カムカムニュース

[’19/3/18] カムカムニュースVol.73

定期的にお子様の歯に関する豆知識や、院内の出来事
発信するカムカムニュース。

今月のカムカムニュースVol.73を、紹介します。

ご興味のあるあなたは、是非ご覧下さいね。

 

『こどものお口の問題』

 

今月号は、こどものお口の問題をテーマに
小さなお子さんがいる当院の歯科衛生士に、豆知識を聞いてみました!

小さなお子様がいらっしゃる方の、お口のケアの参考になれば幸いです。

 

『よく噛まない・丸飲みするのはなぜ起こる?』

カムカムクラブで幼児期のお子様をお持ちのお母さんから
子供がよく噛まない・お茶で流し込んでいる・丸飲みしているなどの
食事の際のお悩みのご相談を多く受けます。

では、なぜ噛まなくなるのでしょうか?

まず、本当に『できない』機能的因子なのか
『できるけど、しない』意欲の問題なのか。

見分ける必要があります。

 

■噛まない丸飲みの原因と対策 その①

噛まずに丸飲みは、食事の形態が子供の成長に合っていない
いわゆる噛めない大人の食事を出しているということがないか
確認が必要ですが、実は母乳や哺乳瓶が好きな子供ほど多い傾向にあります。

なぜかというと、母乳は舌の中央から後方の学習を繰り返している
ため、舌の中央から先端の発育が悪くなり、
『吸うようにして丸飲みする』『口の中の前方に食べ物が残る』
などが起こります。

その場合は、前歯で咬み取ったり、口の中の入口の方を使う工夫を
繰り返すことで、舌の前方部がしっかりと学習され、徐々に吸う
ような動きが減っていき、丸飲みすることがなくなっていきます。

 

 

■よく噛まない原因と対策②

噛む動作は、口腔機能の総合的な運動なので、単純に歯があればよい
のではなく、頬や舌も利用します。
おもちゃの楽器や笛などで、音が出せるか確認してみて下さい。
音が出ない場合、口腔機能が低下気味であると考えられます。

昔ながらのおもちゃの笛は、お口周りや舌の筋肉を使うので
口腔機能向上の効果が出ます。
このように、おもちゃの笛を使い、遊びの中で口腔機能のトレーニング
をするのもオススメです!

そして噛めない原因というのは、食べ物の大きさや硬さの不調和に
よっても大きく影響を受けます。
メニューやその日の体調によっても、左右されます。
食事中、よく噛みなさいと繰り返し注意を受けることによるストレス
によっても、噛まなくなることもあります。

子供が食事を楽しみながら、トレーニングができるよう、練習は
おやつの時間や、間食の時に行うようにしてあげて下さいね。

 

 

 

『おくすりの中に含まれる糖分』

だいぶ暖かくなってきましたね。

大流行したインフルエンザもおさまり病院に行く機会も少なくなったと
思いますがまだまだ風邪には気をつけたいですね。

お子様が風邪をひいた時に、処方される子ども用シロップ

自分も子どもの時に飲んで甘くて美味しかったという記憶があります。

みなさんは、このシロップに砂糖がどれだけ入ってるかご存知ですか?
子供用シロップには、高濃度の砂糖(ショ糖)が入っています。

そして、含まれている量はなんと、清涼飲料水の2~5倍と言われています。

お子様が体調崩している時は、シロップを飲ませて早く休ませてあげたいですが
これだけ砂糖が入ってると、虫歯のリスクが気になりますね。

シロップを飲んだ後、砂糖が口の中に長く留まる事で、虫歯のリスクが
上がってしまいます。

なので、シロップを飲ませた後はすぐ歯を磨いてあげる事がベストですが
無理な場合は、お水かお茶を飲ませてあげましょう

シロップを長期的に飲んでいて、虫歯が心配、というお子様も
ぜひ当院のカムカムクラブで、虫歯チェックをしてみてくださいね!

 

これからも、カムカムニュースを通じ、
子供たちの歯を守る情報発信を、していきます。

 

↑画像クリックで、大きくなります。

 

次回のカムカムニュースは、来月半ばを予定しております。
お楽しみに!

過去のカムカムニュースは、コチラ

 

<カムカムクラブは、子どもたちの笑顔でいっぱい 寄田幸司>

関連記事

[’19/10/19] カムカムニュースVol.79

[’19/9/19] カムカムニュースVol.78

[’19/7/22] カムカムニュースVol.77

新着記事

[’19/11/19] クリスマスフェスタ2019開催のお知らせ

[’19/11/18] POSH勉強会開催

二食兼用をされる方に

Concept