ヨリタマニア

私が予防歯科に取り組んだワケ

第1回 私が予防歯科に取り組んだワケ

今回からの3回シリーズは、私がなぜ予防歯科に積極的
取り組むようになったのか、その理由を詳しくお話しようと思います。

題して「私が予防歯科に取り組んだワケ
その①「歯科医師免許はもらったものの・・・

昭和62年5月9日、歯科医師国家試験の発表があり、めでたく合格。
晴れて歯科医師になることが、できました。

しかし、それはただ「私にお会いした全ての患者様を、幸せにするぞ
との情熱があるだけ。歯科医師としては、かけ出し。

大学での臨床実習では、看護士さんの中で、人気投票ナンバー1(?)の、私でさえ、
実際の経験不足は、いかんともしがたいものがありました。
気持ちだけが空回りし、いつも冷や汗の連続でした。

そして、私が勤務した大型診療所は、競争社会
強いもの、できるドクターのみが生き残る、焼肉定食、イヤ、弱肉強食の世界。

(一年目の新米ドクターは、昼休み、他のドクターのため、
よく焼肉定食を買いに走っていたのをふいに思い出しました。)

そんな新米医師の私を励まし、勇気づけてくれた人。私はこの人のおかげで、
自分に自信の持てる医師になったといっても、過言ではありません。
また、この歯科医院では、患者様1人につき1人のドクターが、担当します。

複数のドクターが、患者様を診療するという事はありません。
それは担当医になることで、その人をより深く知ることができるためです。

予防歯科では、定期的に通う患者様が多数お見えになります。
また、痛みを伴う治療をする必要がないため、自然と笑顔があふれて
楽しい会話がはずみます。

予防歯科を通じ、患者様自身を知ることの大切さを学びました。

第2回 私が予防歯科に取り組んだワケ

今回も日引き続き、なぜ私が、予防歯科に真剣に取り組むようになったのか
さらに詳しくお話させて頂きます。

私が予防歯科に取り組んだワケ

その②「初めて歯科医師として、私を認めてくれた人

しかし新米ドクターは、医院での信頼感がないため、小さな虫歯や、被せのやり替えなど、
本当に簡単な治療を担当する事が、ほとんどです。
歯周病などの、お口全体の治療が必要な患者様を、診察させて頂く機会は、
あまりありません。

紹介(指名)以外は

その人は、わざわざ私と指名して下さいました。
高い志と夢しかない私はまず、歯ブラシ指導とお口のクリーニングからはじめました。

その人は、家では歯ブラシ2本と歯間ブラシの、3本を使い分けてくれるほど、熱心でした。
そのため、みるみるうちに、歯ぐきの状態は良くなりました。

同時に私は、その人の期待に答えるべく、多くの本を読み、講習会に参加し、
時には、上の先生の指示をあおぎ、ほぼ1年がかりで、
お口全体の治療をさせて頂きました。

私は多くの事を卒後1年で、その人から学ばせて頂きました。
この間、心から、感謝して頂きました。

その言葉一つ一つが、私の自信になりました。
私を歯科医師として認めてくれたその人は、私の母です。

母の献身的な態度がなければ、決して卒後1年足らずでは、
歯科医師としての喜びや楽しみを知り、
予防歯科の大切さを学ぶ
ことは出来なかったと思います。

歯科医師のスタートで、予防歯科を学ぶことが出来たことは、
本当に有意義でした。

予防歯科を通じ、歯科医師としてのやりがいを感じることが出来ました。

第3回 私が予防歯科に取り組んだワケ

今回は、シリーズの最終章です。

私が予防歯科に取り組んだワケ

その③「愛する母からの学び

私の母は、まめに歯が悪くなれば、近くの歯医者さんに行って
治療を受けていました。そのため、お口の中はかぶせや詰め物でいっぱいでした。
また、かぶせなどは全て、歯を大切にしたいと考え、自費治療を受けていました

もちろん、家では毎日歯みがきを、きちんとしていました。
にも関わらず、歯はどんどん悪くなっていきました。
新米の私が治療するまでは

誤解しないでくださいね。決して私は、腕がイイと自慢しているのではありません。

実際、歯科医師1年目。高度な治療など、できる訳ありません。
私は母を通じ、いかに予防歯科が大切であるか、治療をすればする程悪くなるか、
身を持って学ばせて頂きました。
残念ながら、私の一番の理解者であり、教師でもあった、
私の愛する母はもう、この世にはいません。

しかし、母から学んだことを自分なりに理解し、今まで、いろんな事を実行してきました。
具体的には、医院をリニューアルし、私と患者様、
そして、チームメンバー全てが満足し、幸せになる医院作りをしてきました。

私が目指した、理想の歯科医院は、感謝の言葉があふれる歯科医院

そのため、予防サロンもオープンしました。
このサロンに来て頂きたい人、それは子育てから離れ、
これから、第2の豊かな人生を歩もうとする女性。

私の愛する母にこそ、予防サロンを利用してほしかったのです。
豊かで実りある人生を、過ごして頂きたかったのです。

その思いを胸に私は、今も、あなたに愛され続ける
理想の歯科医院作りを進めています。

予防歯科を通じ、理想の歯科医院像が明確になりました。

関連記事

ワクワク楽しい歯科医院で起こる、嬉しい出来事

ワクワク楽しいインプラント

ワクワク楽しい歯並び矯正

新着記事

よく噛んで認知予防

[’18/6/18] 恵徳幼稚園 健診

岡山大学での講演を終えて

Concept