スタッフブログ

「エナメル質形成不全」って何?

みなさん、こんにちは。
歯科衛生士の森永です。

森永_プロフィール

今回は、『エナメル質形成不全』についてお話しします。
歯の表面エナメル質という、人体の中で最も硬いもので覆われています。

しかし、そのエナメル質が何らかの原因 先天的に影響を受け、
上手く作られなかった歯のことを、エナメル質形成不全といいます。

 

 

原因は大きく分けて2つあり、1つ目は「全身的な要因」母親の妊娠期
何らかの障害(母体の栄養障害、病気、感染、特定薬物の継続投与、ビタミン不足など)
歯の形成、成長が一時的に阻害されることにより起こります。

全身的な原因による場合は、1本だけではなく複数の歯に症状が出ることが多いです。
また多くの場合、左右対称に現れるといわれています。

 

2つ目は「局所的な要因」です。

乳歯の時に外傷を受けた場合乳歯の虫歯が大きく長い間化膿状態であった場合
後に生えてくる永久歯に影響がでて、エナメル質形成不全がみられることがあります。

局所的な要因の場合は、左右対称にみられることは少なく、1歯から2歯に限られます。

エナメル質形成不全の歯歯質が欠けていたり、歯の石灰化が不全のため
歯の表面がザラザラしていて、汚れも溜まりやすいため、他の健康な歯に比べて
むし歯になるリスクが高く、一旦むし歯になると進行も早い
です。

そのため定期的に歯科医院で検診を受けて頂き、クリーニング後に高濃度フッ素を
塗布し歯を強化していくことが重要
になります。

またご自宅では 、保護者の方が仕上げ磨きを行い、家庭用の低濃度フッ素ジェル
塗ってあげると良いかと思います。

仕上げ磨きを行なっていて、

あれっ?何かおかしいかも?
気になるな?

と思ったら、何でも遠慮なくカムカムクラブに通って頂いた時にでも、
私たち歯科衛生士にお尋ね下さいね。

 

<歯科衛生士 森永 睦>

関連記事

世界各地の窓辺から

小さな幸せ

「エナメル質形成不全」って何?

新着記事

コロナ禍での勉強会

7月・8月の休診日のお知らせ

世界各地の窓辺から

Concept