所があり、
とても共感できました。

大林院長のお話では、患者様の人間や歴史に、興味を持つ事が大切だ、
という点が、私たち健プロは、徹底していかないといけないな、
と思いました。

患者様一人ひとりに関心を持って、親身になる、
患者様の味方で、ありたいと思います。

努力する事の辛さや、難しさを分かってくださる、大林先生に、
常に、スムーズな、アシスタント・サポートを出来る
健プロでありたいと、感じました。

その為には、自分を卑下することなく
努力を続ける事が、大切だと、改めて感じ入りました。

高橋さんのワークも、とても楽しかったです。
潜在意識を、自分でコントロールする事が、出来れば、
これほど、力強い味方は無いなと、思います。

一社目でバリバリ働いて、グループリーダーや、
新人教育等も行っていた時、自分は出来る!
と常に感じていて、実際どんな仕事が舞込んでも、
誰が難しいと、挫折した仕事でも、こなしていました。

そういう状態に、またなりたい。

その為には先ず、知識をつけて、
仕事が出来るようになってからの、ごほうびだと思っていたので、
モチベーションを上げる為に、利用するものだというのは、
目から鱗で、自分で自分を励ます、
励ましてもらう、って大事なんだなぁ、と思いました。

”私は、患者様に愛と勇気と健康を与えている人間です”

初めて、お会いする方も、おられたのですが、
自己紹介を、じっくりとしてくださったので、
お人柄を知れて、とてもよかったです。

仕事観、やりがい、スマイル&コミュニケーションの大切さを
改めて学ぶことができました。

患者様にお話しをする時、専門的な話になると、
どうしても、堅い表情、
堅い表現に、なりがちです。

十分に、コミュニケーションをとり、ただ単に説明するだけでなく、
相手に、伝わるような話し方が、
できるようになりたいと思いました。

今、自分に何ができるのか?
コミュニケーションや説明も、決して上手にできる方
ではありませんが、大きな声でハキハキと、
優しい雰囲気で、丁寧な声色で、
これなら、少し意識をするだけでも、できそうなので、
こういう所から、始めていきたいです。

継続は力なり、
今、ほぼ毎日キュレットスケーラーを
家に持ち帰って、シャープニングを、しています。

1本シャープニングするのに、、時間もかかり、
なかなか、上達しなくて落ち込むこともありますが、
高橋さんのお話してくださった、成長曲線をイメージして、
これからも、、毎日続けていきたいと思います。

今日、お話ししてくださった皆さん、
ここに来られるまで、決して順調にトントン拍子で、
こられたのではなく、色々な経験をされ、
色々な方との出逢いがあり、今に至る。

どんなことも、無駄ではなく、今に、そして未来へ繋がっていく。
縁を、とても大切にされています。

私も縁あって、今こうして、ヨリタ歯科で働かせていただき、
院長や、多くのスタッフの皆さんと、出逢いました。

尊敬できる方、モデルになる方が、、
近くにいらっしゃる環境に、感謝しています。

このご縁を大切にし、5年後10年後の成長した自分に
出逢うのが楽しみです

なぜ、患者さんが、この医院を選ん
来てくれているのかを、考えることは、
大事だと思うという話は、その通りだなぁと思いました。

医院のコンセプトである
“スマイル&コミュニケーション”は
しっかり、、守っていこうと思います。

新人なので、出来ないことや課題は山積みだろうけれども、
「今、何が出来るのか?」と考えると、
笑顔で、おもてなしすることはできるでしょう、と教えて頂きました。


次に、同医院の、永井美也子院長から守破離を
テーマにして、お話をして頂きました。

パートナー医院は、全て同じヨリタイズムを実践しているのですが、
その中でも、ヒルズらしさを、大切にして
医院作りを、されていることが、わかりました。

永井院長は、、『患者さまが集まるポイント90』と
いう一冊の本と出逢い、、人生が変わったと、おっしゃっていました。

後に、話を聞かせて頂いた、お二人も、本や人との出逢いで
人生が、変わったと、おっしゃっており、
出逢いが、いかに大切であるかと、、いうことを感じました。

最後は、同医院の大林茂樹院長から、継続は力なり、
ということを、伝えて頂きました。

続けてみないと、見えないものがあり、
続けた人だけ、見えるものがある。

DHとして働く上で、これから大変なことは、沢山あると思いますが、
諦めずに、継続していきます。

竹のように、しなやかで折れない心を、持てると素敵ですが、
折れてしまった心を、回復させられる力を、
備えているというのも、素敵です。

大林院長は、後者であるとおっしゃられていました。
欲張りな私は、どちらも獲得したいと、思っています。
研修に、参加させて頂き、ありがとうございました。

私は、常に前向きで、向上心を忘れません。


勤務していると、スマイル&コミュニケーション
という言葉を、よく耳にします。

朝礼で、毎朝全員が口にする言葉です。

それほど、全メンバーが
スマイル&コミュニケーションを、大切にしています。

医療の現場において、知識や技術は、必要です。
患者様の安心、安全のためには、得るべきものです。

しかし、ヨリタ歯科ではプラスしておもてなしを大切にしています。
健康プロモーターの業務のひとつに、初診カウンセリングがあります。

初診カウンセリングは、患者様の思いを聴く、最初の場です。

今日の研修では、表情と言動が一致して
相手に、感情が伝わるということを、学びました。

いつも、笑顔で、コミュニケーションを、
とれるように、心がけたいです。

自己肯定感についても、学びました。
日本人は、自己肯定感が低い傾向にあり、
私も、自己肯定感は低いと、自覚しています。

今、自分ができることを最大限に行い、
今後、少しずつでも着実にできることを、増やしたいです。

できていることが、小さなことでも、自己を過少評価せず、
認めていきたいです。

また、理想の人物、尊敬できる人を、
持つことの、大切さを学びました。

徹底的に、真似をすることで、
お手本である、その人に近づくことができるそうです。

私は、今日のワークにて、言葉選びの上手く、
幅広い知識や、広い視点を持つ先生や、
医療者としての、姿勢や患者様への思いが、
尊敬できる師を、挙げました。

声かけや、、話し方から、今後真似していきたいと思いました。

行動をすることで、潜在意識も変えることが
できるという話を、聞きました。

まずは、目に見えることや、
真似のしやすいところから、行動しようと思いました。

自己肯定感は、低いけれど、
マイナス思考の強い発言をしていると、
気分も、暗くなって、良くないと思うので、
できたところにも目を向けて、
前向きに、物事を捉えたいと思います。

仕事をしていると、誰でも嫌になることや、
辞めたくなることはあると思います。

仕事でなくても、逃げたくなることは、たくさんあります。

しかし、続けていくことで見えてくるものがある
ということを学びました。
「継続は力なり」
という言葉があります。

前回の研修でも、なにか、ひとつ続けることの大切さを
学びました。

今回の研修で、最も印象に残っていることは、
『継続は力なり』である。

言葉いうのは、簡単であるが
継続して、何かを続けることは、最も難しいことであると思われる。

さらに、自分が現在行っている中で意味がないと
思ってしまっていることも、
続けていくことで、意味をなすという言葉にも、感銘を受けた。

掃除などに際しても、ただ続けるだけではなく、
何を目的に、どういう意図で行うかが、
重要であることが、今日の研修で理解できた。

現在、私は模型での、形成練習を行っているが
うまくいかないことが多い。

その都度、形成の難しさに、
心が折られそうになるが、
本日学んだ『継続は力なり』を
念頭において、日々の練習を、続けていきたい。


その他にも、仕事を行う上で、、落ち込みにくい
精神を、形成する方法も、重要であることも、学習できた。

感情の安定、自尊感情、自己効力感を
持ち続けることが、、重要であり、
これらは、生まれつき、誰もが有しているものであるが、
個人によって、異なる。

そのため、日々自らの感情を、コントロールして
これらの感情を、高めていかないといけない。

ただ、自尊感情を、身につけるためには
まずは、他人にも認められることが、重要であると考える。

そのためには、仕事を通した、社会への貢献や、
利他の精神を、重んじなければいけない。

まずは、自分の言動、表情などに、気を使い、
他人から、受け入れられることから、始める必要がある。

これらの、思い立ってすぐにできるものではなく、
日々少しずつ意識して、構築されていくものである。

結局は、形成練習にしても、他人との
関わり合いにしても、継続することが、要である。

ゆめはんな歯科クリニック 高の原の、
衛生士の大北さんのお話を聞きました。

大北さんが、衛生士になったきっかけを聞いて
人との出会いの大切さを学びました。

大北さんの幼い夢は、保育士になりたくて
それに向かって、つき進んでたのが、
多くの出会いによって、今のこの衛生士になっていることを知って

保育士さんになりたい気持ちが、強かった中、
ある縁で、院長先生と出会い、上間先生と出会い、
そして、衛生士と出会いで、今の大北さんがいらっしゃるんだなと思うと、
本当に、人の出会いは、大切にしていかなければいけない、と思いましたし
出会うことに、感謝していこうと、思いました。

そして、大北さんは、今では日本歯周病学会認定衛生士と
素晴らしい方なので、私も大北さんを目指して
技術も、知識も、頑張って勉強していこうと思います。

最後に、高の原の大林院長のお話では、どんな人間でも
必ず挫折は、ある事や、なんでも完璧に貫く人はいない、
失敗を繰り返して、人は成長するので、失敗を恐れずに
何事にも、チャレンジして言うことが、大切ということを学びました。

また、、今の仕事に誇りをもつ事、自分の選んだ道が、間違っていたと
感じることも、あったとしても、やってみないと
正解かは、わからないということを感じました。

うまくいかない日も、たくさんある中それを、、どう捉えようは
自分次第だと思うので、失敗を恐れるよりも、やらない方が
人は成長しないと、感じましたので、私もこれからはどんなときでも
チャレンジ精神を持って、働けていきたいと思います。

<合同研修は、来週も続く 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/19] 新人スタッフ日報
新人研修期間の、3ヶ月
新人日報、
「ニューフェイスのあなたがキラキラ輝く 新人スタッフ日報」
週2回、
提出して頂きます。

そして、
日報担当者が、チェック、アドバイスをします。


昨日の午前、
衛生士岩橋さん新人衛生士濱口さん日報をチェックしていました。

  

かなり時間をかけ、
丁寧アドバイスしているようです。

以下は、その内容です。
ご興味のあるあなたは、ぜひお読み下さいね。

《今日一日、あなたは何を学びましたか。気づいたことは何でしょう。》

4/10(月) 本日のミーティングで、渋谷さんの発表を聞き、
ストレートを準備する際の、心づかいとして、
水を止め、パワーを、マックスにしておくのが良いと、いうことを、知りました。
今後、そうしたいと思います。

4/11(火) 本日の研修でデンタルと、パノラマの撮影方法を教わった、
デンタルは、、既に撮っていましたが、パノラマは、アルバイトの時に、
教わった時以来、触っていなかったので、
操作が、おぼろげでした。
今回、再度教えて頂き、次からは一人で撮れます。

4/12(水) 新人研修で、マナーズ研修を、受けさせていただきました。
声のトーンや表情、速さはとても大切で
相手への、伝わり方が変わると、、学びました。

4/13(木) フルマウスの印象採得の実習をして頂いた。
硬化した印象を、口腔内から取り出す際、
変形を防ぐ為には、揺らして外すのではなく、
エアーで、少し空気を入れ歯軸の方向に、真っ直ぐ外す方が良いと学んだ。

4/15(土)最近、根充の処置を、一人でアシストする事が増えた。
カルテの記載を確認し、根管長が書かれている場合は、
先に、GPを、切っておく、シーラーの準備をしておく等、
Drが、来られるまでに、、準備しておかないと
スムーズに、進まないので、気をつける。

《今日一日、疑問点、質問があれば何でも書いてください。》

4/10(月) 本日、小学生に対しのTBIを拝見しましたが、
小学生に対して、注意することは、
むし歯になるから、汚れを残したらダメだよ。ということだけですか。

4/11(火) 根充時に使用する事がある、06のガッタパーチャは
通常のピンクのガッタパーチャと、どう違うのでしょうか。

4/13(木) フッ素を塗布する際の、注意事項はありますか。
(乾燥させ、歯面に均等に、塗布しています)
塗布しては、いけない所などあるでしょうか。

4/15(金) 本日、In窩洞の印象採得を行い、DrにCheckして頂いた際、
少し切れているということで、再度採得した。

In窩洞の場合の、寒天の量は、窩洞のある歯牙の歯冠が、
隠れる位で良いですか。

《明日、一日取り組みたい課題、改善点は何でしょう。》

4/10(月) 対合採得の際、圧接が弱いことが多いので、
もう少し、しっかりと圧接し、正確な印象を採ります。

4/11(火) 根充のアシストに、ヘルプなどでつきます。

4/12(水) 昨日と同じく、根充のアシストに、ヘルプなどにつきます。

4/13(木) 本印象を一発で採る。
その後の、デュラシールも、落ち着いて取り組み、
これで大丈夫だと、自分で思える状態で、
先輩に、確認してもらえるようになる。

改善点としては、その窩洞がどんな形であるか、
という、観察をしっかりすること。
たっぷりと筆に取り、隣接から、、埋め広げていくこと。

4/15(土) デュラシールでの仮封が、、スムーズにできないので
積極的に取り組みます。

いつも硬めの状態で、仮封しはじめてしまい
うまく広げられないので、気持ち柔らかめに、筆に取る様にしてみます。
《今日一日、あなたは何を学びましたか。気づいたことは何でしょう。》

4/10(月) 本日のミーティングで、渋谷さんの発表を聞き、
ストレートを、準備する際の心づかいとして、
水を止め、パワーをマックスにしておくのが良いと言うことを、知りました。
今後、そうしたいと思います。

4/11(火) 本日の研修でデンタルと、パノラマの撮影方法を教わった、
デンタルは、、既に撮っていましたが、パノラマは、アルバイトの時に、
教わった時以来、触っていなかったので、
操作が、、おぼろげでした。
今回、再度教えて頂き、次からは一人で撮れます。

4/12(水) 新人研修で、マナーズ研修を、受けさせていただきました。
声のトーンや、表情、速さはとても大切で
相手への、伝わり方が変わると、、学びました。

4/13(木) フルマウスの印象採得の実習をして頂いた。
硬化した印象を、口腔内から取り出す際、
変形を防ぐ為には、揺らして外すのではなく、
エアーで、少し空気を入れ歯軸の方向に、真っ直ぐ外す方が良いと学んだ。

4/15(土)最近、根充の処置を、一人でアシストする事が増えた。
カルテの記載を確認し、根管長が書かれている場合は、
先にGPを、切っておく、シーラーの準備をしておく等、
Drが来られるまでに、、準備しておかないと
スムーズに、進まないので、気をつける。

《今日一日、疑問点、質問があれば何でも書いてください。》

4/10(月) 本日、小学生に対しのTBIを拝見しましたが、
小学生に対して、注意することは、
むし歯になるから、汚れを残したらダメだよ。ということだけですか。

4/11(火) 根充時に、使用する事がある、06のガッタパーチャは
通常の、
ピンクのガッタパーチャと、どう違うのでしょうか。

4/13(木) フッ素を塗布する際の、注意事項はありますか。
(乾燥させ、歯面に均等に、塗布しています)
塗布しては、いけない所など、あるでしょうか。

4/15(金) 本日、In窩洞の印象採得を行い、DrにCheckして頂いた際、
少し切れているということで、再度採得した。

In窩洞の場合の、寒天の量は、窩洞のある歯牙の歯冠が、
隠れる位で良いですか。

《明日、一日取り組みたい課題、改善点は何でしょう。》

4/10(月) 対合採得の際、圧接が弱いことが多いので、
もう少し、しっかりと圧接し、正確な印象を採ります。

4/11(火) 根充のアシストに、ヘルプなどでつきます。

4/12(水) 昨日と同じく、根充のアシストに、ヘルプなどにつきます。

4/13(木) 本印象を、一発で採る。
その後のデュラシールも、落ち着いて取り組み、
これで大丈夫だと、自分で思える状態で、
先輩に、確認してもらえるようになる。

改善点としては、その窩洞がどんな形であるか、
という観察を、しっかりすること。
たっぷりと筆に取り、隣接から、、埋め広げていくこと。

4/15(土) デュラシールでの仮封が、、スムーズにできないので
積極的に、取り組みます。

いつも、硬めの状態で、仮封しはじめてしまい
うまく広げられないので、気持ち柔らかめに、筆に取る様にしてみます。

さらに、本日は、
衛生士中田さんより、
「あなたが輝く衛生士になるためのSTEP2」
の研修レポートが、私の元に届きました。



以下は、その内容です。
こちらも、お読みくださいね。

《CHP大賞》

先週、今週と、健プロの中島さんにいろいろ教えて頂きました。
患者様を、ご案内する時の、声のトーンや、優しい話し方に
感動しました。

歯科医院という、怖いイメージの場所を、
安心できるように、患者様と接していて、
私も、中島さんみたいな雰囲気と、
優しい話し方を、、心がけようと、思いました。

《前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして、次回までの、さらなる目標を、お聞かせください。》

1日1回、学んだことを復習することはでき増した。
物の場所がまだ完璧に覚えられていないので、
覚えられるようにしていきたいです。

また、メンバーの顔と名前も、ほとんど一致するよう、覚えられたので、
まだお会いしていない、メンバーに会えた時に、
すぐ覚えられるように、したいです。

次回までには、アシストにたくさんついて、
診療の流れを、できるだけ多く、学びたいです。


<疑問に思うことは即解決 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/18] あなたが光り輝く衛生士になるためのSTEP2
昨日の、全体ミーティングで、
「あなたが輝く衛生士になるためのSTEP2」を、発表してくれました。

それが、コレ。


内容は、以下のとおりです。
《CHP大賞》

アシスト準備ができ、ドクターを待っている時、
立ち尽くしていたが、水野さんが、そんな私を見つけ、
「患者様と、コミュニケーションとったら、いいからね」
と教えて下さった。

ドクターに、「CCDカメラだして」と、急に言われ、
どこにあるかわからず、焦っていると、隣のチェアーで、
アシストしていた、平本さんが、すぐに教えて下さった。

こんな風に、知らない所で、見守ってくれていたことが、嬉しかった。

入社4日目、忙しくて、一人でアシストにつく場面が増え、
不安いっぱいだった、帰り道に、

「1人で、アシストについていて、困ったことがあったら、
すぐに、私に声をかけてね」

と中島さんが言って下さり、その言葉が、嬉しくて
ホッとして、電車で、泣きそうになった。

他人(ヒト)の言葉には、大きな力が、あると感じた。
私も、周りの皆を、元気づけるなど、プラスに働きかけたい。


《前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして、次回までの、さらなる目標を、お聞かせください。》

先週たてた目標で、教わった処置に関しては、
準備物を、一人出揃えるというのが、ありましたが、
根充の準備が、まだ遅いので、手助けしてもらうことが、多いです。

デュラシールの仮封は、させて頂けるようになり、
皆さんの顔と、名前も覚えたので、達成率は、7割暗いかと思います。

次回までの目標は、根充の処置、形成、印象の処置に
一人でつくこと、アシスト業務に、集中しすぎず、
患者様に、心を配ることです。


また、
衛生士主任の、田村さん
新人衛生士、柴崎さんとの連絡ノートも、提出がありました。



そして、柴崎さんは、今月で、3ヶ月の
新人研修も終了。

これからも、多くの患者様に、
支持され愛される
心優しい衛生士
に、成長して頂ければ、有難いです。

<いるだけで感謝 寄田幸司>
 このページのTOPへ
 
['17/4/17] 第1回 WISH勉強会開催
先週の土曜日の、診療終了後、
WISH(グループ医院合同衛生士)勉強会が、
ヨリタ歯科クリニック、
研修ルームにて、開催されました。



参加者は、
33名
タイムスケジュールは、以下の通り。


 

ゆめはんな歯科クリニック高の原のチームは、「デンチャーを学ぼう」

義歯
の取り扱い
メインテナンスのポイント
義歯
洗浄剤 9種類
義歯
安定剤 9種類
について、詳しくお話しして頂きました。

 





ヨリタ歯科クリニックのチームは、
「市販のセルフケアグッズについて」
こちらも
歯ブラシ、電動ブラシ、洗口剤について
詳しく、お話しして頂きました。

 

 




両医院とも、スライドがわかりやすく、素晴らしい内容でした。

以下は、参加者の
感想文の一部です。
ご興味のあるあなたは、ぜひお読み下さいね

まず、新人さんの自己紹介を今年もあって、
フレッシュな気持ちでした。

次回は、ヒルズの発表もあるので、皆さんの診療に生かせるよう、
分かりやすいスライドを、用意しておきたいです。

特に、電動ブラシの選び方など、今回学ぶことができて、
本当に良かったです。

高の原の発表では、高齢者の方への訪問診療をされていることもあり、
ものすごく、勉強になりました。

オーラルケア商品が、ドラッグストアに、沢山並ぶ中、
ケア商品についての知識が、患者様に負けてはいけないなと
思っているので、自分の引き出しを増やして、
もっと勉強しなければ、という、モチベーションにもつながりました。

洗浄剤を、毎日使って良い、と言う事にも驚きました。
今後、患者様には、毎日使っても良いと、お話していきたいと思います。

デンチャーの、プラーク付着状況によって、
選択する、義歯洗浄剤も、変えなければ
いけないと分かりました。

市販のハブラシを、お持ちいただいた時に、
患者様の口腔内に、適していなければ、
いつも、医院のものをすすめていましたが、
今回の発表を聞いて市販のものでも、
Krに適するハブラシがあるのだと、感じました。

日々、予防をする中で、PDを作る人は、比較的少ないです。
しかし、口腔内にPDが入っているの方には、
登美ヶ丘では、PDのプラークをとり、超音波での、洗浄を行っていますが、
まだまだ、足りていないと感じました。

市販ハブラシ、歯磨剤、洗口液について、
日々、予防をする中で、TBIで、染め出しをする際に、、
家で、使用しているハブラシを、お持ち頂くことが多いですが、
パッケージがないので、イマイチ、どこのメーカーのハブラシなのか、
何を売りにしているのかなど、分からない事が、多々ありました。

しかし、今日の発表を聞き、ある程度の特徴を、知る事が出来ました。

デンチャープラークの情報を、しっかりと理解して患者様にデンチャーの
取り扱いを、説明できるようにしていかなければいけないと思いました。

今回、初めてWishに参加させて頂きました。
全体の雰囲気が分からず、洗口剤チームに入ったものの、
どういう風な発表にするのか、とても戸惑っていましたが、
同じチームの森野さん、今岡さんがうまくリードして下さり、
形になって、発表ができてよかったです。

市販ハブラシや、歯磨剤も知らない事が多く、
これからは、売られているものだけでなく、
自分で、買って使ってみたいと、思います。
今後も、こういった勉強をして、知識を深めていきたいです。

本日、初めて勉強会に参加させて頂き、とても新鮮でした。
デンチャーのケアをおこたることで、細菌が増殖し、
誤嚥性肺炎などに、繋がるというのは、
学校の授業でも、よく耳にしたものでした。

義歯洗浄剤の成分による使い分けなど、とてもためになりました。
ヨリタ歯科では、安定剤は、あまり勧めておらず、合いが悪い時には、
Drに、診てもらうことが、多いということも、教えていただきました。

デンチャーの中でも、金属床、レジン床、ノンクラスプと
種類も多く、みんなバラバラの管理方法だったので、
今日ので、統一できそうです。

ヨリタの発表は、若い子達に、今回はまかせました。
私は、サブのような感じでいたのですが、想像よりはるかに
良いスライドに、なっていました。

デンチャーについての発表を、聞かせていただいて、
デンチャーの清掃の方法、ポリデントなどの
洗浄剤の種類を、沢山知る事が出来ました。

技術も、もちろん大切ですが、知識を沢山身につけることで、
患者様へ伝えられる情報も、増えるので、
これからも、このように、日々勉強していこうと思いました。

歯科専用と、市販の歯磨剤、両方からよりよい
お口の環境になったものを、提供することが
できたらよいと、思いました。

義歯につく「デンチャープラーク」は、
口腔内を、常に不潔な状態にしてしまうということにも
つながると思うので、デンチャーの保存方法や、
清掃方法を、もう一度見返し、正確な情報を
患者様へ、伝えるべきだと思いました。

ハブラシの選び方で、迷われる患者様にも、
適切に、選んであげられるよう、
ハブラシの特徴に、注意して、
実際、自分で使用してみるのもいいなと、思いました。

義歯ケアでは、研磨剤がはいっている歯磨剤を
使用すると、傷ついてしまい、
そこから、細菌増殖してしまう恐れが、あるので、
患者様に、歯磨剤の使用は、避けて頂くよう、
指導していかないかないと、思いました。

専門知識を、もった私たちも、悩むぐらいなので、
患者様は、もっと悩まれるだろうなと思いました。
せめて、自分が担当してる患者さんには
ある程度、こういうものを、オススメできるように、
色々他のものも、見てみようと思います。

