お知らせ

[’20/1/1] 年頭の思い

新年、明けましておめでとうございます。

この一年も人に優しい、ワクワク楽しいヨリタ歯科クリニックであり続けます。

 

 

今年の干支は、「子 ね」、庚子(かのえ・ね)

 

■子(ね)は、万物が成長し増えていく時期

2020年の十二支、子は、ご存知のように十二支の始まりです。

2019年の亥年で結んだ種が、新たに芽生えて、色々な方向に育ち始めるというのが
2020年の子年です。

また、十二支には、それぞれに季節が割り当てられていますが、子の季節は冬至。
冬至は、一年で最も昼の時間が短い日ですが、冬至を境として再び昼の時間が
長くなり始めます。

これは、陰陽五行説では陰が極まり、陽に転じる『一陽来復』と呼ばれる現象です。

陽に転じるとは、言い換えれば、動き出した陽気につられて、あらゆるものが
初々しい活力をもって、増えていくという現象。

固い種の中に押し込められていたエネルギーが、陽気の訪れとともに一気に芽吹く。

まさにそうしたイメージが、子年の持つ意味です。

 

ということで、2020年新たなチャレンジに取り組んでまいります。

その一つが、インビザライン、大人のマウスピース矯正です。

約3年前から、子供のマウスピース矯正には積極的に取り組んできました。
大変喜んで頂きましたので、成人の方にも広げていくことになりました。

また、訪問診療のさらなる拡大のため、訪問車を1月に購入

4月から衛生士も6名採用が決まっているので、院外での口腔ケアにも
力を注いでいく覚悟です。

 

そして、昨年2019年の「今年の漢字」は、「令」

 


(画像、文章、共にホームページから引用・抜粋)

 

その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が12日発表され
令和最初となる今年は「令」(レイ・リョウ/いいつけ・おさ・よい)に決まった。
この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの
京都府産の黒谷和紙に、広島県産の熊野筆で力強く揮毫(きごう)した。

はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日の
「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた奥深い意義を再認識する
機会を持つことを目的に始まり、今年で25回目となる。

今年は21万6325 票(昨年2018年は19万3214票)の応募があり、「令」が
3万427票を集めて1位となった。

新元号「令」和に、新たな時代の希望を感じた一年。

「令」和が日本最古の歌集・万葉集からの出典で、海外に
Beautiful Harmony=美しい調和と説明されたことや、「令」の字が持つ意味・書き方
にも注目が集まった。

また、法「令」改正、法「令」順守、警報発「令」、避難命「令」としても使われた年。

 

ということで、今年のヨリタ歯科クリニック オリジナルピンバッジはコレ。

 

 

このバッジを胸に、メンバーと力を合せ、夢と希望あふれる、ワクワク楽しい
夢いっぱいの年に、しますね。

 

 

<2020年の夢の扉が、開く    寄田 幸司>

 

関連記事

[’20/7/1] キッズコーナーDVD

キッズルーム ご利用に関してのお願い(2020.7.1~)

カムカムフェスタ 中止のお知らせ

新着記事

梅雨

[’20/7/5] 院内セミナー②

[’20/7/4] 新人衛生士実技研修

Concept