院長ブログ

[’18/5/2] 新人研修スタート⑥

4月に、新人メンバー7名入職
今月も、新人研修レポートが、私の元に届きます。

ということで今回は、新人衛生士の西村さん青木さん
そして、デンタルコーディネーターの小菅さんからの
第3回新人研修レポートです。

    

 

それが、コレ。

  

 

 

タイトルは、「あなたが光輝く衛生士になるためのSTEP3」
あなたが光輝く健プロになるためのSTEP3

 

さらに、新人衛生士 森岡さん田中さんからは、研修1ヵ月を終えての感想と
将来の夢について、レポートをいただきました。

  

  

  

 

今回も4人ともたくさんの気付きと、学びがあったようです。

本当に、心より感謝です。

ということで、以下はその一部です。

ご興味のあるあなたは、是非お読み下さいね

 

あなたが光輝く衛生士・健プロになるための STEP3

○CHP大賞(患者様、スタッフからの気づき)

・本当に迷ったのですが、恐縮ですが濱口さんと森本さんです。
アシストのフォローをして頂いたあとに、「絶対出来るようになるから大丈夫」と
言って頂いたり、困っていたら「どうしたの?」と声をかけてもらったり、新卒の
私でも、衛生士業務を丁寧に教えて頂いたりしたので、選ばせていただきました。
忙しい合間を見て、声をかけて下さるので、思いやりをとても嬉しく思っております。

・いつも前向きで、明るい言葉をかけてくださる小倉さんにさせて頂きました。
ヨリタ歯科のスタッフは、小倉さんに限らず、みなさん「ありがとう」と感謝の気持ちを
口にする回数が非常に多く、私hが今まで働いていた会社とは非にならないほどです。
「ありがとう」と言われるたびに、嬉しい気持ちになり、もっと「ありがとう」を
言われる為に、もっといろいろやってみようという気分になります。
小倉さんは特に感謝の言葉が多いのですが、それに加え、教訓のようなものも時間の
空いた間に教えてくださるので、大変ためになります。
小倉さんからの教えを忘れず、これからも更に成長していきたいです。

・CHP大賞は、お昼休みの時間を削って、色々な事を教えて下さり、質問した事に
対しても意味付けをして教えてくださる西岡さんや、週2日の日報に丁寧なコメントを
毎回くれる柴﨑さん、困っているといつも声かけして下さる濱口さん、落ち込んでいると
「大丈夫?」と気をつかって下さる中村さん。
他にも沢山の先輩方に、毎日お世話になり、支えられているなと感じます。
ヨリタは、目標にしたい人、この先輩みたいになりたいと思う方が、周りに溢れている
所です。私も先輩方のように、少しでも近づけるよう、心に余裕を持って頑張って
いきたいと思います。

 

○前回のあなたの目標は、どれくらい達成出来ましたか?
そして次回までのさらなる目標をお聞かせ下さい。

・少しずつ、1人でアシスト出来るようになってきたと思います。
チャンスがあれば、対合・バイトをとらせてもらったり、それでも助けを求めてしまう
ことは多々あるのですが、それもヨリタだからできることなのだと、思います。
教えて下さる方が、いつも近くにいて、有難いです。次回の目標としてご案内した患者様と
何か一つでも、笑って会話できるようにすることにします。

・よく多くの患者様と積極的にコミュニケーションをとることを、目標としていました。
前回よりも、少しずつではありますが、患者様とお話できる機会が増えてきたと思います。
来院頻度が多い方や、自分の中で印象が強い方は、顔と名前が一致するようになってきた
のですが、その方々にとっては、私の存在はまだまだ薄く、「新人がいるなぁ」程度の
ものだと、思います。ですので、次の目標として、患者様と仲良くなり、自分の名前を
呼んでもらえることを、掲げたいと思います。

・前回の私の目標は、チェアーの片付けを早く終わらせ、アシストに沢山つきにいくと
いうのが目標でした。実際、この目標が達成できたかという実感は、あまりありません。
直す器具・器材が沢山あると、「これもしないと、あれもしないと」と、動きや気持ちが
散漫してしまうのが、原因の一つであったと思います。
この原因を解決するには、使う頻度の多い治療器材は、他の人が使う時に困らないように
先に直していくなど、優先順位をつけながら動き、今回達成できなかった目標は、次回には
達成できるようにしたいと思います。

 