とても素敵な内容で、訪問歯科にもそって、
なおかつ、普段の診療にも使える内容で、
とても勉強になりました。

細かく、清掃方法等までは、お伝えできてなかったので、
これからは、ケアだけでなく、取り扱いも、
お伝えしていこうと、思います。

今回は、1回の発表で、2つのグループ医院が
発表することから、あまり、コンタクトを取ったことのない人たちと
話す事ができました。

今までは、先輩達に甘えて、ただ、発表をするだけでしたが、
これからは、私たち、下の人たちが主体をなって、
色々な行事を、すすめていきたいです。

高の原さんの、、発表の義歯の取り扱いについては、
私は、洗浄剤はどれも同じだと思っていました。

しかし、市販の洗浄剤であっても、
パーシャルデンチャー、金属床などによって、使い分けが必要なので、
患者様への説明の際に、「何でもいいですよ」ではなく、
「あなたの義歯は、○○なので、こういった商品が良いですよ。」
など、具体的に、指導していきたいと思いました。

今回、私は市販のハブラシについ、学ばせていただきました。
実際に、一度触れることによって、沢山の比較ができ、
患者様に、すすめる手助けに、なりました。

今回、高の原さんの発表では、初めて知ることばかりで
たくさんの学びを、得る事ができました。

デンチャープラークには、金属を腐食し、レジンを劣化させる事や
義歯洗浄剤にも、さまざまな種類があり、デンチャーの材質や
裏層材の種類によって、正しく使い分ける事が、大切だと学びました。

知識を、増やすことが出来たので、今までよりも、患者様に対して
踏み込んだ質問や、アドバイスが出来る様になったので、良かったです。

メインテナンスで、来られる患者様にも、プラークが
すごく付着している方がいて、きれいしてお返ししていますが
ケアの大切さなどあまり、お伝えできていなかったので、
今後、お伝えしていきたいと思います。

本日、高の原の発表にあたり、デンチャーについて
学ぶ機会ができて、Wishまで細かく調べたり、読み返したりできて、
とても、良い時間を作ることができました。

4項目に、わけて発表しましたが、自分の担当でない所は、
今日の発表を聞いて、勉強する事ができ、
理解する事が、できました。

メインテナンスの患者様側、デンチャー側に分けて変化を知り、
その対応の仕方が、よく理解できました。

今では、皆が知っている、フラビーガムという言葉も知ることができ、
家で、もう1度読み直し、明日からの、患者様への対応に
役立てていこうと思います。

義母のデンチャーについてや、洗浄について改めて、
きっちり、アドバイスをしていこうと、思いました。

最近では、デンチャーについて質問を、受ける事も多いので、
質問について、的確に受け答えできるよう、今回学んだ知識を
生かしていきたいと、思います。

歯ブラシの種類や、歯磨剤の成分、用途などを理解し
患者様に、合ったものを選び、患者様におすすめし、
口腔内環境を、整えていけたらなと思います。

今回は、患者様の身近なところにある、市販されている
商品についての、お話が多くあり、
特に、歯ブラシや歯磨剤は、患者様に
「お店で売っているのはなんですか?」と
尋ねられる事も多いので、毛先の形は3種類、
毛の材質は現在2種類が主に販売され、
毛の太さや密度により、歯垢の除去率などが、違うなど、
患者様に、より多くの説明ができるようになりました。

今回、Wishの発表に、初めて参加させて頂きました。
どの発表も、パワーポイントも見やすく、
とても理解しやすいと、感じました。

市販の、セルフケアグッズについて、沢山の例と、薬用成分などの
確認ができ、とてもためになる、発表を聴けて、勉強になりました。

今日も、日頃とても気になっていた、デンチャーの取り扱いや、
オーラルケアグッズについて、勉強できて、とても有難い気持ちになりました。

高の原の「デンチャーを学ぼう」では、基本的な装着時、ケア方法や
メンテナンス時にみる、ポイントなどまとめられていました。

私自身、まだ、あまりメンテナンスの患者様も多くなく、
その中でも、デンチャーを持っている方は、少ないので、
ティッシュコンディショナーを、ひいているデンチャーには
デンチャーブラシには、硬すぎるので、超音波洗浄を
メインにすることや、レジンの内部に、菌が繁殖して
劣化する事も、あると聞いて、これから、気をつけようと感じました。

今回は、高の原とヨリタ歯科の発表で、自分たちも2ヶ月前くらいから
準備をしてきました、今回は若手の衛生士が、主体となって
資料作りを、してきたのですが、
とても大変で、正直終わってホッとしています。

自分たちで発表するとなると、聞いてもらう人に、理解してもらうためにも
情報収集や、普段勉強できないことができて、ためになりました。

“セルフケアグッズ”については、患者様からの質問も多く、
市販の種類も多いので、自分でも、いつも不安に思っていたのですが、
今回の勉強会で、少しは自信と、知識がついたので、
これからの診療で、活かしたいと思います。

今回のWishで、市販の商品のホームページを見るのも、
意外と面白かったので、これからも、たまに見て、
知識を増やしていきたいと、思います。

安定剤について、あまり勉強したことが、無かったので
いろんな種類が、知ることが出来て、、よかったです。

衛生士と、患者様の会話や、指導したい内容の大きな割合を
占めるハミガキについて、医院で扱っている
物販の理解と、勉強を今まで取り組んできましたが、
市販(最近のもの)については、患者様の方が詳しかったりで、
内心、あいまいになっていましたが、
発表して頂いた事を期に、医院で扱っているものと、
市販とをまぜながら、患者様に、ベストな道具を
選択できるように、なりたいと思ました。

本日のテーマは日々、臨床をしていた患者様との
やり取りで、話題になるテーマでもあり、とても
興味をもって、聞かせて頂きました。

これからも、市販の口腔ケア商品は、、どんどん新しい物が
発売されると思いますので、スーパーやドラッグストアなどでも、
情報収集し、知識を広げたいと思います。

今回の内容を、良いきっかけにして、自分でも薬局などに行った時には
他の商品にも、目を配っていきたいと思います。

私達、高の原の今回の発表は、
何とか無事に4人で準備出来て、ほっとしました。

高の原の発表では、デンチャーについてだったのですが、
私も、デンチャーについて、あまり知らない部分もあり、
また興味がでてきました。

日々の診療で、お年寄りの方も、たくさんおられるので、
デンチャーについて、もっとこれから、学んでいかなければいけない
という事に、気づきました。

まず、化粧品や医薬部外品に分かれていることも
あまり分かっていませんでした。

私は、洗口剤チームだったのですが、
化粧品には、ほとんど口臭予防しか、効果はありませんでした。
あまりに、アルコールがきついものは、口腔乾燥の原因にもなりますし、
患者様にすすめるにも、、難しいと思いました。

歯磨剤も、たくさんあって、リステリンも、あんなに種類があると
知らなかったので、今以上に市販のものに、目を向けていきたいです。

<皆で学び、皆で発表 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/13] グループ合同 2017年 新人研修会 その①
昨日は、グループ医院合同 2017年新人研修会
ヨリタ歯科クリニック研修ルームにて、開催されました。

3回コースの、
第1回目です。

参加者16名、そして役職、配属は、以下の通り



今回は、16名の
新人メンバーが集合しました。

その中で、
衛生士が、9名入社。
ワクワク楽しい予防ベースの歯科医院ならではの、人員構成であると思います。
 
   

   

  

タイムスケジュールは、以下の通り




スピーカーとして、ゆめはんな歯科クリニック登美ヶ丘より
スマイルクリエーター 髙田 華さん

 

同じく、登美ヶ丘の
院長 森山勝行先生にも、お話しして頂きました。

 

また、
新人研修初回ということもあり、恒例となりました
大森教育研究所代表 大森和子先生にも
約2時間、お話して頂きました。

  

タイトルは
、「あなたの人間的魅力が、ヨリタ歯科クリニックの魅力です」

そして、企業人としての、
8つの心得について、お話して頂きました。

1.毎日がテスト - 人生勉強の連続 -
2.「給料を頂く」という意味
3.年齢差がある人達との人間関係
4.時間厳守
5.責任の所在 - 結果が全て-
6.ルールに従った服装
7.企業人用語で
8.知識即行動 - 迅速な起居振る舞い -




以下は、参加者の
感想文の一部です。
ご興味のあるあなたは、ぜひお読み下さいね

診療時間に、ドクターや、外部の先生を呼んでの
本格的な研修をして下さり、感謝しております。

登美ヶ丘の、髙田先輩のお話では、社会人としての心構えを
丁寧に示して下さいました。

勝行先生のお話で、ディズニーランドの
Safety、Courtesy、Show、Efficiencyの大切さと、
その優先順位の大切さと、意識していても、
優先順位を間違えてしまうのに、意識しなければ
ダメになってしまう事を、改めて意識させられました。

目的を見失わない、という話も、すごく身になりました。
私たちはいつも、最初は“~の為に”と思って、行動していても、
それが、外的要因によって、上手くいかないと、
“私はこんなにしてあげたのに”と、自分本位な考えに、替えてしまう。

仕事だけではなく、私生活でもよくある事で、
“目的を見失わない”というのは凄く大切で、
凄く難しい事なのだと、教えて下さいました。
腹が立つ事があれば、目的を思い出す事にしようと思います。

何の為に、仕事をしているのか?という問いには、
私は、人に感謝されたい。
お役に立ちたいという思いで、仕事をしています。

働くという事は、手段の一つで、人と関わる大切な場所なので、
そこで輝けるよう、損得や嫉妬、環境に曇らされる事無く
良心に従って、行動していこうと思います。

マナーズ研修の大森先生のお話では、
ウィスキーという、笑顔のお話や、
返答までの時間、笑声、美しい経ち方や動き方、
正しい言葉遣い等、女性として、必要な教養を
沢山、教えて下さいました。

“10秒以内に返答しなければ、人は無視されていると、
判断されてしまう”というお話は、
以前に、参加した自己啓発セミナーや、
TC総会で、先生がお話していた、
“0.5秒でハイと返事をしろ” というお話を思い出し、
やはり返事というのは、とても大切なコミュニケーションだと、思いました。

スマイル&コミュニケーションという医院理念に従い、
笑顔で、すぐ返事をする様、努めます。

正しい言葉使いや、美しい動きは、自分自身の自信は勿論、
患者様からの信頼・安心と、ヨリタ歯科への帰属意識や、
勤務している事への、誇りに繋がる大切な事なので、
特に、私は動きがガサツな所が、多々ありますので、
頑張って、正していこうと思います。

まずは毎日の “いってきます” “おかえりなさい”
“ウィスキー”を継続していきます。

髙橋さんの最後のお話で、まずは言葉・行動。
そこから、心がついてくる、という事はとてもわかるので、
寝る前に、“今日も一日充実していた!”と、
自分を励まして、また、励ませるような、
一日一日を、過ごして行く様、努めます。

研修では、仕事にやりがい、誇りを持つことの大切さを学んだ。
勤務してまだ1年 経っておらず、
今まで仕事に対してやりがいなど、考えたことがなかったが、
カウンセ リングを通して、患者様に感謝の言葉をもらったことがうれしかった。

今後、仕事にやりがい、誇りを持てるように、がんぱりたいと考える。
また、チームワークの大切さを学んだ。

ヨリタ歯科では、スマイル&コミュニケー シヨンを大切にしており、
チームワークを重視している。

從業員の数、1日の来院患 者数も多いヨリタ歯科では、
他者に対し、相手の喜ぶことをすることや、
何かしてあ げたいと思う利他の精神が重要となってくる。

損得関係なく、患者様、周りの人のこ とを考えて行動したいと考える。

マナーズ研修では、言葉遺いや声のトーンで
相手に与える印象が、変わってくること を学んだ。
正Lい姿勢や敬語など、今まで全然できていなかったが、
少し意職するだけで変わった。

心が言葉や目に出ると、先生はおっしやっていたが、
自分が思っている 以上に、感情は相手に伝わってしまう。
表面上で、取り繕うだけではなく、自己の内面も 磨いていく必要が
あると考える。

今後、ヨリタ歯科で勤務するにあたり、
目的を明確にして勤務したいと考える。

相手の不安を、取り除けるような医療者になりたい、という目的を持ち、
ヨリタ歯科に、就職を決めた。

立ち止まったとき、振り返られるように
明確に目的を持ち続けたい。

社会人にとって、報告、連絡、相談は重要である。

暖味にせず、着実に行うことは、 場を円滑に回すこと、
効率も良くなるが、患者様の安全にもつながる。

相手の意図を しっかり汲み取ること、
情報を、正確にわかりやすく、相手に伝えられるように、心がけたい。

また、歯科医院は、対人聞の仕事である。
マナーズ研修において言語的、非言語的。

コミュニケーションの方法によって、
相手に与える印象を、変えることについて、学んだ。

言葉遣いや表情、姿勢に気を付けることで、
相手に、気持ちよく過ごしてもらえると考える。

今は、仕事でいっぱいいっぱいな部分もあるが、
患者様や、周りの人のことをしっか り見て、
丁寧に接することができるよう、努力したいと考える。

髙田様は、ヨリタ歯科医院に、勤務することで、重要と感じたことに、
復唱、ほうれんそう、時間、チームワークを挙げられていました。

そのどれもが、以前、他院にて勤めていたときに、
私が重要と、感じたことでした。

その中で、ほうれんそうについて、改めて考えました。

私は、以前の職場にて、入院患者様を担当するにあたり
医師として、看護上注意して欲しいこと、
また、患者様が希望されいることがあれぱ、
必す、担当に伝え、なおかつ、医療スタッフ掲示板に記し、
電子カルテに記載し、指示·意思が伝わるように、努めていました。

しかし、 その指示·意思が、忘れられることが、
非常に頻繁に起こっていました。

それにより、被害を被るのは、悲しく、辛い思いをするのは、患者様です。
入院し、いつもと異なる環境に身を置き、病気で苦しんでいる。

それだけで、十分に辛いのですから、少しでも、心に寄り添った
医療·看護を、体現することで、共に病気と闘う姿勢がある者が
いることを示し、心の拠り所になりたい。

そう考えての、三方向からの伝達でした。
しかし、何度言っても、指 示遵守の体制確立は、なされませんでした。

そのため、上本町ヒルズクリニックに来て、とても驚きました。
ここでは、患者様の情報を共有化し、それを、各自が責任を持って、
守り、実行しようとする姿勢が、ありました。

また、個人が そう考えられるバックヤードが整っていました。
身の引き締まる思いです。

私こそが、それを行なえるよう、今後、努力していこうと感じました。

<森山勝行先生のご講演>
明るく、朗らかな講演の中、
人として重要な、根底的なことを、教えて頂さました。

多忙な日々の中だからこそ、自分の中にある、
良知が、色あせることなく、むしろ、増えるように、
常に考え、修正、訂正、進化し、そして、何より、
それを形に する実力をつけていきたいと、考えます。

また、Lawson看板下文字に 気づけなかったことは無念です。
シヤーロツクホームズ 『緋色の研究』で、
ホ ームズが、ワトソンに言った言葉。
「君は見ているだけだ。観察していない」
に驚いたはずなのに、日常生活でこれです。

診療においては、もっともっと注意し て、
観察する視線、·姿勢を強く持たなくてはと、反省しました。


く大森和子先生のご講演>
女性として、社会人として、大切なことを教えて頂さました。
日々の態度、行動、言葉。

全てに自分が表れることを肝に銘じます。
そして、「女性から笑顏を とったら何も残らないじやない」。
心に刻もうと思います。

この貴重な研修を、受けさせて下さっだ院長先生、
全ての、スタッフの方々に感謝し、
日々の診療で少しでも早く、多く、お返しが出来るように頑張ります。

今日の研修で考え方が、少し変われるような気がしました。
今は新しい事ぱかりで、いっぱいいっぱいでまだ、
やりがいや、誇りを持てていません。

しかし、や りがいや誇りを持てると、仕事が楽しくなると思いました。
森山先生のお話で 1番印象に残ったのは、
カップルの例え話です。

初めは喜ばせたいというのが本来の目的なのに、
こんなにしたのに、·と思ってしまったり、本来の目的が
変わってきてしまうということは、いろんな場面であると思いました。


目的を持って いないとフワフワしてしまいますが、
目的、目標を持つことで、何か壁にぶつかった時も、再確認出来る。

目的がどれだけ大切か、わかりました。
今は、ただただ 過ぎていく毎日ですが、
目標を持ち、達成出来るように、計画を立てると、変われると思いました。

スタッフマナーズの研修では、歯科だけではなく、
人と人との関わりの中で、とても必要であり、
大切なことを、たくさん学ぱせてもらいました。

心は、目に出る声に出る。
今まで、そんな事考えたことも、ありませんでしだが、
声の表情で、言葉は変わってくるので、
言葉一つでも、気をつけていかないと思いました。

また、守りたい七つの事柄であり
1、原価意識として無駄をなくす
2. 規律意識(決められたことは守る)
3、安全衛生意識(何でも安全に。壊したり、落したりしない)
4、時間意識(有効に使う、1分で何が出来るか)
5、改善意識(絶えず今より良くなるためには合理的に。現状のままにしない)
6、顧客意識(患者様あっての)
7、帰属意識が中でも大切であり、勤めていることを誇りに思う。

一人一人の力を出して、よりよくしていこうという気持ちで
患者さんに還元してい くことが、大切にしていきたいです。

きっかけは、自分が作り、自分がやろうとしないとやる気はでない。
その通りだと、思いました。

気持ちの 持ち方ーつで変われると思います。
今すぐには難しいですが、これを機に少しずつ
変わっていけたらと思いました。

今は、わからないことだらけですが、
わからない事は、そのままにしておかずに
わかるまで聞き、自分のものにしていきたいです。

初めに、ゆめはんな歯科クリニツク登美ケ丘で
スマイルクリエーターをされている、髙田華さんの、
仕事に対する考えを、お話し頂きました。

前職は、エステサロ ンで働かれており、
肌質改善·脱毛·痩身等、プロフェッショナルとして
お客様に、施術を提供されていました。

自身の施術により、お客様が喜んでくれたり、
感動してくれたりすることが、やりがいに繋がっていたそうです。

エステと歯科では、業務は違いますが、
自身の働きかけで、患者様が喜んでくれたり、元気になってくれたりすると
私もうれしいですし、やりがいを感じます。

その想いを忘れずに、持ち続けて、働いていきたいと思います。

次に、同歯科クリニックの森山勝行院長から
お話を頂いたのですが、仕事に対することだけではなく、
人生のお話をして頂いたように思います。

いくつかお話を、して頂きましたが、
目標と、目的が人生においては、本当に大切である、
という話が、とても印象的で強く心に残りました。

目標とは、何かを目指すのかということで、
目的とは、何のためにするかということです。

『鏡の法則」という本を紹介して頂いたので、拝読してみようと思います。

目的に向かって進んでいるう ちに、
知らず知らず、当初の目的を見失って、行動してしまうと、
本末転倒な、結果が出る事もあるのです。

私も今年は、目標を設定して部屋の壁に貼っています。
自分の行動が、その目標に、そぐうものであるのかというこや、
目的を見失わないように、立ち止まって考える機会を、設けていきます。

最後に、大森教育研究所の、大森和子先生に
スタッフマナーズ研修でした。

社会人として、大切であることを、お話して頂きました。

同じ言葉でも、声のトーンや話す速さで
相手への伝わり方が、大きく違ってくることを痛感しました。
自分の声は、自分ではあまり聞こえていないので
伝わり方を確認するためには、友達に聞いて、確認するなどが必要です。

「ありがとうございました」や、「お疲れ様でご ざいました」などは、
語尾を、少しゆっくりと発音すると、とても綺麗だと、知りまし た。

復唱する 、報 連相、と上げら れた中で、特に「時間を 大切にする 」、
つまり、ただ自堕落に過ごすのではなく、
いつまでに○○を行う など、目標を明確にすることで
時間を、有効に活用することができる、というお話は
毎月、目標を書いて実践しようと、思っていても
忘れがちなことのひとつだと、改めて気をつけていこうと、考えさせられました。

森山Drからは、高田さんと同じくチームワークについて、
「何のための仕事なのか」、「やる気」
についてのお話を、していただきました。

「良知」のお話の中では、「人間は大人になると 損得、嫉妬、環境などの
要因によ って、これらの気持ちが薄れていってしまう」と言わ れ、

身に覚えがあることが、たくさんあるので
日常生活でも、独りよがりになりすぎないように
気をつけて、生活していきます。

また、紹介のありました「鏡の法則」という本は
面白そうなので、私も個人的に読んでみたいと思います。

登美ケ丘のお二人からは、、通じて「チームワーク」についてのお話を
聞かせていだだき、「相手を思いやる気持ち」と
「相手の思いやりを受けて、ありがたい、お返しをしたいと考える」
その二つが、特に大切なのかなと感じました。

仲間と共に、仕事をしていく中で
当たり前である、と同時に忙しくしていると
忘れがちな気持ちでもあると、思うので、
自分が大変だと感じるときこそ、そのことを思い出して、
相手の為に、何ができるのか考え、実行していきたいと思います。


マナーズ研修の中では、正しい立ち居振る舞いや
言葉使いや、礼儀を知り、実践すること により、不安を持って来院される
患者様へ安心 感をもたらす、医院の信頼に繋げるのみでなく、
自身の価値を、上げる為の手段にもなると、感じました。
早速今日から 実践していこうと思います。

今回、初めての新人研修を、、受けさせていただきました。
最初に高橋さんより、同じテープル内で1分程の自己紹介をと言われ、
3人という、少人数だったにも、関わらす、緊張し自分のことを
分かってもらえるような、自己紹介ができなかっ たと思いました。

後で、大森先生のマナーズ研修を受けた時、目や声に心が出るとお聞きし、
初対面の方もおられたのに、笑顔もできていなかったように思え、
反省しました。

登美ヶ丘のスマイルクリエーターの高田さんは、
ホテルのフロントの方のように、凛とされていて、
お話も上手で素敵な方だと思いました。

登美ヶ丘のスマイルク リエーターとして、働かれて
まだ2 年程というのは、驚きました。

ヨリタのスマイルクリエーターの方もそうですが、
言葉遣いが丁寧で、聞き取りやすいスピードや、間の取り方をされていて、
聞いていてとても、心地よく頭や心に入ってくるなと、感じました。

是非、見習わせていだだきたいと思います。
社会人として、当たり前の報連相や時間の大切さも、
改めて学ばせていただきました。

印象に残っているのは、4つのkey con cept のお話です。
一番優先しないといけないのは、『安全』なのですが、
診療中一番下、の『効率』を優先してしまうことが、多々ある。

意識をしていても、この順番が乱れがちになるのに、
意識をしていなかったら、さらにグチャグチャになってしまう。
これは、私にも思い当たる事 があり、心に重くささりました。

日々の診療の中で、特に時間に追われていると、確かに『効率』を
侵先している場面があります。

悪いことに、それを仕方がないという風に、、思っていました。
これからは、患者様、スタッフ、自分の安全を一番に考え、
意識して、働いていきたいと思います。


大森先生のマナーズ研修では、多くの事を学びました。
特に、正しい言葉遣いやき れいな起居振る舞いは
普段自分が、あまりできていないことが多く、
日常とっさに、行動できるよう、正しく身に付けていきたいと思います。

知識即実行、明日から今日学んだことを、意識し取り入れ
"あなたの人間的魅力が、ヨリタ歯科クリニックの魅力です“
と言っていただけるような、人材になりたいと思います。

本日のスタッフマナーズ研修を受けて、改めて、
歯科医院で、勤務することの意義、及び、責任感の重大さ、
更には、社会人としての基本的な心構えを、再認識することができた。
最も印象に残ったことは、品格のある、起居振舞いと言葉遣いである

私たちは、診療においては、座って行うことが多く、
普段は、起立時の姿勢について は考慮しないことが多い。

しかし、再度考えてみると、治療が終了し、
患者様をお見送りする時などは、起立しており、
X線写真の説明などの際にも、スクリーンの前に立って
説明するなど、意外と診療室においても、起立の姿勢をとることが多い。

そのため、起立時の姿勢も、患者様に多く見られていると、
意識する必要がある。

現在までは、ただリラックスした姿勢で、起立していたが、
本日、ご教授頂いた姿勢のように、背筋をピンと伸ばし
足先を揃えるように、意識するだけで
見違えるように、起立の姿勢が美しくなった。

やはり、凛とした姿勢の歯科医師の方が
患者様も、安心感を抱きやすくなるのではないかと考える。

言葉遣いにおいては、語尾 を柔らかく言うだけで
柔らかな性格の印象を、与えたりすることや、
基本的な挨拶の仕方についても、学ぶことができた。

患者様から、感謝の言葉を頂いた時には、こちらからも
感謝の気持ちを、述べるというのも印象的であり、
これは、、早速明日 の診療から意識して実践する予定である。

歯科医師である以前に、一社会人であるが、
このような、基本的で常識的な受け答えや、
挨拶の仕方などは、学べる機会は、、多くない。

そのため、本日の研修は、とても貴重で、
意義のあるものであったと、実感している。

上記の他にも、医療現場で勤務する上で、
欠かせない事を、十分に研修することができた。

言葉遣いや立ち居振る舞いの他にも、
時間を有効に使えるように、意識する時間意識や、
現在の状態を、さらに改善しようと、試みる改善意識など、
明日から、実践できることばかりであり、
これらの可及的実践により、歯科医師としてだけではなく、
一人の社会人として、歯科医療を通じて、、成長していきたい。


