院長ブログ

[’20/3/31] クリニックばんぶう

株式会社日本医療企画が、毎月出版している、開業医をサポートする
総合情報誌『CLINIC BAMBOO』 2020年4月号

 

 

今回の特集は、『専門医療のマーケティング戦略』

その中で、私たちの医院のホームページが紹介されていました。

 

 

ばんぶう編集部の中に、クリニックHPチェック委員会という、部署があります。

こんな感じ。

 

HPを取り巻くシステムやデザインなどのトレンドは、日々変化しており
患者にとって良いHPにするうえでは、定期的なチェックは必要だ。
HP制作に携わるプロ達の視点から、診療所のHPを徹底チェックしてもらう。

 

ということで、総合評価
『コンテンツが豊富かつ、細部までつくりこまれたデザイン』

 

その他、アドバイスや良い所は、以下の通り。

 

 

■豊富な情報量だからこそ、コンテンツによってはグローバルメニューの
ホバーがページの上部が隠れるほど、幅を取ってしまっている。
画像の大きさや、配置を変えるなどすると、さらによくなるだろう。

■採用情報専用のページも設け、患者だけでなく、スタッフになり得る
人材への発信に注力していることが、伺える。

■さまざまなインタラクションや画像を使い、各種コンテンツをアピール。
目で見るだけでも楽しさが伝わってくる。

■パンくずリストで、たくさんのコンテンツの中でもHP上の現在位置の
把握に担保している。

 

ヨリタ歯科クリニックは、約7年前に移転リニューアルを行いました。

それに伴って、ホームページも約半年をかけリニューアル、今日に至ります。

 

この時に、一番大切にしたのは、”私たちらしさ”です。

 

ワクワク楽しい夢と希望あふれる働くスタッフが輝くどこにもない
予防ベースの歯科医院
なので、どこにもない、他のホームページと全く違う
ヨリタ歯科クリニックらしいもの
を、作製したいと考えました。

 

構成、写真のレイアウト、文章など全てにこだわり、半年の時間をかけて作りました。

 

それが、このホームページです。

 

7年前のリニューアル後、子供のマウスピース矯正(MRC)や、
大人のマウスピース矯正(インビザライン)訪問診療などにも
積極的に取り組んできました。

また、昨年7月より2階予防専門フロア『ヨリタクラブフロア』も新たにオープンしました。

それらについても、今年中にホームページに追加していくため、現在業者さんと
打ち合わせを行っています。

 

コンテンツが豊富で、細部まで作り込まれた私たちらしいホームページの作製
これからも続けていきます。

 

 

<私たちらしいホームページ作りに、これからも取り組む  寄田 幸司>

 

 

関連記事

[’20/6/5] 診療室でも始まる新たな日常

[’20/5/26] 白石先生退職

[’20/5/25] 新人研修読書感想文

新着記事

[’20/6/5] 診療室でも始まる新たな日常

妊婦と歯科の関係

6月スタート

Concept