Dr.ブログ

ことわざ

こんばんは、増田です。

 

コロナもだいぶ落ち着いてきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私はと言えば、まだまだ油断出来ないのでジムなど、感染しやすそうな場所に
行くのは
控えて
おります。

さて、そんな日々を送っていると自然と家にいる事が多くなるので
やる事が限られてきます。

そこで、ふと疑問に思った事を調べるのですが、ある時ことわざについて
気になったので
調べてみました。

皆さん、ことわざってどのくらい知ってますか?

例えば、

「一富士二鷹三茄子」「桃栗三年柿八年」「早起きは三文の徳」など
有名なものは,、皆さんご存知かと思います。

では、これらのことわざに続きがある事はご存知ですか?

ちなみに、私は知らなかったです。

中でも私が気に入ったのが

「井の中の蛙大海を知らず」の続きの部分
「されど空の深さ(青さ)を知る」というものです。

前半部分「狭い世界に生きて広い世界のことを知らない」という
ネガティブな意味ですが、
後半部分「狭い世界で一つのことを突き詰めたからこそ、
その世界の深いところまで知ることができ
た」
というポジティブな意味になります。

歯科業界は狭い世界ですが、常に新しい知識を取り入れていかないといけないので、
このことわざがしっくりきて気に入りました。

面白いので、皆さんも興味があったら調べてみて下さい。

関連記事

梅雨

アンガーコントロール

新着記事

梅雨

[’20/7/5] 院内セミナー②

[’20/7/4] 新人衛生士実技研修

Concept