今日の研修をしてみて、今後社会人として必要なことを
学べてよかったと思います。


仕事にやりがいを感じて、何を目指して
何のためにしているのか、明確にしていきたいと思いました。


ディズニーと歯科医院を比較した話をしていて、
ディズニーみたいにクオリティーが高く、
周りの人に意識をし、良い対応ができるように
注意し、自ら考えて行動する事が大事だと思いました。

また、チームワークは、人と人との関わり
意識が上がり、お互いの団結、絆が生まれることを
学びました。


人と関わることでたくさん失敗することも多く
あると思いますが、失敗を次に生かし、
どうやって解決していくのか考える事を学びました。

それから、歯科医院ではとても大切なマナーについて
学び、同じ言葉でも声の表現で意味が変わると言う事を
学びました。

声が言葉に影響を与えられて早口だったり、
声のトーンで全然印象が違っていて、
印象の良い声の大きさ、話し方を
意識していきたいと、思いました。

歯科医院や接客業では、マナーズは
とても必要で、患者様に信頼して頂くには
とても必要な事なので、今後少しでも意識して
言葉遣い、姿勢、動作を気をつけていきたいと
思いました。

また、お給料を貰いながら勉強させて頂くのは
ありがたい事と教えて頂きました。

私はまだまだ未熟で、社会人としてのマナーが
できていないので、これから身につけられるように
していきたいです。


人生は自分が作る、態度、取り組みで変わってくる、
思い込むことが大切だと言っていたので、
その言葉を信じて、頑張っていきたいと思いました。




まず初めに、スマイルクリエーターの高田さんの話を
聞いて、報連相(ホウレンソウ)の大切さ、
時間やチームワークの大切さを学びました。

チームワークというのは、各業界でも大切ですが、
医療において、一人一人がチームワークを意識することで
患者様に質の高い医療サービスを提供していけると
考えます。

チーム内でのコミュニケーション不足というのは、
医療ミスにつながりますし、互いが安全意識し、
話し合っていくということが重要だと
思いました。


職場においても、先輩方に今何故注意されたのか
自分は何を間違ったのか、相手の意図を考え、
改善することが大切だと改めて学びました。

次に、大森先生のマナーズ研修で社会人としての
基本的な言葉遣いや、ウィスキーの笑顔で、知識即行動を
意識して過ごすことで、焦っていても、咄嗟に出てくると
思います。

今日から一つでも、実践していきたいと思いました。




新人研修を終えて、自分が今まで知らなかった事、
できていなかった事を学ぶことができました。

初めの髙田さんのお話では、
「やりがいを得るまで続ける」という言葉が
私の中で一番印象に残りました。

仕事のやりがいをどこに感じるかを
見つけてする事でモチベーション高く、
長く仕事を続けることができるのでは
ないかと考えました。

仕事のやりがいをどこに感じているかを
もう一度考えようと思いました。

失敗から気づく事はたくさんあると
思うので何をやらないかで終わるより
積極的に行動して失敗して学んでいく事の方が
良いと感じました。

仕事をしているとすぐに時間が経つと
おっしゃっていたので、
1日1日を有効に使い、
時間を大切にしていこうと思いました。

4月1日から働き始めて、
チームワークの大切さを改めて知る事が
できました。

患者様をお待たせしない為には
チームメンバーで協力して片付け、
準備、ご案内が出来るようにしなければ
いけない事を学びました。

どのようなお仕事・部活などでも
チームワークがないといけないのだと
知りました。


患者様をお待たせしない為には
チームメンバーで協力して片付け、
準備、ご案内ができるようにしなければ
いけない事を、学びました。


私が、大森先生のお話の中で一番印象に
残っているのは、同じ言葉でも
言葉遣い、声のトーンによって違う意味の
ように相手に伝わってしまうという事です。


お仕事をしていて疲れている時など、
声のトーンによって違う意味のように
相手に伝わってしまうという事です。


お仕事をしていて疲れる時など、声のトーンが
低くなっている事もあるので、この事を思い出して
言葉遣い、声のトーンを意識していこうと思いました。

あと、できないと思ったらできない、できると思えば
できるようになると思っていたので、
これからはできると思い、ポジティブに考えお仕事して
いこうと思いました。

言葉遣いや立ち振る舞いも大切だけど、
一番忘れてはいけないのは笑顔だと、
私は、このマナーズ研修を受けて思いました。


今日の新人研修で知らない事を知り、
気付く事ができ、とても良い経験が
できました。


森山先生のお話を聞いて


目標・目的をもつことの大切だと思いました。
私はまだまだやれることが少ないですが、森山先生のバキューム一つでも
目的をもってやるとの言葉を聞き、少ない中でも目的をもってやることで
仕事に対するモチベーションが違ってくるのだと学びました。


大森先生のお話を聞いて

安全衛生意識、時間意識をもつことの大切だと思いました。
私は焦ったりするとよくものを落とします。
物を落とすということは、新しいものを出すなど、手間が増え
治療がスムーズに進まなくなり、効率が悪くなります。
衛生面でも良くないため、気をつけていきたいです。


今回の研修で。自分の考え方、仕事への取り組み方が甘いことがわかり
視野を広げ、意識を高く持ち、仕事に取り組まなければいけないと
思いました。

また言葉遣い、姿勢や立ち方、お辞儀の仕方などを気をつけながら
患者様や技工所さん、配達の人などにコミュニケーションを
とっていきたいと思います。


新人としての心構えについては、
特に自分自身が気をつけていかなければいけないと
感じたことは復唱することと、報告、連絡、相談を
密に行うこと。

時間を大切にすることの3つです。

復唱することは、仕事を丁寧に行う為に
必要なことだと思います。

依頼、指示を頂き、仕事を行う際、
指示された内容とお子なる仕事をしてしまわない
為、またトラブルを回避する為、きちんと内容を
復唱し、確認してから行うよう注意していきたいです。

報告、連絡、相談は出来て当たり前のことなのですが
私はこの当り前なことを怠ってしまっていることが
あるので、先輩方になるべく迷惑をかけてしまわないためにも
今後気をつけていきたいです。


2つ目のマナーズについては、
(マナーズとは、日常生活の中で、自分自身が咄嗟に
できるようにしていく礼儀作法のこと)
言葉遣いが勉強になり、今後に生かしていきたいと
感じました。

例えば、患者様に「お世話になりました」
と言って頂けた場合は、
「いいえ、こちらこそいつもありがとうございます。」
と返事をするなど、今後丁寧な言葉遣いをすることも
意識していきたいです。

最後に、なぜマナーズが歯科に必要について。
歯科に来院される患者様は多くの方が不安を抱えて
来られていると思います。

その不安な気持ちを少しでも軽減できる方法の
一つとして、マナーズは歯科に必要と感じました。




<合同研修は、来週も続く 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/12] 将来の私、夢
昨日に続き、今日も研修レポートが私の元に届きました。

差出人は、1月入社の
衛生士、柴崎さん



タイトルは、
「将来の私、夢」
「実習感想文シート」
です。

レポート用紙に、ギッシリ書いてくれました。
現在、私の
アシスタントも、してくれることが、多いです。

患者様への
心配りや、お声がけ、そして、衛生士としてのスキルも高く、
私にとっても、診療がストレスなく、
スムーズに行えるので、本当に感謝しています。

これからも、さらに
成長して、医院になくてはならない存在に、なって頂ければ
有難いです。

以下は、その
研修レポートです。
ご興味のあるあなたは、お読み下さい

《 将来の私、夢 》

歯科衛生士という仕事は、小さな子供さんから、
お年寄りまで、さまざまな年代の、多くの患者様と触れあい、
患者様の、お口の健康を、直接サポートすることができ、
感謝のお言葉を、頂く機会も多く、魅力があり、
ステキな仕事だと、誇りを持って、働いていました。

一方で、医療が、どんどん進化していく中、
知識も技術も、常に学んでいかなければいかない職業にも関わらず
日頃行っている診療も、日常になりすぎて、
モチベーションを保つことが、難しく、受身の診療を行っている時期もありました。

自分の知識不足や、技術に自信がなかったからだと思います。

患者様の笑顔と、感謝の言葉を持って、医院から必要とされ、
患者様から、頼りにされる、自律した歯科衛生士を目指します。


《 実習感想文シート 》

1/23から働き始め、早くも1ヶ月が経ちます。

日々の診療に追われ、学ぶ事、前へ進む事、体を休める事を
忘れていた私にとって、この1ヶ月は、とても充実したものでした。

皆さんが、忙しい中でも、時間を割いて教えてくださり、
とても感謝しています。

一番の気付きは、チームワークの素晴らしさ、個々のスキルの高さです。

健プロさんの知識の豊富さや、
先生方が、対合の印象や、セメントアウト、
床掃除までされていたのも、驚きでした。

アポイントがうまっていて、患者様が、多く見える時間帯でも、
笑顔や、気遣いを忘れる事なく、言葉遣い、動作の一つ一つが
丁寧で、素晴らしく、見習いたいと思いました。

カルテが並んでいても、インカムで指示を出したり、受けたりしながら、
皆で、予約状況を把握し、協力し合って、
診療室を動かしている様子は、すごいなと、思いました。

まだ、覚える事も多く、仕事を心から楽しめているとは
言えない現状ですが、学べる事や、仕事ができる事に
感謝をしています。

そして、診療中いつも気にかけて下さり、
準備が、追いつかなかった時、
足りない器具や、材料をそっと準備して下さったり、
いつの間にか、カルテの入力をして下さったりと
助けてもらうことばかりですが、
いつか、私も頼られる人材に、なりたいと思います。

<あなたの将来は、前途有望 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/11] あなたが光り輝く衛生士になるためのSTEP1
4月入社の、新卒衛生士 濱口 祐歌さん、中田 彩恵さん
 
  

昨日の、
全体ミーティングで、
「あなたが輝く衛生士になるためのSTEP1」を、発表してくれました。

これから続く、
衛生士新人研修の幕が、開かれました。
まずは、
ヨリタマインドを、身につけて頂ければ、有難いです。
 
   
以下は、
研修レポートです。
ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

《 実際の診療を通じて、ヨリタ歯科の印象や、感想をお聞かせ下さい 》

●お昼休みに、私がデュラシールや、印象の練習をして、
できているのか、不安だったため、先輩の衛生士さんに質問に行くと、
笑顔で、優しく教えて下さって、すごく嬉しかったです。

また、物品の場所や、治療の流れなども、丁寧に教えて下さり、
すごくいい環境だなと感じました。

スタッフ皆様の、コミュニケーションがすごくとれており、
治療中は、的確な指示や、Drの方が治療しやすいように
配慮した準備の仕方など、円滑に進めており、
すごくチームワークがあると思いました。

●ヨリタ歯科のDVDを拝見し、どういう想いで、
院長が、医院づくりをされてきたのかを、改めて学び、
その重みを感じました。

患者様を幸せにするには、まずスタッフが幸せでないと、
という風に、考えて下さる環境で働けるのは、
それだけで、がんばろうと、パワーが湧きます。

研修での、ワークやミーティングなど、皆で話し合う機会が
多いなと感じたのですが、そのお陰で、皆が同じ方向を向いて、
頑張れているのだろうなと、考えました。

●実際の実習を通じて、第一に感じたことは、
スタッフ同士が、お互い信頼し合っていて、
助け合い、とても仲がいいと、感じました。

一人一人が、アワクレドを大切にしていて、
患者様に対しても、チームメンバーに対しても、
思いやりを持って、接しているところが、とてもよい印象でした。


《 あなたが、診療で学んだ事・疑問に思った事は何ですか? 》

●治療に必要な、準備物を用意する際に、ストレートハンドピースだと、
ブラケットテーブルに、置いておくだけではなく、
セットし、パワーをMaxにして、水を消しておくと良いと知りました。

Drの方がすぐに使える、という状態にしておく事までが
大事だと、学びました。

バキュームチップの向きや、角度は、すごく大切だとわかりました。
角度や、向きが間違っていると、頬粘膜を吸引してしまうことや、
変な音が鳴ることがあります。

他にも、バキュームチップの先が当たり、痛いと感じられることも
あると思います。

どの治療にも、バキュームは使うものなので、
バキューム操作が悪いと、患者様も、不快になると思うので、
練習が必要だと、感じました。

●過去のアルバイト・学外実習では、子供の患者様が
ほとんどいなかったので、こちらで働くようになり、
子供さんの患者様への、対応を、勉強させてもらっています。

今までは、Drと患者様が話しているときは、治療の妨げにならないよう、
ただ聞いている状態でしたが、
相手が、小さいお子様であれば、恐怖心をほぐすためや、
出来たことを、褒めるために、アシストが声をかけることも
必要な場合があると、学びました。

泣き止まないお子様や、イヤイヤが始まって、
何も進まなくなってしまった時は、
どのような方法が、有効なのでしょうか。

●実習で学んだ事は、今まであまり気にしていなかった
患者様への対応です。
ご案内から、診療室を出るまで、言葉遣い、
レントゲン室へのご案内の仕方など、
誰が見ても、気持ちのよい対応でした。

他にも、診療のアシスト、デンタル撮影物の場所、P検入力、
PCの操作の仕方などを、学びました。


《 あなたは、ヨリタ歯科クリニックに来院される患者様に
どういう風に接したいですか 


●マスクをしたままで、ご案内すると、私たちの表情が見えなかったり、
怖い印象を、患者様が、受けてしまうと思うので、
ご案内の際は、マスク・グローブをはずし、笑顔で接したいと思いました。

診療内は、忙しく焦っていることも多いですが、
患者様と会話をする際は、
落ち着いて、ゆっくりと話すことが、患者様の安心に、繋がると思いました。

言葉遣いや、声のトーンは印象に大きく関わってくるので、
丁寧な言葉遣い、明るいトーンで、常にいたいと思いました。

●笑顔でお迎えするのは、大前提と思っています。

昔から、ヨリタ歯科に通われている患者様は、
私がまだ新人で、不慣れなことが、分かると思います。

そんな方には、「これから、頑張っていくので、宜しくお願いします」
と素直に、挨拶できる自分でありたいです。

また、衛生士業務が、出来るようになってからは、
直接、患者様の口腔内に、触れていく事になるので、
健口を保てる様、導ける様、親身に、親切に、真摯に、向き合いたいです。

●歯医者さんは怖いところという思いを、
行って良かったという思いに、変えられるように、接したいと思います。

緊張されていたり、恐怖心がある方には、十分に説明をしたり、
常に笑顔、挨拶を忘れずに、言葉遣いにも気をつけて、
不安を、取り除けるような接し方を、していきたいと思います。

《 次回のミーティングまでにあなたの目標を聞かせて下さい 》

●患者様のご案内を、1日10回以上を、目標にします。
1日10回以上、積極的に、アシストにつきます。
挨拶は、100%スタッフの皆様、に行います。
物品の場所を、80%覚えます。

スタッフの皆さんのお名前を、90%覚えます。
苦手なRCC、RCFの治療に、必要な物品、治療の流れを覚えます。
技工物の指示書の記入を、1日1回は、記入出来るようにします。

●今週は、趙さんの後ろについて、アシストをしてもらいながらの
アシスト業務になっていたので、
来週は、今週教わった処置に関しては
準備物を、1人で揃えられる様にします。

デュラシールでの仮封を、できる様になります。
スタッフの皆さんの、顔と名前を覚えます。

●1日1回は、学んだこと、診療マニュアルを復習して、
仕事中に生かせるように、したいと思います。

また、物の場所が、まだあいまいなので、
完璧に、覚えられるように、したいと思います。

また、スタッフの顔と名前も、一致するように、覚えたいと思います。

<期待は、失望に終わることはない 寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/6] マニア必見情報 更新
ホームページの、左のツールバーで、
ヨリタ歯科の秘密がいっぱい、マニア必見情報」。

冒頭、
ヨリタ歯科マニアのあなたへ」に続き、
以下の私のメッセージが、書かれています。


私たちは日頃診療を通じ、来院者の皆様の
心の健康につながる医院作りをしています。

そのためには医院の考え、目指す方向、
チーム医療の大切さ、メンバーのあなたへの思い、
そして私自身を、もっともっと知ってもらいたいと
思っています。

その一つの方法として、さまざまな
小冊子を作製し、
来院された皆様に
待合室でお読み頂いております

ここでは、その一部を御紹介します。私たちとの
心の絆を深めたいと思う、
ヨリタマニアのあなたに、是非読んで頂きたいと願っています。


そして今回、昨年作製した

25周年パーティー
2016年研修旅行

が、新たに追加されました。



ちなみに、それ以外にもこんなにたくさんの
小冊子があります。


・25周年パーティー

・2016 研修旅行

・2014 研修旅行

・大感謝祭 -進化- 2013

・ヨリタ歯科クリニック メンバーが語る 7つの秘密

・20周年記念パーティー

・ワクワク楽しい歯のまめ知識

・2008クリスマスフェスタ“プレゼント”

・2008大感謝祭

・2008サマーフェスタ”ECO Love&Peace”思い出編

・あなたに最良の治療を提供するため私たちに出来ること

・ぼく・わたしのたからもの

・表彰状 授与

・2007年10月27,29,30,31日 ハロウィンフェスタの感想文

・最高のチームを目指して ヨリタ歯科クリニックで私がやりたいこと宣言

・~スタッフが変わる魔法の1日セミナーに参加して~

・石橋尚子と行く 2006院内研修旅行 in 鳴門

・(秘) 報告!行列が出来る歯科医院 実践報告

・寄田幸司が行く 自分捜しの旅 in 中国 ~ 20年の時を経て 今思うこと ~

・ヨリタ歯科マニアのあなたも知らない7つの不思議

・ヨリタ歯科マニアのあなたも知らない7つの不思議【番外編】

・ヨリタ歯科マニアのあなたも知らない7つの不思議【完結編】

・ヨリタマニアのあなたも知らない謎の2日間

・ヨリタ歯科クリニック 平成17年度 新卒歯科医師募集

・自分発見の旅 in グアム

・理想の自分を求めて【立身編】

・理想の自分を求めて【自立編】

・さよなら真ちゃん for カムカムクラブ

・カムカムクラブのご案内

・歯科衛生士募集

・2004年自分に自信の持てる女性になりま~す

・勤務医募集

良ければコチラも是非、お読み頂いて、
もっともっと、
私たちのファンになって頂ければ嬉しいです。


<ヨリタ歯科クリニックには、まだ知らない秘密がいっぱいです。    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/5] 今日の出来事
ヨリタ歯科クリニックに面した、
通称
桜通りに、やっとこの季節が来ました。

ということで、診療前の早朝の
桜並木はこんな感じ。




五分咲き、という感じです。
この2~3日の暖かさで、週末には一気に
満開になる事でしょう。
天気が、心配ですが。

また、今週から
新人メンバーも入職しました。
歯科医師 藤井先生、衛生士 濱口さんはアシスタント。



衛生士 
渋谷さんは、患者様の導入、



スマイルサポーターの
上西さんは、滅菌のため器具の回収。



感クリルームでは、
芝さんが早くも活躍してくれています。



なんと、このコラムも
芝さんが作ってくれました。

新人メンバーそれぞれ、
仕事を楽しんでいるよう。

医局では、3年目衛生士
森野さん
来週15日(土)
発表の、スライド作りを行っています。



こちらも、
楽しみです。

また春休みなので、
ハイハイクラブ(託児ルーム)は
朝から、
子供たちでいっぱい。



お昼休みには、早くもホームページメンバー紹介用
写真撮影が行われています。





そばには、
新 感動クリエイターマニュアルがありました。
そこにはちゃんと、「
写真撮影」の仕方も載っていました。




ということで、今日も、充実した日々です。

<新人メンバーが入職し、気分も新たに    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/4/3] オリエンテーション
私たちの医院でも、本日より2017年新人メンバー
勤務することに、なりました。

今年入社は、
歯科医師藤井先生
歯科衛生士
濱口さん渋谷さん中田さん
感動クリエーター
 芝さん
スマイルサポーター 田中さん
上西さん7名です。

ということで、入社初日の午前は以下の通り
オリエンテーションを、行いました。


0:00 ~ 1:20 プレゼン:当院で大切にしてほしい事・医院ルールの説明
1:20 ~ 1:25 休憩
1:25 ~ 3:05 グループワー ク
        1:25-2:10(45分)Do it「ヨリタ歯科クリニック」視聴
        2:10-2:13( 3分)個人検討
        2:13-2:58(45分)リーダー決め→ブレインストーミング形式で
                   全員検討→模造紙にまとめる
        2:58-3:00( 2分)全員で発表
3:00-3:05( 5分)「ヨリタらしさを守る5つの約束」の作成→携帯指示
3:05 ~ 3:10 休憩
3:10 ~ 3:30 まとめ・提出物確認・課題の説明


具体的にお伝えしたい事は、以下の通り


・ ヨリタ歯科クリニックの歴史と変遷
・ 診療科目・各種クラブ
・ 寄田院長プロフィール
・ 役職説明
・ スタッフ紹介(スタッフ・幹部)
・ グループ医院の説明
・ ヨリタ歯科クリニックの数字
・ ヨリタ歯科クリニック治療の流れ
・ 1日の流れ
・ 各種ミーティングの説明
 (月曜:全体MTG、火曜:経営者MTG、隔週:セクションMTG)
・ 年間行事(グループ勉強会、BD、フェスタ、感謝祭)
・ クレドカード
・ 就業規則の場所、
・ 身だしなみ
・ 通勤・退勤時の注意点(身だしなみ・着替え)
・ 着替えとロッカー(更衣室混雑・ロッカー施錠の徹底)
・ タイムカード
・ 院内施設(スタッフトイレ)
・ 休日の説明(正社員・パート)
・ 欠勤時の説明
・ 有給の説明(取得方法・所得当日の流れ)
・ カルテの扱い方
 (個人情報保護法・見方・サブカルテ・初診カウンセリングメモ)
・ 院内の備品・私物化禁止
・ ヒヤリハット
・ 心構え
・ 福利厚生
 (院内ライブラリー、セミナー補助金、物販スタッフ購入、食堂、治療)
・ 誕生日色紙について
・ ドロップボックス
・ レポートの提出
・ PC使用
・ 課題説明(STEPシート、日報、年間行動目標設定用紙)
・ バディ制度
・ ドリーム通信読み合わせ
・ 準備物・提出物の確認(雇用契約書・人事マスター用紙・プロフィール用紙)


使用したスライドは、こんな感じ。






実際は、こんな感じ。




オリエンテーションの最後は、
新人メンバー7名全員での、ワーク「
ヨリタらしさ」とは
入社したばかりでしたが、各人が思う「
ヨリタらしさ」を
自分の言葉で
熱く、私の前で発表してくれました。

具体的には、



感謝

感謝の言葉(プラス)が溢れる事で、患者様、スタッフに
良い連鎖が生まれる。

コミュニケーション

院長、スタッフの距離が近く、家族のような関係性。

患者目線 

明るく楽しい雰囲気に接することで、患者様がとても
楽しみながら、治療することができて、歯科のイメージを
 プラスに変える事ができる。

イベント

楽しい雰囲気で、歯の事を知ってもらえる機会がある!!
歯の事を学ぶのが、楽しい事と感じる。
歯医者は楽しい場所。

親、子ども

子どもへの対応が、とても親切で、保護者も安心して
治療ができる。
恐怖心が強い子を、笑顔にしてくれる楽しい場所。

スタッフ

全員が夢を持ち、目標を持っている。
実現する為に、お互いを高め合っている、
医院の為というベクトル。

予防治療

予防治療で、口腔を健康にすることで、
全身の健康に繋がる。

私も思わず「
最高です」の言葉を添えて、指を立てて「いいね」しました。
今年も、いいメンバーが入職してくれたことに、心より
感謝です。




そして、明日より本格的な
研修が始まります。
衛生士の4月のタイムスケジュールは、以下の通り。



入社式がある7月までは、新人研修は続きます。

鉄は熱いうちに打て
ということで、
ヨリタマインドにあふれた発想と行動が出来るように、
メンバー全員で
思いの込もった新人研修、始まりました。

追伸

全体ミーティングで、直近3か月分の「
大入」のお渡ししました。



決められた、日々の
目標クリアし続けてくれる、
メンバーの皆に、心より
感謝致します。


<思いを共有することが、大切    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/31] 昨日の出来事
昨日の木曜日も、いろんな出来事がありました。

