Dr.ブログ

矯正治療

こんにちは、兵頭久司です!

 

 

桜はだいぶ咲きましたが、新型コロナウィルスの終息はまだ当分先みたいで、
しっかりと付き合っていく覚悟が必要ですね。

TVで安倍首相を見ると、たまに、前歯をどうにかしてあげたいなと
思ってしまうのはボクだけでしょうか?

さて、今日は矯正治療について、お話してみようかと思います。

矯正治療に対して日本と海外の認識は違います。

欧米では、矯正治療の重要性が認識されており、歯並びや噛み合わせを治すことは
普通のことという認識です。
逆に歯並びが悪いと、貧しい人、自己管理能力のない人などといった目で
見られるようです。

それは矯正治療が欧米では保険でカバーされていることからも分かります。

欧米人は、キスやハグなどのコミュニケーションをとるため、口腔内への
意識が高いです。

まぁ、そのコミュニケーションでコロナも蔓延したのかもしれませんが、、

歯並びが悪いと、見た目だけでなく、虫歯になりやすかったり、
歯周病が進行したり、発音障害、咀嚼障害、など様々なリスクが考えられます。

当院では、5歳からのマウスピース矯正(myobrace)、導入しつつあるインビザライン、
矯正認定医による矯正治療を実施しています。

気になる方は、お気軽にお声掛けください。

関連記事

妊婦と歯科の関係

6月スタート

口臭について①

新着記事

[’20/6/5] 診療室でも始まる新たな日常

妊婦と歯科の関係

6月スタート

Concept