院長ブログ

[’15/1/22] 受付研修

ヨリタ歯科クリニックでは、仕事は完全分業制ですので、
採用時、各役職ごとに求人を出します。

そのため、受付メンバーが診療に入ることはなく、
診療室メンバーも、フロント勤務することもありません。

しかし、日頃より、役職ごとの仕事内容をお互い
理解することが、強固なチームワーク
作るため、必要不可欠であると思っています。

そのため、新入社員が入職後、
約1年経過した時に、他の役職を経験する研修を行っています。

ということで、先週より、昨年入職した
健康プロモーター(アシスタント)による
スマイルクリエーター(受付)研修が、始まりました。

トップバッターは、昨年4月入社の松尾さん

緊張しながらも、いつも笑顔を絶やさず
無事終えることが出来たようです。

以下は、その感想文です。
ご興味のあるあなたは、お読み下さいね。

5日間、とても充実した時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。
診療アシスタントとして、少しずつ慣れてきた中で、
受付研修を受けることで、緊張感があり新鮮な
気持ちになりました。
経験しないとわからない診療側と受付のギャップは
想像以上でした。

受付は患者様と医療人を繋ぐ中間的な役目で、
患者様にとっては最初の窓口で、私たちと患者様が、
関わる上の大事な部分を守ってくれているのだと感じました。

それぞれ、重要視する優先部分が役職によって違いますが、
受付は何よりも本当に大変だと身をもって感じました。

研修中は立ち居振る舞い、お話するときの言葉遣い、
表情はもちろんですが患者様の顔が見えない分、
とくに電話対応には失礼が無いように、さらに声のトーンには
気を付けました。

そして、医院が大事にしている、おもてなしの気持ちだけは
緊張していても常に心がけました。
今後は一人一人にあった話し方はもちろんですが、
表情と語尾に気を付けた、お話を患者様と、
していけるようにしたいと思います。

アシスト中は、ドクターの手を止めないためにも、
無駄な動きが無いように意識していますが、
受付業務も手際の良さが重要だなと感じました。

必ず三人でお出迎えしている意味も分かってきました。
お約束している時間に、患者様を導入出来るようにと、
患者様から診察券を受け取ってからの皆さんの
テキパキと的確な動きをされている姿は、かっこよかったです。

その中での目配り、気配り、お会計、電話対応と1人何役も
こなされている姿を見て、心から尊敬しました。
いつか、健プロ兼スマクリで頑張ってみたいと
思えるぐらい、魅力的でした。

これからは、みなさんの動きを見ながら、
自分自身に磨きをかけていきたいと思います。

?<フロントではいつも、スマイルアンドコミュニケーションを心掛ける 寄田幸司

関連記事

[’20/7/3] ヨリタクラブフロア開設1周年

[’20/6/13] 2021年度会社説明会&採用一次選考会開催

[’20/6/12] 新人研修読書感想文②

新着記事

[’20/7/3] ヨリタクラブフロア開設1周年

私と子猫の出会い記念日

[’20/7/1] キッズコーナーDVD

Concept