例えば、午前の診療時、
10番チェアーでは、新人衛生士 趙さん
ハンドスケーラーの、テストを行っていました。
指導教官は、
寺田さん細工さん



連日、お昼休み返上で
マネキン実習をしていた趙さん
今回、惜しくも合格とは、ならなかったようですが、
かなり、
進歩しているようです。

次回が、
楽しみです。

また、お昼休みには、
ガス滅菌機定期メインテナンス
ありました。



毎日、
高圧蒸気滅菌が出来ない歯ブラシなどのプラスチック類
滅菌にフル稼働ですが、メインテナンスのお陰で故障知らずです。


お昼からは、
藤原先生による、TCセミナー。
受講者は、
髙橋さん中島さん。

今回が、最終回。



この
学びを生かして、患者様に寄り添えるカウンセリング
して頂ければ、嬉しいです。

今週は、春休みということもあり、子どもたちがたくさん訪れています。
自慢の託児施設
ハイハイクラブも定員いっぱい。

なので、今日は臨時に
研修ルームも活用しています。



保育士さんが数名いるので、急な時でも対応できるので
有難いです。

最後は、
回収ボックス
患者様の数や、ドクターも多いので、1ヶ月の消耗品の量は
かなりのもの。

前回回収後、
1ヶ月も経過していないにも関わらず、
回収ボックスの中は、こんなにもたくさんの不良品が各チェアーから
集まっています。





その都度、
在庫を確認したり、発注したり、
材料管理のメンバーは、大変です。

でも、
彼女たちのおかげ
毎日、
楽しくお仕事させて頂いている私がいます。

本当に、
有難いことです。
今日も
当たり前のこと感謝出来る、1日となりました。


<今日も、有難いことがいっぱい    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/30] デンタルダイヤモンド連載インタビュー
昨日水曜日の夜、アンリミテッド株式会社代表根本 和馬さん
デンタルダイヤモンド社の編集部の
多川さんと、当院に訪問。



約1時間、インタビューを受けました。
今回の企画の
趣旨は、以下の通り。
(頂いた資料より)


月間デンタルダイヤモンド2015年3月号より
2017年2月号までの2年間に渡り、
根本 和馬氏に「”医療+経営”の増患プロジェクト」を
連載していただきました。

おかげさまで、読者の皆様よりたいへん好評を
いただくことができました。

つきましては、連載を書籍としてまとめることで、
開業したばかりの若手歯科医師やこれから開業を控える勤務医、
医院経営に行き詰まりを感じている中堅歯科医師の先生方にお役に立つ
「増患を実現するためのガイドブック」として活用いただきたく、
本単行本を企画いたしました。



発刊は、
8月~9月の予定です。
尚、
2015年3月より2017年2月までの
根本さんの連載内容は、こんな感じ。


◆システム
・先生、本当に増患したいですか?(2015/3)
・目標を”見える化”し、毎日意識しよう (2015/4)
・サンキューカードを送ろう!(2015/9)
・ブラックボードを活用しよう!(2015/10)
・キャンセルを減らそう!(2015/11)
・初診パックを作ろう!(2015/12)
・院前ポストを設置しよう!(2016/1)
・医院のオリジナルキャラクターを作ろう!(2016/3)
・院内新聞を発行しよう!(2016/4)
・定期検診の患者さんを増やそう!(2016/7)
・治療中断の患者さんをフォローしよう!(2016/8)
・定期的にイベントを開催しよう!(2016/9)
・紹介システムを構築しよう!(2016/10)
・歯科キッザニアを開催しよう!(2016/11)
・成功歯科医院を見学しよう!(2017/2)


◆インターネット
・ホームページで結果は出ていますか?(2015/5)
・ブログを始めよう!(2015/6)
・医院のフェイスブックページを作ろう!(2016/2)
・LINE@を始めよう!(2016/2)
・(項目追加予定)


◆スタッフ
・笑顔力をアップしよう!(2015/7)
・個人面談を実施しよう!(2105/8)
・スキルアップして”診る患者数”を増やそう!(2016/5)
・スタッフの”考える力”を引き出そう!(2016/6)
・採用を成功させよう!(2017/1)
・(項目追加予定)


約1時間
のインタビューで、
私が思う、
ヨリタ歯科クリニック流増患手法について
お話させて頂きました。

結論は、
多くのファン患者様に支持して頂くためには、
ここで働く多くのスタッフを、
医院のファンにすること。

そう、働くスタッフに
やりがい働きがい生きがいを与えること。

スタッフの皆が
楽しく生き生き働いている姿を見ることで、
患者さまも
安心して、通院して頂くことができるのでしょう。


実は、
根本さんとの出会いは、約12年前の2005年

前職の勤務先である、経営戦略研究所 株式会社に勤務し、
そのご縁で
新人研修として、当院に7日間訪れました。


歯科医療に携わったことのない
根本さんが、
本物の歯科医院を見たい」という思いからの、行動でした。


彼は現在、歯科のみならず、
医科全体の経営コンサルタントとして、大活躍しています。
素晴しいです。


この
12年で、お互い成長出来たと実感した一日となりました。


以下は、12年前私たちとの研修を終えたその時の
レポートです。

タイトルは、「
(秘)報告 行列の出来る歯科医院実践報告

ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。
(クリックすると、拡大します)













<ご縁が続いていることに、感謝   寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/28] 「ママ、死にたいなら死んでいいよ」 出版記念講演会出席
先週の土曜日の午後、岸田ひろ実さんの著書
ママ、死にたいなら死んでいいよ」の
出版記念講演に、
新谷さんと、参加しました。



場所は
大阪駅北の、グランフロント大阪うめきたSHIP HALL 2F



参加者は、
約150名
時間は、
13:30~15:30



セミナーの内容と、講師プロフィールは、以下の通り。
(頂いた資料より)


Spotlightやログミーに掲載された記事が
5万シェアを達成!

報道ステーション・朝日新聞「ひと」など
話題のメディアに続々出演!

「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」
という娘の放った衝撃の一言をタイトルに
冠した初著書の出版を記念し、
岸田ひろ実の特別講演会を開催します。

単独で一般公開の講演会は3年ぶりとなります。

講演会では著書でも綴った
「3つの転機と生きる力」について
直接お話するとともに、ゲストと
娘・岸田奈美を迎えトークセッションを
行います。

初めてお話する内容もありますので、
ぜひお誘い合わせの上、
お越しいただけましたら幸いです。



【岸田ひろ実 プロフィール

1968年大阪市生まれ。
知的障害のある長男の出産、
夫の突然死を経験した後、
2008年に自身も大動脈解離で倒れる。

成功率20%以下の手術を乗り越え
一命を取り留めるが、
後遺症により下半身麻痺となる。

約2年間に及ぶリハビリ生活中、
絶望を感じて死を決意。

娘の「2億パーセント大丈夫だから」
という励ましがきっかけで、
2011年娘が創業メンバーを務める
株式会社ミライロに入社。

高齢者や障害者への向き合い方
「ユニバーサルマナー」の指導を中心に、
障害のある子どもの子育てについて等、
年間180回以上の講演を実施。

2014年開催の世界的に有名なスピーチイベント
「TEDx」に登壇後、日本経済新聞「結び人」
・朝日新聞「ひと」・NEWS ZERO・
報道ステーションでコメンテーターを務める。


前半1時間は、
岸田さんのお話。



その後、娘さん
岸田奈美さんと、大久保寛治さんとの
トークセッションでした。



寛治さんプロフィールは、以下の通り。
(頂いた資料より)


日本IBM業務改革推進本部CS担当として、
お客様重視の仕組み作りと意識改革に専念。

51歳で同社退職後「人と経営研究所」を設立。
以後、人と経営のあるべき姿を探求し、
企業・医療関係・自治体・教育関連などへの
人材育成支援に尽力。

特に合宿研修は、参加する人の意識を大きく変え、
実施した企業・自治体等から絶賛されている。
『二十一世紀 残る経営 消える経営』など著書多数。

参加者を巻き込むファシリテーション、
トークセッションは必見。



一般的に考えると、
波瀾万丈の、苦労の多い人生を歩んでいると
思いますが、講演中も、いつも
笑顔で楽しそう。

その、
自然体で話す岸田さんの姿に、感動を覚えました。


日々、小さなことで悩んだり、クヨクヨしたり、
そしてイライラしている自分があまりにバカバカしく見えてきました。


岸田さんから

・今日の日を大切に生きる。それが人生を最高にすること。

いつでも笑顔。どんな時でも笑顔でいることで幸せを引き寄せることが
 できる。

・誰かの役に立ちたいと思うことが、
素晴らしい人生の鍵であること。

学ばせて頂きました。



追伸

今週も、院内には
お花が飾られています。





今回は、
石田さんの作製です。
忙しい中、
定期的に生花を飾っていただけること。
心より感謝です。

<どんな時でも、ベストスマイル    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/24] グループ間研修 その②
私たちは、ヨリタ歯科クリニックを含め、
大阪市 上本町ヒルズ歯科クリニックゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘
奈良市 ゆめはんな歯科クリニック 高の原の4つのグループ医院から
成り立っています。

そして、
採用教育などを通じ、各グループ医院で
交流を、計っています。

ということで、2月に続き今週も
中島さん趙さんの2名に
ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘ゆめはんな歯科クリニック 高の原に、
研修に行ってきました。



そして、本日この
研修レポートが、私の元に届きました。
それが、コレ。

3月22日、登美ケ丘にあるゆめはんな歯科クリニックへ研修に
行った。
研修では他院へ行くことは初めてである。
ゆめはんな歯科クリニックは、チェアーが5台で、研修の日の職員の人数は
ヨリタ歯科の半数以下であった。

スマイルクリエーターは1名で、スマイルサポーターがいない。
そのため、電話対応や滅菌作業を衛生士や健康プロモーターも
行っていた。

研修で印象的だったことは、行動の速さである。
次に来院される患者様の治療の準備を事前に行うことで、
案内後すぐに治療を始めることができていた。


また、行動の速さだけでなく、周囲への気くばりも
なされていた。


私は、わからないことやできないこと
ばかりであったが、歯科医師含め職種間
関係なく助けてくださった。


ヨリタ歯科では、インカムを使って
情報のやりとりをしているが、登美ケ丘では
インカムがなかった。

チェアーの消毒が終わった事、
今から案内する事など、直接声をかけて
全員が返事をしていた。

片付けの終わっていないチェアーに案内することや
同じチチェアーに違う患者様を案内することを防ぐことが
できると考えられる。


また、返事があることで自分の声が聞こえているという安心感が
あった。
言葉を受け取ったという意思表示の大切さを、身をもって学んだ。


患者様への声かけも、親しみやすく丁寧であった。
特に、小児に対する促しや励ましがとても上手だった。

忙しくても、患者様相手だけでなく、チームメンバー間で
あってもイライラを表に出さず、笑顔で対応してくださるのが
とてもうれしかった。

通常、研修は半日であるが、今日は1日受け入れていただいた。

人数も少なく、仕事が多い中、たくさん助けて頂いた。


今回の研修を通じて、自分の仕事だけに必死になって
しまいがちだが、周囲に目を向けて気配りをできるように
なりたいと、改めて感じた。

できることは最大限自分でできるようになることと、
自分の目の前のことだけでなく、周囲の手助けもできるように
なりたいと考える。




22日に高の原に半日研修させていただきました。
初めて行くので少し緊張しながら行ったのですが、
皆さん優しく迎えて下さって気さくに話しかけて
くれたのですぐに打ち解けれて平常心を持って
過ごすことが出来ました。

まず感じたのは、待合室から診療室まで
患者さんがすぐに入れるようにバリアフリーに
構成されている面や朝礼の時の1分間の
年間行動目標の黙読から1日始める事など
ヨリタで働いてて、たとえグループ医院としても
それぞれやり方もあって違うのかなって
思ったりもしたのですが、患者さんへの
もてなす事や思いやりを持ってキラキラ輝きながら
働いていらっしゃるスタッフの皆さんの姿を見て
ヨリタ歯科をはじめとして他のグループ医院の方々は
素晴らしいと感じました。

患者さんの対応の仕方や誰にでも丁寧で
親切に教えていらっしゃる姿や空き時間にも
無駄がなく患者さんとスタッフ間の信頼関係が
築けてることにとても魅力に感じました。

また高の原はヨリタと違って広さも働いていらっしゃる
スタッフの人数も違って少人数体制ですがみなさん
それぞれが一人一人とコミュニケーション取りながら
助け合いながらチームプレーで診療が上手く回って
いるので患者さんも安心して通えるのだなと思います。

皆さんが活気に満ち溢れており仕事に誇りを持って
楽しく働いててお互いが尊敬しあえる環境があって
本当にすごいなと思いました。

また、新人研修もされていて私も普段は今も
ヨリタ歯科で先輩方々と新人研修をさせて
いただいているのですが、こうやってそれぞれ
各医院が新人を教育してくれる歯医者は少ないと
思うし、すごく恵まれている環境だなと思いました。

まだまだ私は未熟者で技術面も知識面も
たくさん学ぶこともあり、時には身体や心も
休みたいと思うこともありますが
こうやって教えてもらっている側も
教えてあげている側も一生懸命熱心になって
頑張っている姿を見ると、私ももっと頑張って
いかなければいけないなと感じました。

1人でやるのではなく皆で助け合ってしんどくて
つらい時や嫌になる時もあると思うのですが
自分を支えて下さっている周りの方々には
常に感謝の気持ちをもって日々過ごしていけるように
心掛けたいと思うしまた期待に応えれるように
努力していけたらなと思います。

半日という短い時間でしたが、
普段見られない姿やこれから衛生士として
もっと頑張ろうという意思も強くなったと思い
良い刺激を受けれることが出来たのですごく
内容の濃い1日でした。





4月も、
グループ医院研修は続きます。
これからも働く
メンバーが輝くワクワク楽しい夢いっぱいの医院
作ってまいります。


<いつも、過去の自分より成長する    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/23] 月間行動目標採点表
本日、2ヶ月に1度メンバーに提出して頂いている
月間行動目標採点表が、私の元に届きました。

それが、コレ。



メンバーの数の多いので、たくさんの枚数になりました。
書かれている項目は、以下の
5つ


・今月の個人目標(5つ)

・5点になった人は満点の理由を、5点未満の人はどうしたら達成できるのか?

・来月の自己目標を設定して下さい(5つ)

・今月のGOOD&NEW

・あなたのパフォーマンスを最高に発揮する改善点・問題点

今回は、
あなたのパフォーマンスを最高に発揮する改善点・問題点
についての一部抜粋です。

ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

出勤している時間がどうしても短いので、正社員のメンバーが
手がまわらない所をフォローしていきたいと思っていますが、
そのためには、コミュニケーションが必要ななおで、
まずはコミュニケーションをとる時間をもっていきたい。


学ぶ時間を惜しまない

何よりも患者様にとってどう関わるのが良いかを
考え、緊張の中でも相手に不快感を与えない。
不安を感じさせないような話し方、態度をしたい。
焦った時こそ、ゆっくり話すようにしようと思う。

何よりもすぐあわてる、コミュニケーションが浅い。
という所がダメだな…と自分でも感じているので、まずおちついて
行動する様、心掛けます。


今できるカムカムが衛生士が足りない時に
フォローできるように、カムカムをこれからしていきたいと
思います。


キッズルームに来てくれる子どもたちに怪我なく楽しく
帰ってもらえるように、遊び方を工夫したり、環境を
整える。



泣いているお子さまをお預かりする時も、お母様には
安心して頂ける言葉がけをしていきたいです。

又、泣いていてもお子様の様子をお伝えする時、
大丈夫でしたと、お母様が安心できる言葉を
たくさんお伝えできるようにしていきたいです。


受付での声かけや、助け合いがよくできていて、
チームとして強固になっていると感じます。
石田さんの安心感は変わらず大きいですが、
宮崎さん、安達さんの存在も大きいです。

おもてなし、気配りも、LASHで学んだことを
活かせていると感じます。


仕事を1人で抱えすぎ、周りから「忙しそう」と
思われすぎている事が改善点です。
周りに頼る事と、心に余裕を持って仕事に臨みたいと
思います。


周りとの比較ではなく、自分自身の成長・怠慢を基準に
考える。


私の笑顔で安心して就職を決めた。
その気持ちはこれからも変わらないです。
と、柴崎さんから言われたことに、疲れた顔を
出しては、柴崎さんもモチベーションが下がるな、と気づきました。


笑顔で新人やスタッフを安心させていたいです。


あまり広範囲で物事を見てばかりせず、
もっと視野を近くにもってきて、目の前の問題点を見つけだし、
1つずつ解決し、将来へつなげるべきではと思いました。


趙さんにSRPの研修を行っていますが、自分が担当する部位
だけを復習している状態なので、他の部位もしっかりと
復習して、理解していきたいと思います。


感謝の気持ちを持ち、仕事する。


予防業務をしている時は、集中してできるのですが、
予防が入っていない時間をもっと有効に使っていくように
考えていこうと思います。


自分のアポが一列はいっているときは、自分のことにいっぱいに
なり、周りへの気配りができなくなります。
自分に余裕のないときにこそ、周りへの気配りができるように
なりたいと思います。


常に目標を意識して行動するようにし、
達成できそうな機会があった時は積極的に行動する。


まだまだ、忙しい時の動きがベテランスタッフさんたちに比べて
無駄が多いです。

物事の優先順位をもっと明確にして、無駄な時間を
過ごさないようにします。メインテナンス等でも、一人一人の方に
本当に必要な事を明確にし、ダラダラとチェアーを占領しないように
改善していきたいと思います。


積極的にカムカムを行い、少しでもお役に立ちたいと思います。
インカムを通じてのコミュニケーションがあまりよく分からないので、
スムーズに診療が進むように考えていきたいと思います。


<いつも、過去の自分より成長する    寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/17] インタビューコラム
いつも、お世話になっております
歯科医院経営マーケティング協会発刊
ニュースレター
Doing



昨日、その企画で私がインタビューを受けました。
インタビュアーは、代表の
中野 浩輔先生



私の
岡山大学歯学部の、同級生でもあります。
診療しながら、毎月、歯科業界のため
ニュースレター
出し続けるその
行動力と、強い意志敬服します。

ということで、今回の
インタビューの内容は、
以下の通り。

1、移転開業して、良かったこと、悪かったこと。

2、この10年間で変わったこと、変わっていないこと。

3、規模の大きい歯科医院ならではの人の悩みは?

4、歯科医師、歯科衛生士、受付、歯科助手の採用、教育は?

5、先生は何歳まで現役で歯科医療を行いますか?事業の継承は?

6、これから日本の歯科はどのような道を進むのか?

7、先生が今、力を入れている治療の分野、勉強しているもの?

私の
答えは、こんな感じ。

移転開業して、良かったこと、悪かったこと

良かったことは、ワクワク楽しい医院から人に優しい医院に移行できたこと。

①バリアフリー
エレベーター、手すりもない、2階と3階から
 車イス、ベビーカーでも、チェアーサイドまで案内できるようになったこと。
②カルテなどの収納。滅菌清掃レベルのアップ
 医院全体がすっきりし、スタッフも動きやすくなった。
③待ち時間の短縮
予約が取りやすくなった。
④福利厚生の充実
社員食堂、託児施設、人の採用、確保、研修ルーム活用。
⑤時短など、労働時間の短縮と労働環境の改善
その結果、おもてなし経営企業選、ホワイト企業大賞受賞した。

悪かったこと
①移転当初は、思った以上に患者様が増え、
スタッフの新規採用、教育がおいつかない。
②さらに、予約が取れない、忙しいで人がやめたり、
スタッフ、患者様からのクレームもあった。
③家賃、電気代が上昇。
④2階から3階への移転。
 さらに入りにくくなったかも。
 以前、医療テナントの一部だったが、3階単独になったこと。

 
この10年間で変わったこと、変わっていないこと

変わったことは
コンセプトがワクワク楽しいから人に優しい医院に。
医院の新規移転による場所、内装、スタッフの顔ぶれ。
保育士、栄養士、看護師、経営サポーターなどの新たな役職を増した。

変わっていないことは思いや雰囲気、スマイル&コミュニケーション。

規模の大きい歯科医院ならではの人の悩みは?

人の悩みはつきません。
女性なので、結婚、出産もあるので、
5年から10年常勤でいることは難しい。
幸い、パート、アルバイトで勤務しているスタッフも多い。
子連れ勤務の衛生士メンバーが4名いる。
そのため、託児ルームが手狭になったり、
事業所内保育も視野に入れています。


などなど。

さらに今日のお昼休み、これまた私がいつもお世話になっております
経営戦略研究所主催の、
歯科医院スーパーTC育成塾参加の
谷口君より、課題である
院長インタビューも受けました。



質問は、以下の通り。

医院の名前の由来、院長先生はなぜ開業しようと思ったのか?
また、なぜ今の場所に開業したのか?

医院の理念は?院長が歯科医師になろうと思ったのは?
どうして、そのような理念になったのか?

開業当初、どんな苦労や喜びがあったのか?

院長の治療、患者様に対する想いは?
院長の治療に対するこだわりは?

院長は何に喜びを感じ、何に怒りを感じるのか?

院長がスタッフにこうしてほしいと思ってるのは何か?

院長がスタッフにこれはしてほしくないと思ってることは何か?

院長はどんな思いで今回、自分にTC育成塾に参加してもらおうと思ったのか?
自分にこれからどんなことを期待してるのか?

院長は5年後、10年後、この医院をどのようにしていきたいのか?

私の
答えは、こんな感じ。

院長はなぜ、歯科医師になろうと思ったのか?

私は、商売人の息子。
小さい時から会社と自宅が同じで、いつも父の働く姿を見てきました。
その中で、何となく父のように技術や才能を身に付け、そして周囲の人を喜ばせたい、
そう、思うようになりました。
そんな時、運命のイタズラが…(幸運の神様が、私にほほ笑んでくれました)。

高校3年生の冬、共通一次テストで失敗し、呆然としていた私に、
親友が手渡してくれた一通の願書。
それは、岡山大学歯学部のものでした。
それまで、歯科医師を職業にしようとは思ってもいませんでした。

しかし、友人の何気ない好意が、失意のどん底にいた私に、
小さな一歩を踏み出す、きっかけとなりました。
その時、心に芽生えた言葉、それは、
「私は、周囲の人に喜んで頂ける歯科医師になる」。



院長はなぜ、開業しようと思ったのか?

私は、商売人の息子(くどいですが)。
入学当初から、自分で起業したい。
自分の力を、試したい。
そして、周囲の人全てを幸せにしたい。

学生時代から、出きるだけ早く開業して、
成功する歯科医師になると、決めていました(決めれば、そうなるんですね)。
そのため、パブのウエイターやホテルのフロントマンなど、
アルバイトをしながら、接客業を学んでいました。

本当に多くのことを、学びました。
最高に、楽しかったです。
お金はありませんでしたが、無限の可能性と大きな夢はありました。

開業して、こんなことがしたい。
あんなことをしよう。
こんな人とお付き合いしたい。

具体的になればなる程、早く開業したくなりました。
その結果、同級生で一番早く開業しました(これだけは今でも自慢です)。
そして、一番早く成功(?)しました。



院長はなぜ、この場所で医院を開業したのか?

実は私は、優柔不断。
そして、自信家。
4年間の勤務医時代、華々しく活躍をしていた私は、
どこで開業しても成功する、そんな、鼻もちならないデンティストでした。
(それは、大きな勘違いだったことが、開業後すぐわかりましたが。)

そんなある日、妻の義父が医院を新しくするので
一緒にやらないか、という有難いお話がありました。

優柔不断で自信家の私は、
立地はあまり良くないが、そこまで私のことを買ってくれるならと思い、
「いいですよ」と一発返事。

そうと決まれば、早かったです。
あれよあれよという間に、オープンしました(1991年6月8日)。

ここでも、運命のイタズラが…。
幸運の女神はいつも私を、優しく見守ってくれました。



院長はどのような事に対し喜びを感じ、
どのような事に対し怒りを感じるのか?


歯科医師人生、早21年。(2008年4月現在)
とはいってもまだまだ私は、修行の身。
喜怒哀楽、浮き沈みが激しいです。
メンバーの満足そうな表情や、心からの笑顔を見ては喜び、
患者様の立場に立った行動をしてくれないドクターを見ては、
悲しみに涙します。

しかし、感情は全て自分が作り出したもの。
なぜ人がそのような行動をするのか、またしなければならないのか、
本質を考える(見抜く)ようになれば、心が乱れることもなくなります
(そう信じています)。

常に、プラス受信、プラス発想
たとえ、思いがけないトラブルが発生しても、
自分を成長させてくれることが、まだまだこんなに沢山ある。
その機会を与えてくれる環境を作ってくれているメンバーに、感謝感謝。
そして出来ていない自分に、日々反省。


院長は、自分の医院で働くスタッフに対して、
どうあってほしいと思っているのか?


