Dr.ブログ

睡眠中の歯ぎしり

こんにちは、藤井です。

 

皆さんは朝起きた時にお顔周りの筋肉の痛み、強張り、口が開きにくい
なんてことはありませんか?

心当たりのある方、それは睡眠中に無意識のうちにされている歯ぎしりが
原因かもしれません。

これを、睡眠時ブラキシズムといいます。

ブラキシズムには、歯ぎしりだけではなく、食いしばりや、歯をカチカチ
させるタッピングなども含まれます。

そのほかにも、お口の中から歯ぎしりを発見できることもできます。

歯がすり減っている状態を咬耗といい、歯ぎしりをしている方では著しい
咬耗を認めることがあります。

また骨隆起という骨の出っ張りや、頬の粘膜の歯の圧痕も特徴的です。

さて、睡眠時ブラキシズムは起きている時の最大咬合力を越えるほどの
大きい力を伴うことや、これが数分間持続することもあるとの報告が
あります。

この大きな力は歯に対して破壊的に作用し、歯根が折れてしまったり、
補綴物が割れてしまったり、インプラントが脱落してしまうこともあります。

睡眠時ブラキシズムリスク因子としては噛み合わせの異常ストレス
アルコール喫煙特定のお薬などが指摘されています。

また睡眠時無呼吸症候群や、遺伝的要因との関連も示唆されています。

睡眠時ブラキシズムの治療としては、現在根治的な治療法はなく、
ブラキシズムの悪影響を防ぐことが中心となります。

一般にマウスピースの使用が中心的で、歯や被せ物よりも材質が柔らかいため、
歯がすり減るのを守ります。

もし、睡眠時ブラキシズムに心当たりのある方は、気軽に相談してください。

関連記事

力によるトラブル

「親知らず」の歌

乳幼児の歯磨き

新着記事

力によるトラブル

歯科矯正、スタート

[’18/5/25] カムカムニュースVol.63

Concept