セミナー参加者の声

ヨリタ歯科グループ合同イベント参加者の声 Part3

【1】 ウエルカムパーティー2009 その1

今年も恒例になりました、ウエルカムパーティー(入社式)を
エクシブ京都八瀬離宮で行いました。

参加者は、ヨリタグループ常勤メンバー66名
一泊二日の研修です。

といっても、そこはヨリタ流
夢と希望、愛と感謝あふれる2日間になりました。

今回の主催はヨリタ歯科の、グループ一体化チーム感動クリエーターのみんな。

オープニングは、ワクワクウェディングです。
私たちが取引きさせて頂いている
(有)ガーデンの三浦さんと、
ヨリタ歯科の
小児担当ドクター森山知子さんが、今年2月結婚

この2人を、ヨリタグループ全体でお祝いしたい。
心温まる
ヨリタらしいウェディングをしたいと思い、開催させて頂きました。


何から何まで、すべて手作り
式場前に飾った
ウェルカムボード、新婦が持つブーケやコサージュ結婚証明書など。


そして何と、私が神父役になりました。
森山家のご両親にも参加して頂き、本格的(?)な式になりました。
参加者全員、オープニングから
ハッピーになれました。

その後移動し、会場はコンベンションホールへ。
いよいよ研修の始まり。

パートナードクター武藤先生、永井先生からのお話がありました。

武藤先生のタイトルは、
明日から仕事が楽しくなる ちょっといい話 ~夢ややりがいを持って生き生き働くために~』。

武藤先生の言葉。

良いこと悪いこと全て自分が起こしたもの
患者様が喜んでくれると、自分も嬉しい。
メンバーが生き生き楽しいと、自分も嬉しい。
医院が発展すると、自分も嬉しい。

そんな考えを持ちましょう。

これはここ数年、悩みながら医院経営を続けている武藤先生が、
いつも自医院のメンバーに、語っていること。

自分のゴールだけ見る
人を見ない比べない
そして
決めたことは必ずやり遂げる

そんな武藤先生の人生観を語ってくれました。

永井先生のタイトルは、『WHP
Welcome Helth Promotionの略。

私たちが診療室で実践しているのは、「ヘルスプロモーション」。
私たちのメンバーが、いつも診療中全員携帯している
アワクレド』の9番目に書かれた言葉。

それは
【私たちは、患者の皆様のヘルスプロモーションを実践します。
 ヘルスプロモーションとは、患者の皆様一人一人が
 
自らの健康をコントロールし改善することができるようにするプロセスです。
 私たちは、患者様が
健康の坂道を登り、セルフケアの確立ができるよう、
 さまざまな形でお手伝いします。
 最終のゴールは、健康ではなく、
QOLの向上です。】

最終のゴールである、来院者のQOL(Quality of Life)を向上させるため、
過去に行ってきた
さまざまな取り組みについて、分かりやすく解説してくれました。

永井先生が、最後に言った言葉。

「QOL向上のため必要なこと、それは“Quality of You=あなたらしさ”の確立。
これからは、あなたが主役になって下さい。
そのため、あなたらしさを身につけて下さい。」

患者様が自発的に行動を起こすためには、
それをサポートする私たちが、自発的になる必要があります。
だからこそ
自分で考え、行動する必要があるのですね。

ヘルスプロモーションについて語って頂けたこと、心より有難いです。

【2】 ウエルカムパーティー2009 その

 

パートナードクター武藤先生、永井先生のセミナーが終了。
その後は、
ゲスト講師である中小企業診断士である吉本平史さんに、
約90分、お話して頂きました。

タイトルは、『ホスピタリティ・コミュニケーション
まずは、
自己紹介ゲーム
2人がペアになり、お互い「
趣味や好物、ありがとう体験」について、約90秒自己紹介

その後、相手に対し感じたこと、良かったことなど言いあいました。
ここで紹介された、
ほめ達人の7つのポイント

①心を込めて直接ほめる
②具体的な内容でほめる
③タイミングを逃さずほめる
④結果だけでなくプロセスもほめる
⑤第3者を通じて間接的にほめる
⑥手紙・メール・電話でほめる
⑦当たり前の事で継続していることをほめる