私の愛するチームメンバーへの、7つの願い

① まずは仕事を、楽しんで下さい。
   なぜなら、仕事が楽しいから、プライベートも楽しくなります。

② 仕事を通じ、人間的に成長して下さい。
   仕事はやはり、うまくいかないことだらけ。
   しかし、逃げないで、そこから学び続けることで人は成長していきます。

③ 夢は願い続ければ、必ず叶います。
   なぜなら人の可能性は、無限大だから。
   お願いだから、自分で自分の可能性を消さないでね。
   私はいつまでも、あなたのことを応援しています。

④ あなたは一人じゃない、素晴らしい仲間がいます。
   信じきれる友が、いる。
   何でも話せる友が、いる。
   離れていても心は通じ合っている友が、いる。
   結局人は、一人では生きていけないものなのです。

⑤ 諦めず、チャレンジし続けて下さい。
   いつも輝いているあなたには、必ず幸運が訪れます。
   いつも目標を持っているあなたには、必ずチャンスが
   訪れます。
   いつも一生懸命努力しているあなたには、
   必ず、運命的な出会いが訪れます。
   だから、今の気持ちのままでいて下さい。

⑥ いつも、奉仕の精神を持って下さい。
   与えて、与えて、与え続けられる人になって下さい
  (私も出来ていません)。
   そんな人であふれる医院には、多くの恵みがあると思います。

⑦ 人の幸せを心から喜べる、清らかな心を持って下さい。
   なぜなら、清らな心を持つことで、他人の幸せが、
   自分の幸せになります。
   他人の成長が、自分の成長になります。
   部下が、どんどん成長するリーダーになって頂きたいと思います。



院長は来院している患者様に対して、
どんな思いを抱いて診療しているのか?



お口の健康のみならず、心の健康にまで繋がる、
医療サービスを提供していきたいと、思っています。

すなわち、虫歯や歯周病のその先にあるもの。

「こんな医院に、出会えて良かった」
「こんな医院なら、ずっと通いたい」
「こんな医院を、もっと早く知りたかった」
「ここに来ると、元気が出る」
「一生が、変わった」
「夢が、実現できた」
「生きる喜びを、与えてもらった」

医療を通じ、患者様に夢と希望、愛と感動を与えたいと、
本気で思っています。

カムカムクラブに通う、子供さんたちには、

「大人になると夢が叶うぞ、仕事は楽しいよ。
だから、今から将来なりたい自分をしっかりと持とうね」
という、夢メッセージを。

ウエルカムサロンに通う、人たちには

「豊かで実りある、楽しい人生を送って下さいね。
そのため私たちは、出来る限りサポートします。
あなたは、一人ではありませんよ。」
という、愛メッセージを。

これからも、私たちの医院を訪れる多くの人に
心からのメッセージを、送り続けます。



院長は5年後、10年後、この医院をどのようにしていきたいか?

私の将来の夢は、ここに集まる全ての人を幸せにしたい。
また、ここに集まる全ての人と、一生のお付き合いをしたい。

例えば

・若手ドクターであれば、経営者としての考えを身に付け、
 夢のある医院を作ってほしい。

・メンバーであれば、一人一人が生き生き輝き、自己成長し続けてほしい。
 そして皆で励まし、理解し合い、協力し合える最高のチームを作ってほしい。

・来院される患者様には、感謝、感動、そして夢を与え続けたいと、本気で思っています。
 私たちだから出来ること、私たちにしか出来ないこと、
 とことん、こだわりたいと思います。

志は天より高く、夢は空より大きく、そして愛は海より深く。
そんな尽きることのない願い、思いをこれから5年、10年先も持ち続け、
そして一つずつ、着実に実施していきます。

今から5年、10年後の自分、医院を想像するだけで、ワクワクしてきました。
みんなの夢が叶う、愛と感動の“ヨリタワールド”実現します。

インタビューを受けることで、
自分の考え
より
明確にすることが、出来ます。
その意味では、私にとっても
有難いこと。

3月末には、
デンタルダイヤモンド社
インタビューも、予定されています。

こちらも、今から
楽しみです。



追伸

本日で、
滅菌消毒を行って頂いた
スマイルサポーター 橋本 富久子さん
退職と、なりました。

4年2ヶ月に渡り、文字通り私たちをサポートして頂き、
本当に、ありがとうございます。




<質問に答えることで、明確に自分を知るいい機会になる  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/14] 全体ミーティング
毎週月曜日は、午前の診療を早目に
切り上げ、
全体ミーティングを開催しています。

そして、今回は以下の
テーマについて4つの班に
メンバー全員が分かれ、話し合うことにしました。

・全体的な人数が把握できていない

・指示のもと、アポをとっているのを全体的に分かりやすくする方法

・勤務に交代が多く、毎日の出勤人数が一定ではない問題

・少し早く来た患者様をする導入することにより衛生士の数が足りない時がある



まずは、チームに分かれて
ミーティング





そして、
リーダーが発表



そして、それについて
各役職から、
意見
を出し合いました。

皆で、
同じテーマで話し合うこと、
皆の意見や考えを、シェア
すること、
そして
自分自身の立場で、意見を述べること、
大切であると、実感しました。

<これからも、皆で話し合う場を作る  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/13] 経営塾 第1回ベーシックコース参加
12日の日曜日、いつもお世話になっています
株式会社経営戦略研究所
代表 岩渕 龍正さん)が主催する、
歯科医院地域一番実践経営塾 第4回に、オブザーバーとして、
参加して来ました。

場所は大阪市中央区本町にある、
シティプラザ大阪



参加者は、
約120名
タイムスケジュールは、こんな感じ。


11:00~13:30 実践経営塾のオリエンテーションとチーム決め
            
            今回ご参加いただく、実践経営塾についてのご説明と
            歯科医院地域一番実践塾の紹介をさせていただきます。
            その後、チーム決めを行います。
            1.チームリーダー決め
            2.チームメンバー決め
            3.チームメンバー同士の自己紹介 を行います。

            ※同じ医院、同じ医療法人の方は、同じチームに
             なることができません。

14:15~15:45 ゲスト講師の講座
            広島県開業 医療法人幸美会 なかむら歯科クリニック
            理事長 中村 幸生 先生

15:55~17:00
17:10~18:45  地域一番化マスター 岩渕龍正の講座
             「マーケティング力を強化する」方法を中心に
             お伝えしていきます。

             マーケティングとは何でしょうか…?
             それは…
             その答えとマーケティング力を強化するための
             具体的な方法をお伝えします。
             先ずは、基本的なお話から進めて行きたいと思います。

             見込み患者、新規患者を増やすための方法を中心に
             お伝えしていきます。 



岩渕さんより、ベーシックコースの紹介です。
頂いた資料より、一部抜粋
今回、皆様にお申込みいただきました経営塾ベーシックコースは、
歯科医院経営においての基礎・基本を中心に話を進めてまいります。
基本的な内容を1つ1つお伝えしていきますので、
しっかりと実践していただきますよう、お願いします。


何度もお伝えしておりますが、経営塾は実践することに
主眼をおいています。

セミナー中にも、実践がありますし、次回のセミナーまでの
2ヶ月~3ヶ月の間にも、多くの実践をすることが迫られています。
そして、その実践が大きな成長となるのです。

院長だけではなく、参加するスタッフ1人1人が目的意識を持ち、
「参加させられる」という受身の姿勢ではなく、自ら参加するという
積極的な意識を持たなければ、やり遂げることは難しいかもしれません。


しかし、その1年間をやり遂げた後には、多くのものをあなたが
手にしていることと思います。

なぜなら、困難を乗り越えることで、人は成長し、
その困難を乗り換える過程を共有することで、仲間となるからだと思います。


これまでもそうでしたが、経営塾に参加して「さあ、凄いことを教えてくれ」というスタンスの方には得るものがあまりないかもしれません。
「何を実行しようか」「どうやって積極的に参加しようか」という姿勢の方は
大いに伸びます。しかし、それは経営塾に限ったことではないのでしょうか?

経営塾を盛り上げるため、経営塾をより実り多いものにするために、
私も全力投球で頑張ります。
しかし、私だけの力ではとても160名以上の会場をまとめていくことは
できません。

素晴しく意識の高い皆さんの集まりです。
院長だけに限らず、スタッフの皆さんもどんどん積極的に参加し、
リーダーシップを発揮して行って欲しいと思います。

経営塾において、単に医院の業績が上がったというだけでなく、
参加される方が「多くの人生の気づきと人生の豊かさ」を
手にすることが出来れば、幸いです。


また、経営塾メンバー同士が、同じ志を持った同士として、
お互いに刺激しあい、切磋琢磨し、どんどんレベルアップしていく、
そんな素晴しい集まりにしていきたいと考えております。



何度聞いても、
初めて聞いたような刺激を受けることが出来る
ベーシックコース

この一年も、4回コースを通じ、

経営者
としてのマーケティングマネージメント
学んでまいります。

<学んだことは、即実践  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/12] 課外授業 その②
木曜に続き、金曜日も新大阪歯科衛生士専門学校
昼間部 夜間部1年生 63名が、課外授業として
私たちの医院を訪問します。

ということで、本日は
午前昼間部午後夜間部
学生さんが訪問しました。

タイムスケジュールは、以下の通り。

午前のスケジュール

   ~ 9:00  セミナールーム入室、オリエンテーション(挨拶・スケジュール発表)
9:00 ~ 9:20  アイスブレーク(歯科クイズ)
9:20 ~ 9:30  DHスピーチ
9:30 ~ 9:50  "診療見学(一般診療台と予防サロンのみ見学)&ワーク
         ※2グループに分かれます
         グループ1:診療見学、グループ2:ワーク 10分
         グループ1:ワーク、グループ2:診療見学 10分"
9:50~10:30  "ストーリーワーク
         ※集中力が切れていそうなら、前後に5分休憩入れる"
10:30 ~ 11:20 院長講話
11:20 ~ 11:30 感想文記入

~ 16:30      セミナールーム入室、オリエンテーション
           (挨拶・スケジュール発表)
16:30 ~ 16:50   アイスブレーク(歯科クイズ)
16:50 ~ 17:15   "診療見学(一般診療台と予防サロンのみ見学)&ワーク
            ※2グループに分かれます
            グループ1:診療見学、グループ2:ワーク 12分
            グループ1:ワーク、グループ2:診療見学 12分"

17:15 ~ 17:25    DHスピーチ
17:25 ~ 18:00    ストーリーワーク
18:00 ~ 18:50    院長講話
18:50 ~ 19:00    感想文記入

今回も、
医院見学ワーク、そして当院の
衛生士 田村さんにお話して頂きました。








明日も、
後半組が訪れます。

以下は、参加者の
感想の一部です。
ご興味のあるあなたは、是非お読みくださいね。

お話をお聞きして、私自身どういう歯科衛生士になりたいかを
しっかり考えた事がなかったので、これからしっかりと
理想の衛生士像というのを
考えていきたいと思いました。


受付の方のユニフォームも、ホテルのフロントの方みたいで、
めずらしいと思いました。

働かれている方は、みんなイキイキ楽しそうだな
と思いました。
将来、このような歯科医院に就職できたらいいな、
と思いました。


いっぱい失敗して、色々な経験を重ねて、
夢と希望あふれる人生、歯科衛生士になりたいと
思いました。


寄田院長のムービー、すごく感動しました。
私は衛生士になりたいと思っていますが、まだ明確な目標は
ないので、あと2年で何か見つけられればいいかなと
思ってました。

それでは遅いのかと院長のムービーを見て、思いました。

この1年ただ勉強してきただけで、何も理想像を描けていないので、
これからもよく考えようと思います。



先輩衛生士さんや、寄田院長のお話を聞いたり、
実際の現場を診させて頂いて、自分が目指す衛生士像が
できました。

最近、自分は本当に衛生士に向いているのか不安に
なっていたので、今日の実習のおかげで、
絶対衛生士になろうという気持ちになりました。
とても楽しく、心に残る実習になりました。


とても興味を持ちました。
私もこんな歯科クリニックで就職したいな、と思い
今の私のままでは、努力も、知識も全然なく、
アルバイトでも怒ることが多いので、こんな楽しそうな
歯科で働くには、もっともっと努力が必要だと思いました。

歯科衛生士としてだけでなく、人間としても成長できる
素敵な場所だと思いました。


1年生の終わりに、とても貴重なお話が聞けて良かったです。
私は、器具に興味があり、それが触りたいがためだけに、
この道を目指しました。


なので、正直、どんな衛生士さんになりたいとか、
やりがいなど全然明確ではありません。

せも、お話を聞いて、感動、感謝、ワクワクはとても
良いなと思いました。

春休み中、遅れている分を少しでも取り戻して、あと2年間
頑張りたいです。



今回、実際に衛生士さんや医院の中を見学させてもらい、
自分の未来像ができたような気がします。

自分を治療中心ではなく、予防中心の医院で働いてみたいと
思うことができました。


また、院長がおっしゃっていたことを忘れずに、
全てのことにおいても自分で決めるということを
していきたいと思います。


スタッフの笑顔もステキで、ヨリタ院長もとても
話しかけやすい方でした。
1人1人が輝いて見えました。


衛生士の国家試験に合格することが目標だったのですが、
今日のお話を聞き、どのような衛生士になりたいのか、
明確にして、学生生活を送りたいと思います。


今回、ヨリタ歯科で見学や話を聞かせてもらって、
今まで見たことのない歯科医院で、ホテルのような見た目で、
本当にすごいなと思いました。

また、寄田先生は色んな経験をして、失敗してもあきらめず、
そして今、夢が実現していて、努力とあきらめないことは
大切なんだということを学びました。



寄田院長のお話を聞き、私はまだどんな衛生士になりたいだとか、
どんな所に働きたいとかのイメージがありません
なので、イメージをし、その目標に向かって、やっていくと、
今よりもやる気が出ると聞き、これから研究先にも行き、
勉強をして考えていきたいなと感じました。


予防室の見学をさせて頂いて、心に残ったことは、
歯科衛生士さんと患者様との距離間が近いと思いました。

近いというのは、患者様が心を開いて、話していることです。

私も将来、今日見学させて頂いた歯科衛生士さんのように、
コミュニケーションがしっかりでき、信頼してもらえる
歯科衛生士さんになりたいです。

先生の動画を見て、私もこれからもっと努力してがんばろうと
思えました。



医院に入った瞬間、ホテルのロビーみたいだと、非常に驚きました。

衛生士さんの予防ルームや、ドクターの治療室を見学させて頂いて、
患者さまひとりひとりのプライベートを守りながら、予防と治療を
しているんだなあ、と思いました。


寄田院長のお話を聞いて、最初はどんな理由でこの業界に
入ったかはともかく、入ったからには、上を目指して、
自分を高めていく事が大事だと、思いました。



今日、課外授業に行かせて頂き、すごくこれからの役に立つ事を
学ぶことができました。

今、学校や歯科助手のアルバイトでとても大変だと思う中で、
自分は本当に衛生士になれるのか?や、衛生士に向いているのか
なととても悩んでいましたが、今日のお話を聞かせて頂いて、
とても勇気が出て、あと2年間の学生生活を、目標を持って
頑張ろうと思いました。


今まで、まだ2年後の事だからと、自分がどんな医院で働きたい
と考えた事がなかったので、自分のなりたい衛生士を考えられる
とてもいい機会になりました。

ワクワク楽しい歯科医院にするには、1人1人の気持ちが重要
だな、と感じました。

そして、寄田院長のお話を聞いて、自分で行動を起こすことは
自分のこれからも道を作る、とても大切な事だと思いました。


今回、ヨリタ歯科医院も見学させて頂き、自分が思い描く
歯科医院とは、まったく違っていました。

歯科医院は、怖いという感情を持つ人がすごく多いと思いますが、
感動、感謝、楽しさを大切にしていらっしゃる
ヨリタ歯科クリニックのコンセプトでなら、歯医者さんに行こうと
思える環境だな、と思い、すごく感動しました。


今回の課外研修の感想は、今までの歯科員とは全く違うイメージで、
とても楽しそうだと、思いました。


歯科衛生士さんが個室で予防処置をされていて、
私も衛生士になって、予防をしてみたいと思いました。


院内を見学させていただいた時に、スタッフの方に笑顔で
挨拶を返していただいたこと、患者様とスタッフの方の会話を
聞くと、緊張感があまりなく、話しやすそうな雰囲気でした。

医院の方針も、ディズニーランドとライバルとして
やっていると知って、驚きましたが、楽しい歯科医院なんて
始めてなので、すごいと思いました。


今回は、貴重な体験をさせて頂いて、ありがとうございます。
私は今、歯科医院でバイトをしていますが、
その歯科医院にはない、充実した設備、
スタッフのいきいきした表情、院長先生の素敵な考え方に
とても感銘を受けました。

これから歯科衛生士になるにあたって、心構えや大事なことを
今回の課外研修でたくさん学び、吸収できたと思います。

残りの学生生活、がんばって素敵な衛生士になりたいです。



ヨリタ歯科が、大切にしている感動、感謝、ワクワク楽しいという
項目は、歯科医院では無さそうな事ばかりなのに、それらを実現されていて、
素晴らしい歯科医院だと思いました、

また、見学させて頂いた時も、予防ルームなどで
歯科衛生士さんが仕事をしている所は、キラキラ輝いていました。

私もキラキラ仕事が出来る、歯科衛生士になりたいです。


クイズや診療見学やストーリームービー、院長の貴重なお話、
貴重な体験をさせて頂いて、本当にありがとうございました。


ヨリタ歯科クリニックの大切にしてる事が、本当に心に響き、
良い歯科医院なんだと思いました。

そして、将来時分が歯科衛生士を目指す中で、どの様な人に
なりたいか、自分像を少しでも考え、イメージすることが
できました。


今回、ヨリタ歯科を見学させて頂いて、こんな歯医者もあるんだ
と驚きました。

患者さまだけでなく、スタッフ、取引先全ての人のことを考え、
おもてなしの心があるからこその医院なんだなと感じました。

私は、まだ自分の将来があまり考えられていなくて、
なんとなく毎日をすごしていますが、少しイメージできたような気がします。


ヨリタ歯科医院で、本日課外研修をさせて頂き、
学んだ事はここに書ききれないほど、本当に沢山ありますが、
「歯科衛生士という仕事の価値や、やりがい」を
心の奥が震えるような感動のお話、漢学で学ばせて頂き、
改めて、
「絶対に夢を叶え、患者様の健康の未来を創っていきたい!」
と決意ができました。


寄田院長や、衛生士さんのお話を聞いて、まだ今からでも
がんばれば、自分の目指している衛生士さんになれるかもしれないと
前向きに考えることができました。

治療風景や、歯科衛生士さんのお話、院長のお話を聞き、さらに
歯科衛生士さんになりたいという気持ちが、大きくなりました。

また、院長が、この道を選んでよかったと衛生士への道を
いってくださり、さらに頑張ろうと思えました。


今回、研修に来させていただいて、歯科衛生士としての
仕事の重要さや、必要性を知ることができました。

そして、院長先生のように、大きな目標を持って
毎日の勉強や実習に取りくみ、患者様から、「ありがとう」
の言葉をいただけるような衛生士になりたいと、改めて
思いました。

そのためにも、私自身、毎日感謝の気持ちを忘れずに
過ごしたいと思います。


最初にグループワークから始まったのが、すごく良かったです。
今後の参考になることや、知らなかったことも学べたし、少し
緊張していましたが、楽しくて緊張がほぐれました。


院内見学では、たくさんの治療室があり、全てが清潔で、
スタッフの皆さんも明るくあいさつしてくださり、
全体が明るく元気なのが伝わってきました。


今まで見てきた歯科医院や、話を聞いてきた歯科医院の中で、
本当に1番おもてなしの凄い歯科医院だと思いました。

今回の研修で、ヨリタ歯科の様な医院に勤めたいなと感じました。
院内の雰囲気もすごくキレイで設備もすごかったです。



今日の見学はとても楽しかったです。
最初にヨリタ歯科クリニックを見てすごくキレイで
驚きました。

また、スタッフの多い事など驚くことばかりでした。
お話を聞いていくなかで、感動、感謝、ワクワク楽しいを
目標にしていると聞き、私も歯科衛生士になった際、
感動、感謝を届け、楽しいと思ってもらえるような歯科衛生士に
なりたいと、思いました。


絶対、誰に対しても感謝するべきことはあるのだと
思いました。
私も、子どものこと歯医者が苦手だったでの、そういう
ワクワクした歯科医院は、すばらしいと思いました。

また、患者とても言ってみたいのですが、
働いてみたいという気持ちになり、衛生士の仕事が
どれだけ良い職業かを気付けました。


実際に、歯科衛生士さんがどのように治療しているの
かを、初めて見学させていただき、とても楽しかったです。

キュレットスケーラーの操作など、患者様にしている所は
現場でないと見れないこと、院長そして臨床先の医院の雰囲気など
自分自身で体験でき、緊張感が知れました。

また、田村さんが怖がらず、失敗しても大丈夫との
言葉を頂けました。


今迄何件もの歯科医院を見学してきましたが、
こんなにも清潔感にあふれ、スタッフが生き生き働いて
おられる所は初めてでした。

院長先生の思いをスタッフがしっかり引き継いで
おられるのだと、思いました。

歯科衛生士として大切なことや守るべきことや
クイズでの情報など、今日お聞きしたことは
どれも為になりました。



患者さまが、笑顔で歯医者に来院されている事が
すごいと思いました。

利益主義ではなく、その人の為、予防はもちろん、歯科医院は
親しみのある場であるべきだと思います。


診療室もとてもキレイで安心して通えているのだと
思います。

私も通うなら、このような歯科医院に通いたいと
思いました。

今日、見学させて頂いた事は、今後活かしていける
ように、私達も頑張ります。


ホワイト企業のヨリタ歯科で有名な事は知っていたので、
今回見学に来させて頂けることになって、とても楽しみに
していました。

院内は広く、キレイで、スタッフの方が活き活き
働かれていました。

また、先輩衛生士さんや寄田院長のお話を聞いて、
衛生士を目指して良かったと自信がつきました。


グループワークでは
普段直接ありがとうという事を言えてない中、
「~してくれてありがとう」を言ったり、
言うことが、とても幸せな気持ちになると
分かりました。

院長や衛生士の方に、直接話を聞けたり、
グループワークを通じて衛生士としての
やりがいや価値を見出し、再確認できました。
ありがとうございました。


今日のセミナーで、自分1人で生活している
訳ではないと思ってはいたのですが、
どこかで独りよがりに進んでしまってた所が
沢山あったなと振り返れました。

相手がいるという大切さが、一番だと
身に感じ、意見や考えが合わない事もあるとは
思うのですが、何があっても自分からよりそう
という事を改めて見つめ直し、行動していきたいと
思いました。


本日は、本当にありがとうございました。
初めに、医院に入ってきたときに
すごくきれいで、何よりスタッフのみなさんが
とても素敵な笑顔だったので、とても印象的でした。


院長先生のお話を聞いて、
スタッフを大事にしていて、そのことによって
スタッフも1人1人やりがいをもって仕事を
していて、思いやりがあるからこそ、患者さまも
安心して通うことができていると感じました。


また、グループワークなどで、
感謝の気持ちを大切にする事や、
ワクワクする気持ちなど、歯科衛生士という
お仕事に対して、あまり関係ないと思っていた事は
本当は、すごく大切なのだと気がつくことができ、
本当に勉強になりました。


院長のお話をお聞きして、院長の目指している
テーマがディズニーであるということなので、
エンターテイメントも含めた歯科医院は
すごく素晴らしいテーマであったので
感動しました。



本当は、短い時間ですが、医院の中を見せて頂き
本当にありがとうございました。

入学当初は、病院で働きたいと思っていたのですが、
今日の体験を通じて、歯科衛生士はこうあるべきだし、
こういう職場で、自分の技術向上につなげていきたいと
心から思う事が出来ました。



学生生活1年が終わり、色々つらく、
大変なこともありましたが、
今日セミナーを聞かせて頂き、
1年前の自分の入学の決意と、想いが
甦ってきました。

衛生士という仕事は、人に夢や希望を
与えることのできる、とてもステキな仕事だと
いうことを教えて頂き、今日みんなでセミナーを
聞く事ができて、本当によかったです。



こんなに大きな歯科医院に来たのは初めてで、
すごく楽しみにしてきました。
働かれているみなさんが、輝いて見えて、
本当に楽しそうに仕事をされているのを
感じました。

将来、どんな歯科衛生士になりたいか
目標を持って、今から勉強していくことが
大切だと思いました。

私も将来、こんなに楽しく働ける職場で
働きたいと思いました。


普段、自分のパート先の歯科医院でしか
見ることがないので、とても驚くこと
ばかりでした。

院長先生の考え方もとても素晴らしいし、
こんな所で働けているスタッフは、幸せ
だなあと思いました。

各ポジションに専属スタッフがいて、
それぞれのプロになるという所が
実際に実現できていて
すごいと思いました。


院長をはじめ、ヨリタ歯科クリニックのおもてなしに
感動しました。

改めて、歯科衛生士になる道を選んで良かったと
思えました。

私はまだまだ、どんあ専門分野に進んでいくか、
どんな歯科衛生士になるか明確ではありませんが、
就職する時は、ヨリタ歯科クリニックさんのような
素敵な歯科医院で働きだいです。


