メディア情報

[’16/12/9] パドクター

毎月、街の情報誌 「ぱど」 に健康情報
ワクワク楽しい予防歯科ってなあに?」を
連載しています。

タイトルは前回に引き続き 「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」 です。

ワクワク楽しい予防歯科ってなあに vol.137
「笑顔とありがとうがあふれる、日本一の歯科医院作り」⑱ 
ミライ企業図鑑

地域の中小企業と、若者のミライが共に
広がるプラットフォームを創る、「ミライ企業プロジェクト」。

その取り組みの一つとして、ミライ企業図鑑の作製があります。

ここで言う、「ミライ企業」とは、

①社会的理念を共有し、
②自律協働型組織で、
③事業を革新し続ける 企業のこと。

具体的には
【社会的 理念力】
社会的理念を持ち、経営者自らが、その理念にコミットし、
社内に浸透させる努力をしている。

【自律協働型組 組織力】
社員を大切にする風土を持ち、人材育成に力を入れ、
組織内の協働的な人間関係づくりをしている。

【持続的 革新力】
独自の強みを持ち、現状に満足せず、常に新しいことに挑戦し続けている。
今回、この本で紹介された26の企業の1つとして、
私たちの医院が選出されました。

この中で紹介された
①企業の目的

ワクワク楽しくなる、夢いっぱいの歯科医院をつくるのが目的です。
医者と言えば「痛い」「怖い」というイメージですし。
治療のみの通院は、億劫で憂鬱なものです。
でも、未来の健康につながる「予防」のためなら、みなさん楽しく
通院できるのでは?と考え、予防歯科の医院を作ろうと考えました。

80歳になると、歯は平均10本しか残りません。
その原因のほとんどは、歯槽膿漏。
つまり、歯槽膿漏を予防すれば、丈夫な歯を残すことができるのです。

また子どもにとって、楽しい歯医者さんになることで、
検査や予防が習慣となり、大人になっても歯を大切にすることが
できるはずです。

②実現したいミライ

女性がほとんどの職場ですが、
出産などで長く勤めていただけないのが、課題です。
良い人材には長くいてもらいたいし、積極的に採用したいのですが、
歯科は勤務時間が長く、給与もさほど高くない業界なので、
なかなか人が来てくれません。

でも、もっと人が集まるようにしたい。
出産などでやむなく辞めたスタッフが、戻ってきやすいよう、
いま、少しずつ診療時間を短くするなど、
働きやすい医院を目指しています。

短い診療時間でも、きちんと収益を得て給与に反映し、
患者さんと、スタッフの笑顔が溢れる
〝日本一の歯科医院”になる。それが理想のミライです。

「ミライ創造力」を高め続ける企業で、ありたいと願っています。

自分たちの明るいミライを明確にすることで、
笑顔とありがとうのあふれる医院ができます。


そして更に、過去のバックナンバーを、
ご覧になりたいあなたはコチラ

 <パドクター 寄田幸司>

 

関連記事

[’18/8/31] パドクター

[’18/7/20] パドクター

[’18/6/8] パドクター

新着記事

米田_プロフィール

西郷どん

ヨリタのフラワーアレンジメント Vol.18

[’18/9/12] インターン生 感想文

Concept