院長ブログ

[’17/10/13] ワクワク楽しい修学旅行 その② チャレンジ

今回8回目の、三重県伊賀市立柘植小学校の受け入れです。

定例の午後1時30分より少々早めの時間で、医院前に
一行を乗せたバスが到着。

        

子供たちが、続々と、診療室へ。

   

今年も、たくさんのペットボトルのキャップを持って
来てくれました。
この量は、スゴイです。

今回も、メンバー全員が2列に整列し、玄関に集合。
今回は、生徒21名、引率の先生5名、計26名での来院です。

 

また、今回も子供たちの笑顔いっぱいの、オリジナル横断幕を作成しました。

 

オープニングは恒例になりました、柘植小学校の校歌
メンバー全員で、熱唱
子供たちも途中から、大きな声で歌ってくれました。
早くも感動です。

  

今回のタイムスケジュールは、こんな感じ。

 

そして、実行委員長・入江先生からのあいさつです。

 

そして、当日の担当は、こんな感じ。

今回も健康学習と題し、4つの体験を通じ、
健康の大切さを子供たちにお伝えしました。

配置図は、こんな感じ。

 

まずは、クイズで、歯の知識を学んでいただきます。
4チームに分かれて、皆で歯に関するクイズの答えを考えます。
どのチームも、クイズの時間は大盛り上がりでした。

  

  

  

  

次は、①PMTC(歯医者さんに、なろう!)
模型とマネキンを使い、着色除去を体験して頂きました。

  

  

この体験シーンは、しっかりチェキで写真撮影
メンバー一人一人が綴った、子供たちへのメッセージと共にお渡ししました。

  

 

そして次は、②指型取り(歯科材料に、ふれよう!)

  

 

その後、③むし歯を、なおそう!では、再度セミナールームに移動。
模型の歯を使い、ムシ歯をつめる体験もして頂きました。

   

  

  

 

皆、楽しそうです。

最後は、④ガム体験コーナー(しっかり、かもう!)
60秒間、ガムをかんで頂き、
グリーン色したガムが、どれだけ色が変化したか、
しっかり咬めているかを、実感して頂くもの。

  

また、私も短い時間ですが、子供たちの前で「チャレンジ」というテーマで、
お話させて、頂きました。

  

 

柘植小学校関係者そして修学旅行生保護者の皆様へ

今回は、修学旅行先として、私たちの医院を選んで頂き
有難うございます。心より感謝しております。

「まさか、こんなことが起こるなんて」
最初にお話を頂いた時の、私の第一声です。

「大人になったら、何になる。」
答えられない子供たちが、増えていると言われています。
それ程、暮らしにくい世の中になったのでしょうか。

だからこそ、私たちの医院を訪れる柘植小学校の子供たちには
私たちならではの、思い出に残る「職業体験」を
して頂きたいという思いが、さらに強くなりました。

私たちが目指す、理想の歯科医院は、
夢と希望、愛と感動あふれる、ワクワク楽しい歯科医院。

今回のテーマは、「チャレンジ」。

私たちの医院は、昨年開設25年を迎えました。
1991年6月オープン時は、診療台3台の一般的な医院でした。

そして、10年後の2001年、ワクワク楽しい夢いっぱいの
予防歯科医院に生まれ変わりました。

さらに2012年 人に優しい思いやりあふれる医院に
進化しました。そう、訪れる多くの患者様や、働くメンバーに
高い満足と安心、そして、信頼を与えるため
「チャレンジ」し続けた結果です。

そんな「チャレンジ」することの大切さを
この「職業体験」を通じ、子供たちにお伝えしたいと思います。

最後になりましたが、このような成長する
素晴らしい機会を与えて頂き、心より感謝です。

(医)ゆめはんな会 
ヨリタ歯科クリニック 理事長 
ドリームマスター 寄田 幸司

 

そして、最後は皆で記念撮影をし、プレゼントをお渡ししました。

  

  

今回も、たくさんの柘植小学校6年生の子供たちの笑顔に出会えて、本当に良かったです。
また来年も、このような関係が続くことが出来れば、嬉しいです。

 

<何事もあきらめず、チャレンジし続けることが大切   寄田幸司>

関連記事

[’17/11/17] 香川県農業協同組合様 視察

[’17/11/17] 「日本でいちばん大切にしたい会社」サーベイ編

[’17/11/16] 松下資料館

新着記事

[’17/11/17] 香川県農業協同組合様 視察

免許の更新

[’17/11/17] 「日本でいちばん大切にしたい会社」サーベイ編

Concept