今日、ヨリタ歯科医院様で、お話や見学をさせて頂いて
常に相手、私達や患者様、スタッフの方に対しての
思いやりを感じました。

大切にお話をして頂いている事、
私達の事を思って伝えて頂いている事を感じ、
伝わってきました。


受付に座っている患者様、スタッフの皆様がとても笑顔で
楽しそうで、私もこんな素敵な環境の医院につとめ、
成長したいと思いました。


衛生士の方のお話も、今の自分と凄く当てはまる
ところがあって、参考になりました。

院長先生がお話されていたように、2年後どうなって
いたいのか、しっかりと目標をもってすごしていきます。



クイズや仲間同士でのコミュニケーションなど
とても楽しく歯科という仕事、衛生士としての
職業を学べたと思います。

私も普段、歯科で働いていますが、
ヨリタ歯科のみなさんみたいに、笑顔で勤務できて
いるのか考えさせられました。

どんな職業でも、大事な根本を見失わずに
向き合う事が改めて大切だと感じました。



自分自身が歯科衛生士を目指すにあたって、
本当に向いているかな、と悩むこともありましたが
やってみないと分からないですし、
自分自身を考え直す機会にもなりました。


この研修での思ったことや、グループでの
話し合いで話したことなど、
これからも大切にし、試験や臨床実習も
乗り越えていけるようにがんばりたいと思います。


今ちょうど、明確な目標、理想とする歯科衛生士像が
持てずに、モチベーションが保てない時期でした。

しっかりとしたゴールのビジョンを持たないと、
目標達成が難しいことを実感しました。


まず、こんなにチェア数のある歯科に来たことが
なかったので、とても大きくて驚きました。

院長先生が、ホテルのフロントマンをされていた
経験があるという事を聞いて、高橋さんたちが
着ている服装にも納得がいきました。

歯科医院というより、普通の企業のように
食堂があったり、キッズルームがあったりと
とても従業員思いなクリニックだと思い、
森永さんは、良い所で働いているなあと思いました。



たくさんの歯科医院がある中で、
おもてなしを一番に考えていることが、
すごく伝わってきました。

見学をさせて頂いた時に、仕事を
一生懸命されている中でも、楽しそうに
されていたので、やりがいがあって、
毎日過ごされているんだと、感じました。

どんな患者さまでも、1人1人を
大切されていることが良くわかりました。



歯科医院は、堅苦しい所だと思っていましたが、
今日お話しを聞いて、自分のイメージしていた
ものとは、全然違うなと思いました。


狭い範囲でしか、まわりを見ることが
できていませんでしたが、
もっと広く視野を広げることが
できるんだなと感じました。


いつも研修といえば、座学と思い込んでいましたが、
皆が参加できて、楽しみながら学ぶことが出来ました。

スタッフの方々の気配りや言葉遣いも徹底されていて、
学ばせていただきに来ているのに、もてなしていただいて
いるという気持ちになりました。



本日は、皆様お忙しい中、ご準備を頂き、
本当にありがとうございました。

待合室に入った瞬間から、この歯科医院は
他とは違うな、と思いました。

診療台や、消毒室を見学させて頂きましたが
まだまだ見てみたい所がたくさんあり、今後の
歯科業務に生かせることがたくさんありました。


学校生活が1年たち、少しモチベーションが
下がっていた所があったのですが、
ヨリタ歯科クリニックで働かれている
スタッフの方々を見て、
自分が衛生士を目指した時の気持ちを
思い出し、将来へ向けてのビジョンが
明るくなりました。



今まで自分が見てきた歯科医院と
あまりに違いすぎて驚きました。

それと同時に、自分の歯科衛生士に
なりたいと思った曽木の気持ちを
思いだしました。

私が衛生士になりたいと思ったのは、
患者さまと関わる中で、色々な事を教わり、
また私を信頼してくださったその気持ちに
対してお返しがしたかったからです。


初めてヨリタ歯科クリニックに来て思ったのが、
スタッフのみなさんが笑顔で迎えてくれ、
私はすごく緊張をしていたのですが、
すぐに緊張がとけました。



実際に、歯科衛生士さんの施術を近くで
見たり、衛生士としてのやりがいのお話を
聞かせて頂いて、すごく勉強になりました。

患者さまに信頼してもらって、
自分宛てに通って頂いたり、
患者様が良くなっていくのを見ていくのに、
すごくやりがいのある仕事で、
私も絶対に歯科衛生士になって、同じ様な
気持ちになりたいです。



今日は、貴重なお話、体験ができ
とても楽しく、また改めて自分が衛生士を目指す
上での目標やイメージを再確認できました。

今、まだ1年で辛いこと、不安なことばかりで
心が折れている状態ですが、先生のお話を聞き、
もっと辛い事があった方が、乗り越えれると
おっしゃっていたので、2年間の学生生活を
がんばっていきたいと思いました。



先輩衛生士の田村さんのお話もすごく分かって
とても親近感がわきました。
患者さまがとても嬉しそうに、「ありがとう」と
言ってくれるのが、何ともいえない程、やりがいを
感じる瞬間です。



今日、見学や講義を聞かせてただいて
こんなにも素敵な歯科医院があることにおどろきました。

寄田院長のスタッフへの愛や、仕事を楽しみながらやる!
という気持ちが、忙しいにもかかわらず、
そのような素敵な気持ちを忘れずに、仕事をされている
所がとても感動しました。

自分の成長に、歯科医院選びはとても大切だと思いました。


ヨリタ歯科クリニック様の経営理念や
治療方針を見学し、お話を聞かせて頂くことで、
歯科衛生士という職業につくことの喜びや楽しみを
知ることが出来ました。

院長がおっしゃったように、目標を明確に持つことで
失敗を沢山しても、最後には全て自分の身になり、
毎日充実した日々を過ごすことが出来るんだということ、
これから忘れずに頑張っていきたいと思う事ができました。


<夢は、願えば叶う  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/9] 課外授業
先週に続き、今週は新大阪歯科衛生士専門学校
昼間部 夜間部1年生の皆様が、課外授業として
私たちの医院を訪問しました。

タイムスケジュールは、以下の通り。

午前のスケジュール

   ~ 9:00  セミナールーム入室、オリエンテーション(挨拶・スケジュール発表)
9:00 ~ 9:20  アイスブレーク(歯科クイズ)
9:20 ~ 9:30  DHスピーチ
9:30 ~ 9:50  "診療見学(一般診療台と予防サロンのみ見学)&ワーク
         ※2グループに分かれます
         グループ1:診療見学、グループ2:ワーク 10分
         グループ1:ワーク、グループ2:診療見学 10分"
9:50~10:30  "ストーリーワーク
         ※集中力が切れていそうなら、前後に5分休憩入れる"
10:30 ~ 11:20 院長講話
11:20 ~ 11:30 感想文記入

~ 16:30      セミナールーム入室、オリエンテーション
           (挨拶・スケジュール発表)
16:30 ~ 16:50   アイスブレーク(歯科クイズ)
16:50 ~ 17:15   "診療見学(一般診療台と予防サロンのみ見学)&ワーク
            ※2グループに分かれます
            グループ1:診療見学、グループ2:ワーク 12分
            グループ1:ワーク、グループ2:診療見学 12分"

17:15 ~ 17:25    DHスピーチ
17:25 ~ 18:00    ストーリーワーク
18:00 ~ 18:50    院長講話
18:50 ~ 19:00    感想文記入

今回も、
医院見学ワーク、そして当院の
衛生士 上手さんにお話して頂きました。








明日も、
後半組が訪れます。

以下は、参加者の
感想の一部です。
ご興味のあるあなたは、是非お読みくださいね。

ヨリタ歯科クリニックの「テーマパークに学ぶ予防の為の歯科治療」という
方針に、すごく興味・感心が持てました。

患者様が楽しんで治療や予防に来られる、まさに理想の歯科医院だと
思いました。

将来歯科衛生士になることが出来たら、こんな職場で働いてみたいと
思います。

歯科衛生士になると決めて、この1年間勉強してきましたが、
具体的にどうなっていくのか、どうしたいのかを考えていませんでした。
勉強も、今をこなすようなものばかりで、内容のないものになってしまっている
かもしれません。

ですが、今回の体験を通じて、人の気持ちを考えて、前向きにとらえて、
失敗もあると思いますが、たくさんの経験をして、新しい自分になれるように、
今からでも将来、ためになることを今のうちにたくさんして、成長していこうと
思いました。


本日、研修を受けさせていただき、自身の「歯科衛生士になりたい!」と
いう気持ちが本当にとても増しました。

ヨリタ先生のお話を聞かせて頂き。、「すごいなあ、自分も先の事を考え、
今をしっかり見て学んでいきたい!」という気持ちにかられました。


本当にテーマパークを実現できているみたいでした。
患者さまからの評価もすごいなと思いました。

キッズルームもあり、すぐ仕事に復活できる所もすごい良いと思いました。
今回、研修させて頂き、すごい良いなって思うことがたくさんありました。


今回、ヨリタ歯科クリニックを見学させて頂いて、まず思ったのが、
とても広くてきれいな医院だなという事です。

それだけでも、この医院に通いたいなと思えるほどでした。

寄田先生のテーマパークのような歯科医院を目指すという考えが
とても素敵んだと思いました。

歯医者は怖いというイメージがまだまだあるけど、
これからヨリタ歯科クリニックのような医院が増えていくと
良いなと思います。


今回の研修で、今亜までよりももっと歯科衛生士像がより現実に近いものに
なりました。

自分の知識や技術も大切ですが、一緒に仕事をするスタッフの方々との
協力や、思いやる気持ちの大切さを知ることができました。
今、自分が支えてもらっている家族やクラスメイトや先生を大切に
したいと思いました。


ヨリタ歯科クリニックに研修に行かせてもらって、すごく充実した良い経験が
出来て、こういった就職先につとめてやりがいの感じられる衛生士さんに
なりたいと思いました。

その為にも、寄田先生がおっしゃっていた真っ白なジグゾーパズルが
組立てれるよう、将来が書けるよう、今からがんばりたいと思いました。


診療見学の際も、たくさんのスタッフがたくさんのジャンルで
自分の目的を果たされていて、とてもかっこよく感じました。

私も、あと2年間、臨床の場に出て、もっともっと知識、笑顔、思いやりが
持てる衛生士になって、ヨリタ歯科クリニックのような現場で働きたいです。


設備や医院環境がとても良く、実際に処置(治療)を行っているところを
見学できたのが、すごく良かったです。

まだ実習でもした事のない事をしている歯科衛生士の動きを見て、
これからに向けて、たくさん良い想像をすることができました。

又、院長のお話では、たくさんの失敗や苦しい事があっての今というのを
リアルに知ることができ、自分もこれから何があっても負けずに頑張って
いこうと思うことができました。


こちらの歯医者に入った時から、ドキドキワウワクするような歯医者さんで
治療・予防も、声かけなどでとてもリラックスされている患者をさまを見て、
私にも目標ができました。


今回、研修に来させて頂いて、今まで思い描いていた歯科医院の
イメージとは全く違った雰囲気があり、明るくスタッフの方全員が協力し合い、
幸せにあふれた現場で、将来衛生士になれたら、この様な現場で働かせて
頂きたいと思いました。

感謝の気持ちを、日頃から大切にする事で、人間関係も
良好に保っていける事が改めて分かりました。


歯科クイズも、楽しく参加でき、時間が過ぎるのが早いと感じました。
講義もすごく為になるお話ばかりで、考え方が素敵だなと感じました。

今日の見学や講義、一つ一つがとても勉強になりました。
とてもテキパキと働く歯科衛生士を見て、私もこのような歯科衛生士に
なりたいと、改めて思えることができました。

今はまだ、不安なことがほとんどですが、笑顔あふれる毎日が過ごせるよう
頑張ろうと感じることができました。


今回、課外授業として来させていただいて、自分の笑顔で患者さまを安心させて
あげることが、どれだけ大切か、学びました。

寄田院長のお話は、すごく大切なことばかりで、聞いているだけで、
楽しいことの重要性が分かりました。

もっと、このヨリタ歯科クリニックの事を知りたいと思いました。

とても良い経験になりました。
実際に、患者様の見学や施設も見ることができて、とても嬉しく思いました。
患者さまへの配慮や、気遣い、安心感がリピートする一番の理由なんだと
思います。

ここまで患者さまに対する安心感や信頼は、そう簡単なことではないので、
自分自身も、もっと勉強にはげんで、このような歯科医院で信頼や安心感を
持ってもらえる、立派な衛生士になろうと強く思いました。


働いているスタッフの方々を見た時、すごく輝いて見えました。
先生のお話を聞き、スタッフの方々が輝いている理由がわかりました。


今日の講義や院内見学でまた一つ自分のためになる知識を
九州することができ、とても嬉しかったです。

また寄田院長からも、素晴らしいお話をして頂き、歯科衛生士を目指す自分は
正解だと言って頂き、今日からまた気を引き締めて頑張っていこうという
気持ちを持つ事ができました。


見学させて頂いて、歯科衛生士さんと患者さまのコミュニケーションがすごくて
院内もきれいで、明るくて歯科医院に来たとは思えなかったです。

クイズでは、知識もたくさん知ることができました。

最後の先生のお話で、どんな歯科衛生士になりたいかを決めるこtが
大切と聞いて、私のなりたい歯科衛生士に近づけるように
頑張りたいと思えたし、こういう活躍できる場で、働きたいと思いました。


歯科衛生士になりたいという気持ちが改めて深くなりました。
どうしてこの仕事をしたいと思ったのか、どんな歯科衛生士になりたいのかも
はっきりと理解し、また明日から頑張ろうと思いました。


本日研修をさせて頂いて、クイズや衛生士、院長の話、
コミュニケーションの取り方を学び、とても勉強になりました。

今まで何となくで、勉強していた事が多かったので、未来の事、
将来自分はどんな衛生士さんになりたいのかを、これから考えていこうと
思いました。


見学や講義をこれまでにもありましたが、今回より
歯科衛生士でのやりがいや患者さまに対する気持ちを学べました。

不安な事ばかりの時期ですが、今日話を聞いて、頑張らなければならないと
感じました。

今日感じた事を忘れないで、2年間過ごしていきたいです。


学校で、座学や実習が大変なときですが、ヨリタ先生に歯科衛生士の道は
間違っていないと言って頂き、とても勇気づけられました。
素敵な衛生士になれるよう、頑張っていきます。


実際に衛生士さんの話の内容などもわかってよかったです。
医院もすごくきれいで、自分も患者として言ったら気持ちいいだろうなと感じました。

先輩衛生士さんや、委員長のスピーチを聞いて、
自分もあと2年、一生懸命勉強に、実習に頑張っていこうと思いました。

初めは、朝早くに何をするのかなと思いながら来ました。
いざ来てみると、全部見たい、知りたいと思えるような、本当に夢の国だなと
思いました。

私もたくさんの夢を持って、ステキでたくさんの人に信頼される歯科衛生士に
なりたいと、改めて強く思うことができました。


ここまで良い環境になるにも、様々な試練や苦しみがあったという話を聞いて、
私も頑張らないといけないと思いました。


今日の話を聞き、小さな医院でも、ただ衛生士として働けたら
それでいいかな、と思っている部分もありましたが、考え方が、大きく変わった
ように思います。


勉強も大変で、この一年本当に衛生士になれるのか、不安いっぱいでしたが、
ヨリタ医院のような場所で、働きたいと思いました。

どんな医院でも通用するよう、きちんと今できること、勉強をして、
早く衛生士としてのやりがいを感じたいと思いました。


歯科クイズでは、初めて知ることも多く、とても楽しかったです。
診療知るの見学では、衛生士さんが患者様に対して、どんな接し方を
しているかなどを見せて頂き、勉強になりました。

もう少し見学したかったな、と思いました。


今日、ヨリタ歯科で学んだことを忘れず勉強に励みたいなと思います。



追伸

大阪歯科学院専門学校の2年生 
岡田さん森さんの実習が
本日で、終了しました。



2ヶ月という長い間、いつも
笑顔前向きに頑張っていただき、
本当に有難うございます。

この一年間の、
成長が楽しみです。


<夢は、願えば叶う  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/7] バディー制度
1月入社の衛生士 柴崎さん



キャリアは、かなりありますが、
ヨリタ歯科クリニックでは、
入社一年目ということもあり、
新人研修の一環として、先輩衛生士との個別相談制度 通称バディ制度
行っています。

そして本日、
バディ制度報告書
私の元に、とどきました。



これから、
長いお付き合いがはじまります。
仕事上の不安を解消し、気持ち良く、前向きにお仕事出来る環境
作ることが出来るよう、
心からのサポート、これからもしていきます。
<心のケアが、大切  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/4] 西精工株式会社さん 見学
今週の水曜日、徳島にある
西精工株式会社
代表 西 泰宏 氏)に、訪問してきました。

西精工株式会社さんは、ナットを中心とした、高精度・高品質
極小の製品である、
ファインパーツの製造・販売とするメーカー。

しかし、物作りもさることながら、それ以上に
人造りに力を入れたことにより
働く社員がイキイキ輝く組織を、作り上げました。

その結果、
2011年3月 2010年度「徳島県経営品質賞」受賞

2012年3月 「第1回 四国でいちばん大切にしたい会社大賞
          中小企業基盤整備機構 四国支部長」受賞

2013年3月 「第3回 日本でいちばん大切にしたい会社大賞
          中小企業庁長官賞」受賞

2014年2月  「2013年度 日本経営品質賞」受賞

2014年3月  「平成25年度 おもてなし経営企業選」選出

2017年2月  「第3回 ホワイト企業大賞」受賞

など
多くの賞を受賞する、全国から見学者が訪れる
日本を代表する企業と、なりました。

玄関には、
ウェルカムボードがありました。
嬉しかったです。



早速、
朝礼に参加しました。



まずは、参加者全員が大きな声で
創業の精神」「私たちのビジョン」「私たちの行動指針」など、唱和
その
迫力に、圧倒されました。

その後、
一つの課題について一チーム4~5名に分かれて
約20分、話し合い。

そして、その
チームリーダーが出て来た意見を
参加者全員で、シェア

そして、またその意見に対し、1人1人が
感想を述べ合う。
その時の発言や、
聞く姿勢は本当にレベルが高く自然体

よい意味で、力が抜けているのです。

この雰囲気は、そんな簡単に作れるものではありません。
従業員相互の、
深い信頼関係相互愛の結果です。



工場見学もさせて頂きました。
こちらにも、
ウェルカムボードがあります。



5Sが、徹底されています。





さらに、どの現場でも皆様が私が訪れると
手を止め、
笑顔で挨拶してくれるのです。

その
笑顔の質高い、心からのベストスマイル
迎えていただきました。


そして、こんな
素敵なプレゼントメッセージまで頂きました。



私たちも
おもてなし経営企業選ホワイト大賞など、受賞していますが
人材育成の面では、まだまだ足元にもおよびません。

今後この訪問を機に、さらに
メンバー間の対話を重視した
人に優しい、
私たちらしい医院医院作りに邁進してまいります。


追伸

大阪への帰り道、
鳴門で下車。
大塚国際美術館へ、立ち寄りました。

今回、
2度目



この美術館の特徴は、
展示品が全て複製
しかし、
精密に陶板画で再現されています。

そして、所蔵されている作品は

ピカソ
モネゴッホレオナルド・ダ・ヴィンチ
そして
ミケランジェロフェルメールレンブラント
など、
1,000点以上。

しかも、全て
原寸大
かなりの、
迫力です。


しかも複製なので、間近で見れ、触ることも可能。
もちろん、
写真もOK

実際、こんな感じです。







平日ということもあり、館内は人もまばら。
ガイドさんに案内して頂き、
約4時間

ゆっくり
鑑賞することが、できました。


ということで、前日の
高松に続き、徳島でも
充実した1日を過ごすことが、出来ました。

<仕事も、プライベートも充実  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/3] 大阪歯科学院専門学校さん 見学
先週に続き、今日も大阪歯科学院専門学校 1年生の皆様
26名への、課外授業を行いました。

タイムスケジュールは、以下の通り。

14:00~14:05 オリエンテーション

14:05~14:25 アイスブレーク

14:25~14:35 衛生士スピーチ

14:35~15:20 院長講話

15:20~15:50 診療見学

15:50~16:00 感想文記入

今回も、
医院見学ワーク
そして当院の
2年目衛生士 西岡さんにもお話しさせて頂きました。








来週は、
新大阪歯科衛生士専門学校
昼間部夜間部の学生さんが訪れる予定です。

以下は、参加者の
感想の一部です。
ご興味のあるあなたは、是非お読みくださいね。

ホテルみたいなきれいな内装で、驚きました。
案内して下さったスタッフの方も、みなさん丁寧で
歯科医院のイメージが変わりました。


今日の衛生士さんの話、院長の話はすごく面白く、
これからの自分に役立つ話だった。

自分もこの医院で働きたいと思ったし、違う医院につとめても
感謝の気持ちを忘れずに、働こうと思いました。

院内もすごくキレイで清潔感もあってよかったです。


今回の課外研修で、自分自身が本当に歯科衛生士になり、
どのような衛生士を目指していくかなど、わかっていなかったし、
想像出来ていなかったけれど、寄田先生のお話や、西岡さんの
お話を聞く事で、少しわかった気がしました。


新卒の衛生士さんのお話を聞き、自分がこの道を選んで
よかったなと思いました。

また、寄田先生のお話を聞いて、衛生士はとても必要と
されていて、これからどんどん注目されていくと感じました。


医院で働かれているスタッフのみなさんがとても輝いて見えたので、
働き始めるのが楽しみになりました。
本日は貴重な体験、本当にありがとうございました。


1年目の歯科衛生士さんのお話を聞けて、身近に感じとても勉強に
なりました。内装が歯科医院とは思えないほどキレイで
衛生士さんも医師も楽しく働いているように感じました。

ヨリタ歯科が大切にしている「ありがとう」を忘れないように
心掛けたいと思う。


ヨリタ歯科で、ディズニーランドをライバルとしていると聞いた際には、
初めは、どういう意味なのかが分からなかったが、寄田院長のお話で
最高のおもてなしやワクワク楽しめると言ったコンセプトを目標に
しているとおっしゃっていて、とても夢があり、ここの医院は目標があり、
すごく楽しそうだなと思いました。

寄田先生のムービーが本当に感動して、涙をこらえました。
私も歯科衛生士が夢で、今学校にかよっているのではないけど、
やるからには、上を目指したいという考え方です。

歯科衛生士の方や寄田先生の話を聞いて、より歯科衛生士に
なりたいという気持ちが強くなりました。
これから臨床実習も始まり、辛い事もたくさんあると思いますが、
感謝する事を忘れずに、乗り越えたいと思います。


歯科衛生士の方が働いている姿を見て、自分がなりたい衛生士を
思い描く事が出来ました。


歯科クイズは楽しく、またとても勉強になりました。
また歯科衛生士の西岡さんのお話は非常に心に残る
素晴しいお話で、今は辛い事がたくさんあるけれど、
頑張って西岡さんのような素敵な歯科衛生士になりたいと
思いました。

また、ヨリタ歯科さんのような夢が溢れる歯科医院で
将来働きたいと思いました。


課外研修をさせて頂いて、人との出会い、人間関係の築き方など
とても大切にしなければいけないと感じました。

今、学んでいることは、必ず将来につながっていると
信じていきたいです。

寄田先生の笑顔や考え方がすごく
ステキだと思いました。

立派な衛生士になれるように、これからも頑張っていきたいです。


皆さんのお話もおもしろく、分かりやすかったです。
院長のお話は、感動して涙が出そうでした。

勉強が嫌いな私ですが、勉強をしてこのヨリタ歯科クリニックで
勤めたいと心から思いました。
知識も必要ですが、楽しく笑顔ではたらける仕事場という所に
すごく感動しました。


歯科衛生士のお話や、院長のお話をたくさん聞く事ができ、とても勉強に
なりました。
特に歯科衛生士さんの臨床実習の経験や就職する場所の条件の話は、
今後私達にとってとてもためになるお話でした。

今してる勉強をがんばって、臨床実習のとき自分の力を出せるように
したいと思います。


寄田院長のお話を聞いて、ただ歯科での技術面を良くしていくのではなく、
患者様がまた来たいとまで思ってもらえるということはもちろん、
一緒に働いている歯科衛生士やその他のスタッフが快適に仕事できるように
考えて下さっているんだということがすごく心に残りました。


早く臨床実習に出て勉強したいと思い、感謝の言葉「ありがとう」と
いうのをたくさん好かっていきたいと思いました。


バイトもしていないので、実際の歯科衛生士さんが働く現場を見ました。
患者さまとのコミュニケーションをしっかりとって、こういう歯科衛生士さんに
なりたいなを理想やあこがれを持った反面、今の自分に出来るのかな?
と思いました。

実習までの残りの間で、しっかりとした基礎を作っていきたいです。


最初の衛生士の方の話をきき、私も今おなじような気持ちでした。
なので、とても話が自分の中に入ってきました。

私も同じ様に頑張り、ヨリタ歯科のようにステキな医院に勤めたいなと
思いました。
院内を見学させて頂き、とても清潔で、患者さまやスタッフにとって
とても良い環境だなと思いました。