さらに、
成長企業の共通点

・ 明確な経営理念・Credo・経営方針等が浸透している
・ コミュニケーションが取れいて風通しが良い
・ 差別化ではなく独自化
・ 当たり前のことができている
・ 元気で明るく活気がある
・ 朝礼やミーティングが参加者発言型で「感動」がテーマである
・ 自発的に成長する仕組みがある


私たちに
共通している項目も多くありましたが、まだまだ出来ていないことも。
もっともっと、
完成度を上げていきたいと思いました。

その他、様々なワークもあり、あっという間の1時間30分でした。
セミナー終了後、私たちに話してくれた
吉本さんの言葉

「相手の良い所に気付き、ほめることが出来る人は、
実は相手の
欠点も、もちろん良く分かっているのです。
にも関わらず、
あえて良い所をほめるのです。
これは、
なかなか出来ないことですよ。
ある意味、
神の領域ですから。」

ついつい、欠点ばかり目がいきます。
そして、そればかりを指摘しまいがち。
人のいい点を、ほめる
多少の欠点が、あったとしても。

私も、そんな神の領域に少しでも近づきたい思いました。
神につかえる、
神父のように

セミナー終了後、吉本さんへ感謝状と記念品(カムカムボーイ付きトロフィー)を
お渡ししました。
そして、最後は
胴上げ


おっと、吉本さんからもカムカムボーイ入り特製クッキーも頂きました。
何でも、
昨夜出来たものだとか。
北海道から持ってくるだけでも、大変だったことでしょう。


このクッキーは、札幌市白石区のケーキ屋さん、
CAKE STUDIO mo・mo』さんの手作りです。

本当に、楽しいセミナーでした。

【3】 ウエルカムパーティー2009 その3

セミナー終了後は、チームワークを生み出す協力ゲームを行いました。

1つはボールを使った、タイムを競うゲーム
もう一つは、皆で知恵をしぼり、問題を解決する
コンセンサスゲームです。

皆、真剣そのもの。
この集中力とチームワークは、
やはり
ヨリタ歯科グループならではのものです。

そしてゲーム終了後は、懇親会
ここでも主役はこの2人、
三浦正樹さん、知子さん
高砂を作り、
手作り披露宴を開催しました。


オープニングは、2人の出会いから結婚に至るまでの
いきさつを
ドキュメントにしたムービー

そして新郎側のスピーチを私が
新婦側のスピーチを、大学の同期である武藤先生が行いました。

その他、元ヨリタ歯科勤務
現在武者修行中の
森山勝行先生(知子先生の弟さん)からも
お祝いメッセージが届いたり、三浦さんのアカペラ(?)の熱唱があったり、
ヨリタ歯科スタッフの、
楽しいワクワクステージがあったりで、
本当に、
愛と感動の2時間でした。



全てのスケジュールが、時間通りに進みました。
また、どれ一つとっても内容が充実した、
本気イベントでした。

たぶん参加者、全員ド肝を抜かれ、興奮冷めやらぬまま、
眠れぬ夜(?)を過ごしたことでしょう。

 

【4】 ウエルカムパーティー2009 その4

 

