一般歯科

こんなお困り事はございませんか?

  • 歯がしみる、痛い
  • 歯が欠けた、詰め物が取れた
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が腫れている、痛い
  • 歯と歯の間に食べ物がよく詰まる

リタ歯科クリニックの一般歯科の特徴

特長.01

歯をなるべく抜かない・削らない

1本の歯を、何度も繰り返し治療するのには限界があり、
一度削ってしまうと、元には戻りません。
天然の歯は汚れが付きにくく自浄作用もありますが、神経を抜いてしまった歯は
健康な歯に比べ、歯質が弱くなってしまいます。

長期的に健康な状態に保つため、できるだけ抜かない・削らない治療
行っています。
通常であれば抜かなければならない歯でも、定期的に管理をし、
将来を見据えた治療法を、提案させていただきます。

なるべく抜かない・削らない治療に取り組むことで天然歯を残すことに
努めています。

特長.02

麻酔時の痛みさえも和らげる

治療では痛みを抑えるために、麻酔を使用することがあります。
しかし、「麻酔注射そのものが痛くて怖い」という患者様がいらっしゃいます。
これでは麻酔さえも患者様にとっては、苦痛の種になってしまいます。

私たちの医院では麻酔時の痛みを和らげるために、
まず表面麻酔を行っています。
注射をする場所の表面に麻酔剤を塗り、歯肉周辺を麻痺させることで、
注射時の痛みを、軽減します。

特長.03

丁寧で不安のないカウンセリングや治療計画

安心して治療を受けていただくために、患者様一人一人に対して十分な説明を
させていただきます。
患者様ご自身が現状を正確に把握され、ご納得をしていただいた上で、
治療をすすめてまいります。

また、患者様のお話をじっくりとお聞きし、現状から判断して医療的に必要と
考えられることを、ご提案させていただいた上で、
患者様自身の意思と判断を、尊重した治療計画を一緒に考え、
進めさせていただきます。

患者様の意思決定に、専門的なサポートをすることも
私たち医療スタッフの役目であり、
歯科医師と患者さん二人三脚で、一番良い治療を進めるための
カウンセリングであると、考えています。

療内容

治療方針

一般歯科は予防歯科・インプラント・矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科・小児歯科以外の
最も需要の多い、むし歯などの通常の歯科治療のことを指します。

治療内容は多岐に渡り、常に綿密な内容の説明を行い、そのつど患者様の納得をいただきながら、
またご希望をお聞きしながら進めてまいります。

治療については、健康保険内の治療でほぼカバーできます。
しかし、時には健康保険では認められていない材料や治療を自費で行ったほうが、
治療期間を、短縮できるようなケースがあります。
また、後々の患者様のお口の健康にとっては、健康保険適応外の治療のほうが
有益と思われるケースなども、出てきます。

その際には、常に最良の情報をご提供するとともに、患者様のご都合を確認しながら、保険内治療で済ませるか
自費治療も交えるかなどを、相談させていただきます。
ご希望の方法をご選択ください。

リタ歯科クリニックの虫歯治療

虫歯は細菌による感染症で、菌が出す酸が歯を溶かしてしまう病気です。
歯の表面が少し溶けただけなら、唾液の働きで修復できることもありますが、
歯に穴が開いてしまうと、自然治癒することはありません。

私たちの医院では精密検査により虫歯の状態を把握し、精度の高い最新治療で、
なるべく「削らず」「神経を残す」治療をしています

C1(軽度)虫歯の第一段階

歯の表面を覆っているエナメル質が溶けている状態で、痛みはあまり感じませんが歯の表面が白く濁っていたり、
茶色く着色し、ざらついていたりします。白いプラスチック系の樹脂(レジン)を虫歯をとった所につめる処置に
なります。

C2(中程度)虫歯の第二段階

象牙質の層にまで進んで穴があいてる状態で、冷たいものを飲んだりすると歯がしみます。
虫歯が大きい場合、白いプラスチックでは強度不足です。そのため、詰め物を入れる事になります。

C3(重度)虫歯の第三段階

虫歯が大きな穴になって象牙質の全てに及び、炎症で激しい痛みを伴います。

C4(重度)虫歯の第四段階

歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。
この状態になると残念ながら歯を抜かなければならない事が多いです。

くあるご質問

歯ブラシはどんなものを選べば良いのでしょうか?

歯ブラシは、口の大きさに合ったもので、隅々まで磨ける事が大切です。
特に、歯と歯の間や歯と歯肉の境目には、歯垢が残りやすいので、
しっかりと磨くことが必要です。

歯ブラシの他に、歯間ブラシ、フロスといった補助清掃用具もあります。
詳しくは当院で、ご相談ください。

予防歯科ってなんですか?

歯とお口の健康を、積極的に守るため、
歯科医院での「プロフェッショナルケア」と、
歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた、毎日の「セルフケア」の両方で、
虫歯や歯周病を未然に防ぎ、歯の健康を保つことです。

そのためにも、歯科医院での定期的な健診が大切になります。

金属アレルギーですが詰め物は大丈夫でしょうか?

金属を使った詰め物だと、金属アレルギーを引き起こす可能性がございます。

金属を使わないセラミックや、プラスチック
などの
材料を使った治療ができますので、お気軽にご相談ください。

 

なぜ、虫歯は出来るの?

歯垢(プラーク)の中の虫歯菌が出す酸が歯を溶かすからです。

最初はエナメル質の脱灰(カルシウム成分が溶けること)から始まり、
歯の表面が白く濁ってきます。その後の脱灰が進むと、
実質欠損(穴)ができてきます。

エナメル質は無機質が多く、欠損が生じにくいのですが、
このあと、中の象牙質にまで虫歯が及ぶと、
象牙質の方が、たんぱく質が多いため
虫歯が一気に進行しやすくなります。

知識

Concept