Dr.ブログ

寒い季節

こんにちは藤井です。

寒くなってきて、そろそろ冬が感じられてきました。

さて、冬になれば外はもちろん、家の中も暖房器具により乾燥し、
鼻や喉、肌などが痛んでしまいします。

また、それに加えてお口にも乾燥が与える悪影響があるのです。

というのも、空気が乾燥するとお口の中も乾燥して唾液の量が少なく
なってしまいます。
そうすると、口臭を作る最近の量が増加して口臭が強くなってしまう
ことがあります。

この、乾燥による口臭を抑えるのにはお口を潤した状態に保つのが
最も効果的です。例えば、こまめに水分補給をしたり、ガムなどを
口にして唾液を分泌するようにさせるのも有効です。

また、細菌自体を少なくして口臭を抑えるのには、歯磨きが欠かせません。
特に、就寝中は唾液の量が最も少なくなるために、寝る前の歯磨きは
しっかり行うように、したいですね。

このような空気の乾燥による口臭予防は、歯周病予防にも効果があります。

お口の中は意外と乾燥に弱く、こまめな水分補給や唾液の分泌を意識して
これから来る冬を乗り越えると同時に、歯周病予防もしっかり行って
いきましょう。

関連記事

いい歯の日

二重歯列

よく噛むということ

新着記事

[’17/11/17] 香川県農業協同組合様 視察

免許の更新

[’17/11/17] 「日本でいちばん大切にしたい会社」サーベイ編

Concept