○実習感想文シート

・私は、ヨリタ歯科クリニックへ入職して、やはり最初は前職の医院との違いの多さに
戸惑いも多かったです。これまでは、予防業務とアシストが主でしたが、ヨリタ歯科では
衛生士として出来る範囲の業務は、多くのことを任せていただけるので、色々なことに
挑戦して経験していくことが、これからも楽しみに思っています。
そして、ヨリタ歯科の皆さんのチームワークが、素晴らしいと思いました。
インカムで誰かが頼みごとや指示をされると、すぐに誰かが反応し、すぐ行動されていて
私はいつも出遅れてしまいます。
私も皆さんのように、いつも笑顔で周りの状況も把握し、すぐ反応、すぐ行動が出来る
ように、積極的に取り組んでいきたいと思います。
これからはこの1ヵ月で学んだことを振り返り、見直して、更に新しい事を吸収し、経験
させていただき、今後の自分の成長と自信へ繋げていきたいと、思います。

・ヨリタ歯科に入社して、始めに感じた事は、新人教育やレポートなど、ここまで徹底
しているのだという事に、びっくり致しました。
最初の二週間程は、診療にも慣れておらず、毎日仕事、レポート、家事をこなすだけで
必死でした。しかし、最近では、診療にも少しは慣れ、レポートなど自分の考えを
まとめたりする機会が多くなるにつれ、日常のなにげない些細な動作一つ一つにも
意味があり、考えて行動するようになりました。
また、これだけのレポートをやり遂げた事で、一ヶ月前よりは成長出来たと思います。
気付いた事というよりは、学ぶ事が多い、一ヶ月でした。
診療内容はもちろんですが、院長先生から「大丈夫ですよ」や、「いろいろできる事を
やってみましょう」と、声をかけられた患者様が、その一言でとても安心しておられる
様子を見て、ただただ笑顔を振りまくだけでなく、患者様に寄り添った言葉も大切なのだ
と思いました。
私はまだ患者様を持たせて頂いてませんし、患者様と信頼関係を築けているわけでは
ないので、衛生士としては、練習や知識を増やしていく事、そして人としてヨリタに
ふさわしい人材を、目指していきたいです。

 

将来の私、夢

私は将来の夢として、こうなりたいと言う、形の決まったものはないですが、私のメンター
である先輩がいて、その方のように自分の仕事に誇りを持ち、仕事を楽しめている自分に
なっていたいと、思っています。
私は、今は衛生士という職を選んだ事は後悔していないですし、なってよかったと思います。
仕事も楽しめていることも、多いです。

しかし、心から誇りを持てる、楽しめているとは言えないです。

やはり、まだ経験も少なく、自信もないことが多い分、そう思ってしまうので、日々からの
小さな目標を持ち、それを達成すう喜びを増やしていく事や、勉強、練習から出来ることを
増やし、経験を積んで、自信をつけていくことで、自分の成長に繋げていきたいと思います。
その成長を自分で実感し、周りからも認めてもらえることで、歯科衛生士という仕事に
誇りを持ち、楽しめるような自分になっていけると、思っています。

・~1日でも早く、先輩方のように~
先日、先輩に何年働かれているのですか?と質問させて頂いたところ、1年や半年と
思っていた以上に、短い答えが返ってきて、半年や1年でこんなにもきっちり仕事を
こなせれるようになるのだと、尊敬しました。
もちろん、その為に先輩方が努力されてきたのと、新人教育をしっかりして頂ける
環境が、整っているからだと思いました。
私も、この恵まれた環境の中しっかり学び、1日でも早く先輩方のように、バリバリ
働いていきたいです。
それと、このような作文や日報などを書く機会が、今までなく、自分の意見を
まとめたり、文章にする事があまり無く、深く考えずに生きてきたように思います。
ヨリタ歯科への入社を機に、自分自身と向き合い、見つめ直す良いきっかけに
なりました。
衛生士としてだけでなく、人として大きく成長する為に、アワクレドの信条を胸に
まわりの人にも、優しく振る舞える人間になりたいです。

<今月も、日々成長  寄田 幸司>

 

関連記事

[’18/5/24] 人本経営実践講座 in 四国

[’18/5/23] 衛生士学校実習生 研修レポート

[’18/5/22] 読書感想文

新着記事

歯科矯正、スタート

[’18/5/25] カムカムニュースVol.63

[’18/5/24] パドクター

Concept