いよいよ2日目、今日が本番
少し遅めの朝食の後、11時から4時間、第2部がスタートしました。
まずは、昨日に続きパートナー院長大林先生のセミナーから。

今回限り、最初で最後の本音トーク
ここに来たいきさつ、入職してすぐ感じたこと
そして、今に至る経緯などを熱く語ってくれました。

紆余曲折の中で、先生が学んだこと。

セルフブランドを確立すること。
 そして、グループでなくてはならない人になること。

・ しかし、自分ばかりが成長するのではなく、
 成長する中で、組織にも寄与出来ることが大切であること。

・ 漠然とした道では、漠然としたゴールしか見えないこと。
 だから野心(高い志)が大切であること。


など。

この話を聞いて、私はつくづく人に恵まれていると感じました。
そう、今あるのは、彼ら3人のお陰

そして、最後に私の話す時間も頂きました。
多くのヨリタ歯科クリニックの取材記事から分かる、
私たちの特徴について、詳しくお話しました。

具体的には、

①スマイル アンド コミュニケーション
②カウンセリングシステム
③イベント開催と感動体験の共有
④人材育成システム


何故こだわり続けるのか、その意味合いをしっかりお伝えしました。
また、過去にあった様々な実例から学んだことをお伝えしました。

全てを受け入れて、そして過去に起こったことから学ぶ
いつどんな時も、そうして来ました。
それは、変わりません。

夢を叶える3つの真実。
変わらないものこそ価値がある
信じるものを信じる
守るべきものを守り続ける

変わらないもの、理念や文化風土
すなわち「ヨリタらしさ

信じるべきもの、自分仲間、そして明るい未来

ここで私が思うこと。
例え真実が何であれ、仲間を信じ切り、明るい未来を信じる。
信じ切れるものは、私しかいないから。

何故なら、「ヨリタらしさ」は私そのもの
私が仲間を信じなければ、誰も守ることは出来ない

参加者全員、心が一つになれました。
全ての準備は整いました。

そして、いよいよ入社式
共通の感動体験をして頂きたいと思います。

【5】 ウエルカムパーティー2009 その5

変わることのないクリニックの文化|ヨリタ歯科クリニック求人サイト今日、入社式で辞令をお渡しするのは、合計23名
4つの医院で、主にこの半年間で入社した人が対象です。
各パートナー医院の院長が、それぞれ代表してお渡ししました。




そして入社した全メンバーに、サプライズプレゼントが。
全員が涙し、それを見ている他のメンバーも涙しました

私が、この入社式でお伝えしたかったこと。

それは ここで出会えたこと
一緒に、仕事が出来ること
そして、成長し続けることは素晴しいこと

私は、これは偶然ではない、運命であると思っています。
ここまで来る道のりは、各自平坦ではなかったと思います。
だからこそ、意味があるのです

今日は、特別な日

この日を、迎えられたこと。
そこには、家族や友人など多くの人の支えがあればこそ。
人間は、一人では生きていけないものなのです。

共に支えあい、励ましあい、助け合える仲間が必要。
同じ思いを持った仲間同士、これからもお互い成長していきたいと願っています。

【6】 ウエルカムパーティー2009 その6

変わることのないクリニックの文化|ヨリタ歯科クリニック求人サイトウエルカムパーティー参加者からの感想文が、
早くも、私のもとに届いています。

素直に開催して、良かった
喜んで頂けて、良かった
そして、私の思いを実現して頂いたグループ一体化チーム
携わってくれた、全ての人に感謝します

ご興味あるあなたは、どうぞご覧下さい。

今回でウエルカムパーティーに出席させて頂くのは、2回目でした。
しかし新しい仲間が20名以上入社されて、初めてお会いする方も
沢山いて、新たな気持ちで望めました。

知子先生と三浦さんの結婚式はヨリタらしいアットホームな感じで、良かったです。
診療後残って練習したダンスも喜んでもらえて楽しかったです。

各院長の発表は、すごく分かりやすくてヨリタらしいもので仕事へのやる気が上がりました。
入社式も、みんな感動してて、その感動をみんなで共有出来ることは素晴らしいと思いました。
この一泊二日の旅行で、新メンバーと交流を深めることも出来て、
明日からの仕事がまた楽しみになりました。


約2年間、私にとって人間として勉強になることばかりです。
人間は人を愛し、人に愛されることによって充実感や信頼感、安心感を感じます。
ヨリタ歯科には、愛が沢山ありますが、もっともっと愛にあふれた場所にしたいと思いました。
日に日に理事長から出る言葉の意味の深さを感じています。


