Dr.ブログ

歯の色

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます

 

今日からは、また一段と寒さが厳しくなりましたね。
生駒山では雪がちらついてそうです。

さて、今日は歯の色について書いてみます。

歯の色といえば、雪のように白いのがいいなと思ったりすると思います。
しかし、実際はそんなに白い歯はありません

人によって歯の色もさまざまです。

その人によって合う色を僕らが選んで、治療を行っていきます。

かぶせ物を作る時にも色は大きく分けて、明るさと色味で判断をします。
具体的にはシェードガイドとよばれるものを用いて判断します。

色は基本的にはABCDの4種類

Aが赤茶系

Bが赤黄系

Cが灰色

Dが赤灰色

この4種類で、一番近い物を選びます。

またA1,A2など数字があり、番号が若いほど明るい色になります。
保険外のセラミックはさらに色を色々配合して、リアルな歯を技工士が作ります。

みなさんにぴったりのかぶせ物をつくるために、裏では色々な工夫があります。

 

関連記事

SJCD例会参加

歯科ドッグ

バレンタインデー

新着記事

[’18/2/23]

[’18/2/22]

[’18/2/22] パドクター

Concept