また、院長がずっと笑顔で、ステキな人だと思いました。


ヨリタ歯科で働いている歯科衛生士さん等は、いつでも笑顔で
患者さまに接していたので、私も笑顔でいられる歯科衛生士に
なりたいと思いました。


大きい歯医者や病院などは、忙しくて患者さんんとの
コミュニケーションはあまり無いと思っていましたが、
今日見学をさせて頂き、本当に楽しくて、1人1人の患者さまの事や
スタッフの事を考えているんだなと思いました。


最初に感じたことは、患者さまの為に子ども連れだったりすると、
部屋があったり、また受付も診療の部屋も清潔できれいだと感じました。
院長も、ずっと笑顔で見ている私も笑顔になりました。

グループワークでは、普段「ありがとう」と言うけれど、何もない時に
言う機会がなかったので、はずかしかったけれど、とても良い経験ができ、
活かしていこうと思いました。


今回の課外研修で、歯科医院の雰囲気だけでなく、歯科衛生士とは
やりがいがあり、誇りを持てる職業だと改めて感じることができました。

また、ヨリタ歯科クリニックのように夢にあふれていて、ワクワクする歯科医院が
あることに驚き、このような医院で働きたいと思いました。

西岡さんのお話もとても参考になり、これからがんばって
目指していこうと思いました。


臨床実習でゲームだったり
楽しいお話を出来るなんて思っていませんでした。
また、歯科衛生士の西岡さんのお話を聞き、就職先をどのような基準で
選んだらいいのかも分かりました。
ヨリタ歯科の設備の良さや、居心地のよさを感じれました。


西岡さんのお話を聞いて、友達をもっと大切にしようと思いました。
先生のムービーを見て、ものすごく感動しました。

ありがとうは大切だなと思いました。


本日、ヨリタ歯科を見学させていただいて感じたのは、まず最初に
患者様の事を考えるのはもちろんですが、スタッフの働きやすい環境づくりに
感動しました。

女性の働きやすい環境が少ない中、託児所まで完備されてて
驚きました。

次にチェアのお部屋に見学させていただいて、思ったのは、半個室に
なっていて、患者さまの中でも、見られたくないという方に配慮されているの
かなと思いました。

寄田先生の話を聞いて、すごい夢を持っていて、それを実現する為には
どうすればいいのかという事も明確で、私自身も大きな夢を持って
自分ではできない事は、周りの人たちに助けてもらいながら、頑張って
いきないなと思いました。

歯科衛生士の仕事は、すばらしい仕事だと改めて思う事ができました。

私が見てきた歯科医院の中で、一番大きく、キレイで素敵な歯科医院でした。
清潔でとっても高級感のある医院でした。

今回、実際の治療現場を見学させていただいて、自分もがんばって
衛生士になろうと思う事ができました。


想像以上に、広くきれいな医院で感動しました。
患者さんだけでなく、スタッフの環境等も整えられている事で
皆が笑顔で頑張れる、とても良い医院でした。


先輩衛生士さん、院長のお話もとても分かりやすく、
良いお話を聞かせて頂けて良かったです。


ステキな歯科医院でした。
寄田院長、ダンディでとてもステキな方だと思います。
あんな院長先生なら、毎日頑張って、出勤できます。
食堂のご飯おいしそうでした。

<夢は、願えば叶う  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/2]  2016 イノベーション四国顕彰式 表彰式参加
とお休みさせて頂き、
四国
高松へ。



2016 イノベーション四国顕彰式に、参加するためです。
会場は高松駅前にある、
かがわ国際会議場




プログラムは、こんな感じ。

13:20 Ⅱ 2016イノベーション四国顕彰事業表彰式
      1.挨拶
      一般財団法人四国産業・技術振興センター 理事長 州之内 徹

      2.来賓祝辞
      四国経済産業局長 長濱 裕二様

      3.四国技術大賞表彰式
      四国でいちばん大切にしたい会社大賞表彰式
      (1)表彰式の授与および記念品の贈呈
      (2)受賞者スピーチ

15:30 休憩

15:50 4.記念講演会「人が輝く組織づくり」
      医療法人ゆめはんな会 ヨリタ歯科クリニック
      院長 寄田 幸司

17:20 閉会

第21回四国産業技術大賞
は、以下の5社

株式会社 日本キャリア工業(愛媛県松山市)
■受賞概要:「帯刃食肉スライサー」の開発と実用化

冨士ファニチア株式会社(徳島県板野町)
■受賞概要:炭素繊維と木材の組み合わせによる複合材料積層成型合板と
      その製造技術の開発

株式会社 小笠原工業所(愛媛県松山市)
■受賞概要:4,400人の水を確保する高機能災害時飲料水保存タンク

株式会社 未来機械(香川県高松市)
■受賞概要:ソーラーパネル清掃ロボットの開発

日本工機株式会社(香川県三豊市)
■受賞概要:ジョイント構造を強化したトラス架構による吊り天井の耐震補強金具



そして
第6回 四国でいちばん大切にしたい会社大賞は、以下の4社

株式会社 ときわ(徳島県徳島市)
■受賞概要:人間力を武器に顧客へ期待を超える感動を!
「幸せな社員が感動を創造する会社」


有限会社 ジェム(香川県観音寺市)
■受賞概要:理念共有の徹底により、現場への自由裁量を実現!
「社員がやりがいを感じて自律的に働く会社」


株式会社 はなおか(徳島県板野郡北島町)
■受賞概要:理念共有で社員・専属大工の一体感を醸成!
「総合力で顧客に感動を提供する会社」!

医療法人ゆうの森(愛媛県松山市)
経営理念の具現化で患者満足が職員満足を生む!
「地域から必要とされる医療法人」!




どれも、
素晴らしい企業様ばかりです。
そして、
記念講演として、私も約90分
人が輝く組織づくり」というテーマで、お話させていただきました。

(頂いた資料より)
四国経済産業局は、四国地域イノベーション創出協議会と
連携し、平成23年度から社員や顧客、地域から
必要とされる企業を表彰する「四国でいちばん大切にしたい会社対象」を
創設し、これまで16企業を表彰するとともに、勉強会などを通じて、
”いい会社づくり”の普及に努めてまいりました。

これらの取り組みの一環として、
今回、第6回四国でいちばん大切にしたい会社に併せて、
記念講演会を、開催します。

講師には、社員の幸せと働きがい、
社会への貢献を大切にする経営に取り組まれ、
平成25年「第2回ホワイト大賞」(ホワイト企業大賞企画委員会)
「平成25年度おもてなし経営企業戦」(経済産業省)に選出されました
医療法人ゆめはんな会 ヨリタ歯科クリニックの寄田 幸司氏をお招きして、
「人が輝く組織づくり」をテーマに講演いただきます。

100名
を超える方が参加した、大きなイベント
この後
懇親会もあり、多くの企業様名刺交換をさせて頂き、
有意義な時間を過ごすことが、出来ました。


追伸
当日は、天気も
快晴
折角なので、午前早めに
大阪を出発

まずは高松にある
栗林公園へ。五色台高松城跡など訪問しました。







その後、
五色台へ。



そして、
高松城跡も訪問しました。







天気もよく、
充実した一日を過ごすことができました。

<たくさんの一般企業の方々との出会いに、感謝  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/3/2] あなたが輝く衛生士になるためのSTEP3
このコラムでも紹介しました、大阪歯科学院専門学校
実習生 
森さん岡田さん。そして新人衛生士柴﨑さん
3名研修レポートが昨日、私の元に届きました。



タイトルは、「
あなたが光輝く衛生士になるための STEP3

以下は、その
感想の一部です。
ご興味のある、あなたはお読み下さいね。

CHP大賞(患者様 スタッフからの気づき)
(具体的に名前を入れてネ。感情を込めて発表してネ)


柳谷さん、森野さん、ドクターの皆様です。
柳谷さんは、私が落ち込んでいる時、声をかけて下さって、
「頑張ってね。つらいのはわかるよ。いつでも話を聞くからね」
と言って下さいました。
すごく嬉しかったです。

森野さんは、アシストにつかせて頂いた時、分かりやすく説明して下さい
ましたし、患者様へも明るく接し、分かりやすい説明をしていて、
すごいなあと思いました。

インプラントやオペの担当もしていらっしゃって、かっこよかったです。
ドクターの皆様は、治療やオペの時、これは習った?
ここはこうするんですよって教えて下さいます。
治療もすごく早くて患者様も安心してで受津を受けれるだろうなあと
思いました。
いつもありがとうございます。


野村さん、機会があるとPMTCをさせてくださって、アドバイスを
下さいます。
見ているだけでは気づかないことも、実際にやると、ここは
どう動かすとやりやすいか、固定指はどう置くと安定しやすいか?
など、よく分からないことがどんどん出てくるので、そのことに気付かせて
くださいました。

善行先生、中辻先生は、私が一人でアシストについている時があると
これわかる?できる?と優しく教えて下さいます。
一人でついていると、緊張しているのでリラックスできます。


朝から雨が降っていた日、服がぬれている患者様に
受付さんがタオルで拭くを拭いてあげておられました。

タオルをお貸しする風景は、病院やお店などで今までも見かけた事は
ありましたが、実際に拭いてあげておられるのを見たのは初めてでした。

患者様が、高齢だったからなのかもしれませんが、思いやりと気遣いが
感じられて、ステキだなと思いました。

一歩先を読んだサービスを考えさせられました。



前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。
(メンバーに刺激を与えてくれれば嬉しいです)


前回の目標は、レポートをきちんと書けるようになって、器具も覚えて
アシストをスムーズにできるようにする。でした。

レポートは、以前より書けるようになったかな(少しだけ)と思いますが、
器具を覚えてアシストをスムーズにできるようにするという目標はあまり
できなかったかな、と思います。

一番最初よりは覚えることができましたが、まだまだだなとすごく実感します。
ですが、患者様とコミュニケーションはとれるようになりました。

「実習生?頑張ってね」と言っていただけた時は、すごく嬉しかったし
頑張ろうと思えました。


前回の目標は、応用がきくようにアシストの技術を上げる事でした。
正直、あまり手ごたえがありません。

もっと、たくさんアシストについて、たくさんの症例につけるように
頑張ります。
根充など、頻度の低い治療だと、どうだったかな?と
忘れてしまうことがあるので、特に気をつけたいと思います。

あと1週間と少しですが、1つ1つの症例を大切に、
学んでいきたいと思います。


先週に引き続き、今週もシャープニング、キュレット、感染症の準備、
片付け、EXTなど、多くの研修を受けました。

先週教えていただいた時、テスティング、シャープニングが
なかなか分からなかったのですが、今週また教えていただいて、
先週よりも理解でき、1本シャープニングする時間も早くなったように思います。

とはいっても、まだストーンの角度が一定に出来ないことも多いので、
もっと目や体で覚えれるように、しっかりと練習していきたいと思います。



追伸

今回も、診療終了後、
森山善行先生中辻先生
1~2年目衛生士今岡さん森野さん平本さん趙さん柴崎さんの5名に
TEK(仮歯)の作り方セミナー」を、開催してくれました。




皆、
熱心に取り組んでました。
いつも、頭が下がります。

<こちらも、将来が楽しみ  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/27] POSH&LASH合同勉強会開催
先週の土曜日の診療終了後、
POSH(健康プロモーター勉強会)と
LASHスマイルクリエーター勉強会)の、合同勉強会
ヨリタ歯科クリニック 研修ルームにて、開催されました。

参加者は、
17名
タイムスケジュールは、以下の通り。

(クリックすると拡大します)


今回は、
特別講師としてメイクアップアーティストである
Beauty Up Communication 代表 
浅田 雅美先生をお招きして
メイクアップ研修を、行いました。







男性である私には、
良くわからない分野ですが、
参加メンバーには、大変
刺激的で、満足したようです。


今でも、十分
魅力的ですが、
さらに
輝いて頂ければ、嬉しいです。

以下は、参加者の感想の一部です。
ご興味のある、あなたはお読み下さいね。

よく「化粧は身だしなみ」という言葉を耳にするが、
医療の現場において、化粧は大切な意味合いを持つ。

適切な明るさは相手に「しっかりした人」「元気で明るい人」
という印象を持たせる。
また、顔色の悪さやくすみ、クマ、疲れたような表情では
患者様に安心感を与えることはできず、
場合によっては不快感を与えてしまうだろう。

朝一番に来られる患者様にも、最後の診療で帰られる患者様にも、
気持ちよく過ごしていただくために、化粧は大切である。

研修では、「化粧は相手への思いやり」ということを学んだ。
優しい雰囲気のある、それでいてしっかり整った表情の相手だと、
抱えている悩みもきっと話しやすいだろう。

初診のカウンセリングをさせていただく健康プロモーターとして、
話しやすい外見であることは重要だと考える。

研修にて、化粧の技術を詳しく教えていただいた。
ベースメイクやポイントメイクの仕方や化粧品のブランドの特徴まで
学ぶことができた。

実技の時間では、私は先生に眉を整えていただいた。
先生にきれいにしていただいた眉を見て、私は興奮した。

なんと華やかな眉なのか。整い、美しく、それでいてふんわりと
優しさのある眉。眉ひとつでこんなに印象は変わるのか。

私は普段前髪を下していることもあり、「見えないだろう」と眉はペンで
ただ横一直線に描いていた。しかし、あまり見えない眉であっても、
顔全体の印象が大きく変わることに驚いた。

女性はよく「化粧ひとつで自分に自信が持てる」と言うが、
その気持ちがよくわかった。上手に化粧ができると朝から気分がよく、
鏡を見るたびにうれしい気持ちになる。先生に施された眉を自分で
再現できた日には、私はきっと1日中堂々と自信を持って立つことができる。
化粧は自信になり、自信は表情に現れる。化粧は自分にかける
魔法のようなものだと感じた。

人はそのつもりがなくても第一印象で相手を判断する。おもてなしを大切にするヨリタ歯科において、第一印象を整えることの大切さを学んだ。

適切な化粧は患者様には接しやすい印象を与え、自分にとっては自信を与えてくれる。今回学んだ技術を自分でも再現できるようにし、
相手も自分も気分よく過ごせるような人になりたいと考える。


医院でのメイクは、患者様への思いやり 心遣い おもてなし 
という概念を初めて聴いて、「ビジュアルマナー」研修と
謳っておられることが、心に響きました。

しかし、メイクは苦手 めんどうくさい と思っていても、
実際に実技を行うと、やはり違いが一目瞭然で、
気持ちが一気にアガリます。

翌日の休日に、早速実践してみると、やはり気分が良い分、
笑顔もいつもより輝く気がしました。

メイクは、内面をも変えてくれる、女性にとっては
魔法だと実感しました。


メイクは、女性の特権です。
それを強みに生かしていきます。
研修後初めての出勤では、皆早速実践して出勤してきました。

やはり、顔色が良く明るい印象になり、院内が華やかになりました。

歯磨きと同じで、正しい方法やコツや道具をプロの信頼できる方に
教えて頂ける機会がないので、有難かったです。

TBIをうけた後のように、日々続けていきます。

最後に、先生のご指導が素晴らしいと感じました。

お口と同じく、一人ひとりお顔や肌が異なり、
悩みも違うと思います。

しかし、どんな方にも決してネガティブには仰らず、
「優しいお顔ですね」「女優眉ですね」等、
プラスの表現をされていたのが印象的でした。

また、機会があればご指導頂けたら幸いです。
有難うございました。


田雅美先生のビジュアルマナー研修に参加して、
私は高校生の頃からメイクが好きで、
今も百貨店のメイクカウンターに行ったり、
ネットで話題のメイクを調べたりするのが
好きだったので大変楽しみにしていました。

社会人になり、仕事をする時は最低限の
メイクをすること、濃い色は控えることを
意識していました。

今回のセミナーで今後、自分のメイクの
ポイントにしたいと思ったのが、
親近感のあってヘルシーなメイクです。

どの年齢の人が見ても感じが良く、
健康に見せる、元気がない部分も元気に
見せることで、メイクの矢印を相手に
向けるようにしていきたいです。


私たちは医療の現場なので、
患者様からの目線はもっと厳しいと思います。

歯科医院で働く医療人として
「ヘルシー&ナチュラルメイク」を目指し、
患者様に信頼感・清潔感・信頼感を持って
頂けるようなメイクや身だしなみを心がけていきます。


その後も、各席でメイクの実習をしていると
「良くなった」「可愛い」「ちがう!」など、
女性が喜ぶプラスの言葉が溢れていました。

また、LASH・POSHで初めて一緒に勉強する
メンバーともコミュニケーションが
とりやすくなりました。

やっぱり褒められると嬉しくて、
さらにメイクが楽しくなって、
楽しく仕事に行けそうだと感じました。


今回は¬¬あまり得意でないメイクの研修と聞いて、
個人的に非常に楽しみにしておりました。

メイクは完全に独学であり、
親が化粧している姿を見て覚え、また、
雑誌なども参考にはしていました。

社会人として、メイクというものはマナーであると
重々承知はしておりましたが、
どうしても納得できるような出来にならず、
半ば諦観の念を持ちながら日々の化粧をしていました。

しかし今回の研修で、メイクとは身だしなみだけでなく
患者様に親近感や信頼感を持っていただくためのもの
でもあると知り、やはり苦手意識を捨て、自分に合った
メイクを模索していくべきと気づきました。

今回の研修で気になったことは、
もちろん全ての箇所であるのは当然ですが、
個人的に眉メイクの重要性でした。

医療従事者は、どうしても業務中はマスク着用に
なりますので、目から上で表情が決まるといっても
過言ではないと思います。

線が数ミリずれるだけで表情や見え方が変わると
いうことは、見える部分を色調・形などを考えながら
描くことが大切であると思いました。

今後は自分の顔の形にあった眉を考察しながら
練習していければと思います。

研修の最後に、自分を大切にするメイクという言葉が
ありましたが、これはコミュニケーションは鏡であると
いうことに通じるのだと思います。

自分自身に対してゆとりを持てるからこそ、
他人にも優しくなれるということ、人に対して安心感や
信頼感を与えられるということは、こちらに対しても
良い感情を持っていただけるということで、
まさしくwin-winであると思われます。

今後ともコミュニケーションを円滑に進められるような
身だしなみをしていきたいです。

最後になりましたが、今回は仕事上だけでなく
プライベートでも通用できそうな貴重な研修を
開催していただき有難うございました。


先生のお話の中で、
「お仕事におけるメイクのベクトルは、
自分自身ではなく、相手に向いている」という旨の
言葉がありました。

2つの画像があり、それを比較することで、
メイクの仕方一つで、初対面であっても
信頼できる印象を持つことが出来たり、
安心感を抱くことが出来たり、
逆に緊張感が増してしまったり、
近寄りがたい気の強そうなイメージに
なってしまったりと、
全然違う顔になるんだなと
実感することが出来ました。

また、色んな情報が溢れているからこそ、
一人ひとりにあった方法やアイテムを
選択することが大切である、ということも
仰られていて、本当にその通りだなと感じました。

肌の質や顔の形で、おさえるべきポイントが
違ってくるので、まずは自己分析が重要だなと
思いました。

それから、知識と技術、そしてそれをカタチにする
アイテム、どれが欠けてもいけないんだと
改めて思いました。

自分自身は、普段はほとんど色を使わないメイクを
しています。

心のどこかで「派手なメイクでなければ、
いいのではないか」という気持ちがあったのだなと
反省しました。

相手を不快にさせないメイクである、
ということはもちろんですが、目立たなければ
いいのではなく、相手を安心させることが
できるような、プラスのメイクが日常的に
できるようにならなければいけないのだなと
強く感じました。

いろいろと便利な道具がある事を知れたことは、とても嬉しかったです。
自分の肌に合った化粧品がどんなものかとか
いままで考えた事もなくて、今回のセミナーでとても参考に
なりました。

自分の肌が脂性肌なのか、乾燥肌なのか、
化粧品売り場にいるスタッフの方に今度聞いて、
自分にあった化粧品を買おうと思いました。


時と、場合によって、メイクを換えていく必要が
あることも学びました。

メイクはとても奥が深くて、とても難しいなと
思いました。

メイクをすることが苦手で、なんとなく
こんな感じかなぁと思いながらしていたので、
今回のセミナーはとても勉強になりました。


大学生まで、メイクをする機会が全然なかったので、
メイクの仕方を学べたことはとても貴重な経験だと
思いました。

多分、こういう機会がなければ間違ったメイクのまま、
それを正さずにいつまでも過ごしていたと思います。

社会人になった今、身だしなみにはより一層
気を付けていきたいと思います。
学んだ事を毎日練習して、実践していきたいと思います。


ネットなどで化粧に関する情報や動画などを
見れる時代ですが、元々それほど化粧に
関心がない為、どれをどのように参考にすれば良いか?
とそのままにしていた不安や課題が解消され、
とても勉強になりました。

はじめは「30前にもなって今更化粧セミナーなんて…」
とあまり乗り気になれなかったのですが、
今回参加させていただけてよかったです。

これからもドクターや患者様との橋渡しが
スムーズに行えるよう、一層精進していこうと
思います。


自分のここを直したい!
とテーブルのメンバーと言い合うのも
自分のコンプレックスだったのでなかなか
言いづらいことだったのですが、
ここで言わないと直せないなと思いしっかりと伝えました。

自分ではこれで良い!と思っていた事も
先生の話を聞いてここがダメ!!
と気付かされる事もたくさんありました。

先生がテーブルを回ってきて下さり、
眉毛の助言もたくさんして下さり自分で描くのは
まだまだ難しいですが教えて頂いた事、
形を整えて下さったので変わらないように
家に帰り反対側も同じようにすぐに整えました。

テーブルに回ってきて下さったときに
アイラインの事が聞けなかったので聞けないのかな、、
と思っていた所最後に先生が忘れずに声を掛けて下さって、
アドバイスをしてくださったのが凄く嬉しかったです。


第一印象を大きく変えるメイク。
色々教えてもらうと、みんなの課題は
やはり眉毛!!