院長がいつもお話されている、共有の感動体験を
この2日間ヨリタグループ全員のスタッフとすることが出来ました。

私がこのウェルカムパーティーで感じたことは、院長が新人セミナーで語っている、
ヨリタの風土文化が、各パートナー医院の院長に受け継がれているということです。
院長以外の3人のドクターの話を聞くのは、今回が初めてでした。

しかし聞いていると、院長が新人セミナーで熱く語っている要素が散りばめられていました。
そして、プラス各3人のドクターの独創性が加えられていました。
風土や文化が受け継がれる、広がるということは、こういうことなのだと思いました。

ウェルカムパーティーに参加し、ヨリタ歯科の風土・文化に触れられたこと、
そして原点である3人のドクターの話を聞けたことを、大変嬉しく思います。
また、ウェルカムパーティーをする意味を熱く語り、私たち新人に教えてくれた院長に
感謝します。


ヨリタグループには、こんなにたくさんのスタッフの人から成り立っているというのも知ったし、
院長がいつも言っている「共通の体験」をすることで、スタッフ間の距離が近くなるというのを
実感でき、とても貴重な体験をさせてもらって、とても嬉しく思いました。

各医院の院長によるセミナーも、すごく勉強になることばかりで、少しずつでもいいから、
これからの診療に繋げられたらいいなと思いました。

院長の話で、あと1年早かったら、1年遅かったら採用できてなかったと聞いて、
すごい確立でヨリタ歯科に就職でき、今自分がここにいれる幸せを感じています。
母の手紙にもあったように、出来ることをコツコツとして、
安心して患者様を任してもらえるように頑張っていきたいです。


2年目のウエルカムパーティーでしたが、今回、三浦さんと森山先生の結婚式もあり、
1年目とは違ったウエルカムパーティーで感動しました。
院長が牧師になり、皆で結婚を見届ける。
すごくヨリタらしく“さすが”と思いました。

後、各医院の院長のセミナーもそれぞれの想いがあり、
なかなか聴くことが出来ないので、良かったです。
吉本さんも遠いところから来て下さり、
吉本さん自身のお話も聞けて楽しいセミナーでしたし、勉強になりました。

思い込みが強かったり、人に伝える、人の話しを聞くという事が難しいと改めて実感しました。
入社式では、サプライズの手紙、本当に、皆愛されて育てられていて、
入社してもその医院に愛される。
とても幸せだと思ったし、私もそのチームのメンバーの1人だと思うと幸せだと思いました。


今回のウエルカムパーティーも、すごく感動的な研修旅行になりました。
プロジェクトチームごとに分かれて話し合いをする機会もあり、他のパートナー医院のメンバーとも
たくさんお話しすることが出来て、この先生実は、こんな趣味があったんだ!!とか、
実はすごく面白い人だったりと、意外な一面が見ることが出来、それも楽しかったです。

普段なかなかパートナー医院の院長先生のお話も聞けて、良かったですし、
新人メンバーの中には、初めてお会いする院長先生もいたと思うので、
とても良い機会だったと思います。

毎年、ヨリタグループのメンバーの数が増えていっていて、毎年集まるたびに驚くのですが、
これだけ多くの仲間がいるんだなという安心感や、心強さもありました。
これからも、仲間と共に喜び、笑い、感動し、感謝し、医院の為、
そして自分の為に、楽しみながら働きます。


今回のウエルカムパーティーは、迎えられる側ではなく、
迎える側として初めての機会だったので、とても楽しみにしていました。
パートナー医院長の話を聞いて、メンバー一人一人の成長が組織に求められて、
いかにリンクさせていくかということを考えました。

私たちのグループがメンバーに求めるものは、
個人のあらゆるスキル(決して仕事の内容だけでない)です。
理事長の「一生付き合える人」という言葉は、今回自分にとってはとても良く響きました。
以前にも聞いたことがあった話でしたが、経験を通じて肌で感じたことだったので重みを感じました。

