Dr.ブログ

世界一虫歯が少ない国

こんにちは、ヨリタ歯科赤松です。

 

今日は、世界の虫歯事情について書こうと思います。

皆さん、世界一虫歯が少ない国といえば、どこの国を思い浮かべますか?

予防歯科の先進国である、フィンランドや、スウェーデンを
思い浮かべる方もたくさんおられると思いますが、それらの国より
はるかに虫歯が少ない国があるのです。

その国とは、なんと「ガーナ」

 

なんと、虫歯の平均的な本数一人あたり0.1本
意外な方もたくさんいると思います。

ガーナといえば、チョコレートの原料となるカカオを生産している
国として有名であり、実際にカカオの生産量世界ランキングでも2位です。

なのに、どうして虫歯が少ないのでしょうか?

ガーナではカカオを多く生産しているにも関わらず、国内ではカカオや
チョコレートを食べる習慣がないのだと言われます。

また普段の食生活における砂糖の消費量が極めて低く一日の消費量はなんと20グラム以下

なので、虫歯が世界一少ない国なのです。

ちなみに、日本は平成29年度 都道府県別12歳児むし歯の状況によると、全国平均0.82本
大阪府は1.0本 

まだまだですね。

夏休みになられたお子様も多いと思いますので、もし虫歯があるお子様は
ぜひ歯科医院へお越し下さい。

関連記事

歯医者への距離感

未来有望

いい歯の日

新着記事

歯医者への距離感

笑顔

[’19/12/10] カムカムクラブ クリスマスフェスタ

Concept