Dr.ブログ

むし歯とおやつの関係

こんにちは、歯科医師の金子絢です。

 

 

三月、四月は出会いと別れの季節ですね。

医院でもご退職なさる方々がいらっしゃって寂しい限りですが、また新しい出会いが
増える四月を楽しみに頑張ろうと思います。

さて今日はむし歯とおやつの関係についてお話しようと思います。

「間食するとむし歯になりやすい」といわれることがあります。
食後の口の中の変化や、むし歯のできるしくみから、その理由を考えてみましょう。

食事や間食、水やお茶以外の飲み物を飲むたびに、歯垢の中の酸性度を示す「pH」も変化し
歯の表面が溶かされかける脱灰が起こります。

その後、唾液などにより酸が洗い流されたり中和されたりして、歯垢の中は中性に近い状態に
戻ります。

このように歯垢の中は1日のうちに、「酸性」「中性」を繰り返すのです。

「間食をするとむし歯になりやすい」といわれるのは、歯垢の中が酸性になっている時間が
長くなるからなんですね!

おやつの時間や間隔をコントロールして、酸性状態になる時間をできるだけ短くすることが
必要だということがわかります。

これらをふまえて食事やおやつを我慢するのではなく、コントロールしながら
楽しんでくださいね!

関連記事

JIADS勉強会

桜も散り、新緑の季節がやってまいりました。

食による病気の予防

新着記事

JIADS勉強会

[’19/4/23] 岐阜トヨペットさん全社大会

ヨリタのフラワーアレンジメント Vol.29

Concept