Dr.ブログ

抜けてしまった歯と牛乳

こんにちは。

吉村仁美です。

私は小さい頃から牛乳が好きで、今でも1日にコップで23杯飲む事が多いのですが
今日は牛乳と歯の話をしようと思います。

転んだり、ぶつかったりで歯が抜けた、そんな時その後どうなるかは
どういった処置をその時取るかで大きく左右されます。

そこで牛乳の出番です。

抜けてしまった歯歯牙保存液または生理食塩水、もしくは牛乳に浸しましょう。

決して、乾燥させてはいけません。

そして、出来るだけ早く歯医者さんに持っていきましょう

なぜ牛乳なのか、それは浸透圧、PHが体液に近いから、だそうです。

他の注意点としては根元には出来るだけ触れない事。
汚れていたとしても、水道水や消毒液で洗わない事です。

抜けた歯の根の表面の部分(歯根膜)がよい状態のうちに早く戻すことが
出来れば、元通りくっつくこともあるのです。

歯が抜けてしまった時、皆さん驚かれることでしょう。

なかなか冷静な判断が出来ないかもしれません。

そんな時、今回のお話を思い出して頂けたら幸いです。

関連記事

2階クラブフロア内覧会

お子様の癖(お口ポカン編)

雨と歯の痛みの関係性

新着記事

[’19/7/18] 衛生士学校 課外授業②

[’19/7/17] 将来の私、夢

[’19/7/12] ヨリタクラブフロアは第4ステージ

Concept