院長ブログ

[’17/9/25] 坂井先生との対談

先週の金曜日のお昼、寝屋川で開業している坂井歯科の、坂井秀明先生
ヨリタ歯科クリニック取材のため、当院を訪れました。

主旨は以下の通り(頂いた資料より)

【趣旨】 
歯科医院における、ホスピタリティ(接遇)の重要性を、広く訴求し、
多くの医院に、その取り組みを広めることを主たる目的に、
ホスピタリティの重要性にいち早く目を向け、取り組み、
大きな成果を上げている、寄田先生のお考えや、具体的な取り組み
これまでの変遷(成功体験、失敗事例)などについても広くご紹介いただく。

また、一般社団法人 歯科甲子園の理事を務める坂井先生との対談を通して、
歯科甲子園の取り組みを紹介し、広く知っていただくと共に、
医院で、ホスピタリティ(接遇)の向上に取り組むうえで、
歯科甲子園に、参加することの有用性についても、
プログラムを紹介しながらお二人にお話ししていただく。

特に、審査員をご経験されている、寄田先生には、
歯科甲子園の取り組みの良い点、活用方法さらには、
決勝大会を見ての感想などについても、感想お考えを述べていただく。

 

ということで、新谷さんにも、同席して頂き
約60分、カウンセリングルームでお話しさせて頂きました。
 

 

 

質問は、以下の通り(頂いた資料より)

・寄田先生が、医院経営における、ホスピタリティ(接遇)の重要性について
 どのように考えられているか

ホスピタリティに、目を向けるきっかけは何だったか

・どのように学び、それを医院に導入し、定着を図ってったのか変遷について

具体的事例として、うまくいったこと、またうまくいかなかった(失敗)経験などを紹介

・寄田先生は、スタッフを育成するうえで何を伝え、
 どのような立ち位置(役割を担っているか)で、いらっしゃるか
 例)どなたかに考えを伝え、その方に実際のやり取りは任せる。
 すべてご自身が管理し、育成するなど

育成と、スタッフの評価について、考え方及び、
 医院での取り組みについて、紹介していただく。

・寄田先生の医院経営のゴール目指しているのは、どのようなところか
ホスピタリティ(接遇)についての部分と、医院のゴールについてご紹介いただきたい。

ホスピタリティ(接遇)の導入を今後目指される医院に対してのメッセージ
⇒具体的に、どのようなことから始めたらよいか
⇒実際に、明日からでも始められる、簡単なことを一つでも二つでも紹介していただく 
⇒注意するべき点は、何か
⇒最後に、メッセージ

 

坂井先生とは、旧知の仲
また新谷さんにも、サポートして頂いたので、終始、和やかな雰囲気
対談を終えることが、出来ました。

その後、約60分セミナールームにて、私のプチセミナーを開催。

せっかくなので、新人ドクターの藤井先生、研修医の杉原先生、水谷先生にも
私のおもてなしを含めた、医院へのこだわりについて聞いて頂きました。

 

  

 

ホスピタリティあふれる人に優しい医院作りに取り組むため、

移転して、約5年が経過。
当初思い描いていた、思いやりや、感謝のあふれる医院が出来つつあります。

そして、今後の5年間は、まだ訪れたことのない、
そして、以前は来院して頂けたが、諸事情で、来院できなくなった方々へも、
思いやり感謝でいっぱいの、ホスピタリティあふれる医院作りに、
多くのメンバーと、取り組んで行きたい。

そう思える日に、なりました。

このような機会を与えて頂いた、坂井先生一般社団法人歯科甲子園の関係の皆様、
そして、今回の企画をして頂いた、株式会社ホットラインの、山本重男様に、心より感謝です。

<歯科医療もおもてなしが大切  寄田幸司>

関連記事

[’17/10/19] 第3回関西経営管理協会主催 セミナー開催

[’17/10/18] ハロウィンフェスタ開催のお知らせ

[17’/10/17] 新人研修レポート その①

新着記事

[’17/10/20]

[’17/10/19]

[’17/10/19] 第3回関西経営管理協会主催 セミナー開催

Concept