院長ブログ

[’17/8/21] 読書感想文 その③

新しく入社しました、感動クリエーター 安田さん
本日、
新人研修読書感想文が、私の元に届きました。

それがコレ。

本のタイトルは、「ディズニー 7つの法則」

この本を読んで、たくさんの気付き学びがあったようです。
是非、今後の
働く姿勢に、反映して頂ければ、有難いです。

以下は、本の感想です。
ご興味のあるあなたは、お読みくださいね。

《この本を読むことで得られた自分への気づき、学び》

「顧客サービスをレベルアップする最良の方法のひとつは、良い手本を
見つけて、見習うことである」

読み始めて一番最初の文章が、いきなりこれである。

何を基本的なことを書いているのか…サービスを提供する会社にとっては
当り前であるとは思うのだが?と、読み進めること数十ページ。

私は、ディズニーのテーマパークへ、1度しか行ったことがない為
(しかも夜間だったので)スタッフの接客等は、そこまで思い出せない
のだが、まずはやはり細やかな接客、サービス、アトラクションやショー
全てにおいて細部にこだわりがある、というのが印象的であった。

美術面に関しては、ウォルト・ディズニーの世界観(いや、世界感と
言ってもいいだろう)を、テーマパークで表現する、ということ自体が
美術関係をかじっている私にとっては、スケールが大きすぎる世界だ。

ただ、顧客サービスに関する本であるのに、パーク内の美術面の細部の
こだわりを詳しく書かれている点は、とても刺激を受けた。

そして、「見えないところが大事」という項目で、人が気付かない所を
こだわりを持って作ったり、隠れていて探さないとわからないものが
パーク内に沢山あったり…そういったものに共感を覚え、うんうんと
うなずいてしまった。

そういうこだわりを持つのは、とても好きなのだけれども、会社となると
意味がない、と足蹴にされることが多く、反対にディズニーはそのことを
大事にしていることに、クリエイティブな面でも、世界一なのだなと
改めて思った。

サービスにしても、クリエイティブにしても、やはり細部まで見渡し
顧客の為に想い、耳を傾け、良し悪し全てに対して受け入れ、素直になる
ことが大事であり、自分が今ここで働き、何の為に行動しているのか。
そういったものを日々問いかけ、より良い(善い)ものに磨き上げ
皆で目指すものはひとつと、目標を立てることにより、全員が手本になる
のではないかと、思った。

それが、サービスの向上に、必要なものの、1つなのだろう。

《この本から学んだことを実践することを、1つ以上》

・細部にこだわって、制作する。
制作したものによって、喜んでいただく。

・院内を清潔に、保つこと。気付いたら、汚れを取り除く。
(顧客(患者様)に、気持ち良く利用してもらうため)

・ディスカッションで、意見交換、情報共有、情報の記録。

《実践した結果・感想・反省点》

・こだわって制作するのは良いのだが、やはりその分時間が
かかってしまう。
時間は、限られたものであるから有効に使い、時間配分が
必要だ(感動クリエーターは、少人数しかいないため)

・本に載っている、クリーンスタッフは、全員といってもいい
という所は、ヨリタ歯科クリニックも、同じくであるが
決められている場所以外でも、汚れやゴミがあったら
きれいにする、ということを心掛けている。
院内が綺麗なままを保つためには、掃除の時間以外でも
目に付いた汚れは、取り除くようにしたい。

・ディスカッションは効果的であるのは、確かだ。
グループで話し合ってやることを、もっと積極的に
していきたい。(内向的な性格なため)
情報を共有し、意見を交換することは、自分にも相手にも
学びになる。

<本は、気付きと学びの宝庫 寄田幸司>

関連記事

[’17/12/6] 人を大切にする経営学会 関西支部 第4回例会

[’17/12/5] ヨリタ歯科クリニックリニューアル5周年記念メッセージ

[’17/12/4] 研修終了

新着記事

谷口_プロフィール

iPhoneⅩ

[’17/12/8] パドクター

[’17/12/8]

Concept