Dr.ブログ

お手紙

こんにちは!
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

歯科医師の高橋颯です。

 

緊急事態宣言が大阪にも再発布されてしまったことで、あまり
外出できなくなってしまいましたね。

1月上旬にスキーに行く予定を立てていましたが、キャンセルと
なってしまいました。

スキーに行きたくて仕方が無い高橋です。

 

本日は、「お手紙」というタイトルでブログを書かせていただきます。

本日来院された、私の患者様からお手紙をいただきました。
(お名前の部分だけ伏せさせていただきました)

 

 

いつも治療を頑張ってくれている、幼稚園生の女の子からのお手紙です。

最初は、治療が苦手で、歯を削ることも嫌がり、スムーズに治療は
できませんでした。
しかしながら、治療の練習を重ね、笑気麻酔を使って、今では
どんな治療でもできるのではないか!?と思える程に成長しました。

お手紙をいただくと、とてもうれしくなりますよね。

今はスマホやパソコンが普及しているため、自分の手で文章を書いて、
相手に渡すということは、ほとんど行わなくなってしまっているのも現実です。

その中で、このように、頑張って書いてくれたお手紙には、とても心が温まります。

このお手紙は、私の歯科医師人生の中で、患者様からの初めてのお手紙です。
一生の宝物にしていきたいと思います!

みなさんは、最近、お手紙を書きましたか?
久しぶりに、お手紙を書いてみるといいかもしれませんね。

 

 

★★★笑気麻酔★★★

今回、ブログの中で「笑気麻酔」という言葉が出てきましたが、
当院では、笑気麻酔を用いて、リラックスした状態診療
受けていただくことが可能です。

治療がうまくできない子供さんや、歯医者が怖い方(歯科恐怖症)でも、
治療ができるようになる場合があります。

笑気麻酔をご希望の方、または、詳しく知りたい方は、
当院スタッフまでお声がけください。

 

関連記事

相棒

結婚式

初心

新着記事

[’21/3/5] オンラインセミナー「未来×幸せ経営フォーラム」第2期

[’21/3/4] エコキャップ

3月・4月の休診日のお知らせ

Concept