院長ブログ

[’15/2/7] 鎌倉投信

今日は、神奈川県鎌倉にある、
鎌倉投信さんを、訪問しました。

このご縁は、お江戸百年塾に参加したのが
きっかけで、粟野さんを中心とするメンバー
お声をかけて頂きました。

私たちの医院からは、新谷の2人が参加しました。

11時30分に、鎌倉駅集合。
少し早く到着すると、なんと鎌倉投信さんの新井さん
バッチリお会いしました。

ということで、駅前にある、パタゴニア本社と、
鎌倉市農協連即売所を案内して頂きました。


そして一行は、タクシーで雪の下にある、住宅地へ。

立て看板が、見えてきました。

ここが、オフィス。
といいつつも、築85年の古民家を改装したもの。

そして、約2時間、新井さんの熱いセミナー
受講しました。

この会社のスローガンは、
いい会社をふやしましょう」。

ここで言う、いい会社とは(頂いた資料より)。

◎これからの日本に本当に必要とされる会社

◎顧客・消費者、社員とその家族、取引先、地域、自然・環境、株主等を
 大切にし、持続的で豊かな社会を醸成できる会社

そして、ビジョン目指すもの

●ビジョン

 社会との調和の上に発展する会社に投資することによって
 個人投資家の資産形成と社会の持続的発展の両立を目指します。

 公募投信の直接募集による販売(直販)に特化し、
 個人投資家の皆様に“まごころ”で感じる価値をお届けします。

 ライフワークバランスを大切にし、社員がいきいきと働くことができる
 「場」を提供します。

 営利のみを目的とせず、利益の一部を社会に還元し、
 会社の利益と社会貢献のバランスを重視した経営を行います。

●鎌倉投信が目指す投資信託

「人と人」「世代と世代」を“結ぶ”投資信託
 これからの社会を創る「いい会社」が、投資家から安心して
 資金を調達することができる仕組みとしての投資信託

 個人投資家の皆様から運用者の顔が見え、その志や投資哲学を
 感じることができる投資信託

 個人投資家の皆様から投資先の会社の活動が見え、
 自分のお金が社会の発展に貢献していることを実感することができる
 投資信託

 投資家と投資家、投資家と投資先の会社が価値観と
 信頼で結ばれる投資信託

その考えに共感して頂いた人と、長くお付き合いがしたい。
そう語っている新井さんの目が、キラキラ輝いているのが印象的でした。

その後一行は、西鎌倉にある、ケーキ屋さん
les choux(レ・シュー)さんへ。

オーナーシェフである倉内さんは、
鎌倉百年塾の主催をしています。

倉内さんのご好意で、特別に焼きたてシュー
メンバー全員に作ってくれました。
本当に本当に、有難うございます。

あまりにおいしいので、メンバーへのお土産
たくさん買い、宅急便で送りました。

ここで一行から別れ、鎌倉信託さんの代表である鎌田さんと私たち3人で、
お食事することに。
鎌倉にある、おそば屋さん、松原庵です。

こちらも、古民家を改築したおもむきあるお店でした。
こちらも、住宅地の中にあります。

テラス席にも関わらず、ここでも
鎌田さんと新谷が、投資哲学と人材育成について、
2人で熱く語っていました。

ということで、今日も実りある一日となりました。

?<金融とは、“まごころの循環” 寄田幸司

関連記事

[’20/7/5] 院内セミナー②

[’20/7/4] 新人衛生士実技研修

[’20/7/3] ヨリタクラブフロア開設1周年

新着記事

梅雨

[’20/7/5] 院内セミナー②

[’20/7/4] 新人衛生士実技研修

Concept