その人の顔の形やパーツの比率で
長さや太さを変えるということでした。

今までは私も少し眉毛が細かったようで、
太く書いたほうが柔らかい印象になると
教えてくださり、自分にあった書き方を
指導して頂きました。

女性は角を持ってはいけないという事と、
仕事に行く時は自分のためではなく、
患者様のためにというおもいで化粧を
するのがおもてなしに繋がると言っておられ、
自分自身の中にも素直に落としこめる言葉でした。

分かってはいるけれど、今まで結構自分のために
化粧をしていたと思い、改めて明日から
ちゃんと考えて朝支度をしようと思いましたし、
老若男女を問わず、清潔感・信頼感・親近感が
ありヘルシー&ナチュラルな化粧を
心掛けたいと思います。

スマイルクリエーターは、
常日頃から身だしなみに気をつけていますが、
改めてしっかり教えていただくと、
モチベーションも上がり良い学びになりました。

また、今回は健プロのPOSHと合同だったので、
人数も多く普段あまり係わりがないスタッフとも
一緒に学べて良かったです。

合同で勉強会はチームワークの強化にも
つながると感じました。


こんなにも、
ちょっとしたことで顔の印象は変わるんだなと、
わかってはいましたが目の当たりにしました。

わたしは、個人的に先生にメイクをしても
疲れ顔になってしまうことを相談しましたが、
長い間、悩んでいたことが解決されました。

今まではアイホールに暗い色を使って目元を
濃くすれば良いのかなとおもっていましたが、
その真逆だったので、いままでは使うことの
なかった色を使って、疲れ顔を打破しようと
思います。

少し、メイクをするのが楽しくなりそうです。


今回は浅田雅美さんを講師に迎えて
ビジュアルマナー研修をして頂きました。

皆が女子スタッフなので、とても楽しみにしていました。

医療スタッフとして、適切なメイクは漠然としか
イメージが浮かばなかったのですが、
研修を受けて、患者様に信頼されるメイクの定義
「ヘルシー&ナチュラル」がよく理解できました。


相手にとって、好印象な人になることで
歯医者という不安や緊張でいっぱいになる場であったとしても
話しやすい雰囲気を作るきっかけになれます。

すなわち、メイクアップで医院貢献ができます。

反対に、間違った華美なメイクやノーメイクにすることで
患者様から期待を裏切ることにもなります。

今回それを知れた事もとても大きいと思います。

実習では、実際にメイクを教えてくださった事で
新しい発見があったり、モチベーションが上がりました。

女性にとってメイクは、日常的なものなので、
私は、つい惰性的に変わり映えがないメイクをしがちです。

でも、皆でメイクレッスンを受けることで
他のスタッフが変わっている様子を見れて
メイクをすること自体が楽しくなりました。


元々、美容に興味があり、最近はメイクの方法を
調べて自分なりに試行錯誤していました。

しかし、先生の講義を聞いて、自分が行っていたのは、
あくまで“流行りのメイク”であって
“医療人としてのメイク”ではなかったと、
反省させられる部分がとても多かったです。
 
また、どうしてもコンプレックスの部分を
隠そうとすると、派手なメイクになって
しまいがちでしたが、テクニカルな所はもちろん、
使用する色や、のせるポイントひとつで、
表情が変化するということを体感できて、
感動しました。


メイクが上手くいった日は、
朝の自分のエネルギーが高まるように、
メイクひとつで、人に対する気持ちも、
人が感じる気持ちも変わってくると思います。

実際にレッスン後、眉の書き方を変えて
出勤すると、雰囲気が柔らかくなったと言われて、
とても嬉しかったです。


今回はPOSHと合同で勉強会をすることになり、
人数もいつもより多いのと、
病院内のメイクが議題ということもあり、
とても楽しみにしていました。
講師の浅田さんは以前衛生士をされていたと聞いて、
同じ歯科医院で勤めていたことにすごく
親近感を抱きました。


またメイク道具でも
今まで使ったことがなかったものがあったりして、
とても良い刺激を頂きました。

スクリューブラシと眉ペンは、
次の日に早速購入して、練習をして、
今では毎日使っています。

今回の研修を受けて、メイクの大切さを教えて頂き、
本当に良い刺激を頂きました。

今回の勉強会に参加をして、
改めて自分自身を見つめ直すきっかけにもなり、
さらに美しくなれるように努力していきたいと思います。
また、「信頼感・清潔感・親近感」を意識した
メイクをして、患者様とのコミュニケーションを
もっとうまくできるようにしていきたいです。


医療人として心掛けたいことは、
清潔感、親近感、信頼感ということでした。

実際に水野さんと平松さんをモデルとして、
先生のメイク術を見させて頂きましたが、
大きく変わった訳ではないのに、
印象が全然違って驚きました。

ほんの少しの眉毛の角度、
色の入れ方で印象がこれだけ変わるのか、
と感動しました。

実技の際には、眉毛の角度やチークの
入れ方を変えるだけで、チームメンバーの
みんなの雰囲気がみるみるうちに
変わっていくことに驚きました。

実際に私も眉毛の書き方をレクチャー
していただきましたが、
思いもよらないところに眉山を設定され、
え?!と思いましたが、最終的には
これまで見たことのない美しい眉毛が
完成して、本当に感動しました。

眉毛の形ひとつで、印象も柔らかくなりましたし、
自分自身、とても気分が良くなったのを感じました。

歯科の受付に立つ人間として、常に親しみやすく、
信頼を持っていただけるようなメイク・身だしなみを
意識していこうと改めて感じました。

また、最後に先生がおっしゃった、
「自分自身を愛でて、大切にしてあげることで、
周りも大切にすることができる」という言葉が
とても印象的でした。

これは、人と関わる上でとても大事なことだなと
思いました。

患者様、チームメンバー、家族や友人に思いやりを
持って、優しい自分で接するために、
これからももっと自分自身を大切にしてあげようと
思いました。


今までの自身のメイクには間違いがたくさんあると
思い知らされました。

チークの入れ方だけでも顔の雰囲気が変わることに
すごく驚きましたが、一番はチークの入れ方だけでも顔の雰囲気が
変わることにすごく驚きましたが、一番はチークの入れ方だけでも
顔の雰囲気が変わることにすごく驚きましたが、一番は眉の形が変わると
参加されていたメンバーの印象が皆さん変わっていき、
こんなにもメイクの仕方によって与える印象に差があるのかと
感じさせられました。

患者様に安らいでもらう為のお声掛けやコミュニケーション、笑顔は
と手も大切にしてきましたが、行動や発言だけでなく、患者様に一目見られた
時から安心して頂けるようなメイクをこれから意識したいと思います。

今年1回目の勉強会でしたが、とても分かりやすく、また具体的な説明も
あっという間の2時間でした。
スマイルクリエーターとしての在り方も考えさせられるセミナーで、毎回の
Lashと同じ様にモチベーションが上がりました。

今の気持ちを忘れず、自分にできることをしっかりやり、前向きに
仕事をしていきたいと思います。


今まで上手く使えずに、買っても全然使えてなかった
コンシーラーの使い方も教わり、化粧品は、
ただ塗るだけじゃダメな、奥深いものだったんだなあ、
と、勉強になりました。

何より一番有り難かったのは眉の描き方で、
今まで見様見真似で、こんな形かな~と描くものの、
上手く描けていなかったのですが、明確にこの位置から、とか、
眉山は黒目の端まで、とか、綺麗に見える為のポイントを
教えて下さった事で、綺麗な眉を描くことが出来ました。




追伸

セミナー時、私は
4月入社新人ドクター 藤井先生の歓迎会に
勤務医メンバーと参加していました。

その時、
内定証書もお渡ししました。



同じ4月には、
衛生士3名も入職します。
こちらも、
楽しみです。



<女性皆、いつまでも美しくいたい  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/24] 衛生士学校 課外授業
昨年に続き、今年も大阪歯科学院専門学校 1年生の皆様
28名への、課外授業を行いました。

タイムスケジュールは、以下の通り。

14:00~14:05 オリエンテーション

14:05~14:25 アイスブレーク

14:25~14:35 衛生士スピーチ

14:35~15:20 院長講話

15:20~15:50 診療見学

15:50~16:00 感想文記入

今年も、
医院見学ワーク
そして当院の
2年目衛生士 髙田さんにもお話しさせて頂きました。








来週も、このセミナーは開催されます。

以下は、参加者の
感想の一部です。
ご興味のあるあなたは、是非お読みくださいね。

歯科医院で、イベントなどを開催しているなど、すごく楽しい医院だと
感じました。

それだけでなく、患者さまだけでなく、スタッフからも感謝されていて、
私もそういった医院だと、患者さんとしても、通いたいなと思いました。

また、実際にスケーリングしている所を見学でき、いい経験が
できました。


開放的な診療室で、患者さんがリラックスして治療を受けれる環境だと
思いました。
又、スタッフの方の対応や、患者さまとの接し方が良く、
リピート率が高い理由も分かりました。

そして何より院長先生の人柄、仕事への情熱がとても伝わり、
短い時間でしたが、歯科衛生士に対する思いがさらに強くなりました。


今日は、衛生士1年目の先輩の話。
院長の寄田先生の話を聞いて、しんどいこともあるけれど、
とてもやりがいのある仕事なんだと改めて思いました。

自分が2年後卒業し、資格を取得して働くなら
ヨリタ歯科クリニックさんのような患者さんも、スタッフも
楽しい所で働きたいと思いました。


改めて、このヨリタ歯科クリニックに課外授業をさせていただき
患者さまとの距離が近くて、やりがいのある職業だと思いました。

将来この場所に就職できるように、日々の授業を大切に
頑張っていきたいと思います。


とても広くてきれいでびっくりしました。
すごく楽しそうで、私もこんな所で働きたいなと思いました。
これからは、何事プラスに考えていきたいです。


ヨリタ歯科の方針がよいので、患者様の来院数も多いのだと思い
とても魅力を感じました。

そして、これから「ありがとう」と言う、言葉を自分から
掛けていけるように心掛けようと思いました。

寄田院長のお話を聞かせて頂き、夢を持つ事の大切さや歯科衛生士の
お話を聞かせて頂き、夢を持つ事のすばらしさを実感しました。
夢を持ち、その夢を実現できる歯科衛生士になれる様、学生生活に
励みます。


本日、課外研修をさせて頂いて、先輩の歯科衛生士さんのお話を
聞かせていただき、臨床実習や、国家試験の勉強などで、
たいへんでも、その時がんばったから、今があると聞いて
私もこれから努力したいと思いました。


滅菌室を見学させて頂いた時に、滅菌を洗浄→乾燥→滅菌としていたので
患者様がとても安心してこれるなと、感じました。

イベントなど、たくさん行われているので、楽しく歯のことを
学べたり、歯のことが身近に感じれるなと思いました。


院長先生も、スタッフ、患者様も皆さん笑顔で歯科医院を見学しているような
感じではなく、とても魅力を感じました。

予防ルームを見学させて頂いた時、患者様が緊張すると子おt場を
漏らしていらして、その言葉に対して衛生士さんが安心するような
一言を返していらっしゃっていたのが印象に残りました。

寄田歯科に課外授業させていただき、お話を聞くなかで、
「ありがとう」の大切さや、未来を想像する大切さをあらためて感じました。

歯科衛生士を仕事に選んだことにも誇りを持てました。


院長のお話を聞いて、ただ診療するだけでなく、心地良い環境を作ったり、
患者さまとのコミュニケーションを大切にしたり、イベントを開いたりするなど
患者さまがもっている歯医者への不信感や不安を取り除ける環境が
整っているなと思いました。

本日、見学や歯科衛生士や先生のお話を聞いて、
みなさん高い志を持っていたり、やりがいを感じて
働いているのが伝わってきました。

とても良い経験になりました。


スタッフの方の患者様に対する話し方や、話の聞き方がすごく勉強になり、コミュニケーションの大切さもわかりました。

勉強や実習がしんどい時もあるけど、課外授業に来て、
いつか輝けるようになると思うと頑張れそうです。


ゲームもとても面白く、「ありがとう」と言われて、
凄く嬉しかったし、自分もとくさん言っておこうと思いました。

頑張って、歯科衛生士になります

ミッキーからの手紙うらやましかったです。


ヨリタ先生の熱い想いを聴く事ができて、自分がこれから
どうしたいのかを、考えてみようと思いました。


ヨリタ先生の熱いお気持ちと夢に自分自身もこれからの生き方の参考に
していきたいと思いました。


ヨリタ歯科は、とても患者さま思いで、すごく良い空間でした。
今日、見学させて頂いて、自分が患者側だったら
治療を休まず、必ず診療に来ると思います。

先輩や先生の話を聞いて、改めて自分をみつめることが
出来ると思います。

お話を聞いて感激する場面がたくさんありました。
こんなにもスタッフや衛生士の事を思える院長は珍しいように
感じました。
自分の気持ちを再確認できた気がします。


他の歯科医院とは違い、夢や感謝などをテーマにしていて感動しました。
自分も、歯科衛生士になったら、患者さまに頼りにされる衛生士に
なることを目標に、頑張りたいと思います。


院内の雰囲気もよく、スタッフも明るく、スライドショーを見ても
患者様に信頼されている医院なんだなと思いました。


色々なお話を聞かせて頂いて、すごく心に響きました。
ありがとうを大切にしているヨリタ歯科クリニック様は、本当に尊敬でき、
信頼も出来ると思いました。

院長のお話を聞いて、これから先、辛い事もあると思いますが、
頑張っていこうと思えました。


本日研修をさせて頂いて、みなさん明るく楽しそうに働いていて、
イメージが変わりました。
私も将来、ヨリタ歯科クリニックのような楽しく働ける場所で、
働きたいと思いました。


今日お話しを聞いて、今からどんな歯科衛生士になりたいか、
具体的な目標を立てて、毎日勉強も実習も頑張ろうを思いました。

実際に、治療している所を見学させて頂いて、衛生士さんたたいが
いきいきと働いていて、とてもモチベーションがあがりました。


ありがとうジャンケンが楽しかったです。
患者様にブラッシングしている所が見れてよかったです。


今まで行った歯医者の中で、1番広くてスタッフの数も多くて
おどろきました。

寄田院長のお話を聞かせていただいて、これからの学校生活や
勉強に対する想いがとても良いように変わりました。


自分が今までに行ってきたどの歯科医院よりも違いが多く、
とてもすばらしい歯科医院だなと感じました。

患者さまやスタッフのことをとてもすばらしい歯科医院だなと
感じました。
患者さまやスタッフの事をとても考えていることが伝わりました。

<夢は、願えば叶う  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/21] あなたが輝く衛生士になるためのSTEP2 その②
このコラムでも紹介しました、大阪歯科学院専門学校
実習生 
森さん岡田さん。そして新人衛生士柴﨑さん
3名研修レポートが昨日、私の元に届きました。



タイトルは「
あなたが光輝く衛生士になるための STEP2


以下は、その
感想の一部です。
ご興味のある、あなたはお読み下さいね。

CHP大賞(患者様 スタッフからの気づき)
(具体的に名前を入れてネ。感情を込めて発表してネ)



口腔内カメラの研修を受ける前、岡田さんが撮る口腔内撮影の
アシスタントをさせていただきました。

口腔内カメラの撮影や印象などは患者様にとって、
苦手な人も多いと思います。

そのような中、岡田さんは一つ一つの動作に対し、
一言だけではなく、二言、三言と声かけを行い、
常に患者様の様子を確認しながら、撮影を進めておられました。

声かけも機械的ではなく、気遣いを感じられました。
アシストで、口角鉤をもっていても、患者様から緊張している様子は
感じ取れませんでした。

これから私も口腔内撮影をしていくうえで、技術的な面だけでなく、
声かけや気遣いの面も、学んでいきたいと思いました。


上手さん、小田さん、高田さん、入江先生です。
上手さんは、いつも私の日誌をチェックしてくださっています。
すみずみまで目を通してくださり、不備があるところや、
質問には詳しく丁寧に教えて下さいます。

また、いつもほめてくださるので、やる気がわいてきます。
小田さんは、私のアシストの指導をしてくださっています。
いつも的確にアドバイスや指示を下さりますので、
感謝しています。

入江先生と高田さんは、私が初診の患者様の一部始終を
見させていただいた際に、とても丁寧に状況や治療方針を
説明されていて、初診の患者様にここまで手厚く接せられていることに
すごいなと思ったため、選ばせていただきました。


知子先生、中村さん、八田さん、柴崎さん、野村さん、院長先生です。

院長先生は、いつも笑顔でありがとうと言ってくださいます。
頑張ろうと思えるし、幸せな気持ちになれます。
見習いたいです。
知子先生は、森さんおはよう。と笑顔で言ってくださったり、
治療の時い、この人はこうだから、この治療をします。
と分かりやすく説明してくださいます。

中村さん、八田さんはアシストをいつも見守って
下さって、すごく優しく接してくださいます。

中村さんは、お姉さんのように話しかけてくださったり、
心配してくださったり、中村さんの顔を見たら、安心できます。

柴崎さんもアシストを見守ってくださり、アドバイスを下さいます。
患者様にも丁寧な言葉使いで、私が患者様だったら、安心して治療を
受けれるだろうなと思います。

将来、こんな衛生士さんになりたいなあと思いました。
野村さんは、レポートを見て下さいます。

いつもいろいろ書いてくださり、勉強になります。
少しずつ内容を覚えてきました。
ありがとうございます。

最後に、ヨリタ歯科にいらっしゃる方、全員すてきな方だと思います。
これからも、宜しくお願いいたします。



前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。
(メンバーに刺激を与えてくれれば嬉しいです)


前回の目標は、積極的にアシストにつかせていただく、でした。
以前 より、自分からアシストにつかせていただく様にはなったかなと
思っております。
そのおかげで、準備物や内容を少しづつ覚えてきました。

次回の目標は、一つ一つを覚えるのにとても時間がかかる私ですが、
自分のペースで覚えていき、取り組んでいきたいと思います。

あと、レポートをもっと内容濃く、できるようになったと思って
頂けるようなレポートを書けるようになりたいです。



アシスタントは、用意が間に合わず、周りのスタッフの方に用意して
いただいたり、何か一つ二つ準備を忘れていたりと、思っていたよりも
出来なかったように思います。

今週より来週は、多くの症例について、もっと覚えていきたいと
思います。

火曜~金曜まで研修を受けさせて頂き、多くの事を学ぶ事ができました。
しっかりと復習をし、身に付けていきたいと思います。



前回、アシストをつけるようになることを目標としていました。
前回と比べると、器具の場所や用意するものも、分かってきて
つけるようになったと思うのですが、まだ分からない事は
次に次にと出てくるので、もっとたくさんアシストについて
応用が効くように、次回まで頑張りたいです。

根管治療のアシストが苦手だった為、できるだけ根管治療、
抜髄などに付くようにして、だいぶ克服できたと思いますが、
たまに間違えたりするので、ちゃんと術者と息を合せて
動けるようにしたいと思います。



追伸

今日の診療後、来週より
副院長に就任する
入江先生の新人向けセミナーが、ありました。

テーマは、「
咬合調整」。







いつもわかりやすく、
丁寧なスライド。
時には
ユーモアありで、さすが次期副院長って感じです。

<将来が、楽しみ  寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/20] 今年最初のワックスがけ
先週の日曜日、今年初めての床のワックスがけ
行いました。


作業時間前は、こんな感じ。






そして、
終了後はこんな感じ






2ヶ月に1度定期的に行うことで、移転4年を経過しましたが、
今だに、
美しく保たれています。
いつもお世話になっています
クリーナーズさんに、心より感謝です。


ということで、今年も
早1ヶ月半が経過しました。

床のワックスがけと同じように、今の健康なお口の状態を守るため、
定期的に
メインテナンスを行い、笑顔の人がたくさん訪れる
ワクワク楽しい夢いっぱいの、そして人に優しいクリニック
メンバーと共に、作り続けてまいります。

<医院もお口の健康も、クリーニングが大切   寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/17] 学研奈良登美ケ丘
昨日は、午前の診療をお休みさせて頂いて
グループ医院の、ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘へ。

ゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘 
開設10周年になり、
今後の
新たな取り組みについての、全体ミーティングに
参加するためです。



まずは、私が主旨説明をさせて頂き、その後
メンバー全員
話し合いました。

登美ケ丘は、約10年前に新駅 学研奈良登美ケ丘が出来、
それに合わせ、周辺が
大規模に開発されました。

その中心に、大型商業施設である、
イオンモール登美ケ丘がオープン。
その1階にゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘が、入りました。
2006年、8月のことです。

その後、さらに周辺が開発され、大学や高校、
マンションを含む、
新たな住宅地誕生しました。

この地域に住む人々が、より
快適楽しく豊かな生活を送るお手伝いをする為、
私たちに何ができるのかそれを
明確にするための、全体ミーティングです。

この1月より、月1回、
8月まで開催する予定です。

そして、
具体的な取り組みについてのワークを行いました。




たくさんの
前向きな意見が、出ました。

これからも、
月1回全体ミーティングを行い、
私たちの強みである
予防小児矯正に特化した
ワクワク楽しい笑顔あふれる医院作りに、メンバー全員で取り組んでまいります。

<これからの、新たな10年が楽しみ   寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/14] グループ間研修
私たちは、ヨリタ歯科クリニックを含め、
大阪市 上本町ヒルズ歯科クリニックゆめはんな歯科クリニック登美ケ丘
奈良市 ゆめはんな歯科クリニック 高の原の4つのグループ医院から
成り立っています。

そして、
採用教育などを通じ、各グループ医院で
交流
を、計っています。

ということで先週の一週間、私たちの医院のメンバー
森野さん平本さん今岡さん中村さん小田さん5名
他の
3つのグループ医院に、研修に行ってきました。




そして、本日この
感想の一部が、私の元に届きました。
それが、コレ。

2月8日に、グループ医院である、
ゆめはんな歯科クリニック高の原へ研修として行かせていただきました。
グループ医院へは行ったこともなかったですし、衛生士の先輩方とも
WISHの勉強会でお会いするくらいで、どのような診療をされているのか
とても興味があったので、今回研修に行かせていただくことができて
本当に嬉しく思いました。

朝礼から参加させていただいたのですが、ヨリタ歯科同様アワクレドを
行っていて、朝から楽しいお話を聞けて緊張もほぐれました。

健プロの方も、衛生士の方も優しく接してくださり、ヨリタグループは
心の優しい方ばかりだなと改めて感じることができました。
特に大北さんは、メンテナンス、SRPを見学させて下さり、
知識も教えて下さいました。

普段先輩の診療を見る機会がないので、ベテラン衛生士の先輩の見学が
できたことは、今の私にとってとても勉強になりました。
空いている時間も大北さんとずっとお話をさせていただいてたのですが、
大北さんも私と同じで、歯科助手から歯科衛生士になったことや、
私の悩みなど親身になって聞いてくださり、ゆっくり焦らず、
色々な分野を学んでいけばいいとアドバイスを下さいました。

なんでも楽しみながら学んでいこうと思います。
大林院長のアシストにもつくことができて、普段ヨリタ歯科で
外科のアシストについているので、スムーズにできました。

短い時間でしたが、大林院長をはじめ、皆さん優しく教えてくださって
楽しい研修になりました。

ゆめはんな歯科クリニックから学んだことを生かして、
また日々の診療に生かしていきます。

院長、この度もためになる研修をさせていただきありがとうございました。


先週の金曜日の午前中、グループ医院である
『ゆめはんな歯科クリニック高の原』に
研修に行かせていただきました。

ヨリタ歯科クリニックで働き始めて
2年近く経ちますが、グループ医院で行ったことがあるのは
『上本町ヒルズ歯科クリニック』に
WISHで訪れたぐらいで、診療を見るのは初めてでした。

実際に行ってみて、まず驚いたのが
“医院の狭さ”です。

普段、ヨリタ歯科の広さに慣れてしまっているせいか、
とても狭く感じました。

ただ、それが逆に医院全体がコンパクトでスタッフ間での
コミュニケーションがとりやすく、誰がどこで何をしているか
一目瞭然なのがいいなと思いました。

ヨリタ歯科では、診療室がとても広く
インカムや室内カメラがないと全体が
把握できないので、たまに無駄が多いなと
感じることがあります。

その分、高の原ではお互いの行動が
把握できるので助け合いやすいし、
物を取りに行く時間もすぐそこにあるので、
無駄が少ないなと感じました。


『人はいるけど人手不足』の状況が一番の無駄につながるので、
自分も後者にならないように気を付けようと思いました。

今回の研修を通していろいろ多くの事を感じることができました。

また、自分の置かれている環境や行動を
客観視できるいい機会になりました。

今回学んだ事を日々の診療に
繋げていきたいと思います。


3月4月も、グループ医院は続きます。
これからも働くメンバーが輝く、ワクワク楽しい夢いっぱいの医院
作ってまいります。

<グループ内研修を通じ、共に成長する   寄田幸司>
 このページのTOPへ
['17/2/13] あなたが輝く衛生士になるための STEP3
このコラムでも、紹介しました
太成学院大学歯科衛生専門学校
の実習生
西本さん高橋さん2名

昨日、その彼女たちから研修レポートが、私の元に届きました。
タイトルは、「
あなたが光輝く衛生士になるための STEP3



以下は、その
感想の一部です。
ご興味のある、あなたはお読み下さいね。

CHP大賞(患者様 スタッフからの気づき)
(具体的に名前を入れてネ。感情を込めて発表してネ)


まず、朝の院長先生との挨拶から頑張ろうと思い、
ハイタッチでさらに気が引き締ります。

先生方は、質問すると分かりやすく教えてくださるので、
このヨリタ歯科でたくさんの事を学ばせて頂いています。


次に、阿辺山さんの予防を見学させて頂いた時に、何か気になっている事は
ありますか?と質問した時に、患者さんは大丈夫です。と言ったのですが、
阿辺山さんは、患者さまの表情を見て、何でも言ってくださいよと言うと、
患者様が少し不安と伝えていて、表情を見て感じ取っていたのがすごいなと
感じました。

そして、今岡さんは日誌を忙しいのに、間違いやアドバイスを書いて下さって、
そのアドバイスを基にやってみるとうまくいったりするので、毎回本当に的確な
アドバイスをありがとうございます。

岡田さんは、治療が終わった後、分からなかった所がなかったか聞いて下さって
分からないところは教えて下さるし、中村さんは、困っている時、声をかけて
下さったり、他の衛生士さんや助手の方は、とても親切な方ばかりなので、
実習を頑張れています。
本当にありがとうございます。


皆さんです。
お忙しい中、わからない事や質問にも嫌な顔せず、手を止めて丁寧に教えて頂きました。
森野さんは日誌を見て下さり、こんな症例あるよと見学させて頂いたり、
患者さんにTBIをさせて頂いたり、資料を頂いたり、気にかけて下さって嬉しかったです。

田村さんは、患者さんにPMTCをさせて頂けるか、お声掛けをして下さり、ポリッシング、
フロッシングのしかたを丁寧に教えてくださって、ありがとうございます。


前回のあなたの目標は、どれくらい達成できましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせください。
(メンバーに刺激を与えてくれれば嬉しいです)


前回の目標は、治療時にいる物を完璧に準備すること
だったのですが、この目標に対しては、前より少しできるように
なったかなという感じなのですが、治療中に必要になった物で、
どこに置いてあるか分かる範囲の物はすぐに持って行く事ができたと
思います。

次回の目標は、今週で実習が終わりなので、カルテを見ている
準備物を準備し、なおかつ、先読みして行動できるようにし、
アシストもスムーズに行って治療が終えれるよう頑張りたいと思うので、
後数日ですが、よろしくお願い致します。

この実習で、初めに決めた最終目標は、患者さんにTBIが出来るように
なると決めました。

実際に、TBIをさせて頂き、目標は達成できましたが、
患者さんに伝えるという事が難しく、説明不足だなと思いました。
PMTCもさせて頂き、インプラント手術や、セレック、ホワイトニングなど
始めて見る症例があり、勉強になりました。

実習は、今週で終わりますが、1日1日出来る事が増えるように
がんばります。

<明るい未来は、自分の力で切り開く  寄田幸司>
 このページのTOPへ