院長ブログ

[’23/11/30] 新人研修① -ルールブック読み合わせ -

昨日の午後、中途入社スタッフ
スマイルクリエーターと訪問コーディネーター
2名
読み合わせ研修がスタートしました。

まずは、『ルールブック読み合わせ研修』

 

 

本日のルールブックブック読み合わせ座学研修担当は、
経営サポーターの米田さんです。

 

ルールブックから
・コンセプト ~想い~
・こだわり ~想い~
・体調管理

の、3項目についての読み合わせをしました。

その内容は、コチラ。

 

 

新人スタッフは、音読をして頂き、全員でその項目について、
5分間レポートを書いて頂きます。

レポートが書き終わったら、一人ずつレポート内容を
発表
してもらいます。

以下は、新人メンバーのレポートの一部です。
興味がある方は、是非お読み下さいね。

 

【ルールブック読み合わせ】

○コンセプト ~想い~

・普通の歯科医院は、私自身も怖いと感じていましたが、ヨリタ歯科のコンセプトを
見たり聞いたり、実際に働いてみると、他の歯科医院よりも、通いやすい、まや次もヨリタ歯科で
診療してもらいたいと思えると感じました。
患者様からの電話で、主訴を聞かずに先輩へ引き継いでしまう事が多く、それでは「患者様の
主訴を絶対に解決する」を実行出来ないままだと思いました。

・ヨリタ歯科クリニックのコンセプトのひとつ、”少しでも不安や恐怖を取り除く”というのは
特に大切かと感じました。私自身、歯科に行った際、特に説明もなく治療された経験があり
不満に思ったことがありました。
笑顔での対応に併せて、しっかりと患者様に理解していただける説明が必要かと思います。
その為にもコミュニケーションを取ることや、新しい知識が必要ですので、初心の気持ちを
忘れずに勤務sたいと思います。

○こだわり ~想い~

・スマイルクリエーターは患者様が来院して、1番はじめにお会いして、1番最後にお会いするので
診療スペースでは感じても言えないことなどがあった時や、何か他に感じた事があった時など
気軽に話せて気持ちよく来院して帰っていただけるように、周りを見ながら働いて、少しでも
患者様の不安や緊張、怖い思いを取り除けるように意識して働いていこうと思いました。

・数ある歯科医院の中で、ヨリタ歯科クリニックに継続的に通っていただくには、スタッフの
接遇面が求められると思います。
先日、石田さんから受けた研修でも、一人の対応が悪ければ、医院全体の印象につながって
しまうということも感じました。訪問でも、患者様への対応はもちろん、施設の方やご家族様への
対応をしっかりしていく必要があるので、笑顔での対応を意識していきたいと思います。

○体調管理

・時間にも心にもゆとりがないと、一緒に働く方達にも、患者様にも、いい印象の対応はできないな
と思いました。ゆとりがないまま働き始めると、「こだわり」でも言っていた
”気持ちよく来院して、帰っていただく”ということは出来ません。
私自身、ギリギリで行動してしまう事があるので、意識して気を付けていこうと思います。

・訪問は忘れ物をしてしまったら、その日の治療ができなくなってしまうこともあるので
朝の準備、忘れ物がないかの確認は、特に大事だと感じています。
必要な処置が出来なければ、患者様に負担をかけてしまうことになるので、時間に余裕を持って
出勤するようにします。
また、体調不良で休んでしまうと、他のメンバーに負担がかかったり、施設にお伺いすることが
できなくなってしまう恐れもあるので、自分の体調管理もしっかり行うようにします。

ルールブックはヨリタ歯科クリニックだけでなく、
社会に出て働く上で、基本的なルールを載せています。
むしろ、必須といってもいいかもしれません。

しかし、こうやって文章で読む事によって
自分自身が働く上で基本的な行動や言動が行えていなかったり
間違って理解していたりと気付かされることも、多いと思います。

もちろん、仕事をして働く上での基本的なことも大事ですが
ヨリタ歯科クリニックで働く上で大切なことも、このルールブックに
全て掲載されています。

ルールブック読み合わせ研修を終えた頃には、きっと新人メンバーも
心構えも違って、社会人として成長出来ているのではないでしょうか。

その時が、とても楽しみですね。

 

<新人研修は、まだまだ続く   寄田 幸司>

関連記事

[’24/2/22] 合格祈願お守り

[’24/2/21] 健プロ・DC・スマクリ合同研修

[’24/2/19] 衛生士学校 課外授業①

新着記事

[’24/2/22] 合格祈願お守り

3月・4月の診療日、休診日のお知らせ

ホワイトニングの違い

Concept