知らず、知らずのうちにメンバーに同じことを語っていました。
改めて考えると、1年という期間を通じて、ヨリタ歯科の文化が身に付いてきたのか、
本質がそこにあるのかと…。
きっと両方であると。

入社式の家族からの手紙では、家族の思うとともに、新入社員の生活を含めて、
Drとして支えなければならない責任を感じました。


パートナー医院長の講演を聞いて、改めてヨリタで働くやりがいや目的、
ヘルスプロモーションの考えと、それに沿った行動を考えることが出来ました。
普段の患者様とのコミュニケーションは、まだまだ良く出来ると知ることが出来ました。
「開いた質問」をもっと意識したいと思います。

ゲスト講師の吉本さんからは、サービス以上のホスピタリティ、
対等の関係での思いやりやもてなしの気持ちから生まれることを学びました。
それ以外にも、余興のダンスを踊ったり、新人のチームメンバーへの手紙を読んだりと
自分も役割を持つことで、参加意識を持って、楽しく過ごすことが出来ました。


昨年のウエルカムパーティーも感動と感謝に包まれた、最高の2日間でしたが、
今年は思いがけず、今年2月に結婚した私たちのウエディングパーティーまでして頂き、
一生忘れられない宝物の思い出になりました。

実際にエクシブのチャペルで行ったチームメンバー皆に迎えられての結婚式。
ヘアメイク、ブーケ、ウエルカムボード、リングピロー、そして理事長が扮する神父様。
すべてチームメンバーが関わってくれた手作りの結婚式です。

夕食の時には、披露宴を企画してくれていて、チームメンバーが
EXILEやモーニング娘。のダンスを見せてくれたり、
他にもサプライズがいっぱいの最高に楽しい時間でした。

きっとみんな仕事の合間や、就業後の少ない時間を使って一生懸命に準備してくれたのでしょう。
その気持ちを思うと、嬉しくて、ありがたくて涙が止まりませんでした。


ウエルカムパーティーの一番の目的である研修では、今年は吉本平史さんをお迎えし、
ホスピタリティー・コミュニケーションについて学びました。

固定観念を捨て、心でとらえて聴く「傾聴」がコミュニケーションには重要であることなど、
すぐに実践したくなることばかりでした。
各パートナー医院院長のセミナーは、ヨリタ歯科だからこそ出来る仕事の楽しみ方、
そして患者様とコミュニケーションをとる場合の
健康プロモーターとしてのあり方について学びました。

患者様に歯の健康につながる気付きや知識を一つでも多く得て頂ける様、
コミュニケーションの取り方をもっと工夫しようと思いました。

想像をはるかに超える完成度の高いパーティーに感動し、
こんなに素晴らしい仲間に囲まれて仕事が出来ることへ改めて感謝する、
とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。


今年もとても楽しく、感動的なウエルカムパーティーになりました。
去年に引き続き、グループ一体化チームとして、準備に携わることができ、
本当に良かったです。

参加する全員が楽しめるように。
そして今年新しく入った方々を皆で暖かく迎え入れることが出来るように、
皆で一生懸命準備しました。
今年は森山先生の結婚式もかねていたので、一層力も入り、準備もとても楽しかったです。

各医院長のセミナーはそれぞれ勉強になることばかりでしたし、
結婚式や入社式では、涙を流しながら感動しっぱなしでした。
このような体験を、ヨリタ歯科グループで働く全員と共感出来たことが、やはり一番の感動です。

日頃いる診療室とは違う、素晴らしい場所でこのような体験が出来たこと、幸せです。
ウエルカムパーティーで一層強固となったチームワークで、これからも頑張っていきます。

 

関連記事

ハピネス歯科こども歯科様 医院見学

【09/01/21】 勉強会

衛生士 角野 幸子

Concept

7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!
7/17(水) カムカムフェスタ開催決定!