院長ブログ

[’18/3/5] 2018年 新人研修レポート その⑥

今週も、日本歯科学院竹村さん橋本さんから第2回目と第三回目の
研修レポート
が、私の元に届きました。

それが、コレ。

  

     

 

タイトルは、
「あなたが光輝く衛生士になるためのSTEP2
「あなたが光輝く衛生士になるためのSTEP3

以下はその一部です。

ご興味のあるあなたは、是非お読み下さいね

 

あなたが光輝く衛生士になるための STEP2

○CHP大賞(患者様、スタッフからの気づき)

・私を担当して下さっている健康プロモーターの方は、中村さんです。
中村さんはいつも笑顔で、私が困っていて尋ねたりすると、忙しくても
優しく丁寧に、教えて下さいます。
さらに中村さんは、スタッフの皆さんにもとても頼りにされていて
それは中村さんが常に周囲を見て判断し、適確な行動を行っているから
だと、思いました。
私もそんな風になれるように、一つのことに夢中にならず、テキパキと
動けるような、衛生士を目指そうと思います。

・私には、担当として小林さんがついてくださっています。
小林さんは初診の患者様のカウンセリングを行ったり、保育の方に
行かれたりと、忙しくされているのに、私をとても気に掛けて下さいます。
ここのアシストについて良いよ、とか、アシストについていても大丈夫?
と、一言かけて下さいます。
質問しても、丁寧に教えて下さいます。
他の皆さんも、器具の場所を教えて下さったり、アシストをかわって
頂けたりと、丁寧に教えて下さいます。忙しいからと、ないがしろに
対応するのではなく、丁寧に対応する事の大切さを身を持って教えて
頂いています。

○前回のあなたの目標は、どれくらい達成出来ましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。

・私の前回の目標は、常に笑顔で人と接し、治療のアシストについた際は
なるべく多くの声かけを、行うということでした。
私は、アルバイトで接客業を行っているので、笑顔は自然と出来たのですが
声かけを行うとなると、なかなか言葉が出てきませんでした。
ですので、まずは語彙力を鍛え、治療のアシストばかりに夢中にならず
患者さんのことを考えて、その場に合わせた声かけを行えるように
頑張ります。

・ヨリタ歯科クリニックでの実習が2週間目となり、自分が診療の中で
どのように動けばいいのか、わかるようになってきました。
前回はアシストにばかり、意識が集中していましたが、少し余裕を持てる
ようになり、患者様とお話できるようになりました。
しかし、いまだ目の前のことにばかり集中しがちです。
治療の流れは、だいたい理解したので、アシストと同時に片付けを
行なえるように、していきたいです。
効率よく動く事を、意識していきます。

 

 

あなたが光輝く衛生士になるための STEP3

○CHP大賞(患者様、スタッフからの気づき)

・私を担当して下さった、先生のことについてです。
短い間ではありましたが、森山知子先生のアシストに多くつかせて
頂いていました。知子先生のアシストにつく時は、子どもの患者様が
多く、声かけなどを行いながら、治療をしていました。
私はまだ初めの方で、器具の場所や、治療の内容もあまり把握して
いませんでした。
それでも、知子先生は私に適確なアドバイスをしながら、患者様に
接していました。先日いらっしゃった患者様は、知子先生が良いと
泣くくらいで、それほど患者様に愛されるような衛生士になりたいと
思いました。

・私の日誌は、野村さんが担当して下さっています。
細かい所まで指摘して下さり、自分の知識不足をあらためて実感させて
下さいます。自分で調べ、考えることで、自分の知識とすることが
できます。
今まで知った気になっている事を、正しい知識とする機会を与えて
頂いています。アシストも、ただアシストするのではなく、何を
どういった理由で、その処置を行っているのかということを、意識
しながらアシストにつくと、より良い勉強になるのだということを
教えて頂きました。
私も、たくさんの知識を持った衛生士になれるよう、目標とさせて
頂き、日々勉強させて頂きます。

○前回のあなたの目標は、どれくらい達成出来ましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。

・前回の私の目標は、治療のアシストにばかり夢中にならず、患者様の
ことを考えながら、声かけを行うということでした。
今まで何回もついているような治療の時は、余裕があって、声かけなども
行うことが出来ましたが、初めてつくような治療のアシストの時は
アシストがうまく出来るだろうか、怒られないかなど考えてしまい
声かけが出来ない状態でした。ですので、もっと様々な治療のアシストに
つき、経験値を高めていこうと思い、頑張ります。

・ヨリタ歯科クリニックでの実習が、もう残すところあと1週間と
なりました。
前回の目標は、患者様とお話させて頂くということを、目標として
いました。患者様に積極的にお話させて頂くよう、心掛けした結果
多くの患者様とお話させて頂くことが、できました。
ある患者様は、ご自分も看護師の国家試験を受験し、結果待ちなのだ
という個人的なことまで、私にお話して下さり、さらにはご自身も
臨床実習を終えたばかりで、実習の大変さは理解できるよ、頑張ってね
と励ましのお言葉まで、頂けました。
残り1週間となってしまいましたが、患者様との信頼関係の築き方と
いうのを、勉強させて頂きます。

 

<実習生には、日々たくさんの気付きと学びがある  寄田幸司>

追伸

昨年までパートナードクターとして、ゆめはんな歯科クリニック登美ヶ丘
院長をして頂いていた、森山勝行先生が高石市で新しい医院をオープン
しました。

名前は、なないろの森歯科クリニック

ということで、先週の土曜日の午前、内覧会に行ってきました。

  

  

    

私たちの医院のコンセプトと似た、予防ベースの明るい医院です。

そして、本日から本格オープン
たくさんの患者様とスタッフの、笑顔あふれる夢いっぱいの医院
なることは、間違いなし。

森山勝行先生の益々のご活躍、本当に楽しみです。

<お互い、思いがあふれる医院を作る  寄田幸司>

関連記事

[’18/10/23] 小室 甲先生を囲む会

[’18/10/22] M.A.Fセミナー大阪

[’18/10/18] あなたが光輝く衛生士になるために

新着記事

[’18/10/23] 小室 甲先生を囲む会

人を感動させられる暖かい力

[’18/10/22] M.A.Fセミナー大阪

Concept